真の幸福を見つけた

私はごく普通の農家に生まれました。裕福ではなかったものの、父と母は互いに愛し合い、私のことを大切にしてくれました。家庭生活が幸せで、私たちが祝福されていたのは間違いありません。やがて成長した私は自分にこう言い聞かせました。

「私も自分に優しくしてくれる夫を見つけて、幸せな家族を築かないと。。それが一番大切なんだから。豊かになろうとは思わない。夫と愛情豊かな関係を築き、穏やかな家庭生活があればそれでいいのよ」

夫とは共通の知り合いを通じて出会いました。最初こそ、とても背が低かったので好きではなかったのですが、父と母は彼に好印象を抱きました。そして私に、「この人は優しい心の持ち主だから、お前のことを大事にしてくれるよ」と言いました。確かに、人と誠実に接しているのはわかりますし、自分の家族も大切にしてくれる人のように見えました。それで私も、「少しくらい背が低くてもいいわ。私のことを大事にしてくれればそれでいいのよ」と思いました。こうして私は結婚に同意し、1989年に結婚しました。結婚後、夫は私に優しく接し、大切にしてくれました。私も心を込めて夫を気遣い、いつも夫のことを考えました。娘2人を授かってからは、夫がなんの心配もなく仕事に行けるよう、私は家で家事に専念しました。やがて、娘2人が進学のため町を出ることになったので、この子たちが学校に通うあいだもそばにいられるよう、近くの場所に部屋を借りました。自分でなんとかできる限り、私は一度も家族のことで夫を煩わせませんでした。つらいことがあったり、疲れたりすることもありましたが、私たちの夫婦関係はお互いへの愛と気遣い、そして配慮に満ちていて、私たちは穏やかな生活を送っていました。自分の生活は本当に幸福だと思っていたのです。

当時、夫の給料は日々の出費をまかなえる程度で、。我が家の生活は多少大変でしたが、私は決して旦那に文句を言いませんでした。夫と妻は人生の喜びも悲しみも分かち合うべきだと思っていたのです。しかしその後、夫の職場の財務状況が悪化し、それまでの半分の給料しかもらえないまでになって、子どもたちの学費を払うのも難しくなりました夫のストレスを軽くしようと、私は親戚から頻繁にお金を借りるようになりましたが、内心では「この困難は一時的なもので、時間が経てば状況はよくなる」と思っていました。ところが、長いあいだお金を借り続ける羽目になったので、私たちの借金はどんどん増えてしまい、2人とも大きなストレスを抱えるようになりました。2013年、夫は海外に出稼ぎに行くことを思いつきました。それを聞かされた私は、夫がいなくなることに気乗りしなかったのですが、「この人が2、3年海外に行ってお金を稼いでくれれば借金をいくらか返済できるし、家庭の状況もよくなるわ。それに子どもたちは育ち盛りだし、いい生活をさせてあげたい」と考えました。そこで家族のために、夫が海外に出稼ぎに行くことに賛成たのです。

夫はカンボジアに行って3年間滞在しましたが、その間、私は家で子供たちと年老いた両親の世話をしました。最初、夫はよく電話をくれるなど、家族を大事にしていることを示し、仕送りもしてくれました。しかし時間が経つにつれて夫からの電話は少なくなり、しまいには電話をかけることも仕送りをすることも滅多になくなりました。私は夫に何か起きたのではないかと心配になり、娘たちを連れて夫に会いに行きました。カンボジアに着くと、旦那が無事で健康だとわかったので、私はとても安心しました。カンボジアを訪れるのはこれが初めてだったので、3人ともしばらく夫と一緒に過ごし、それから中国に戻ろうと考えていました。しかし、夫と一緒に外出するたび、彼を知る人たちが私を変な目で見るのです。 私たちはこの国の言葉を話せなかったので、その意味はわかりません。それから一週間後、夫が何の前触れもなく、見知らぬ子供を腕に抱えて私に会いに来ました。そしてその子に、「さあ、叔母さんに挨拶するんだ」と言うではありませんか。そのとき、私はどういうことか訳がわからず、ただ呆然と見つめていました。夫に訊いてみると、この子は彼がカンボジアで出会った別の女性との間に生まれた子供だというのです。私は何も言えなくなるほど腹が立ち、自分が間抜けのような気がしてすっかり途方に暮れました。その怒りをぶつけようとしたところ、夫はとても穏やかにこう言いました。

「こんなの普通だよ。ここでは沢山の人がやってることなんだ!」

夫がそう言うのを聞いて、私は全身が震えだすほどの怒りを覚えました。長年にわたって私を愛してきた夫が、こんな冷たく無情なことを口にして、こんな恥知らずなことをしてしまうなど、考えてもいなかったのです。私は怒りに任せて夫の顔を2度激しく平手打ちしました。私にとって、夫の裏切りは青天の霹靂でした。この事実を受け入れるなど、とてもできません。私はすっかり麻痺してしまい、床に座り込んでひたすら激しく泣きました。そして何度も自分にこう問いかけました。

