真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

キリストの裁きを経験する証し

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

83.ある傲慢な信者の変化の過程

河南省 张一涛

「神よ、あなたの働きはとても実践的で、義と聖に満ちています。あなたは忍耐強く長い間、すべて私たちのために働いています。過去には、私は神を信じましたが、私には人間らしい態度がありませんでした。私はあなたに背き、知らずにあなたの心を傷つけました。私は恥と悔しさでいっぱいで、あなたに恩義があります。今やっと私はこれを実感しています。…あなたの厳しい裁きがなければ、私の今日はなく、あなたの本物の愛に直面して、私はあなたに感謝し、恩義があります。私を救い、私の性質を変えさせたのはあなたの働きでした。悲しみと痛みがなく、私の心は幸福に満ちています」(「小羊に従って新しい歌を歌う」にある「神よ、あなたが私に与えた愛はあまりにも大きい」)。私がこの歌を歌うたびに、私はここ数年の神の私への救いを思い、神への感謝で一杯です。私を変えたのは神の裁きと刑罰でした。それは私—傲慢で野心的で反抗的な息子—を少し人間らしくしました。私への神の救いに心から感謝します。

私は田舎で生まれました。私の家族は貧しく、私の両親は正直だったので、両親はしばしば騙されました。私が小さいころから、人々は私を見下し、殴られたり、いじめられたりするのはよくあることでした。私はしばしば悲しくなり、泣くこともありました。もはやそのような生活を送る必要がなく、将来公務員としての地位を得ることができ、責任ある誰かになるよう、誰もが私を尊敬するよう、私が持っていたすべてを私の学問に向けました。しかし、中学校を終え、高校入学試験の準備をしていると、文化大革命が始まりました。紅衛兵は反乱し、労働者はストライキに突入し、学生たちは学校を去りました。日々は革命に飲み込まれました。それは地獄絵で、人々はうろたえ、大学入試制度は禁止されました。それだから、私は試験を受けて学校に入る機会を失いました。私は粉々になりました—私は重病になったようにひどく感じました。後に私は考えました。試験を受けて学校に入れず、公務員になることはできないにせよ、私はお金を稼ぐために懸命に働こう。私がお金を持っている限り、人々は私を尊敬するだろう。それ以来、私は所かまわずお金を稼ぐ方法を探しました。私の家族は貧しかったので、私はビジネスを始める資金を持っていませんでした。親戚や友人を通じて、私は500元を借りて豚の蒸し煮を売る店を始めました。そのころ、肉は1ポンドあたりたった70セントでしたが、私が必要とした設備を買った後、その500元から残ったものだけでは不十分でした。収入があるたびに、それはビジネスへの資金になりました。お金を稼ぐとすぐに借金を返済しました。他の人よりも良い人生を送ることができるように、多くの苦難に耐えました。朝から遅くまで、自由な時間はありませんでした。数年の努力の結果、私の技術はますます洗練され、私の商売はますます活況を呈していました。私の家族はす​​ぐに裕福になり、多くの人が羨望をもって私を見ました。

