真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

キリストの裁きを経験する証し

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

32.神様の言葉一つ一つは彼の性質の表れである

山東省徳州市 胡珂

神様の次の言葉を読む度に私は不安になりました。「わたしが語った事柄の全てには神の性質が含まれる。わたしの言葉を注意深く考えるとよい。それらから間違いなく多くの利益を得るであろう。」なぜなら神様の性質を理解する事は、人間の神様への理解と、神様を愛し、喜ばせる事を求めるためにとても大切だからです。しかし神様の言葉を食べ飲みするにあたって、いつも神様の性質が抽象的だと感じ、どのように理解すればいいのかわからなかったのです。その後、私の指導者との交わりを通し、神様の好き嫌いは神の言葉から学べるとわかり、それによって神様の性質を理解することができると知りました。その後はそれを実践し、いくつかの結果を見ることができました。それでもまだ「わたしが語った事柄の全てには神の性質が含まれる。」という神様の言葉をどのように理解すれば良いのかわかりませんでした。

ある日、兄弟の交わりで次の言葉を読みました。「神様の性質は神様が持つものや神は誰なのか、神の思いやアイデア、考えと知恵など、様々な面があります。があります。神様の哀れみや気にかけてくださる感情や、人間の反抗や抵抗に対する怒りなど、あらゆる人々に対する神様の態度を含みます。神様の全ての文章に、神の考え、知恵、そしてアイデアが含まれており、その全てに神の言葉の背景や源があり、その全てに土台があり、神様の人間への態度を自然と表しているため、神様の性質が自然とその各文章に含まれるのです。……もし神様の言葉を読むにあたって、十分に理解しようとせず、努力や経験に欠けているのであれば、神様の性質を簡単に知覚することはできず、理解する事はまたさらに難しいのです。そのため人は神様の前で静まり、心の全てを神の言葉の中に置き、祈りながら読んだ言葉の理解を求めることが必要なのです。そうすれば少しずつ神様の言葉の裏にある心持ちを発見することができるのです。」(『キリストの言葉の記録』の「全ての教会からの質問への回答」より)。この言葉を読み、全て理解することができました。神様の性質は様々な要素がある事に気付きました。神様が持つものや神が誰なのか、神の思いやアイデア、考えと知恵、そして様々な人に対する態度、神の哀れみや人への思いやり、堕落した人々への嫌悪と憎しみなど。さらに、神様の全ての文章に神の言葉の背景や源があり、その文章全てに土台があり、神様のする事と言う事全てが人生において神の全ての自然な表れなのです。それとは違って、私自身の神様の性質への理解は、神様の好き嫌いのみに限定されていました。このような理解は偏っており、神様の各文章から神の性質を完全に理解する事ができなかったのです。これ以外にも、私がもし神様の性質を神の各文章から理解したければ、神様の前で自分を静め、理解しようともっと努力をしなければならない事も知りました。さらに、私は神様の前で祈り、導きを求め、神様の言葉の裏にある心持ちと神様のしてくださる事の背景と源を理解しなければならなかったのです。

これらの事に気付かせてくれた神様からの啓示と啓蒙に感謝し、その後私はこれらの事を実践していく事に意識を集中しました。そんなある日、神様の言葉の一節を読みました。「この働きが重要であるかどうかは、人間の必要、人間の堕落の現実の状態、サタンの甚だしい不服従、それが働きを妨げている程度による。誰が任務にふさわしいかは、その働きの性質と重要性とによって決まる。この働きの重要性という点では、どんな方法を用いるか、すなわち霊が直接働きを行うか、それとも神が受肉して働くのか、あるいは人間を通じて行うかという意味においては、選択肢から最初に除かれるべきは、人間を通じて行う方法である。働きの性質という点では、霊の働きの性質対肉の働きという観点からは、最終的に、肉によって行う働きが、霊が直接行うより人間にとって有益で、効果的であるということになった。霊と肉とどちらの働きをするかの決定の際の、これが神の判断であった。」(『言葉は肉において現れる』の「堕落した人間は受肉した神による救済をより必要としている」より)この言葉を慎重に理解しようとしていると、すごい宝物を発見したかのように感じました。神様の言葉は、最後の日々にどのような方法で仕事をするか、その時点での神の考えの発展を表しています。考えが発展する中で、神様が最初に検討したのは、どの方法がこの仕事の中で人々に最も益となるのか、どのようにすれば人の救いで最大の成果を手にし、サタンを征服し、深く傷つけられた人を完璧な救いへと導くようにするため、何をすればサタンが負けを受け入れるか、とい事でした。考えを巡らせる中で、神様は常に自分の利益や安全よりも、人の事を気にかけていたのです。神様は人間化する事によってたくさんの苦難があることをはっきりと知りながらも、人を救うために、それについて考える事はなかったのです。その代わりに、神は人間が必要としているものと、堕落した現実に基づき、世の終わりの働きをするために、肉体となる方法を選びました。虎の住処の奥へ入るために大きなリスクを取り、赤い大きな竜によるひどい迫害と追及に苦しみ、様々な教派や宗派からの虐待や侮辱に耐え、さらに神の従者である私たちからの抵抗、反抗そして誤解にも耐えています。神様が心に負った傷や非難、そして神様が耐え忍屈辱は、誰も理解することができません。神が表現し、明らかにしていることは、全て、いのちの中にある神の性質そのものなのです。神の人への無私の献身と人のために払った代価。神様の偉大さと無私であることは神の働きと神の全ての文章に自然に現れており、それらは神様の素晴らしい慈悲と無私の愛を象徴しています。神様の人々への愛は単なる空っぽの言葉ではなく、神が払ってくれる実際の代償です。その時、神様は本当に偉大で、愛に溢れているとはっきり感じました。これらの言葉は、昔既に読んだ事がありましたが、キリストが言った言葉の背景や何を明らかにしているのかを理解した事はなく、またキリストの人々への愛も理解していませんでした。今になってこの神様の言葉を本当に理解できます。「わたしが語った事柄の全てには神の性質が含まれる。」

これまで、一度も心を静めて神様の言葉を理解しようと努めた事がなく、神様を理解するたくさんの良い機会を失ってしまい、今になっても神様に対する考えや誤解がたくさんあり、神様から離れてしまっています。もし神様の性質を理解したいのであれば、神様の一節ごとにある真理を求めなければならない事にやっと今になってわかりました。これをする事により、大きなものを確実に得る事ができるでしょう。今日から、私は神の言葉に今まで以上に意識を集中して、神様を少しでも理解できるような人に早くなれるよう努めようと思います。

前へ:私はキリストを見るにはふさわしくない

次へ:世の暗闇と悪の源についての短い話

他のお気に入り