18.偽指導者または偽羊飼いとは何か。偽指導者と偽羊飼いはいかに識別できるか。

関連する神の言葉

人の頭脳内の働きは人にはあまりにも容易に達成できる。たとえば、宗教界の牧師や指導者は自分の才能や立場に依存して働く。長い間彼らに従う人は、その才能に感化され、その存在の一部に影響を受ける。彼らは人の才能、能力、知識に重点を置き、超自然的なものや多くの深遠で非現実的な教義に注目する(もちろん、これらの深遠な教義は達成不可能である)。彼らは人の性質の変化に注目せず、むしろ人が説教し働くようになるような訓練に注目し、人の知識を向上させ豊富な宗教的教義を充実させようとする。人の性質がどのくらい変化するかや、人がどのくらい真理を理解しているかには注目しない。彼らは人の本質には関心を持たず、ましてや人の通常の状態、異常な状態を知ろうとはしない。彼らは人の観念に反論せず、観念を明らかにもしないし、ましてや人の欠点や堕落を刈り込んだりはしない。彼らに従う人のほとんどは自分の才能をもって奉仕し、彼らが放つのは宗教的な観念と神学的な理論だけであり、それは現実とは離れており、人にいのちを与えることはまったくできない。実際、彼らの働きの本質は才能を育むこと、何もない人を、後に働いて他者を導くことになる有能な神学校卒業生に育てることである。

『言葉は肉において現れる』の「神の働きと人の働き」より引用

神に仕えることは単純な作業ではない。堕落した性質が変わらないままの人は決して神に仕えることはできない。もしあなたの性質が神の言葉により裁かれ、罰されていないのならば、その性質はいまだにサタンを表している。これは、あなたの奉仕があなた自身の善意から出ていることの十分な証明である。それはサタン的性質にもとづく奉仕である。あなたは自分の元来の性格のまま、また個人的好みに従って神に仕えている。さらに、自分が行いたいことが何であれ、神はそれを喜び、行いたくないことが何であれ、神はそれを嫌うとあなたは思い続けている。そして働きにおいては、自分の好みに完全に左右されている。これを神への奉仕と呼ぶことができるであろうか。あなたのいのちの性質は、究極的には少しも変えられることはない。それどころか、自分は神に仕えているのだからと、ますます頑固になり、そのため、堕落した性質はさらに深く根付いたものとなる。このようにして、おもに自分の性格にもとづいた神への奉仕に関する規則と、自分自身の性質に従った奉仕から派生する経験をあなたは内面的に作り上げるようになる。それらが人間の経験と教訓であり、この世における人間の人生哲学である。このような人々はパリサイ人と宗教官僚に属する。このような人々は目を覚まして悔い改めないならば、必ずや終わりの日に人々を騙す偽キリストおよび反キリストとなる。話に出てくる偽キリストと反キリストは、このような人々の中から現れる。

『言葉は肉において現れる』の「宗教的な奉仕は一掃されなければならない」より引用

なぜほとんどの人は、多大な労力を費やして神の言葉を読んでいながら、その後にもただ認識を得るだけで、現実の道について何も言うことができないのだろうか。認識を得れば、そのまま真理を得ることになると思っているのか。それは混乱した見方ではないか。あなたは砂浜の砂粒ほど膨大な数の認識を語ることができるが、そのどれにも現実の道は含まれていない。あなたはその話で人々を欺こうとしているのではないか。ただ空虚な見栄を張っているだけで、その裏付けとなる実質は何もないのではないか。そのような行為はすべて人々に有害だ。理論が高尚で現実性が欠如していればいるほど、人々を現実に導くことはできなくなり、理論が高尚であればあるほど、あなたは神に背き反抗するようになる。最も高尚な理論を貴重な宝のように扱うのはやめなさい。そうした理論は悪質であり、何の役にも立たない。一部の人々は最も高尚な理論を語れるかもしれないが、そこには何の現実も含まれていない。彼らはそれを自分で経験しておらず、そのため実践の道を一切持っていないからだ。そのような人は他者を正しい道に導くことができず、道に迷わせるだけだ。それは人々にとって有害ではないか。あなたは最低限として、人々の現在の問題を解決し、彼らに入りを成し遂げさせることができなければならない。それだけが献身と見なされるのであり、そうして初めてあなたは神のために働く資格を得ることになる。尊大で非現実的な言葉ばかり語ったり、多くの不適切な実践で人々を縛って自分に従わせたりしてはならない。そのようにしても何の効果もなく、彼らをますます困惑させるだけだ。そのようにしていると、数多くの教義が生み出され、それが原因で人々はあなたを嫌悪するようになるだろう。これは人間の欠点であり、極めて恥ずかしいことだ。