1990年の春、私たちの村に、イエスを信じることについて私に話した人がいました。私は好奇心からいくつかの説教を聞きました。説教していた同胞が話しているとき、多くの人々が彼を見上げていました。群衆に囲まれて賞賛されている彼の光景を信じられないほど羨ましく感じました。私はひそかに考えました。私があのような人になることができれば、誰もが私を尊敬するだけでなく、私は主の恩寵を得て、主によって報われるだろう。それはとてもすばらしいことだろう。このような考えに突き動かされ、私は主イエス・キリストを信じ始め、私は家庭教会に加わりました。その後、私は熱心に聖書を学び、特に、聖書の知識を求め、いくつかの聖句を覚えることに集中し、焦点を当てました。そして、あっと言う間に私は多くの有名な章と節を暗記しました。マタイによる福音書の第16章26節を読むと、主イエスはこう言いました。「たとい人が全世界をもうけても、自分の命を損したら、なんの得になろうか。また、人はどんな代価を払って、その命を買いもどすことができようか。」それから私はまた、ペテロを呼びとめる主イエスについて読み、ペテロはすぐに彼の漁網を捨て、キリストに従いました。私はひそかに考えました。何とかやっていくのに十分なお金を持っていることはよいことだ。もし私がより多くの収入を得たら、死ぬときに何の役に立つのだろうか。もし主の讃美を得たいなら、私はペテロの例に従わなければならない。そこで、私は自分の商売を断念し、教会で終日忙しく働き始めました。私はその時非常に情熱的でした。私はやがて親戚や友人から19人に福音を説きました。それから、それは19人から230人まで増えました。そして、私は主イエスの言葉を読みました。「わたしにむかって『主よ、主よ』と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが父の御旨を行う者だけが、はいるのである。」(マタイによる福音書7:21)私はさらに自己満足を感じました。私は、神の言葉の文字通りの意味から理解したことに基づいて、私はすでに主の道を辿り、天の父の心に従う道にあり、神の国が実現される次の時代にはわたしは地上で王として君臨するだろうと信じました。この類の野心に支配され、私の熱意はさらに大きくなりました。私は、「自分を愛するように、あなたの隣り人を愛せよ」そして「寛容で忍耐強く」あるため、そして模範を示して導き、苦難を恐れないため、イエスの言葉に絶対に従わなければならないと決心しました。私はときどき兄弟姉妹たちの家に行き、兄弟姉妹たちが水を運び、火をつけ、農作業を行う手伝いをしました。兄弟姉妹たちが病気になったとき、私は兄弟姉妹たちを訪ねました。兄弟姉妹たちが十分なお金を持っていなかったとき、私は自分の貯えから兄弟姉妹たちを助けました。私は誰でも困難に陥っている人を助けに行きました。私はすぐに私の兄弟姉妹全員の賞讃と教会の上級指導者の信頼を得ました。一年後、私は30の教会を牧養する教会指導者に昇進しました。私は約400人の信者を管理していました。この地位を獲得すると、私は素晴らしい気分になりました。私の懸命な働きと努力が最終的に報われたと感じましたが、同時に私はより高い地位を求め、より多くの人々の賞賛と崇拝を得るために、心の中でさらに高遠な理想を作りました。さらに一年の努力の結果、私は5つの郡の同僚を率い、420の教会を牧養する上級教会指導者になりました。その後、勢いが衰えることをさらに恐れ、私は表面上の良い行動と私の同僚と兄弟姉妹たちの間で心証を確立することに特に注意を払いました。私の同僚の承認を得るため、そして私の兄弟姉妹が私を尊敬するように、私は教会の贅沢な食事に反対し、異性メンバーの接触と堕落した習慣をすべて禁じました。私の「真っすぐさと正義感」は、私の同僚や他の兄弟姉妹たちの支持と承認を得ました。私の傲慢な本性もまた膨らみ、より制御できなくなりました。その上、私は聖書のより一般的ないくつかの節を熟知しており、下級の教会指導者や同僚たちに会って説教するとき、私は章と節の番号に基づくだけで、聖書を見ることなく聖書の節を朗読することができました。兄弟姉妹たちは本当に私を称賛しており、教会ではいつも私に最終決定権がありました。誰もが私の話に耳を傾けました。私はいつも私が言うことは正しいと、高尚な理解をしていると思いました。それが教会管理であろうと、教会を区分することであろうが、教会の指導者や同僚たちの昇進であろうと、私は決して他の人と話し合いませんでした。私が言ったことはいつも重視されました。私は本当に王として君臨しました。その時、私は説教壇に立ち、雄弁に止めどなく語ることを殊更に楽しみ、誰もが感嘆して私を見つめているとき、世界の頂点にいる気分は私を魅了し、すべてを忘れさせてくれました。ヨハネ福音書の第12章44〜45節を読むときに私は特にこの気分を感じました。「イエスは大声で言われた、『わたしを信じる者は、わたしを信じるのではなく、わたしをつかわされたかたを信じるのであり、また、わたしを見る者は、わたしをつかわされたかたを見るのである』」。また、第3章34節を読むときにもこの気分を感じました。「神がおつかわしになったかたは、神の言葉を語る。神は聖霊を限りなく賜うからである。」私は本当にこの恩恵に浴し、臆面もなく私が神によって遣わされたと、私に聖霊を授けられたと、神の心は私を通して表現されると信じました。私は聖書を解釈することができたので、他人が解釈できなかった「神秘」を理解でき、他人が解釈できなかった意味合いを理解できたので、このようなことを信じました。私は自分の地位からもたらされた喜びに没頭することに関心があっただけで、創造物にすぎないことを、単に主の恩寵の器であることを完全に忘れていました。

教会が成長し続けると、私の評判も高まり、行く先々で私は許可されていない宗教活動への参加を理由として警察に追われました。政府からのこの迫害のために、私は家に帰る勇気がありませんでした。しばらく隠れることができても、永遠にではなく、服を着るために戻ったときに警察に一度逮捕されました。私は3年間の「劳动教养」を宣告されました。その3年間私はあらゆる種類の残虐な迫害と拷問を受けました。日々は本当に何年ものように感じられ、頭から爪先に至るまで皮の層が剥がされるように感じました。しかし、釈放後も、私は今までとまったく同じように最高の自信をもって福音をさらに伝え続け、元の地位にも復帰しました。さらに6ヶ月後、私は再び地方政府に拘束され、3年間の「劳动教养」を宣告されました。あらゆる可能な方法で私を拷問した後、私は70日間勾留センターに入れられました。その後、私は労働収容所に入れられ、そこでレンガを運んでいました。当時、太陰月の7月で、天候はうだるような暑さでした。窯の温度は摂氏約70度で、毎日10,000本以上のレンガを作らなければなりませんでした。以前の残酷な拷問とあいまって、飢えにより私の体は極端に弱くなりました。私は身体的に暑さの中でのそのような労働に耐えることができませんでしたが、悪意ある衛兵たちは意に介しませんでした。仕事を完了できないと、彼らは私の背中で両手に手錠を掛け、私をひざまずかせ、脇の下と膝の後ろに瓶を置きました。それから彼らは手錠が私の体に深く食い込むまで、電気突き刺し棒で私を叩きました。それは想像を絶するほど苦痛でした。この種の残酷な拷問を受け、窯の中で気絶したとき、私は7日分の労働しか完了していませんでした。私は52時間後まで救助されず、ほとんど野菜のようになっていました。意識があり、見たり聞いたりできる以外には何もできませんでした。食べられず、話せず、歩けず、トイレすら使えませんでした。共産党によってこのように痛めつけられた後、私の傲慢な本性はほとんど打ちのめされていました。私が教会で持っていた権力と傲慢さの活力はただ消え去っていました。私は暗く悲観的になりました。私は無限の苦しみと無力の中で生きていました。その後、収容所の人々は歪んだ考えを思いつき、医者を見つけて、私には「遺伝的障害」があると言う偽の記録を作成させました。彼らは私の妻に電話をかけ、私を迎えて帰宅させました。私の病気を治療するために一切合切を売り、私の親戚たちがやって来たとき、親戚たちは辛辣で、無礼で私を嘲笑していました。このような状況に直面して、私は落胆し、世界はあまりにも暗いと、家族間の愛情や人々の間に愛はないと、残酷な迫害と中傷しかないと感じました…。この苦しい病の責めに直面して、私の生には希望はなく、私はどのようにやっていけるか分かりませんでした。

