小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

受肉された神は、神に従う者達のことを一層思いやる

1

神は肉となった後、人びとの中で生活するうちに人の堕落しきった様、生活の実情をご覧になった。肉となった神は人の無力さと、惨めさを深く感じた。又彼らの悲しみも感じられた。肉体となった神は人間の状態により深く同情し、肉体としての本能からご自分に従う者達のことを一層思いやられた。

2

神の心の中では、ご自分が治めること、救うことを願っている。人々が一番大切である。神は何よりも彼らのことを大切にする。神は大きな代価を払われた。絶えず人類に逆らわれ、傷つけられ。神は決して人を見捨てない。その業は止むことなく後悔も不満もない。肉となった神は人間の状態により深く同情し、肉体としての本能からご自分に従う者達のことを一層思いやられた。肉となった神は人間の状態により深く同情し、肉体としての本能からご自分に従う者達のことを一層思いやられた。