小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

宇宙と空間が神を称えている

1

ああ…たくさんの歌が聞こえ、優美な踊りが見える。宇宙も地球の果ても、波の逆巻く海となる。天は新しく、地も新しい。果てしのない宇宙の広がりは讃美に満ちている。私たちは叫び、喜んで跳び上がる。山々は互いに連なり、海も互いに連なる。全ての兄弟姉妹が心を結び合わせる。私たちは絶えず神を称える。被造物たちは神を愛する。喜びながら神の御座の前に進み出て、共に神を礼拝する。神は、シオンでご自分の義と聖さを全宇宙に示された。神のすべての民は喜びに輝き、神を褒め称え続ける。神を褒め称えよ!

2

神を愛するためには、私たちは眞心を捧げなければならない。全能神を称えるために歌え、踊れ。褒め称える声は天にとどろく。男も女も、老人も若者もお互いに遅れないように調子を合わせて。あなたは歌い、私が踊る。あなたが歌えば、私が合わせる。恥ずべきは悪魔、赤い大きな竜だ。褒め称えられるべきは全能なる真の神の御名。私たちは皆、神のみ業を通して神の義なるご性質を見た。全能神は義なるお方だ。すべての神の民は、神の栄光の御顔を見た。私たちは皆神を愛し満足させることを追い求める。永久に神に忠誠を尽くすことをいとわず。来たれ! 神を褒め称えよう!ここに来たれ!

3

山々は喜び、海の波も笑っている。全ての国々の全ての民族が幸せそうに笑っている。なんという新しい光景なのか!新しい天、新しい地、新しい国!私たちは踊り、神のための新しい歌を歌う。なんという嬉しさ!神のために、もっとも美しい歌を歌い、もっとも優雅な踊りが神に捧げられる。誠実な心が神の前に差し出され、真の心が神に捧げられる。神の全ての民とすべてのものが、とこしえに神を褒め称える。ああ、シオンは栄光に満ちている!神の御住まいは光の筋で輝いている。その栄光は、全宇宙に輝きわたる。全能の神は微笑みを浮かべ、御座に座り、全宇宙の新しい姿をご覧になる。