私が絶望に沈んでいくにつれ、全能者である神は私に救いの手を伸ばしました。私は1ヶ月以上家に戻っていた後、ふたりの同胞が、人類を救うための神の2度目の受肉である働きの新しい段階を神は行われているという世の終わりの福音を私に伝えに来ました。当時私は全く信じませんでしたが、私が話せなかったので、私は聖書の中のいくつかの節を見つけ、ふたりの同胞に示しました。これは私が彼らに反論した方法でした。彼らは私に優しく答えました。「同胞よ、あなたが神を信じるとき、あなたは謙虚な探求の心を持つべきです。神の働きは常に新しいものです。それは常に前進しており、神の知恵は人類によって理解できないので、過去に捕われすぎることはできません。あなたが恵みの時代の神の働きにしがみつけば、あなたは神の国の時代に入れるでしょうか。もちろん、主イエスが聖書の中で語ったことにはすべて独自の意味と文脈があります」。そして、彼らは私が読むにふさわしい全能者である神の言葉を開き、それから世の終わりの神の働きに関して私が読むにふさわしい聖書の多くの預言を見つけました。神の言葉と私の同胞たちとの交わりを通して、私は神の名の意味、神の3段階の働きでの内なる真理、人類の管理における神の目的、神の受肉の神秘、聖書の内なる真理などを理解するようになりました。これらは生涯で一度も私が聞いたことがないもので、また、それらは何年もの間、聖書を勉強していた時に耳を傾けようとしなかった神秘と真理でした。私は興味深く耳を傾けました。私は完全に納得しました。その後、私の同胞たちは私に神の言葉の本を与え、「あなたが回復してから、同僚や兄弟姉妹たちに福音を伝えられます」と言いました。私は神の言葉の本をとてもうれしく受け入れました。そのころ、私は終日ベッドに横たわって神の言葉を読むことしかできませんでした。私は水に戻る魚のような憧れと楽しみを感じました。私は毎日その本を読み、祈りました。やがて、私の健康は徐々に回復していきました。私はベッドから出て少し歩くことができ、私は自分の生活でより自立することができました。その後、私は自宅で家庭教会の生活を送っていました。私は毎週2回集会を持ちました。

将来の教会生活の中で、私の傲慢な性質がこれほどに徹底的に露わにされるとは想像していませんでした。神の言葉やさまざまな人々、事柄、物事を通じて、神の裁きと刑罰、神の私への取り扱いと刈り入れの側面を通して、神は私の傲慢で手に負えない心を少しずつ取り壊されました。ある時、教会は17か18歳の若い女性が私と会うように手配しました。彼女は私の元の宗派の兄弟の娘で、以前私が教会のリーダーだった頃、私は彼女の家に頻繁に行っていました。私はひそかに考えました。教会指導者の手配のどこがおかしいのだろうか。子供が私を指導しにくるなんて—私を見下しているのだろうか。私の傲慢な本性に支配されて、私は軽蔑して言いました。「私はあなたが生きてきた年月よりも長く神を信じてきました。私があなたの家に行っていたとき、あなたはほんの数歳でした。そのころであれば、あなたと遊んだでしょうが、今あなたは私を導くために来ています…」。年若いシスターは私が言ったことで赤面し、彼女は再び来ようとはしませんでした。次の週、別の年若いシスターが来ました。彼女はまたかなり若く、隣の村から来ました。私は何も言いませんでしたが、「神を信じる年月や資格、聖書の知識、教会管理の経験など、あらゆる点でわたしはあなたよりもずっと優れているんだ。あなたの年齢から、あなたは高々3、4年ほどの信者であることがわかる。私は21年間も信じているんだ。一体どうしてあなたに私を導く資格があるのか…」と私は思いました。しかし、この年少のシスターが実際には非常に雄弁であることを誰が知り得たでしょう—彼女は正直に、はっきりと語りました。会うと、すぐに彼女は神の言葉を開き、大声で読みました。「そうした者は、講演をすることや外部で業を行うことを好む。そうした者は、集まって話し合う事を好み、人々が自分の話を聞き、崇拝し、自分達のところに集まってくるのを好む。そうした者は、他人の心に自分の信望を築くのを好み、他人が自分の像を尊ぶことに価値を見出す。…この者がそのように行動する場合、その行動は、その者が傲慢であり自惚れていることを証明するに十分である。この者は全く神を崇拝しておらず、高い地位を求め、他人に対する権威を掌握すること、他人をわがものにすること、他人の心に自分の信望を築くことを望む。これは典型的なサタンの像である。この者の本性に顕在するのは、傲慢さと自惚れ、神への崇拝に対する消極性、他人から崇拝されることに対する切望である。」(『キリストの言葉の記録』の「どのようにして人間の本性を知ればよいか」より)神の言葉は私の心を剣のように突き刺し、私を直接叩きました。それは神を信じる行動における私の卑劣な意図と醜い演技の痛烈な暴露と同時に、私の本性の真の本質でした。私は恥ずかしさでいっぱいになり、ただ消えること以外の何も望みませんでした。神の言葉に暴露されたことについては、私が明らかにしたことを考え、そのとき初めて私の本性はあまりにも傲慢であり、本質的には私は神に敵対的であると私は認識しました。過去には、人々が私を尊敬し称賛するため、他の人を管理する人になるため、より高い地位にあるために、私は懸命に聖書を読み、聖書の知識を身につけることに全力を尽くしました。このため、私は、私が夢見てきた地位と称号だけでなく、あらゆる人の支持を獲得しました。私は他人の賞賛から喜びを得て、自分の虚栄心を満たすために説教しました。私の権力の独占によって、私は自らをさらけ出し、自己顕示しました。私はいつも説教壇に立っているときに世界の頂点にいる気持ちを楽しんで幸せで、臆面すらなく聖書の節を使い、自らの証を立て、自らを高めました。私は神から遣わされたと信じていました。私は威圧的に傲慢でした。その日、私は長年の説教を強みとして使い、その年少のシスターを見下しました。私はそのシスターより長く神を信じていて、聖書の知識がより豊かで、教会管理の経験が豊富なので、私は誰よりも優れていると信じていました。私は誰のこともほとんど考えず、そのふたりのシスターを過小評価して軽蔑しました。私が語るとき、私は他人を傷つけ、天狗になって妥当な人間性を失いました。そこに至って初めて私の追求は神に抵抗し、神に敵対していると認識しました。私は地位のために神と闘っていました。私の本性の本質は、よく知られたサタンの姿でした。神の言葉に直面して、私は納得せざるを得ませんでした。私は神に祈り、言いました。「神よ、私はあまりにも傲慢です。私に地位があったとき、私は高位で強大で、地位がなくても依然、誰にも耳を傾けませんでした。私は古い資格と権威を使って人々を支配し、人々を見下しました。私はあまりにも恥知らずです。今日私は神の救いを受けました。私は神の言葉の啓示と裁きを進んで受け入れます」。