『言葉は肉において現れる』の「もっと現実に集中しなさい」より引用

働き、説教し、表面上は神の発する言葉について交わっているように見えるものの、話し合っていることは神の言葉の文字通りの意味だけで、実質的なことは何も述べていない人がいます。このような人の説教は語学の教科書をもとに教えているようなもので、項目ごと、側面ごとに配列され、説教が終わると誰もが賛美を唱え、「この人は現実を自分のものにしている。とても見事に詳しく説教した」と言います。このような人は説教を終えると、他の人に自分の説教をまとめさせ、あらゆる人に伝えるよう命じます。そうすることで、彼らは他人を惑わすまでになり、説くことはすべて誤りです。表面上は神の言葉だけを説き、真理と一致しているように見えます。しかし注意深い識別力があれば、それらが字句と教義と誤った論法に人間の想像と観念が伴ったものに過ぎず、そして神を規定するものでしかないことがわかります。このような説教は神の働きを妨げるものにならないでしょうか。それは神に逆らう奉仕です。

『キリストの言葉の記録』の「真理を追い求めることでのみ、性質の変化を成し遂げられる」より引用

あなたがたの認識では人々に一定期間糧を与えることしかできません。いつまで経っても同じことを言い続けていれば、それに気づく人が出てきます。その人は、あなたがあまりにうわべだけであり、深みに欠けると言うでしょう。あなたには教義を説くことで人々を惑わそうとするしか選択肢がありません。このようなことを常に続けていれば、あなたの下にいる人たちはあなたの方法や手順、信仰の仕方、そして言葉や教義を経験して実践に移す仕方を真似ます。最終的に、あなたがひたすら説教を続ける限り、彼らは残らずあなたを手本とするようになります。あなたが他人を指導する中で教義を語ると、下にいる人たちはあなたからそれを学び、物事が進むにつれてあなたは間違った道を進んでしまいます。あなたがどんな道を進もうと、あなたの下にいる人たちは同じ道を進み、何事もあなたから学び、あなたに従います。するとあなたは、「今や私は強力だ。だから多くの人が私に耳を傾け、教会も私の意のままだ」と感じます。人間の内側にあるこうした裏切りの本性は、無意識のうちに神を単なる看板へと変えることにつながり、あなた自身が何らかの教派を組織することになります。様々な教派はどのようにして生まれますか。このようにして教派が生まれるのです。各教派の指導者を見てみなさい。彼らはみな傲慢で、独善的で、彼らによる聖書の解釈には背景がなく、自分自身の想像に導かれています。彼らはみな才能と知識に頼って働きを行ないます。彼らがまったく説教できなければ、人々は従うでしょうか。彼らにもやはり多少知識があるので、何らかの教義を説くことができたり、人を勝ち取る方法や、策略の活用法を知っていたりします。彼らはそれを用い、人々を自分たちの前に連れてきて惑わします。名目上、それらの人たちは神を信じますが、実際には指導者に従っているのです。そうした人が真の道を説く人物に出会うと、「私たちの信仰について、指導者に相談しなければならない」と言う人がいます。神に対する彼らの信仰は人間が媒介になっているわけですが、それは問題ではありませんか。それで、これらの指導者はどうなりましたか。パリサイ人、偽の羊飼い、反キリスト、人々が真の道を受け入れるのを妨げる躓きの石となったのではありませんか。

