全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神の声を聞き、神の出現を見る

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

質問8.終わりの日に受肉した神自身が神の国の時代を始め、サタンの支配した古い時代を終わらせたと証しなさっていますが、お聞きしたいことは、全能神による終わりの日の裁きの働き、どのように人類が曖昧な神を信じ、サタンが支配した暗黒時代を終わらせたのかということです。詳しく話してください。

回答

全能神の終わりの日の裁きの働きにおいて、神は人類を清め救うことの真理のすべてを明らかにしました。神はまた人類に対して神の経営(救いの)計画のあらゆる奥義や神の心、人類の最終的な終着点のための神の定め等を開示しました。これにより神と人間のあいだの隙間が完全に埋まり、人類はまるで神と差し向かいにあるかのようになりました。全能神のこのような働きは人々が曖昧な神を信じていた時代を本当に終わらせ、また暗闇とサタンが人類を支配し堕落させていた時代も終わらせました。全能神の働きは確かに一つの時代を終わらせ、新しい時代を始める働きです。全能神の言葉から何節かを読んでみましょう。「ようやく今日、わたしが自分で人間たちの間に来て言葉を発してはじめて、人間はわたしについてわずかの認識を得、彼らの考えにあった『わたし』の場所を取り去り、意識の中に実際の神のための場所を作ったのだ。人間は観念と好奇心に満ちている。誰が神を見ることを望まないだろう。誰が神に会うことを望まないだろう。しかし、人間の心に確かな位置を占めるのは、ただ人間がぼんやりと抽象的に感じている神なのだ。わたしが平明に告げなければ、誰が気づくだろう。わたしがほんとうに存在していると、誰がほんとうに信じるだろう。まことに疑いの影もなく。人間の心にある『わたし』と実際の『わたし』との間には大きな隔たりがあり、誰一人、その二つの違いを述べることができない。わたしが受肉しなければ、人間はけっしてわたしを知らず、たとえわたしを知るようになったとしても、そうした認識は観念的なものに過ぎないのではないか。……人間はサタンに誘惑され、堕落させられたから、人間は観念的思考に囚われてしまったから、わたしは自分で全ての人間を征服し、人間の観念を暴き、人間の考えを引き裂くために受肉したのだ。その結果、人間はもはやわたしの前で誇示せず、もはや自分の観念でわたしに仕えることをしなくなる。そうして、人間の観念の中にある『わたし』は完全に消される。」(『言葉は肉において現れる』第一部「全宇宙に向かって語った神の言葉」の「十一番目の言葉」より)

「神の国の建設では、わたしは直接神性のもとに行動し、すべての人々がわたしの持っているものおよびわたしであるものを知るようにし、わたしの言葉についての認識に基づいて、最終的には、肉の体の中にいるわたしについての認識を得られるようにした。そうして、全人類が漠然とした神を探し求めることを終わらせ、人間の心にある『天にまします神』を終わらせる。つまり、それによって人間は、肉におけるわたしの業を知ることができ、わたしの地上での時代は終わるのだ。」(『言葉は肉において現れる』第一部「全宇宙に向かって語った神の言葉」の「八番目の言葉」より)