それから、シスターは再度、私が読むにふさわしい神の言葉の節を開きました。それはこのようなものでした。「人の理知は最初の機能を失い、人の良心も最初の機能を失ったと言う。わたしが目にする人は人の装いをした獣、毒のある蛇であり、わたしの目の前でどんなに哀れっぽく見せようとしても、わたしは決して寛大にはならない。人は白と黒の違い、真理と非真理の違いを把握していないからである。理知は大いに麻痺しているにもかかわらず、人はまだ恩恵を得ようと願い、人間性はひどく下劣であるにもかかわらず、まだ王としての統治を保有しようと願う。そのような理知の持ち主がいったい誰の王になれるというのか。そのような人間性の者がどうして玉座に着くことができようか。実に人は恥を知らない。身の程知らずな卑劣漢である。恩恵を得たいと願うあなたがたに対し、わたしはまず鏡を見つけて、そこに映る自分自身の醜い姿を見ることを勧める。あなたは王になるために必要なものを持っているだろうか。あなたは恩恵を得ることのできる者の顔を持っているだろうか。性質にわずかな変化もなく、真理は何一つ実践していないにもかかわらず、あなたはまだ素晴らしい明日を願っている。あなたは自分自身を欺いている。」(『言葉は肉において現れる』の「性質が変わらないままなのは、神に敵対していることである」より)神の言葉を聞いた後、私は涙がこぼれ落ちるのを止めることができませんでした。私は、神の言葉の文章ひとつひとつが私の心をしっかりつかんだと感じ、神の裁きを激しく感じ、殊の外恥じました。私のかつての教会の王のように君臨することへの私のはしたない追求の場面が次々と私の前に現れました。私の兄弟姉妹たちの中で私は高位で強大で、私は周囲の人々に命令し、私はすべてを支配することを望み、兄弟姉妹たちを神の前に連れてきて、神を知る手助けをしなかったばかりか、私は大変に地位が高く、大変に偉大であるかのように私を扱うよう兄弟姉妹たちを指導しました…。そのことを考えれば考えるほど、私の行いは神に嫌悪感を起こさせ、私は鼻持ちならず、価値がなく、兄弟姉妹たちを辱めたと強く感じました。その時、私はこの上ない恥ずかしさを感じました。自らの野心的な欲望のために支払った代償は何の価値もないことを私は知りました。地位と他人から尊敬されることへの私の死に物狂いの追求はばかげていました。私は昼も夜も急いでいました。苦難に耐え、頑張り、刑務所に行きました。迫害され、拷問され、半死の状態になりました。そうなっても私は神を理解しませんでした。逆に、私の傲慢な本性はますます膨れ上がり、私の視野で神は次第に存在感をなくし、神の国が実現すれば王として私は君臨することができると妄想的に考えるまでになりました。それと同時に、以前の教会で私が共産党に迫害されたとき、世の終わりの神の働きを私がより良く受け入れることができるようにと、神は迫害を用いられていたことに気付きました。そうでなければ、私のかつての教会で私の名声と地位に基づき、自らの視野に神を留めなかった事実と私の威圧的に傲慢な性質により、私は絶対に簡単に自分の地位を手放し、全能者である神を受け入れることはなかったでしょう。間違いなく私は他の人々の神への帰依を妨げ、神に反対し、最終的には神の刑罰に苦しむ邪悪な奉仕者になってしまったでしょう。神の救いと私への神の大きな許しに対して、私は心の底から神に感謝せずにはいられません。それゆえ、私は神の言葉によって明らかにされたもののためにはるかに控えめになり、兄弟姉妹たちに対してもはやあれほどに厚かましく理不尽である勇気がありませんでした。

