真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神の国の福音についての代表的な全能神の言葉 (選集)

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

神の最新の働きを知り、神の歩みに従う

さて、あなたがたは神の民になることを求め、正しい道筋に全面的に入り始めようとしている。神の民になることは、神の国の時代へ入ることを意味する。今日、あなたがたは正式に神の国の訓練に入り、あなたがたの未来の生活は以前のように怠慢でいい加減ではなくなる。そのような生活では神が求める基準を達成することができない。緊急性を感じないのであれば、それはあなたには自らを改善する欲求がなく、あなたの取り組みはまごつき混乱しており、あなたは神の心を満たすことができないということである。神の国の訓練へ入ることは、神の民の生活を始めることを意味する。あなたはそのような訓練を受け入れる覚悟があるか。緊急感を感じる覚悟があるか。神の規律の下で生きる覚悟があるか。神の刑罰の下で生きる覚悟があるか。神の言葉があなたに臨み、あなたを試すとき、あなたはどう行動するのか。あらゆる事実に直面したとき、あなたは何をするのか。過去において、あなたの活動の中心はいのちにはなかった。今日、あなたはいのちの現実に入り、いのちの性質の変化を求めなければならない。これは神の国の民によって達成されなければならないことである。神の民はみないのちを持ち、神の国の訓練を受け入れ、いのちの性質における変化を求めなければならない。これは神の国の民に対して神が求めるものである。

神の国の民に対する神の要求は次のとおりである。

1.神の委託を受け入れなければならない。つまり、終わりの日の神の働きで語られたすべての言葉を受け入れなければならない。

2.神の国の訓練に入らなければならない。

3.神に触れられる心を持つよう求めなければならない。あなたの心が完全に神に向いて、正常な霊的生活があれば、自由の領域に住む。つまり、神の労りと保護のもとで生きる。神の労りと保護のもとに生きるときにのみ、あなたは神に属する。

4.神によって得られなければならない。

5.地上での神の栄光のしるしとなければならない。

これらの五点はあなたがたへのわたしの委託である。わたしの言葉は神の民に向けて話されており、もしあなたがこれらの委託を受け入れられないのなら、わたしは強制しない。しかし、もしあなたが誠実に受け入れるなら、あなたは神の心を実行することができるだろう。今日、あなたがたは神の委託を受け入れ始め、神の国の民になることを求め、神の国の民であるために要求される基準を達成することに取り組む。これが神の国に入る第一歩である。神の心を完全に実行したいなら、これらの五つの委託を受け入れなければならず、これらを達成することができれば、あなたは神の心に従い、確かに神があなたを大いに役立てるだろう。今日重要なことは、神の国の訓練に入ることである。神の国の訓練へ入るには霊的な生活が関わる。以前は霊的生活について語られたことはなかったが、今日、あなたは神の国の訓練に入り始めるので、正式に霊的生活に入ることになる。

霊的生活とはどのような生活であろうか。

霊的生活とは、あなたの心が完全に神に向き合い、神の愛で心を満たす生活である。それは神の言葉の中に住む生活であり、心を占めるものはほかになく、今日神の心を理解し、そして今日聖霊の光によって導かれてあなたの義務を果たす。人と神との間のそのような生活が霊的生活である。

今日の光に従うことができないならば、あなたの神との関係において距離が開いたのである。関係は絶たれたのかもしれない。そして、あなたには正常な霊的生活がない。神との正常な関係は、神の現実の言葉を受け入れるという基盤の上に築かれる。あなたには正常な霊的生活があるであろうか。神と正常な関係にあるであろうか。聖霊の働きに従う人であろうか。あなたが今日聖霊の光に従うことができ、神の言葉の中にある神の心を理解し、これらの言葉に入ることができれば、あなたは聖霊の流れに従う人である。聖霊の流れに従わなければ、あなたは間違いなく真理を追求しない人である。自らを改善する願いを持たない人々の中で聖霊が働く機会はなく、その結果、そのような人々は決して力を奮い起こせず、常に受動的である。今日、あなたは聖霊の流れに従っているであろうか。聖霊の流れの中にいるであろうか。受動的な状態から脱したであろうか。神の言葉を信じる人々、神の働きを基盤とする人々、今日聖霊の光に従う人々はすべて、聖霊の流れの中にある。神の言葉が疑いの余地なく真実で正しいと信じるならば、そして神が語ることが何であろうと神の言葉を信じるならば、あなたは神の働きに入ろうとする人であり、このようにしてあなたは神の心を満たす。