「肉体において生きるすべての者にとって、性質を変えるには目指すべき目標が必要だ。そして、神を知るには、神の本当の業を見、神の本当の顔を見る必要がある。この二つは神の受肉した体でのみ可能なことだ。そして、いずれも普通の現実の体でのみ成し遂げられる。だから受肉が必要なのであり、すべての堕落した人間はこれを必要としているだ。人々は神を知る必要があるので、漠然とした超自然的な神の表象を心から消し去らなければならない。そして、堕落した性質を捨て去る必要があるのだから、まずその堕落した性質を知らなければならない。人間の力だけで漠然とした神の表象を心から消し去ろうとしても、望ましい成果は得られないだろう。人々の心にある漠然とした神の表象は、言葉だけではさらけ出したり、消し去ったり、完全に除いたりすることはできない。そうしてみても、人間の中に深く根付いているものを消し去るのは不可能だろう。実践の神と神の真の姿だけが、そうした漠然とした超自然的なものと入れ替わり、徐々に人々に教え、そうした方法によってのみ、目指すべき結果が得られるのだ。人間は、過去に求めていた神が漠然とした超自然なものであったことに気づく。これを成し遂げるのは、霊による直接の導きではなく、まして、特定の個人の教えでもなく、受肉した神なのである。受肉した神が本格的にその働きを行うとき、人間の固定観念が露わになる。なぜなら、受肉した神の正常さと現実性は、人間の想像の中にある漠然とした超自然な神とは正反対なものだからだ。人間の元来からの固定観念は、受肉した神との対照によってのみ明らかになる。受肉した神と比較することなしには、人間の固定観念は明らかにならない。言い換えれば、現にそこにあるものと比較しなければ、漠然とした物事は明らかにならない。言葉によってこの働きのできる者は誰もいない。また、言葉によってこの働きを明確に表現できる者は誰もいない。ただ神自身がその働きができるのであって、ほかの誰も神に代わってその働きをすることはできない。人間の言語がどんなに豊かであろうと、神の現実性と正常性を言い表すことはできない。神が人間のもとで自ら働き、自分の姿と実在とをすっかり示してはじめて、人間はもっと実際的に神を知ることができ、もっとはっきり神を見られるのだ。肉体をもつ人間には、この成果を成し遂げられない。もちろん、神の霊もまた、これを成し遂げることはできない。神は堕落した人間をサタンの影響から救うことができるが、この働きは、神の霊には直接できないことだ。」(『言葉は肉において現れる』の「堕落した人間は受肉した神による救済をより必要としている」より)

「すべての人々がわたしの話しかけを受け入れてわたしに関する認識を深める時、その時こそ、わたしの民がわたしの生き方に従う時であり、人の姿となったわたしの働きが完了する時であり、人の姿となったわたしの神性が全うされる時である。この時点ですべての人々は人の姿をしたわたしを知ろうと努力し、神は人間の姿で現れたと言うことができる。これが結実である。……こうして、ついに、神の民は強いられたのではなく、本当に、心から神を褒め称えることができるだろう。これが神の六千年にわたる経営(救いの)計画の中心になるものである。すなわち、この六千年にわたる経営(救いの)計画の結晶化である。すべての人々に神の受肉の意味をわからせ――神が人の姿になったこと、すなわち人の姿をした神の行いを彼らに実際的にわからせる――その結果、彼らは曖昧な神を否定し、今日の神、昨日の神、それだけではなく、明日の神が本当に、実際に永遠に存在していることを理解するようになる。そうして初めて神は安息に入るだろう。」(『言葉は肉において現れる』の「三番目の言葉の解釈」より)

神が肉となる前、つまり二千年前、(イスラエル人を除く)全人類は神の存在と、神があらゆるものを創造し支配しているということに関して完全に闇の中にいました。人間を生み出したのは自然だと信じる人が多くいました。大部分の人が様々な邪悪な霊や偶像を崇拝し、香を焚き叩頭し、贋物の神を祭る神殿がいたるところにありました。人々はあらゆる種類の邪悪な霊やサタンを真の神とみなし、全人類がサタンを崇めサタンに仕えるほどだったのです。人類は完全にサタンの支配下にいて、サタンの領域で生きていました。人々は闇と罪に陥りました。これは広く認識されている事実です。神がイスラエルにおける律法の時代の働きを終えた後、イスラエル人は真の神を崇め仕え始めました。けれど神は人間を通してのみ働き、働きを行なうために受肉しませんでした。ですから、律法の時代における神の働きの成果は、イスラエル人のあいだでのみ達成されましたが、異邦人の世界全体はまだサタンを崇め仕えており、闇と罪の中で生き続けていました。異邦人は自分自身を解放することができなかったのです。このような背景のもとに、神が人類を贖う働きを行なうために主イエスとして初めて受肉してこの世に来たのでした。イエスは悔い改めの道を説きました。「悔い改めよ、天国は近づいた」。人類が救い主の出現を見ることができるように、イエスは真理のいくつかを表し、その時人類は初めて天と地とすべてのものを創造したのは神であり、神が人間の支配者であることを理解し始めたのです。そして多くの人々が初めて神を信じ、神を崇拝するようになったのですが、それでも堕落した人類のなかには神を否定し、邪悪な霊を信じ、サタンに従う人々が多くいました。サタンはまだ人類を騙し堕落させ続けていました。さらに、ほとんどの宗教的な人々は神を信じながらも本当には神を知らなかったので、神への真の服従と崇拝からかけ離れたところにいました。それでも、主イエスの出現と働きにより、人々はまるで神の出現をみるように、救い主の出現を初めて見ることができました。これは誰も否定することのできない事実です。終わりの日に神は再び肉となりました。全能神です。そして終わりの日の裁きの働きを行い、その過程において神はついに人類の中に思いと考えを神と同じくする人々の一団を得ました。この集団の人々は、神による裁きと刑罰を経験したために、神の義なる性質について偽りのない理解を得て、神を畏れる心をもつようになり、神に絶対的に服従し神に得られた人々となりました。この集団は、堕落した人類において神が得た初めての人々であり、終わりの日の神の裁きの働きにより生まれた最初の勝利者です。全能神の表明である『言葉は肉において現れる』が世界中に広められ普及するにつれて、人類は目覚め始め、神の言葉に関心を寄せるようになりました。真理の道を調べたり真理を探究したりする人が多数いて、堕落した人類全体がやっと少しずつ、正式に神の玉座の前に戻り始めています。これらはすべて、肉となり人間のもとで言葉を発する神が達成した成果です。神の言葉はあらゆることを成し遂げようとします。そのため神は以下のように語ったのです。「わたしの言葉がすべて終わった後、わたしの国は徐々に地に形を現し、人間は次第に正常に戻り、そうして、地上にわたしの心の国が築かれる。その国では、神の民全員が正常な人間の生活を取り戻す。凍える冬は去り、春の訪れた町々の世界となり、一年中春が続く。もはや人々は暗く惨めな人間世界に臨まない。もはや人間世界の凍える寒さを耐えることがない。人々は互いに戦うことなく、国々は互いに戦争を仕掛けることがない。もはや大虐殺が行われて血が流されることはない。地はすべて幸福に満たされ、どこも人と人とのぬくもりが満ちる。」(『言葉は肉において現れる』第一部「全宇宙に向かって語った神の言葉」の「二十番目の言葉」より)

