38.性質の変化はどのように現れるか。

関連する神の言葉

あなたの性質が変化できるかどうかは、あなたが聖霊の現在の言葉に歩調を合わせられるかどうか、あなたに真の認識があるかどうか次第である。これは、あなたがたが以前に理解していたこととは異なる。あなたがかつて理解していた性質の変化とは、早合点しがちな自分が神の鍛錬によって不注意に話すことをやめた、というものである。しかし、それは変化の一面に過ぎない。現時点で最も重要なのは、聖霊の導きに従うことである。神が何を言おうとそれに従い、服従すること。人は自分の性質を変えることができず、神の言葉による裁きと刑罰、苦難と精錬を経験するか、あるいは神の言葉による取り扱い、懲らしめ、そして刈り込みを受けなければならない。そうして初めて、その人は神への従順と忠誠を実現することができ、もはや神に対していい加減ではなくなる。人の性質が変わるのは、神の言葉による精錬のもとである。神の言葉による暴露、裁き、懲らしめ、そして取り扱いを受けることでのみ、その人はあえて軽率に行動することがなくなり、平静沈着になる。最も重要な点は、神の現在の言葉、および神の働きに従えることであり、たとえそれが人間の観念と一致しない場合でも、それらの観念を脇にのけて進んで従うことができる、ということである。過去、性質の変化について話すとき、それは主として自分を捨て去れること、肉が苦しむのを甘受すること、自分の肉体を懲らしめること、そして肉の好みを自分から取り除くことを指していた。それが性質の変化の一種だというのである。だが今日、性質の変化の真の現われは、神の現在の言葉に服従し、神の新たな働きを真に認識することだと、誰もが知っている。このようにして、自分の観念に彩られた、神に関する以前の理解は消し去られ、その人は神に対する真の認識と服従を成し遂げることができる。性質の変化については、それ以外に真の現われは存在しない。

『言葉は肉において現れる』の「性質が変化した人とは神の言葉の現実に入った人である」より引用

人は良い振る舞いをすることができますが、それは必ずしもその人に真理があるということではありません。熱意は人に教義を尊重させ、規則に従わせることしか出来ません。真理の無い人は実質的な問題を解決することが一切出来ず、教義が真理の代わりになることは不可能なのです。性質が変わった人は違います。性質の変化を経た人は真理を理解しており、あらゆる事柄を識別することができ、神の旨に沿うにはいかに行動するべきか、真理の原則に沿うにはいかに行動するべきか、神を満足させるにはいかに行動するべきかを知っており、自らが露わにする堕落の本質を理解しています。そのような人は自分の考えや観念が露わになると、識別力をもちいて肉を捨て去ることができます。性質の変化はこのように現れます。性質の変化に関して主要な事は、彼らが明確に真理を理解しており、物事を実行するときにはある程度正確に真理を実践し、堕落した性質はさほど頻繁には露わにされないということです。一般的に、性質が変化した人にはとりわけ理知と識別力があるように見え、真理を理解しているために独善性や傲慢をさほど示しません。彼らは露わにされた堕落の大半を見通し識別することができるので、傲慢さを生じさせません。彼らは人間のあるべき立場をわきまえており、いかに理性的に振る舞うべきか、いかに忠実に本分を尽くすべきか、言うべき事とそうでない事、誰に何を言い行なうべきかをわきまえています。そのため、このような人々は比較的理性的だと言われるのです。性質を変える人々は真に人間の姿を生き、真理を自分のものにしています。彼らはいつも真理に従って物事を語ったり見たりすることができ、どんな人や物事にも影響されず、みな自分の見方をもち真理の原則を保つことができます。彼らの性質は比較的安定しており、熱しやすく冷めやすいということはなく、状況がどうであろうと、本分をどうきちんと尽くすか、神に満足していただくためにどう物事を行なうべきかを理解しています。性質が変えられた人々は、表面的に自分を良く見せるために何をするべきかに重点を置いたりしません。彼らは神に満足してもらうためにどうすべきかを心の中で明確に把握しているのです。それ故、外面的には熱心には見えなかったり、偉大なことを成し遂げたようには見えなかったりするかもしれませんが、彼らのすること全ては意味があり、価値があり、現実的な結果をもたらします。性質が変えられた人々が真理を多く得ていることは確かです。このことは彼らの物事の見方や行動の原則を通して確認できます。真理を得ていない人々は絶対に性質の変化など経験していません。性質の変化は、成熟した経験豊かな人間性をもつという意味ではありません。それはおもに、神に関する認識と真理に関する理解を得た結果、人の本性の中にあるサタン的な害毒の一部が変化することを指します。つまり、そのようなサタン的な毒素は清められ、神によって表される真理がそれらの人に根付き、いのちとなり、生存の基礎となるということです。そうなって初めて、人は新たにされ、そのようにして性質も変わるのです。性質の変化はその人の外的な性質が以前より柔和になったということでもなければ、傲慢だった人が理性的に語るようになるとか、相手の話しを聞かなかった人が他人の話を聞けるようになったとかいうことではありません。このような外的変化を性質の変化とは言えません。もちろん、性質の変化にはこれらの状態や表れも含まれますが、何よりも重要なのはその人の内なるいのちが変えられたということです。神の表す真理が彼らのいのちそのものとなり、サタン的な毒は取り除かれ、ものの見方が全く変わり、それらのどれも、この世のものとは全く違うものとなります。彼らには赤い大きな竜の策略と毒がはっきり分かります。彼らはいのちの真の本質を得ています。そのようにして彼らのいのちの価値が変わったのです。これが最も基本的な変化であり、性質の変化の本質なのです。

