小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

神を畏れることによってのみ、悪を避けることが出来る

1

神の性質は、威厳があり、怒りに満ちている。神は、人に屠られる羊ではない。神は人の思うままに操られる。操り人形ではない。神は人々の言いなりに動く空気のような存在でもない。あなたが、神の存在を真に信じるのであれば、神を畏れる心を持つべきである。神の本質を怒らせてはならないことを 知るべきである。怒りを引き起こすものは、言葉や考え、教義や理論、下劣な行いなどにより生じる場合もある。怒りを引き起こすものは、道徳的には容認されるささやかな言動により生じる場合もある。しかし、ひとたび神の怒りに触れたならばあなたは、救われる機会を失い、あなたの終わりはすぐに訪れるだろう。これは実に恐ろしいことだ。もしあなたが、神に反することは許されないということを知らなかったならば、あなたがたは神を畏れず、常に神に反するであろう。どのように畏れたらよいのか分からないなら、あなたは神を畏れることはできず、神を畏れ悪を避ける神の道に従うこともできない。神は怒らすべき方ではないと、ひとたび心に留め、認識したならば、神を畏れ、悪を避けるということの意味がはっきり分かるだろう。

2

神は怒らすべき方ではないと、ひとたび心に留め、認識したならば、神を畏れ、悪を避けるということの意味がはっきり分かるだろう。神の本質を怒らせてはならないことを 知るべきである。怒らせてはならないことを怒りを引き起こすものは、言葉や考え、教義や理論、下劣な行いなどにより生じる場合もある。あなたがたが、神の存在を真に信じるのであれば、神を畏れる心を持つべきである。