「わたしが正式に権力を握り、神の国の王として支配すると、わが民はみな、やがて、わたしによって完全にされる。世界のすべての国々が混乱すると、そのときこそ、わたしの国が確立され、形作られ、また、わたしは本来の姿を現して全宇宙に向き合う。その時、すべての人はわたしの栄光の顔、わたしの真の顔つきを見る。」(『言葉は肉において現れる』第一部「全宇宙に向かって語った神の言葉」の「十四番目の言葉」より)

「最後には、神は全宇宙の人々の中の不潔なもの、不義なものをすべて焼き払い、彼らに神が慈愛、憐れみ、英知、不思議、高潔の神というだけでなく、さらには人を裁く神でもあることを示す。全人類の中にある悪い者に対して、神は激しい炎、裁き、懲罰そのものである。完全にされるべき人々に対して、神は試練、精練、苦難であり、同時に慰め、滋養、言葉の供給、取り扱い、刈り込みである。取り除かれる人々にとって、神は懲罰であり、報いである。」(『言葉は肉において現れる』の「二度の受肉が受肉の意義を完成させる」より)

「国々と世界の人々がみな、わたしの玉座の前に戻ると、わたしは天の富をすべて人間の世界に与え、わたしによって、比類ない富にあふれるようにする。しかし、古い世界が存続する間、わたしは国々の上に怒りを投げつけ、わたしの行政を全宇宙に公布し、違反する者には刑罰を下す。

わたしが全宇宙に向かって話すと、人間はみなわたしの声を聞き、そこで、わたしが全宇宙で行ってきた業を見る。わたしの心に逆らう者、つまり、人間の行いでわたしに敵対する者は、わたしの刑罰を受けてひれ伏す。わたしは天の多くの星々を取ってそれらを新しくし、わたしにより、太陽と月は新たになる──空はもはや以前のものではない。地上の無数の物事が新たになる。すべては、わたしの言葉により完全になる。全宇宙の多くの国々は、新たに区切られ、わたしの国に置き換わる。地上の国々は永遠に消え去り、わたしを崇める一つの国になる。地上のすべての国々は破壊され、存在しなくなる。全宇宙の人間のうち、悪魔に属する者はみな、滅ぼし尽くされる。サタンを礼拝する者はみな、わたしの燃える炎に倒れる──つまり、今、流れの中にいる者以外は、灰になるのだ。わたしが多くの民を罰するとき、宗教界にいる者は、わたしの業に征服され、程度の差はあれ、わたしの国に戻る。彼らは『聖なる方が白い雲の上に乗って』降臨するのを見たからである。人間はみな、種類に従い、それぞれの行いに応じて刑罰を受ける。わたしに敵対した者たちは、みな滅びる。地上での行いがわたしと関わりのなかった人たち、その人たちは、自分たちの行いによって、地上にわたしの子らとわが民の支配下で存在を続ける。わたしは無数の人々と無数の民族にわたしを現し、わたしは自ら声を発して地上にわたしの大いなる働きの完了を告げ、全人類が自分たちの目でそれを見られるようにする。」(『言葉は肉において現れる』第一部「全宇宙に向かって語った神の言葉」の「二十六番目の言葉」より)

