裁きを経てようやく自分を知る

何年も主を信じながら 聖書の知識だけに集中して 真理を求めなかった

福音を広めるためにすべてを捨てて 自分が一番神を愛していると思った

神の言葉の裁きを経て ようやく自分を知った

聖書の知識と教義を説くことができても 神の言葉の真の意味は理解していなかった

何年も懸命に働いて敬虔に見えたけれど 心の中では地位を求めていた

神を畏れずいつも嘘をついて欺いていた私が どうして神の御心にかなうだろう

神の裁きの一言一句が心を切り裂き 隠れる場所はどこにもない

自分の偽善の真相を見た 私は神の御前で生きる価値がない

恥と後悔の中でひれ伏し 神の裁きと清めを喜んで受け入れる


神の裁きを経て 神の言葉はどれも鉄壁の真理だと知った

人の本性は裏切りであり、利己心と欺瞞に満ちている

私の堕落はあまりに深く 人間性を残らず失い サタンの末裔に他ならない

神の裁きと清めを経ずして どうして神に従い神を愛せるだろう

裁きと刑罰によって 苦痛と試練と精錬をいくらか味わうけれど

私の堕落は清められ 神の聖さと義を知るようになる

私を清め 私の愛を純化したのは 神の裁きと刑罰

神の愛を味わって 神への畏れが生じ 真に神の御前で生きる

真に神を愛し知っているのは ひとえに神に完全にしていただいたから

私が望むのは 真理を求めて神を真に愛することだけ

前へ: 神の言葉を通して自分自身を省みる

次へ: 私は神の心を思い遣るべきだ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

あなたは永遠のいのちの源を知っているか

神は人の命の源であり 天と地は神の力によって生きている 命ある全てのものたちは 神の支配と権威から逃れられない あなたが何者であったとしても 人々は神に従わなくてはならない そしてまた人は 神の支配と神の命令に服従しなければならない あなたは熱意を持って 命と真理を探しているか…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない …

最も有意義な人生

被造物として神を礼拝し あなたは最も有意義な人生を追い求めねばならない あなた方は正しい道を追い求め 進歩を求め 赤い大きな竜の国で立ち上がる 神が義と呼ぶ人々 それこそが最も有意義な人生ではないか 人として神のために費やし あなたはあらゆる苦難の人生を耐えなければならな…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索