神の労りと守りの下で、私の病気は徐々に好転しました。私ははっきりと話すことができませんでしたが、私は自転車に乗り、庶務的な仕事が少しできました。しかし、私の傲慢な性質はあまりにも深く染み付いていたので、神は再び新しい人々と物事が私を裁き、変えるように手はずを整えられました。ある日、教会の指導者は、私に接待の本分を引き受けるように手配しました。これを聞いた後、私はほとんど気乗りがしませんでした。私は接待としての行動は自分の能力の無駄だと信じていましたが、拒否できなかったので、渋々同意しました。私が接待している間に、兄弟姉妹たち数人が私の家で出会い、私の周りを守るために私に扉を見張らせました。再び、私の心の内が頭をもたげました。接待をして、扉を見張っていると—これから何を得るのだろうか。私は過去を振り返りました。私が説教壇の後ろに立っていたとき、私はとても横柄でしたが、今日の私の本分において、私には体面や地位がありませんでした。私の階級はとても低いものでした。だから、ある期間の後、私の内なる抵抗はますます大きくなり、私はますます不当に扱われていると感じ、もはやその本分を尽くす気になれませんでした。教会の指導者が後に来たとき、私はもはや内なる抵抗を抑えられませんでした。「あなたは私が尽くす別の本分を与える必要があります。あなたがたはみな福音を説いて教会の面倒を見ていますが、私は自宅で接待を行い、扉を守っています—私は将来何を得るのでしょうか」。そのシスターは微笑んでこう言いました。「あなたは間違っています。神の前では重要な本分や重要でない本分はなく、高い地位や低い地位はありません。私たちがどんな本分を尽くしていても、私たちそれぞれには機能があります。教会は異なった機能の異なる統一体ですが、それは一つの体です。神の言葉の一節を見てみましょう」。それから、彼女は私にこの一説を読みました。「現在の流れにおいては、神を真に愛する者一人ひとりに、神によって完全にされる機会がある。彼らが若いか年老いているかに関わらず、神への従順さと畏敬の念が心の中にある限り、神によって完全にされることが可能であろう。神は、各人の違った役割に応じて、人間を完全にする。あなたが全力を尽くし、自分を神の業に服従させる限り、神によって完全にされることが可能であろう。現時点において、あなたがたのうちに完全な者は一人もいない。あなたがたは、一種類の役割を果たすことができる時もあれば、二種類の役割を果たすことができる時もある。神のために全力を尽くし、自らを費やす限り、あなたがたは、最終的に神により完全にされるであろう。」(『言葉は肉において現れる』の「一人ひとりが自らの役割を果たすことについて」より)これらの神の言葉とそのシスターとの交わりを聞いた後、私の心は落ち着き、明るくなりました。私は思いました。各個人の異なる機能に基づいて神は人々を完全なものにします。人々が地位を持っているか否か、どんな本分を尽くしているのかを神は見られません。神が完全にするのは人々の心と服従です。神が見られているのは、人々が性質に変化を起こすようになるかです。どのような本分を尽くそうとも、人々が性質に変化を起こすことにすべてを捧げ、まことに誠実である限り、そして、本分を尽くしながら自らの堕落した性質を捨てれば、人々は神によって完全になれます。人々が教会でさまざまな機能を行っても、目標は常に神を満足させることです。人々はすべて創造物の本分を尽くしています。もし人々が神に直面し、個人的な意図や不純物なしに自らの本分を尽くせれば、人々が尽くしている本分をたとえ他人が見下し、それには大した価値がないと思うとしても、神の目にはそれは大切にされ、貴重なものです。人々が自らの意思と欲望を満足させようとして本分を尽くすなら、人々の働きがどれほど大きく、どのような本分を尽くしても、それは神を喜ばせないでしょう。その後、私は神からのこれらの言葉を見ました。「被造物として、祝福されるか呪われるかに関わらず、人間はその本分を果たし、自分のするべきことをし、できることをしなければいけない。これが神を求める者として、人間の最も基本的な条件である。あなたは幸いを受けるためだけに本分を果たそうとしてはいけない。また、呪われることへの恐れから、行動することを拒んではいけない。」(『言葉は肉において現れる』の「受肉した神の職分と人間の本分の違い」より)私は、これらの神の言葉から、創造物として神を崇拝することは正しく、妥当であることを理解しました。私は自らの選択肢を持つべきではなく、絶対に条件を相談したり、神と取引したりするべきではありません。神への私の信仰と私の本分を尽くすことが祝福や冠を得ることなら、この種の信仰は清い心ではなく、妥当ではありません。その信仰は不適切な観点からです。私は「小さな働き」をして「小さな本分」を尽くすことに消極的でした—それは依然として祝福や他人に尊敬されるという傲慢な野心の支配にさらされていないでしょうか。心の中で、地位と権威により私は指導者として働け、私が働けば働くほど神はより幸せになり、神の賞賛をさらに受けて、神によって報われると信じていました。それゆえ、私はまだ地位を手放すことはなく、最後に大きな冠を手にするように、私はいつも大きな働きを行い、大きな本分を尽くすことを求めていました。私はまた神の心を誤解し、教会により用意された本分に不満を抱きました。私はそれに不平を言い、接待の本分を尽くすことは私の技能を浪費しているとさえ、それは私を見下す方法であるとさえ信じていました。私はとても傲慢で無知でした。神の言葉の裁きの下で、私は再び恥ずかしさを感じました。また、神の言葉からの啓きのために、私は神の心を理解しました。私は神がどんな種類の人を好まれ、どんな種類の人を完全にされるのか、どんな種類の人が神を辟易させるのか知りました。私は神に服従する心を得ました。その後、私は神の前に私の心を置き、教会の中で最も小さく、最も控えめな人であろうとし、接待としての私の本分を尽くそうとし、私の周囲を守り、私の兄弟姉妹たちが私の家で平和に邪魔されることなく会えるようにしようとして、私はこのように神の心を癒やしました。