「この人はどうして私にこんなことをするの?私が知る夫はどこに行ってしまったの?この人は私に永遠の愛を誓ったけれど、その誓いも優しさも気遣いもすべて嘘だったっていうの?私は自分のすべてをこの家族に捧げてきたのに。お金やいい物をねだったことすらないわ。でもいまは……」

私はとてつもない屈辱を感じて心の奥底で傷つき、自分がひどい扱いを受けていると思いました。このまま生き続けるなどとても無理なような気がしたのです。

その後、私は毎日涙で顔を濡らしていました。その女も、あの子も憎かったのです。そして夫に対し、離婚して娘たちを中国に連れ帰り、この「家族」とやらから離れるつもりだと告げました。しかし驚いたことに、夫は離婚に同意しないだけでなく、あの女から離れるのも嫌だというのです。その後わかったのですが、私の家族の何人かは、夫が別の女と付き合い、子どもをもうけたことを以前から知っていて、その間ずっと私に隠していたのです。そのとき、私は生きる上での尊厳を奪われたと、ますます強く感じました。自分は家庭を切り盛りすることに心を捧げてきたのに、そのお返しに裏切られ、騙されるなどとは想像すらしていませんでした。それだけでもすでに十分つらいのに、本当に許せなかったのは、夫の知り合いが全員、私を変な目で見ることでした。その人たちは私の陰口さえ言っていたのです。そもそも私を裏切ったのは夫で、私の家庭を滅茶苦茶にしたのはその女なのに、いまの他人の目には私が出しゃばってきたと映っていました。そのとき感じていた苦痛を言葉にするなど到底できません。一日一日があたかも一年であるかのようにゆっくり過ぎ、私は10キロ以上も体重を減らしました。

絶望に身を委ねていたまさにそのとき、全能神による終わりの日の救いが私に届きました。隣に住むリンチンさんという人がそれまでの出来事を聞いて私の家にやって来て、その福音を私に説いたうえで、「信仰をおもちなさい。神があなたを助けてくださるわ」と言ってくれたのです。しかし、無神論的な教育を受けて育った私のような人間が、一瞬のうちに信仰をもてるはずもなく、何も答えませんでした。その後、リンチンさんが再び話をしに来てこう言いました。

「神の御言葉をお読みなさい。苦しみからあなたを救えるのは神だけなのよ……」

彼女の言葉がどれも誠実そのものだったので、私は少し心を動かされ、再び拒否するのは恥ずかしいことだと思いました。そこで『言葉は肉において現れる』という本を受け取ったのですが、それを開いたところ、次の一節が目に留まりました。

「全能者のいのちの供給から離れた人類は、存在の目的を知らないが、それでも死を恐れている。支えもなく援助もないが、人類は依然として目を閉じようとせず、自らの魂を感じることもない肉の塊として頑なにこの世における下劣な存在を引きずっている。あなたはこのように何の希望もなく生き、他人も何の目的もなく生きている。伝説のあの聖なる者だけが、苦しみにうめきながら彼の到来を待ち焦がれる人たちを救う。…あなたが疲れているとき、この世の荒廃のようなものを感じはじめるとき、途方に暮れてはならない、泣いてはならない。全能神という、見守る者がいつでもあなたが来るのを抱擁して迎えるからである。」 (『言葉は肉において現れる』の「全能者のため息」より)

神による心のこもった御言葉を読むうちに、私は大声で泣きだし、神は本当に人類を理解していらっしゃると感じました。夫の裏切りのせいで死にたくなりましたが、自分にはその勇気もなければ、そのような形で死ぬことを望んでもいませんでした。人生の目標と方向性を失い、自分を保つことさえどうでもよくなっていました。しかし神の御言葉を読むと、人生に希望があって自分の心が安らぎを見つけられたような気がしました。夫には裏切られましたが、私は神にすがることができます。独りではないのです。全能神はこうおっしゃいました。

「この世の荒廃のようなものを感じはじめるとき、途方に暮れてはならない、泣いてはならない。全能神という、見守る者がいつでもあなたが来るのを抱擁して迎えるからである。」

私は傷ついていたし、自分を気遣ってくれる人が誰もいなかったので、進んで神にすがろうと思いました。私は神の抱擁を必要としていたのです。毎日がとても苦しくつらいので、そのようなままで生きるのは耐えられません。神は人類をとてもよく理解していらっしゃるので、必ずや私をお導きになり、この苦しみから逃れさせてくださるはずだと思いました。そこで私はリンチンさんと一緒に神の御言葉を読み、神を讃える讃美歌を憶え始めました。すると彼女はこう言いました。