『キリストの言葉の記録』の「真理を追求することだけが、神を真に信じることである」より引用

説教と交わりの参考箇所

宗教的な奉仕の仕方をするということは、完全に宗教としての伝統的やり方で奉仕するということであり、宗教的儀式を全て堅く守って物事を行い、聖書の知識のみによって人々を導くということです。それは活力に満ちていて宗教的趣があるように見え、人間の持つ観念と完全に一致するため、人から批判されることはありませんが、そこには聖霊の働きはひとつもありません。このような奉仕の仕方をするような人々の説教は宗教的教義と聖書の知識を説くものでしかなく、それは宗教観念に満ちたものであり、そこに聖霊による啓きはひとつもありません。彼らの集会に活気はありません。そのような奉仕を何年も続けたところで、神様の選びの民が真理を受けることも、神様に従うことも神様を知ることもできず、神様に対する信仰の正しい軌道に乗ることもできません。人々が追い求めているものは恵みと祝福で、救いではないため、結果的に人々のいのちの性質を見ることはなく何の成果も得られないのです。これが宗教としての奉仕がもたらす結果です。このような人が神様に仕えても、神様の働きを理解することも、神様の意図を理解することもないのは明白です。そのような人達は聖霊の働きに協力することが何であるかを知らず、正に盲人を導く盲人です。彼らは神様の選びの民を迷わせます。彼らは神様を信じているけれども神様に反抗し、神様を知りません。パリサイ人同様、彼らが救われることはありません。

『全能神教会における働きの手引き選集』より引用

宗教界の牧師や指導者はみな神学校で訓練を受け、牧師になる資格を得たというだけです。彼らには聖霊の働きが伴うとか、神様の許可があるという証明は全くありません。これは事実です。聖書をある程度知っていることは必要ですが、教会を牧する資格をもつために最も重要なことは、神様の働きを知っていることです。聖書は神様の前の二段階の働きを記録したものであり、聖書を読まずに神様の出現と働きの歴史的事実を理解することは不可能です。そして、これまでの二段階の働きにおいて神様がどのような真理を表されたかを知ることも不可能であり、人々が理解すべき多くの奥義に関して明確な答えを得ることも不可能です。ですから、神様への信仰において聖書を読むことは不可欠ですが、聖書の知識だけに頼っていては神様の認識に到達することはできません。聖霊の働きによる啓き、照らし、導き、訓練、完成を経なければならず、そうして初めて神様の言葉と真理を本当に理解することができ、神様の認識に達することができるのです。真理の理解に達することは、神様の働きと聖霊による啓きと照らしを経験することにかかっています。ただ聖書的知識の研究、習得を通してだけでは達成できません。宗教界の牧師の多くは聖書を詳しく知っていますが、神様の働きを全く知りません。これはおもに彼らには聖霊の働きが伴っていないからです。神様の言葉を読んで聖霊による啓きを得る人がいる一方で、同じように神様の御言葉を読んでも何の働きも得ない人がいるのはどういう訳でしょうか。それは、その人々の信仰が純粋であるかどうか、真理を愛するかどうかの違いの現れです。多くの人が牧師になるために神学校に通います。その動機が正しいにせよそうでないにせよ、最重要なのは真理を愛し、真理を追求することです。聖霊の働きを得るにはこれしかありません。聖霊の働きを数年間経験して初めて、人は真理を本当に理解し、真理の現実に入ることができます。神様の選民を導き牧するに相応しくなるにはこれしかありません。神様の選民を導くのに牧師として資格にだけ頼るのは完全に人間的な観念であり、それは神様ご自身の要求とはひどくかけ離れています。例えば、主イエスが来られたとき、神殿に行ってユダヤの祭司長、律法学者、パリサイ人を訪ねるのではなく、庶民のあいだで真理を愛し追い求める人々を探して弟子とされたのはなぜでしょうか。ここに神様の御心を知ることができます。真理を愛さない人々は真理を得ることが全くできず、したがって神様の選民を牧養することはできないのです。ここに、神様が実際に好まれるのがどのような人々か、実際に救われるのは誰か、実際に用いられるのは誰か、実際に嫌われるのは誰かが明確になります。宗教界の牧師の大半には聖霊の働きがなく、これは彼らが真理を愛してもいなければ追求してもいないことを示しています。彼らが聖霊の働きを得る術はないのです。これは宗教界に聖霊の働きが伴わないおもな理由のひとつでもあります。

