第16章 神の要求、励まし、慰め、警告についての言葉

前へ: 第17節 性質の変化と神によって完全にされることについて

次へ: 第1節 人間に対する神の要求について

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

第10節 神を畏れて悪を避けることについて

544. 本物の被造物というものは、創造主が誰であるか、人間はなぜ創造されたのか、被造物としての責任をどう果たすべきか、すべての被造物の主をどう崇拝すべきかを知り、創造主の意図と願いと要求を理解し、把握し、知り、思いやらなければなりません。そして創造主の道、すなわち神を畏れ悪を…

唯一無二の神自身 8

神は万物のいのちの源である(2) 前回からの交わりの話題を続けましょう。前回話した話題を憶えていますか。(「神は万物のいのちの源である」です。)「神は万物のいのちの源である」というのは、あなたがたには縁のないように感じる話題ですか。あるいは、それについての大まかな認識が、すでに心…

神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか

それではまず讃美歌を歌いましょう。神の国の賛歌(Ⅰ)神の国がこの世に降臨する 伴奏:あまたの民がわたしに喝采を送り、わたしを賛美する。万民が唯一の真なる神の名を呼ぶ。神の国がこの世に降臨する。 1.あまたの民がわたしに喝采を送り、わたしを賛美する。万民が唯一の真なる神の名を呼び、…

自己の観念で神を規定する人がどうして神の啓示を受けられるのか

神の働きは前進を続けており、その目的が変わることはないが、神の働きの実行手段はたえず変化しており、それによって神に従う人々も変化していく。神の働きが増えれば増えるほど、人はさらに徹底的に神を知るようになり、それに応じて人の性質も神の働きとともに変化する。しかし、神の働きがたえず変…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索