「大変なときは神に祈って御言葉をお読みなさい。神は私たちの傷ついた魂を癒やしてくださるわ」

私はそのとおりにしました。そして全能神教会の兄弟姉妹が撮影した音楽動画や讃美歌動画を見ていると、心の中で幸せが湧き上がってきました。特に『カナンの地にある喜び』という動画を見たときは、兄弟姉妹の歌と踊りに合わせて自分の心が踊っているかのような気がしました。心の憂鬱と苦痛が徐々に消えてゆき、ようやく顔に笑みが浮かぶようになりました。そして突然、これがまさに私の望む家族であり、真の幸福は兄弟姉妹と一緒でしか見つけられないと感じたのです。そこで私は全能神教会に加わり、兄弟姉妹と教会生活を送るようになりました。

その後、私は神による次の御言葉を読みました。

「サタンが社会動向を利用して人間を堕落させることです。この社会動向には様々なものがあります。『それは衣服のことですか。最新ファッションや化粧品、ヘアスタイルやグルメに関することですか』などと言う人がいます。社会動向とは、そうした物事に関することですか。それらも社会動向の一部ですが、ここでそうした物事については取り上げません。ここでは、社会動向が人間にもたらす考えや、社会動向が世間における人間の行動にどう影響するか、そして社会動向が人間にもたらす人生の目標や人生観についてのみ話し合います。社会動向は、人間の精神状態を支配し、影響を与えることがあるので、極めて重要です。こうした社会動向には、それぞれに人間を継続的に堕落させ、良心、人間性、理知を失わせ、人間の倫理や人格をますます低下させる邪悪な影響があり、それゆえ現在、大部分の人々に誠実さや人間性、良心、さらには理知さえ欠如している状態にまで達しているとさえ言えるほどです。…社会動向が席巻すると、その創出者となるのはごく僅かな人たちです。その人たちは、ある種の行動を始めたり、ある種の考え方や物の見方を受け入れたりして始めます。しかし大部分の人々は、無意識のうちに、そうした社会動向に継続的に汚染され、捕らわれ、魅惑され、やがてそれを知らず知らずのうちに、無意識のうちに受け入れるようになり、それに呑み込まれて支配されるようになります。こうした社会動向で、心身の健全さが欠如し、真理とは何かを知らず、肯定的なものと否定的なものの区別が出来ない人間は、そうしたサタンに由来する社会動向や人生観、価値観を次々と進んで受け入れてしまいます。この種の人々は、どのような人生を送るべきかに関してサタンが教えることや、サタンにより「授けられた」生活の道を受け入れます。彼らには強さ、能力、またことさらに拒否する意識が欠乏しているのです。」(『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 6」より)

神によるこの御言葉を読んで、「こんなの普通だよ。ここでは沢山の人がやってることなんだ!」という夫の言葉が頭に浮かびました。社会の悪しき潮流がいかに人々を呑み込んで堕落させるかを、神の御言葉は述べていますが、夫の考え方やものの見方はそこで明らかにされていることの実例ではないでしょうか。中国を離れる前、夫は家族の面倒を見て、私と子供たちを大事にしていました。しかし、出稼ぎに行ってからわずか3年間で、まっしぐらに社会の悪しき潮流に従うようになってしまい、一番近い人たちを裏切ってしまったのです。そして今日の社会に目を向けてみると、愛人でいることを恥とも思わない女性が数多くいます。そうした人たちは、それはむしろノウハウを知っていることを意味するのだと考えているのです。また多くの男性も、「英雄色を好む」などという悪しき考えに毒されています。彼らはそのように考えて恥じることなく不倫してしまうのです。それを恥ずかしいことと思わず、それどころか自慢すべきことだと思っています。夫は私との離婚を望まない一方で、あの女とも別れたがっていません。それは、夫がこのような悪しき考え方と見方に支配されているということではないでしょうか。神の御言葉を読んで、実際には誰もが被害者なのだということがわかりました。サタンが私たちに植え付けた悪しき考え方によって、全員が惑わされてきたのです。私たちが道徳も羞恥心も失うほど堕落させられたのは、それが唯一の理由です。私は「自分勝手な欲望を満たすことで、人は何を得られるのだろう。本当に幸せを得られるのだろうか」と不思議に思いました。それがわかると、夫もあの女も自分より幸せだとは思いません。そのうえ、あの子はなんの罪もない被害者なのです。私たち家族全員が被った苦痛は、ひとえにサタンによる堕落と害悪の結果ではないでしょうか。そして自分自身のことを考えると、神の救いが私のもとに届いていなかったら、私もまた社会の悪しき潮流によって腐敗していたことでしょう。つまり、夫は別の女を見つけたし、私と付き合ってくれる男もたくさんいるだろうから、自分も同じように別の誰かを探していただろうと思ったのです。まさにサタンに呑み込まれようとしていた私を救ってくださった神に感謝いたします。私が神の御前に出てそのご加護を受けるのを、神は許してくださいました。さもなければ、私はこの社会の悪しき潮流によって破滅していたでしょう。

