小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

神の実際の働きを通してのみあなたは神を知ることができる

1

今、神の業は語ること。もはや、しるしや奇跡ではなく。今は、恵みの時代ではない。神は普通であり実在する。終わりの日では、神は超自然的イエスではなく、肉となった現実的な神であり、人と何ら変らない。だから、人が神を信じるのは、神の多くの業、言葉そして行いのゆえである。そう、神の発する言葉が人を征服し完全にする。しるしや奇跡は信仰の核心ではない。そう、神の行いにより、人は神を知る。

2

それぞれの時代で神は違う性質、その業の違う部分を啓示する。しかし、それら全ては、今なお神へのより深い理解と、もっと地に足のついた、真の信仰を与える。だから、人が神を信じるのは、神の多くの業、言葉そして行いのゆえである。そう、神の発する言葉が人を征服し完全にする。しるしや奇跡は信仰の核心ではない。そう、神の行いにより、人は神を知る。

3

神の実際の行いと、 神がどうやって働き、語り、知恵を用い、人々を完全なものにするかを知ることによってのみ、神の現実を把握し、神の性質を理解できる。神がどうやって人に働きかけるかを把握せよ、神が何を好み何を嫌うのか理解せよ。そうすれば善と悪を見分けることができ、神をこのように知ることによって、あなたのいのちは進歩する。だから、人が神を信じるのは、神の多くの業、言葉そして行いのゆえである。そう、神の発する言葉が人を征服し完全にする。しるしや奇跡は信仰の核心ではない。そう、神の行いにより、人は神を知る。