自分自身を本当に知ることは容易ではない

浙江省杭州市 チョウルイ

私は欺瞞的な人間でした。神の御言葉によると、欺瞞的な人は神には救われず、正直な人のみが神の称賛を受けるということが分かります。それ故、私は正直な人になれるように、意識的に正確に語れるように、客観的かつ現実的になれるように、そして問題の報告の際には事実から真実を求められるように努力しました。私の業務における誤りや手抜かりについては、リーダーにその詳細を伝え、また私自身の堕落についても意識的に分析し、開示してきました。こういった事を実行する度に、私の中で何らかの変化が起き、少し正直な人になったような気分になっていたのです。

最近同僚達とのミーティングで行ったフェローシップの場において、私達が神に仕えるにあたり、異なるタイプの人々を識別できるようになることの重要性について話し合っていました。その時、リーダーは私にこう言ったのです:“あなたは自分自身をどのような人だと思っていますか?” 私は自分の中で、“最近は良い方向に変化しているから、比較的誠実で率直な人間だと思っていいだろう。良くない部分については、そんなにひどいとは感じないし、良い部分に関しても、善良とされるすべての性質を持っている訳ではないけど、少なくとも誠実で、正直、それから、心に悪意はない。”と感じて、こう答えました:“比較的、私は善良的な本質をした、誠実で正直な人だと思っています。” そしてリーダーがこう言いました: “あなたの本質は善良であり、比較的誠実で正直な人だと思っているのですね。でしたら、あなたは自分自身のすべてを完全に暴露しても大丈夫だと言うのですね? 神に対する疑いは100%ありませんね? あなたの言葉や行いにはあなたの個人的な動機による目的は一切交えていないと認めると言うのですね?” このリーダーの言葉を聞いた後、私は思わず反抗的になり、身構えるように説明したのです: “神は善良な人でも堕落した性情を持つことがあり、あらゆる種の堕落を露わにすることがあると言われていましたよね?私はそれに当てはまっているのではないですか?“ 私は自分の意見を曲げる気は一切ありませんでした。

この後、私はリーダーの言われたことについて慎重に考えてみました: “私は本当にすべてをさらけ出すことなど出来るだろうか?出来る訳がない。私がオープンに話したことは私の評判や私欲に影響しないようなささいな事ばかり。私がオープンに話した個人的な堕落は誰もが持っているごく一般的な堕落で、心の奥底に潜む醜い汚れた自分をさらけ出したことなど一度もないではないか。本当に100%神を疑っていなかったのか?いや、疑っていただろう。私の仕事が実を結んでいない時や、否定的で軟弱であった時、私はただ単に神に奉仕しているだけで、このような形で真理を追い求めても意味がないなどと神を誤って解釈していたのです。そして私は神の御言葉、そして神の性情を100%信じてなどいませんでした。私は神が神の御言葉通りに人々に報いや刑罰を与えるとも信じていませんでした。それ故に、私は頻繁に神の性情を試していたのです。私が外で多忙に働いていた時も、それは将来、私が祝福され、災いを避けられるように、神と取引をしていたに過ぎず、すべての創造物が尽くすべき本分を尽くそうとしていたのではなかったのです。目で見てわかる善良な行いはあっても、それは単に他者に見てもらい、良い印象を与えるためだけのものでした。。。この結果より明らかになった事を少し考えてみると、これはすべて欺瞞的な演出であったのだと言えないでしょうか?しかしながら、私は確かに、比較的に誠実で正直な人だと思っていましたが、これはまさに自分を知らないということなのではないでしょうか?この神の御言葉について考えてみてください。「つまり、人間として自分が理解する自分自身の本性と、神が示される人間の本性は、常に大きく乖離している。それは神が示された物事の誤りではなく、人間としての自分の本性に関する知識の大幅な欠乏である。人間には、自分自身に関する基本的あるいは実質的な知識が無く、むしろ自分の行動と外面的な表現に重点を置いて注力する。ある者が、自分を理解することについて時折何か述べたとしても、それはそれほど深遠にわたるものではないだろう。その者が、そのような物事を行ったり、ある側面について何かを示したりするような人間である、あるいはそのような本性の者であると考えたことのある者は居ない。神は人間の本性と実体を示されているが、人間の言動の方法には不備や欠点があることを、人間は心得ている。…人間は、自分の過失が、自分の本性の表れではなく、自分が不注意な時に見られる一時的な徴候に過ぎないと考えている。…したがって真理を実践する際には規則に機械的に従うからである。人間は自分の本性が腐敗しすぎているとは考えず…しかし、実際には、基準に基づくと大きな差がある。なぜなら、人間は外見上は真理に反していない物事のみを実践するが、実のところ、真理を実践していないからである。」(『キリストの言葉の記録』の「本性の理解と真理の実践」より) 私は、神の御言葉によるお啓きを通してはじめて、私自身の知識がとても浅いことに気が付きました。私は私自身の抱いていた観念と考えの中で、神の御言葉と照らし合わせることもなく、私自身を知ろうとしていたために、神の御言葉の中から私自身の堕落した本性に気付くことができなかったのです。私は誠実で、正直、かつ善良な本性を持つ人であると信じていたのですが、それは単に、外から見て、私は神の性情に背くようなことを犯していなかっただけなのです。正直な人になる上で、私は外見のみの演出にとどまり、真理をいくつか語り、業務を二つ三つこなしていれば、正直な人の基準を満たすのに十分だと思っていたのです。私は本当に傲慢であり、本当に自分を知りませんでした。私は正直な人の本質を持っていなかったことや、神の基準からかけ離れていたことなど全く知らなかったのです。この時、私は神の御言葉の中で自分自身をはっきりと知ったペテロの事を思い出したのです。彼は常に、彼自身を、神が人々の本質を明らかにされてきた神の御言葉に厳しく比較していました。それ故に、万人の中でも、ペテロは彼自身の堕落を他の誰よりもよく知っており、神の御言葉の中で自分を発見するということにおいて最も成功した人だったのです。それに比べ、私はここ数年間、神に従ってきましたが、未だに自分を知ることができていません。私の自分を知る能力は酷く乏しい状態にあります。全く恥ずかしいとしか言いようがありません。

私は神のお啓きとお導きに感謝します。おかげで、私の自身を知る能力の乏しさと、その哀れな状態に気が付くことができ、真の意味で自分自身を知ることは容易なことではないと理解することもできました。神の御言葉を通して自分自身を知ることのみが客観的な実相なのです。私は、今日より、神の御言葉を通して自分自身を知り、神の御言葉が人々の堕落した本性を明らかにされる度に、それに対し私自身を厳密に評価いたします。私はこの先、自分自身の観点から自己評価することは止め、性情の変化を求めると同時に、神に安心していただけるよう実に正直な人になりたいと思います。