兄弟の交わりより引用

それでは偽指導者をどのように見分けるかに関する五原則についてお話します。第一原則は、ほとんどの偽指導者は真理を愛さず、真理を追い求めず、ゆえに聖霊の働きがないということです。そのうちの少数、善い人間性をもつ個人の場合、神様を信じて間もなかったり、真理をどう追い求めて良いか分からなかったり、何らかの物事に拘束されているので正常に真理を追い求めることができなかったりするために聖霊の働きがないのかもしれません。三年も五年も指導者を務めていながら、いまだに聖霊の働きがない人は誰であれ真理を愛することも真理を追い求めることも絶対になく、間違いなく偽指導者です。第二原則は、偽指導者は文字や教義ばかりを説き、真理の現実性がまったくなく、真理を用いて問題解決をすることなど絶対にできず、心においても言葉によっても人々を説得することができないということです。第三原則は、偽指導者は真理の現実性に欠けるため、実際の働きを行うことができず、神様の選民を真理の現実へと導くことができないということです。偽指導者の働きは常におざなりで、もし無理に何かをさせられることになれば、他人には能力以上のことを行うように強要し、気まぐれに責めたり取り扱ったりします。自分自身が真理を持たないために、他の人を真理によって説得できず、それゆえ刈り込みや取り扱いという方法を使うのです。他人の過ちにつけ込んで絶え間なく虐げ、叱責や罰により制圧しようとし、そうすることで指導者としての権威を示そうとします。これは偽指導者です。真の指導者は真理を用いて人々を説得し、真理を用いて問題解決し、人々に尊敬されます。偽指導者は人々を抑圧し、過ちにつけ込んで絶えず叱責し、神様の言葉と比べて自己点検させ、能力以上のことをするよう押し付けます。最終的に、偽指導者は人々を自分の支配下に置き、こう思わせます。「本当に私には真理の現実性がない。欠けているところが余りにも多いし、真理を追究していない。指導者の言う通りだ」。人々は偽指導者によって心においても言葉によっても納得させられていますが、実際には、偽指導者が真理を持っているからではなく、偽指導者が人々をそのように取り扱い、苦しめたから納得させられているのです。これは偽指導者が使う特有の手段であり、偽善を利用し、偽りを真理に仕立て上げるやり方です。偽指導者は真理によって人々を説得できないため、別の手段を使わなければならず、こう考えます。「相手の問題点を手当たり次第に指摘して取り扱い、説得し、取り扱うことで私には真理があることを示してみせる。相手が打ちのめされるまで取り扱い、私には真理があるが、相手にはないと信じ込ませ、相手を納得させる」。 ある人に真理がない場合、その人は偽りの指導者に騙され、こう思うでしょう。「こんな風に私のことを取り扱えるのだから、あの人は私より真理を理解し、真理の現実性があるに違いない」。 そのようにして、偽指導者に惑わされ、支配されてしまうのです。第四原則は、偽指導者には神様の選民への愛の心がなく、自分自身を本当に知ることもできず、そればかりか問題を解決するために真理を求めたり、人々を現実に導き入れたりすることなどありません。ただむやみに人々を取り扱い、抑圧し、刈り込みや取り扱いといった手段を使って服従させ、自分の地位を見せつけて自分が指導者だと誇示します。これは見せ掛けです。第五原則は、偽指導者はみな、地位と名声を追い求め、地位の恩恵をやたら欲しがり、見栄を張るということです。実際の働きは何もしていないのに、自分には神様への捧げものを享受する資格があると信じていますが、これは実に恥知らずなことです。実際の働きをしない人に神様への捧げものを享受する資格があるでしょうか。偽指導者の中には、自分の滞在先として特に裕福な家族を見つけ、毎日ローストチキンとフィッシュフライを要求する者がいます。そんな資格が彼らにあるでしょうか。神様の選民のいのちのために彼らが何を与え、どんな働きをしたと言うのでしょうか。彼らが毎日どうしても肉と魚を食べなければならないのなら、寄生虫にならないでしょうか。地位と快楽をむやみに欲しがる彼らは恥知らずではないでしょうか。そのような人々に良心と理知があるのでしょうか。

『いのちに入ることに関する交わりと説教』より引用

前へ: 17.偽のキリストとは何か。偽のキリストはいかに識別できるか。

次へ: 19.偽善とは何か。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

3. 神が終わりの日における裁きの働きをするのに人を使わず、肉となって自ら行うのはなぜか

関連する神の言葉:裁きの働きは神自身の働きであり、そのため当然ながら神が自ら行わなければならない。それは神の代わりに人が行うことはできない。裁きとは真理を用いて人類を征服することなので、この働きを人のあいだで行うために神が受肉した姿で再び現れることは疑いもないことである。つまり、…

2. 神に使われる人の働きと宗教指導者の働きの違い

神がその人を用いる目的は、神に従う者全員が神の心をより良く理解し、神の要求をより多く達成できるようにするためである。人間は直接神の言葉や神の心を理解できないため、神はそうした働きを行うために用いる人を立てたのである。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索