この経験を通して、私は神の言葉がどれほど偉大で、人類を救うために真理と神の心のすべてを表明されたことを実感しました。私たちは、すべての物事の真理を理解し、神の心を理解し、自分の観念や信仰を決定するために神の言葉を熱心に読めば十分です。それ以来、私は神の言葉への切望以上のものを発展させ、私は神の言葉を読むために毎朝4時か5時に起き始めました。しばらくして、私は神の言葉の一部を覚えられたので、私は神の心を理解し、本当にそれを私の心で享受しました。後になって、しばしば私の家に泊まった同胞がいて、彼は福音の働きに責任を負っていました。彼が福音を説きながら問題に遭遇したことが何度かあり、彼は私に、問題を解決するために神の言葉を探すよう求めました。彼は私が非常に早く見つけられると分かり、その後、彼が問題に遭遇するとすぐに、彼は神からのいくつかの言葉を見つけてくれるようしばしば頼みました。彼は本当に私を賞賛しました。無意識のうちに、私の傲慢な性格が再び騒ぎ始めました。私はひそかに考えました。福音を伝道する責任があるという事実にもかかわらず、私はやはりあなたが問題を解決する手助けをしなければなりません。あなたは私が読んだほど神の言葉を読んでおらず、私ほどに理解していません。私はすでに真理を得ました。私に福音を説く責任があれば、私は間違いなくあなたよりも上手いでしょう。それゆえ、心の中で私は同胞を見下し始め、しばらくして私は彼によそよそしい態度をすら取り始めました。その後、教会の指導者が私の家に来て、私に尋ねました。「最近いかがですか」。自信を持って「順調です。私は毎日神の言葉を読み、祈ります。私が神の言葉をかなり理解しているとあの同胞は理解したので、問題を解決するため、いつも私に神からの言葉を探す手伝いをさせています…」と私は答えました。教会の指導者は、私の言葉にある傲慢さを聞き、神の言葉の本を手に取り「神の言葉を数節読みましょう」と言いました。「人の地位が高いほど、野心は大きくなります。ある人が理解している理論が多くなればなるほど、より傲慢な性質になります。あなたが神への信仰の中で真理を追求するのではなく、地位を追求するならば、これは非常に危険です」(「教会の指導者と労働者とのキリストの言葉の記録」にある「人には神に対するあまりに多くの要求がある」)。「あなたが聞いた真理がどんなものであっても、あなたが聞いた現実がどんなものであっても、それを自分と比較する限り、あなたは確かに進歩するでしょう。これらの言葉を自分のいのちや自分の習慣に当てはめると、間違いなく収穫を得て、変化を経験するでしょう。あなたの内に、あなたの頭の中にこれらの言葉を保存するだけなら、変化を経験しないでしょう。…あなたは強力な基礎を築く必要があります。書物からの理論に基盤を構築することで始めるならば、それはまさに砂の上に家を建てるようで、多くの問題になるでしょう。どれくらい高い家を建てても危険です。長く続かないでしょう」(「教会の指導者と労働者とのキリストの言葉の記録」にある「正直な人は、他人に自らをさらけ出すべきである」)。神のこれらの言葉を聞いた後、私は心底恥ずかしさを感じました。私は自分の傲慢な本性が再び現れていることに気づきました。過去のイエスへの私の信仰の中で、私は聖書にある深い知識を得て理論を理解することに焦点を当て、それを高位であることと強大であることの、より傲慢になるための基礎として使いました。今、私は神の言葉に多くの真理を読むことができ幸運でしたが、私は自分の古い道に戻ってしまい、自分の知性に頼っていました。私は神の言葉からいくつかの文章を覚え、真理を得たと信じました。私は再び傲慢になり、誰にも耳を傾けませんでした。私は他人と地位を争い、競争しました。それは本当に恥ずべきことでした。言葉にある理論を理解することは人を傲慢にするだけですが、神の言葉の真理を知っている人だけは自らの性質を変えて人として生きられるでしょう。その同胞は私が神を信じていたよりも長く神を信じており、彼は私より多くを理解しましたが、彼は謙虚に私の助けを求めることができました。これは本当に彼の強さであり、神の働きと言葉の経験から生まれた彼の経験の果実でした。私は彼から学ばず、私のいのちで神の言葉を実践することに集中せず、まっとうな人間として生きなかっただけでなく、彼を見下し、よそよそしい態度を取りました。私は本当に傲慢で、盲目で、無知でした。その時の私の心は大変に苦痛を感じていました。私はこの傲慢な本性を本当に恥ずべきもの、醜いものと感じました。それはあまりにも不快でした。そして、理性に欠けるほどのこの種の傲慢さは、非常に簡単に神の性質を害し、神の怒りを煽りました。自分を変えなければ、真に真理を追求しなければ、私は自滅するしかありませんでした。私はこれをすべて理解したとき、神の言葉による裁きと刑罰は本当に私への神の愛と救いであると真に感じました。これは自らの傲慢な本性に対する憎しみを私に感じさせ、神への信仰において、真理を追求し、性質の変化を追求する正しい道を歩かなければならないと理解しました。