このように、神の出現と働きが人類が曖昧な神を信じる時代を確かに終わらせ、サタンが人類を支配し堕落させる闇と罪の時代も終わらせたことが分かります。神が自ら現われ働き、神の言葉が治める神の国の時代が始まりました。なぜ宗教界もまた終わりの日の神の働きにより暴露かつ排除され、さらには神の呪いを受けることになったのでしょうか。それは、宗教界の人々のほとんどがいまだに曖昧な神、彼らの観念でできた神を信じており、心の中には神の真の姿も真の性質も存在しないからです。それで彼らは肉にある神に抵抗し非難し、再度神を十字架に釘付けにすることができます。そのため神は「わざわいだ。神を十字架につけた者たち。」(『言葉は肉において現れる』の「悪人は罰せられなければならない」より)と言いつつ彼らを呪ったのです。終わりの日の全能神の出現と働きは、ことばが肉になるという事実を達成しました。神の性質は全人類に公然と示され、全人類は神の言葉を見たり読んだりし、神による裁きと刑罰による清めにおいて生きることができるようになりました。人類の中で誰かが神を信じようと信じまいと、神に属そうとサタンに属そうと、すべての人は神の言葉による暴露を通してそれぞれの種類に分けられます。神に属する人々は皆、神の言葉により目覚め、神の言葉の滋養から徐々に神を理解し始め、神と差し向かいになり、神がすべてを支配していること、神が人々の運命を決めていることを見ています。彼らは皆、人々の罪深い行為を黙認しない神の義と聖性もまた見ています。すべての人々が神に立ち返り、神の言葉はあらゆることを達成します。神のものは神のもとに戻り、サタンのものはサタンのもとに戻ります。その後すぐ、神は善をねぎらい、悪を罰し、災難を起こしてサタンに属する人々をすべて一掃します。あらゆる邪悪な勢力は必然的に神の懲罰により打倒され、神の働きに従うことができ神に本当に向かう人々すべてを神はその国へと連れて行きます。これは神がまもなく完成することの事実です。神の国の時代は神の性質が人類に公然と明らかにされる時代であり、それはまた人類が神を知り始める時代でもあります。さらに、神の国の時代は神が言葉を発し、公然と人々の前に現れる時代です。神の意図が地上で実行されるのを妨げることのできる勢力はありません。キリストの国はすでに地上に現れ、ヨハネの黙示録の次の預言は完全に成就されました。「見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである。」(ヨハネの黙示録21章3〜4節)全能神は次のように語ります。「神の国では、神と共にある神の人々の生活は比類なく幸せである。人々の祝福された生活に海は踊り、人々と共に山々はわたしの豊かさを楽しむ。人々は誰もが努力し、懸命に働き、わたしの国で忠誠を示す。神の国にもはや反乱はなく、抵抗もない。天と地はお互いをよりどころとし、人とわたしは生の至福を通して、お互いを頼りとしながら親しく深く感じる……」(『言葉は肉において現れる』第一部「全宇宙に向かって語った神の言葉」の「人々よ、歓喜せよ」より)神の国において、神に属する人々に神はご自身をお見せになり、人類の中で生き残った人々を地上での生活においてお導きになるでしょう。神は彼らのそばで生き、彼らとともに暮らし、彼らとともに喜ばれるでしょう。人々もまた神とともにいる幸せで美しい暮らしを享受することでしょう。これが受肉した神が終わりの日に成し遂げられることで、神が人間に与える最も偉大なる約束であり祝福です。

脚本より抜粋

前へ:質問7.神様の二回の受肉はキリストが真理であり、道であり、いのちであることを証ししました。キリストが真理であり、道であり、いのちであるということをどのように理解するべきなのでしょうか。

次へ:1.なぜ神は人類を救う働きを行うのか

他のお気に入り