その後、私は次の神の御言葉を読みました。

「神の本質は聖なるものなので、あなたは神によってのみいのちに通じる明るい正しい道を歩むことができ、神によってのみ人生の意味を知ることができ、神によってのみ真の人間性を生きることができ、真理を獲得し、知ることができ、神によってのみ真理からいのちを得ることができます。人間が悪を避けるのを助け、サタンの危害と支配から人間を救うことができるのは神だけです。神以外に、これ以上苦しまないよう、辛苦の海からあなたを救い出すことができる人や物はありません。このことは、神の本質により決まっています。無私にあなたを救うのは神自身のみであり、あなたの将来や運命、人生に究極的に責任を負うのは神のみであり、神はあなたのためにあらゆる物事を手配します。これは、被造物や非被造物のいずれも成し得ないことです。被造物や非被造物に、このような神の本質を持つものは存在しないので、あなたを救い、導く能力のある人や物は存在しません。これが人間にとっての神の本質の重要性です。」 (『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 6」より)

神の御言葉から、私は人類に対する神の愛とお気遣いを感じることができました。また、サタンがありとあらゆる社会の潮流によって私たちを堕落させ、危害を加えようとも、神が私たちの救いを諦めたことは一度もないことも理解するようになりました。神はいつも静かに私たちをお守りになり、私たちが神の御前に出てその救いを受け入れられるよう、あらゆる種類の状況を用意なさっているのです。夫に裏切られたあと、自分が憤りと苦しみのうちに生きていたことを振り返ると、神のご配慮とご慈悲がなければ、また神の御言葉によって慰められ、そして励まされることで、サタンが人類を堕落させるために使う策略や狡猾なたくらみを見破り、サタンの悪しき潮流が私たちをいかに毒しているかをはっきり見極めることができていなければ、私は憤りと苦痛の状態の中で永遠に生き続けていたでしょう。そこから逃れることもできず、さらにはただ心の憎悪を解消するため、自分を完全に滅ぼすことさえしていたはずです。この経験を通じ、私は神の愛を体験しただけでなく、サタンの堕落と害悪から人類をお救いになれるのは神だけであり、私たちをいのちの光の道へとお導きになれるのも神だけであることを本当に実感するようになりました。あの苦痛の淵から私を救ってくださった全能神に感謝いたします!

最近、私は神の御言葉をさらに読んだことで、真理を少しは理解するようになり、多くの問題を見抜けるようにもなりました。もう夫のことも、あの女のことも憎んではいません。どのような人生を送りたいとしても、彼らは自由に選べるのです。また、親戚や友人に対しても穏やかに、かつ冷静になることができます。私たちはみなサタンによって堕落させられ、一人残らずその被害者なのですから、自分の家族を責めることももうありません。現在、私は兄弟姉妹と頻繁に集会に参加しており、そこで神の御言葉を読み、交わりを行ない、自分の個人的な経験を伝え合っています。神の御言葉から日々収穫を得て、心の中で安らぎと喜びを感じ、生活は希望に満ち溢れています。私を人生の正しい道に導き、本当の家を与えてくださった全能神に感謝を捧げます。ここは私が真の幸福を見つけた場所であり、私は永遠に神に付き従うことだけを願います!

張華 カンボジア

前へ: 禍と福

次へ: 神が私のそばにいらっしゃる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

霧の中を切り抜け光を見る

私は普通の労働者です。私と妻はいつも些細なことで喧嘩しており、また常に心配したり悩んだりしていましたが、それに同僚が2013年11月末に気づき、私達に終わりの日の全能神の働きについて教えてくれました。全能神の御言葉から、天と地そして万物は神が創造したもので、人間の命は神によって与…

さまよえる心が家に帰る

という御言葉を読み、私は神の御言葉が鋭い刀のように心に突き刺さるのを感じました。御言葉は私の生きる状態をまざまざと明らかにし、内なる心の本当の状況を言い表しました。

迷い、また救われて

私は生活水準の高い幸せな人生を追い求めるべく、できる限り懸命に働こうとアメリカ合衆国にやってきました。最初の数年は少なからず苦しみましたが、やがて自分の会社を始め、車や家などをもつことができました。夢に見た「幸せな」人生をついに歩めるようになったのです。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索