それが過ぎた後、私の傲慢さと理性の欠如の元や自らの思考を導くものは何で、私の悪魔的な傲慢さをしばしば晒すものは何かを求め、自分自身を検証し始めました。ある日、私は神からのこれらの言葉を見ました。「サタンは自分のためにすべてを行います。サタンは神を超越し、神から解放され、王自身として君臨し、神の創造のすべてを手中に収めることを望んでいます。だから、人間の本性はサタンの本性だと私たちは言います。…人々の悪魔的な本性には多くの根本原理があります。時々あなた自身は意識していませんが、毎秒ごと、あらゆる瞬間に、あなたはそれに基づいて生きており、それが適切で合理的で正しいと感じています。サタンの根本原理は人類の真理となり、少しも反論することなく、人々はサタンの根本原理に完全に基づいて生きています。それゆえ、人類の生はあらゆる段階でサタンの本性を明らかにしています。あらゆる段階で、人々は悪魔の根本原理に基づいて生きています。サタンの本性は真に人のいのちです」(「教会の指導者と労働者とのキリストの言葉の記録」にある「どのようにペテロの道を歩むか」)。神のこれらの言葉を熟考して、私の心はますます明るくなりました。私は考えました。人類がサタンによって堕落させられて後、私たちの本性もサタンそのものと同じく傲慢になり、粗暴になり、そして神を崇拝しなくなり、私たちを高く評価し、あたかも神のように私たちを崇拝する他者を求めるようになりました。著名な人々の社会的影響や有名な言葉を通して、サタンはその考え、いのちの根本原理と生存の法則を人間の心の中に注入し、人々の生で頼りになるものになりました。これらは人々の内に根付き、取り除くことは困難です。これらの根本原理と法はすべてサタンの毒であり、人々の思考を導き、行動を支配し、人々ますます傲慢で理不尽にさせます。私は子供の頃からいじめられ、差別されたことを熟考し、権力と地位を持つ人々を羨み始めました。さらに、「人は上に行こうともがくが、水は下に流れる」、「私は地と同様に天でも勝利する」、「他人を凌駕する」、「家族の威信」といった生存の法則は幼い頃からの私の心にしっかりと植え付けられ、私のいのちを支配してきました。世間にあっても教会にあっても、私は地位と評判を求めて最大限の努力をしていました。私は他の人よりも高い地位を占めようと、他人を管理しようとしていました。これらのことに毒され、私は尊大で、最終決定権を持たねばならないと感じるほどにますます傲慢になりました。私は神によって遣わされたと信じるほどに傲慢で、神とともに王として君臨するだろうと考えました。これらの毒のために、私は自らを非常に高く見なしました。私は自分自身が本当に偉大であると見なしました。私は長年の信者であるという私の資格をいつも兄弟姉妹たちの面前に置き、他の私の長所と他の人々の短所を比較しました。私はしばしば他の人々を軽蔑し、見下しました。私は他の人々を公平に処遇できず、サタンによる私の堕落の本質と真理を理解していませんでした。サタンの毒は私をひどく傲慢にし、私は人間的な理性を失っていました。サタンのように、私はすべてにおいて権力を握ることを求めました。私は人々を支配する高い地位を求めました。こうしたサタンの毒は私を恐ろしく、深く傷つけ、私が実現していたことはまったく悪魔であるサタンそのものでした。私は神に祈ってこう言いました。「神よ、私はもはやこれらのことによって生きようとはしません。私はそのためにひどく苦しみ、耐えがたい醜さの中で生き、神を辟易させました。これらのことのために私は神の憎い敵になり、そして神に抵抗する悪魔になりました。私は敵の態度を体現しています。神よ、真理を追求し、真に良心と理性を持つまっとうな人になるよう、真の人の態度を体現するよう、神の心を慰めるよう、私は最大限の努力をするつもりです。神よ、神の裁きと刑罰を私から奪わないよう、私を清める神の働きを私は請い願います。私を変え、私がすぐに成長して神のものになることが可能な限り、神からのより厳しい裁きと非難と神の鍛錬の懲らしめさえ受け入れることを厭いません。

ある日、私は神の言葉を読み、それはこのようなものでした。「神には独善や尊大さといった要素も、うぬぼれや横柄さといった要素もない。神は不正な要素を持たない。神に逆らうすべてのものはサタンから発生する。サタンはすべての醜悪さと邪悪の根源である。人がサタンに似た特質を持っている理由は、サタンが人に働き、サタンによって堕落させられたからである。キリストはサタンによって堕落させられていない。ゆえにキリストは神の特性のみを持っており、サタンの性質は全く持たない。」(『言葉は肉において現れる』の「キリストの本質は父なる神の心に従うことである」より)私の心は再び動かされました。神はとても気高く偉大で、しかしとても謙虚で隠されています。神は決して自らを誇示せず、人々の間での神の働きにおいて、決して高く強大な立場を取られません。神はいつも静かに人に必要とされるすべての働きを行なわれており、計り知れない屈辱と痛みに耐えられ、それを苦難と見なされません。それどころか、サタンの支配の下で生き、その根本原理に縛られている人類に苦しまれ、悲しまれます。人類をサタンの影響から救い、そうして人々がいのちを得て、自由にそして拘束なしに生き、神の祝福を受け入られるよう、神はあらゆる労力を費やされます。神はとても偉大で聖であり、神のいのちにおいて、自己正義と尊大さの要素はありません。キリスト自らが真理、道、そしていのちであるためです。神は至上であり、謙虚ですてきです。私はキリストが何を持ち、何であるかを理解して、私は傲慢で恥知らずであったとさらにいっそう感じ、キリストの例に従い、神を満足させるためにまっとうな人の態度を体現することを切望しました。その後、キリストの例に従うことと真の人の態度を体現することは私が追求する目標となりました。