『キリストの言葉の記録』の「外面的な変化と性質の変化の相違」より引用

性質の変化にはいくつかの特徴があります。その一つは真理を受け入れ、真理と一致する正しい物事に従うことです。あなたに指摘するのが誰であろうと、つまりその人が若者だろうと老人だろうと、あなたと仲がよかろうと悪かろうと、あなたとのあいだにわだかまりがあろうとなかろうと、真理と一致し、神の家の働きに有益な正しいことをその人が言う限り、あなたはそれを取り入れて受け入れることができ、他の要素には影響を受けません。これが第一の特徴です。もう一つの側面としては、問題に遭遇するたびに真理を求められるということです。たとえば、誰にも理解できない新しい問題に遭遇した場合、あなたは真理を求め、その問題を真理の原則と一致させ、神の要求を満たすにはどうすべきかを知ることができます。さらに別の特徴として、神の意志に気を配る能力を得るというものがあります。いかにして神の意志に気を配るべきかは、どのような本分を尽くしているかと、神がその本分においてどのような要求をしているかに左右されます。神の求めに従って本分を尽くせること、神に満足してもらうべく行動すること、そして責任感と忠実さをもって振る舞うこと、これらはすべて神の意志に気を配ることです。自分が行なっていることにおいて、どうしたら神の意志に気を配れるかわからなければ、それを達成して神に満足してもらうべく、探求しなければなりません。これら三つの原則を実践に移し、それによって実際に生きる方法を判断でき、実践の道を見つけることができれば、あなた方は原則に基づいたやり方で物事を扱っていることになります。どんな事柄に遭遇しようと、どんな問題に対処する必要があろうと、自分の実践において頼るべき原則は何か、そのそれぞれに含まれる詳細は何か、原則に背かないようそれらをどう実践すべきかをいつも探し求めなければなりません。これらのことについていったん明確な認識を得れば、自然と真理を実践できるようになります。

『キリストの言葉の記録』の「真理を実行に移すことでのみ、堕落した性質の束縛を振り払える」より引用

前へ: 37.性質の変化とは何か。

次へ: 39.性質の変化と善良な振る舞いの違いは何か。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

2. 終わりの日における神の裁きの働きは、どのように人類を清めて救うのか

参考聖書箇所:「たとい、わたしの言うことを聞いてそれを守らない人があっても、わたしはその人をさばかない。わたしがきたのは、この世をさばくためではなく、この世を救うためである。わたしを捨てて、わたしの言葉を受けいれない人には、その人をさばくものがある。わたしの語ったその言葉が、終り…

4. 神の新しい名を受け入れないという問題の本質

もし人がいつまでもわたしをイエス・キリストと呼び、わたしが終わりの日に新しい時代を始め、新しい働きに着手していることを知らず、いつまでも取りつかれたように救い主イエスの到来を待つならば、わたしはこのような人々をわたしの存在を信じない人々と呼ぶだろう。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索