真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

真理の道を探し求めるための百問百答

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

3.自分の本分を尽くした私は神の多大なる御救いを受けました

紅偉(北京)

2012年8月15日

2012年7月21日、豪雨が降り始めました。あの日、私は偶然にも尽くすべき本分がありました。そうして集会が終了した後、私は雨が少し弱まったのを確認してから自転車に乗って急いで家路につきました。私は公路に乗った時、山から雨水が滝のように勢いよく流れ落ちてきており、道路は飛び跳ねる雨水で覆われ地面がはっきりと見えなくなっていることに気が付きました。この光景を見て少し怖くなった私は、心の中で絶えず。「神様!どうか私により強い信念と勇気をお与えください。今この瞬間こそ、私があなたの証言をするために語る瞬間です。私が雨水に流されてしまうことを放任されるのであれば、それにもあなたの善良な御意図が込められていることでしょう。私はあなたの御計画と御采配に従順いたします」、と神に請いました。こう祈りを捧げた後、私は心が落ち着き、それほど怖くもなくなり、荒天に面と向かいながら帰り道を進んで行きました。しかし、この後さらに大きな危険が私を待ち構えているとは誰が知り得たでしょうか?帰り道の途中には非常に急な坂道があったのです。アスファルトは新しく敷かれたばかりで、坂道には雨水が流れていたため、私が坂を下りた時、自転車の前輪の2つのブレーキがきかなかったのです。この丘のふもとには国道108につながる補助道路があり、その反対側には並木がありました。更にその向こうには川の本流が流れており、スピードを落とすことが出来なければ私は並木の中に衝突することになり、さらには川に落ちてしまう可能性すらありました。その結果を想像して見ると…私はもう運が尽きたと思いました。こう思っていると、突然、何処からとも無く何らかの力が私を自転車からたたき落としたのです。私は自転車の慣性動作とともに投げ飛ばされ丘のふもとにある交差点に着くまで止まれませんでした。ちょうどその時でした、2台の車が私の目の前を並んで横切って行ったのです。もう少しで引かれるところでした!私は、幸運にも、神がこの危機にさらされている私を御救い下さったのです。

私が帰宅した後、雨はさらに激しく降り始め、あっと言う間に玄関前の階段の7段目まで水が上がって来たのです。その時には、既に電力線が落ちて、近所の人のソーラーパネルは粉々になっていました。私は幼かった頃から今まで、こんな洪水を目撃したことは一度もありませんでした。私がずぶぬれになった服を着替えて中庭の様子を見に戻った時には水位が13段目にまで上がり、水が中庭に入りそうになっていたのです。私は素早く表門を閉じ、讃美歌と説教を聞くために使うmp4プレーヤーと神の御言葉を集めた書籍のコレクションをまとめ始めました。神の信者である私の母も自分の本を集め、私達はすぐにでも山に向かう準備をしていました。ちょうどその時、私達は突然、「自分達の本は持って行けるけど、教会の書籍がまだ家の中に沢山あるわ。どうやって運べばいいの?」と思い、私達は急いで神の前にひざまずいてこう神に祈りを捧げました。「神様!私達は自分達の本を持って運ぶことは出来ますが、私達が取り揃えた教会の書籍も沢山運ばなければいけません。私達は教会の所有物に破損してほしくありません。神様、どうかこれらの物に御気を御配りいただき、御守りください!私達はそう術がありません。しかし、私達はあなたを頼りにして、あなたの御計画に従順いたします。」こう祈りを捧げた後、私は又しても神の御行為を目にしたのです。初め、洪水は力強い破壊力で私達の方に向って流れていたものの、私達の家を通ったとたんに突然その速度が遅くなり、水流も少なくなり、更に減速してただの滴になったのです。このおかげで、教会の書籍は全く破損せずに済んだのです。あの夜、私達の家の前と後ろに住む近所の人達は中庭に水が入り込んだため全員が非難していましたが、私達は、神の御監視の下で常に守られた状態にあり、心穏やかな夜を過ごすことが出来たのです。

私は、この体験の中で神の素晴らしい御行為をこの目で目撃することが出来ました。神の御加護によって自分のいのちが助かったことを考えると、私は自分の良心に従い、神がお与えくださった愛情の恩に報わない訳にはいきません。出来るだけ早くにもっと沢山の人々が神の前に行けるように、私は福音を更に広げ、神の証言を行わないといけません。私達の反抗的な行為が神の御怒りを引き起こしているがために、私達にありとあらゆる災害が繰り返し起こっているのです。これらは神からの注意喚起であり、警告なのです。神からいただいたこの最後のチャンスを大切にして、私達の本分を尽くし、神を満足させ、そして神の御心をいたわりましょう。それと同時に、自分達の本分を尽くす過程において、神のことをもっと深く知り、神の更なる御行為を体験いたしましょう。

前へ:私は災害の中で神の御手を目にしました

次へ:神の御救いを受けていなければ、私は今日ここにはいないでしょう

他のお気に入り