私は神の心を思い遣るべきだ

私は神の声を聞き、御前に連れて来られてさいわいだ。

御言葉を飲み食いし、子羊の婚宴に参列し、神の現れを見た。

神の裁きと清めを受けることは、神によって真に高められること。

どうしてこんなに堕落した私が、御顔を見るに値するだろうか。

神の救いを前にして、私は涙を流す。

もし神の愛に報えないなら、恥ずかしくて神に顔向けできない。

もし本当に良心と理性があるなら、なぜ私は神の御心を思いやれないのか。

それどこか、肉の快楽をむさぼり、暗闇の影響下に生きている。


本分をうまく尽くせないことで、私はしばしば悩む。

私のサタン的な性質は非常に深く根付いており、本当に抜け出し難い。

真理はなく、いまだに傲慢で、理知に欠けている。

すぐに変われるように、もっと厳しい裁きを待ち望む。

神の焦燥を知り、もっと懸命に頑張ろうと思う。

真理を得るためなら、どんな精錬も受けるに値する。

神の刈り込みと取り扱いのおかげで初めて、私は少し人間らしく生きている。

神の裁きと刑罰は祝福であると、私は経験を通して知る。


神は私たちを救うために計り知れない代価を払った。

裁きと試練、実に多くの人々、出来事、奉仕をする物。

それほど堕落した人が救いを得るのは容易ではない。

裁きと刑罰をくだした神に感謝あれ。 私は新たないのちを得た。

私にこの大きな祝福がもたらされたのだ。どうして感謝の涙を流さずにいられよう。

神の愛をすべて楽しんでいながら、どうして自分のために生き続けられようか。

私は今生で神を賛美し、証しすべきであり、そのとき初めて心が慰められるだろう。

全力を尽くして真理を求め、神を愛する者となろう。

現代のペテロの精神を生き、輝きを放とう。

神の御心を満足させることに心から喜び、私は真の人生を生きる。

前へ: 裁きを経てようやく自分を知る

次へ: 裁きを通して目覚める

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆる…

人の一生は完全に神の支配下にある

人は運命だけ信じても 創造主による運命の支配を知らずに 認識もしなければ ああ、運命だけ信じても 創造主による運命の支配に従わず 受け入れもしないなら 人生は悲劇となり そして無駄になり 空虚になるだろう 彼らは神の支配に従えず 被造物という言葉が真に意味するものにもなれず 日々…

神の言葉の重要性

神の信者は良い行いをすべきだ 大切なのは神の言葉を持つこと 何があってもそれから離れない 神の言葉を通し神を知り満足させる あらゆる教派・国家・各界が いつか言葉で征服されるだろう 神は人々に直接語り 彼らは神の言葉を握るだろう これで人々は完全にされ 神の言葉は浸透するだろう…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索