全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

小羊に従って新しい歌を歌おう

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

キリストは受肉した神自身である

神の受肉とは神が肉として現れ、業を為すという意味だ。神はまず普通の人間性を持った肉となければならない。受肉には、神が肉の中に生き、働くという意味合いがある。それは、神自身の本質が人となり、肉となったという意味だ。キリストは受肉した神自身である。この肉は神の霊を身にまとい、どんな人間の肉とも異なる。彼は神の霊の体現である。

普通で本当の彼の人間性は、肉における神の行為を支える。完全で特有な彼の神性は、神の業を遂行する。神性と人間性の両方が父の意志に従う。キリストの本質は聖霊と神性である。それは神の本質だ。キリストは受肉した神自身である。この肉は神の霊を身にまとい、どんな人間の肉とも異なる。彼は神の霊の体現である。

神が宿る肉によって語られた言葉は神の霊が直接表現したものだ。肉は、まだそれを体験していないが、なおも神の存在を表す。その肉を通して、人々は神が何であるかを知る。彼らは神の性質と成し遂げた業を見る。彼は神の本質を持った人であり、全ての人間と神の業を為す者たちに勝る。

彼と同様、人間の体を持ち、人間性を持つ者たちの中で、彼が唯一受肉した神自身だ。それ以外は全て神に創られた人間だ。キリストは受肉した神自身である。この肉は神の霊を身にまとい、どんな人間の肉とも異なる。彼は神の霊の体現である。

前へ:人々が成熟すればするほど、赤い大きな竜は崩壊する

次へ:懲罰と裁きのより深い意味を知れ

他のお気に入り