後に、神の言葉の一節を読んだ時があり、私にはそれが理解できませんでした。何を意味するのか分からず、しかし体面を保つために、私は自らを脇に置いて兄弟姉妹たちとの交わりを求めようとしませんでした。私は他の人々の問題を解決するのに慣れていて、他人の助けを求めて自らの問題を提起したことがなかったため、兄弟姉妹たちは私を見下すのではないかと恐れていました。その後、交わりに心を開きたがらないのはやはり、傲慢な本性に私が支配されているからであり、他の人々から見下されることを望んでいないことに気付きました。私は肉に反抗し、兄弟姉妹たちとの交わりを求めました。兄弟姉妹たちは私を見下さなかっただけでなく、神の心を辛抱強く私に伝え、私の問題は迅速に解決されるとは、私は想像していませんでした。ひとりの同胞が教会の仕事に関連する手紙を届けさせたことがありました。私の傲慢さのため、そして自分の考えに基づいて仕事を完了したため、手紙は時間通りに届けられませんでした。仕事が遅れそうなのを見て、この同胞は非常に不安になりました。彼は私を取り扱い、晒しました。そのとき私は非常に気まずく、困惑を覚えましたが、これは神が私を扱い、私の側面を刈り入れていることも私は知っていました。私に服従の意があるか否か、真理を実践できるか否かを試しているのは神でした。私は神に祈りました。「神よ、今日私は同胞により取り扱われ、不快を感じました。以前はいつも他の人々より高い地位にあり、人々を叱っていて、真理に服従したことがなかったため、私は抵抗しようともしました。私はいつもサタンそのものを体現していました。今、私は神の働きを非常にたくさん経験し、取り扱われることや刈り入れを受け入れられる人は最も分別があることを理解していました。これは神に従順で、神を恐れる人です。この種の人だけが最高の完全性と人間らしさを持っています。今、私は神を愛する心で自分の肉を捨てることを厭いません。神が私の心を動かし、私の決意を完全にすることを厭いません」。この祈りの後、私は心穏やかに、心に静かな気持ちを感じました。私は、神が行われたことは素晴らしく、人々や出来事、物事を通して、できるだけ早く私が変わるよう、自分自身を認識する手助けをされていることが分かりました。これから私は神をさらに求め、可能な限り私の本分を尽くすために進んで神に頼ります。その後、私の同胞は私がこれをすべて受け入れたがらないのではないかと懸念し、神の心について彼は私と交感しました。私は自分の経験についての私の認識について話しました。私たちは一緒にそれを笑いあい、私は心から神の救いに、神が私を変えられていることに感謝しました。すべての栄光は神にあれ。

それゆえ、全能者である神の裁きと刑罰を何度も経て、私の傲慢な性質は徐々に変わりました。私は控えめな人になることができました。私は辛抱強く他の人々の話を聞くことができ、他の人々の提案に注意を払うことができました。いくつかの問題で兄弟姉妹たちの意見を求めることができ、兄弟姉妹たちと仲良く協力できました。何が起きても、もはや最終決定権を持たなければならないと私は感じず、私はもはや傲慢ではなく、他の人の話を聞きたがらないことはありませんでした。結果として私は少し思いやりを得ました。それ以来、私は大変に素朴な人になったと感じています。とても気楽に、とても幸せに私は生きています。私に対する全能者である神の救いに感謝します。神の救いがなければ、私はまだ堕落から逃れることすらできずに、闇と罪の只中で依然激しくもがいているでしょう。神の救済がなければ、私の本性は、人々が神のように私を崇拝しても、神の性質を害し、その刑罰を経験し、しかしそれに気がつかないほどにますます傲慢になっていただけでしょう。神の裁きと刑罰を何度も経て、神の愛はかくも偽りがなく、神はいつも自らの愛を使って私に影響を与えられ、自らの方向を変えるのを待たれていることを理解しました。どんなに反抗的であっても、どんなに取り扱うことが大変であっても、神についてどれだけ多くの不満や誤解が私にあっても、神は一度も問題にされませんでした。私の心に呼びかけられ、私の魂を目覚めさせ、サタンの苦しみから私を救われ、神の光の中に私を生かし、人のいのちの真の道を歩むため、神はやはり苦労してあらゆる種類の環境を整えられました。神は忍耐強く20年以上待たれ、計り知れない代償を私に払われました—そのときになって初めて神は硬直して麻痺した私の魂を目覚めさせました。神の愛は真に広大で終わりがないことがわかりました。今や、神の裁きと刑罰は私の宝となりました。それらはまた、私の経験や私が決して忘れることのできないものからの貴重な富の源です。この苦しみには価値と意味があり、それは地上の権力や地位や富と決して交換され得ないものです。神の要求には依然程遠いですが、私は自信を持って性質が変わることを追求しており、進んで神の裁きと刑罰をより深く経験します。神が確かに私を神の心に従える真の人に変えられると信じます。

前へ:私は大患難を乗り越えて大きな恩恵を授かりました

次へ:私は人生の正しい道を歩み始めたばかりです

他のお気に入り