小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

神が行う全ては人類のため

1

人は生きるために食べることしか知らない。生きることは忍耐を必要とし、生き残るためには信念が鍵となる。それなのに、人は、神の恵みと供給を知らない。人は神があたえた命を無駄に過ごす。日夜気にかけてくれる神を誰も進んで崇めようとしない。神が行う全ては人類のため。神が行う全ては人類のため。人類のため。

2

たとえそうでも神は人類のために神の計画を行い続ける。何の期待もせず、ただいつか人が目覚め、人生の価値と目的を見出し、神が支払ったすべての代価と、神がどれだけ強く人の帰りを待ち焦がれているかを知ることを願っている。人の帰りを。神は帰りを待ち焦がれている。人の帰りを。神が行う全ては人類のため。神が行う全ては人類のため。人類のため。

3

人は命の謎を深く考えない。それがどのように始まって、どのように保たれているのかを。それなのに、神は理解する。そして、神から全てをもらいながらも感謝一つしない人がもたらす痛みや悲嘆に耐え忍ぶ。人は命にもたらされた全てのことを当然のことのように楽しむ。しかし、神を裏切り、忘れ、要求する。神から要求する。神の計画はそれほど大切なのか?神の創造物である人も大切なのか?そうだ!神の計画は絶対に重要なのだ。そして神の創造物である人はその計画を成し遂げるために存在するのだ。計画を成し遂げるため。だから、神は人類への憎しみからその計画を台無しにすることはできない。しかし、神があらゆる苦痛を耐え忍ぶことは神の計画であり、神の吐く息のためだ。人の肉のためではなく、人のいのちのためだ。人の肉を勝ち取るためではなく、神の吐きだしたいのちのためだ。これが神が心に抱いている計画だ。神が行う全ては人類のため。神が行う全ては人類のため。人類のため。神が行う全ては人類のため。人類のため。