聖霊の流れに入るためには、神との正常な関係を持たなければならず、受動的な状態からまず抜けなければならない。常に多数派に従う人々がいるが、そのような人々の心は神からあまりにも遠く離れてしまっている。彼らは自らを改善することを願わず、追求する基準はあまりに低い。神を愛することを求め、神によって得られることを求めることのみが神の心である。神の愛に報いるために良心のみを使う人々がいるが、これは神の心には不十分である。追求する基準が高ければ高いほど、あなたは神の心に適する。正常な人、神への愛を求める人として、神の国に入り神の民の一人になることは、あなたがたの真の未来であり、最高の価値と意義を持つ生涯である。あなたがたより祝福されている人はいない。なぜわたしはこう言うのか。神を信じない人々は肉のために生き、サタンのために生きるが、今日あなたがたは神のために生き、神の心を実行するために生きるからである。あなたがたの生涯が最大の意味を持つとわたしが言うのはこのためである。神によって選ばれた人々のこの集まりだけが、最も意味のある生涯を生きることができる。地上の誰もそのような価値と意味のある生涯を生きることはできない。あなたがたが神に選ばれ、神に引き上げられているために、さらにあなたがたへの神の愛のために、あなたがたは真の人生を理解し、最高の価値を持つ生活を生きる方法を知っている。これはあなたがたの取り組みが良いものだからではなく、神の恩寵のためである。あなたがたの霊の目を開いたのは神であり、あなたがたの心に触れ、神の前に来る幸運を与えたのは神の霊であった。神の霊があなたを啓発しなかったなら、あなたは神の何が美しいかがわからず、神を愛することもできないだろう。それはひとえに神の霊があなたの心に触れて神に向いているからである。あなたが神の言葉を享受しているときに、あなたの霊が触れられ、神を愛さないわけにはいかないと感じる時がある。あなたの内に大きな力があり、犠牲にできないものは何もないと感じる。このように感じるならば、あなたは神の霊に触れられたのであり、あなたの心は完全に神に向き合い、あなたは神に祈り、このように言うだろう。「神よ。私たちは本当にあなたにより前もって定められ、選ばれました。あなたの栄光は私に誇りを与え、神の民の一人であることを光栄に感じます。私はあらゆるものを費やし、あらゆるものを捧げて、あなたの心を実行し、私の持てるすべての年月と一生の努力をあなたに献上します」このように祈るとき、あなたの心に神への終わりのない愛と真の服従がある。このような経験をしたことがあるだろうか。神の霊にしばしば触れられると、人々は祈りの中で特に自発的に自らを神に捧げる。「神よ、私はあなたの栄光の日を見たいと願い、あなたのために生きたいと願います。あなたのために生きるより価値や意味のあるものはなく、サタンや肉のために生きたいという望みは少しもありません。今日あなたのために私が生きられるようにしてくださることで、あなたはわたしを引き上げてくださいます」このように祈ったならば、神にあなたの心を捧げずにはいられず、神を得なければならず、生きている間に神を得ずに死ぬのは耐えられないと感じるだろう。そのように祈った後では、あなたの内に無尽蔵な力があり、あなたはその力がどこから来るのか分からない。あなたの内に無限の力があり、神はとても美しく、愛する価値があると強く感じる。神に触れられた時はこのようになる。このような経験をした人々はみな神に触れられたのである。神にしばしば触れられる人々には、いのちに変化が起こる。決断を下すことができ、完全に神を得ようとする。心の中の神への愛はさらに強くなり、心は完全に神に向かい、家族、世間、複雑な人間関係や自分の未来への心残りはなく、一生の努力を神に捧げようとする。神の霊に触れられた人々はみな真理を求める人々であり、神により完全にされる見込みのある人々である。

あなたは神に心を向けたであろうか。あなたの心は神の霊に触れられただろうか。そのような経験をしたことがないならば、そして、そのように祈ったことがないなら、それはあなたの心に神の居場所がないことを示している。神の霊によって導かれ、神の霊に触れられた人々はみな神の働きに支配されており、これは、神の言葉と神の愛がその人々の中に根付いたことを示す。このように言う人がいる。「祈るとき、私はあなたのように真剣ではなく、そのように神に触れられたこともありません。時々、瞑想し祈るとき、神は美しいと感じ、心が神に触れられたと感じます」人の心より重要なものはない。あなたの心が神に向いているならば、あなたの全存在が神に向いており、その時にあなたの心は神の霊によって触れられているだろう。あなたがたのほとんどにはそのような経験があり、ただ各自の経験の深さが同じではないということだけである。このように言う人々がいる。「祈りでは多くの言葉を言わず、他の人々の霊的交流に耳を傾けると、力が私の内で湧き上がります」これは、あなたが内面で神に触れられたことを示している。内面で神に触れられた人々は、他の人々の霊的交流を聞くと鼓舞される。感動的な言葉を聞いても心まったく動かないのであれば、これは聖霊の働きがその人々の中にないことを示す。人々の内面には切望がなく、それは決意がないことであり、従ってそのような人々には聖霊の働きがない。神に触れられた人は、神の言葉を聞くと反応を起こす。神に触れられていなければ、その人は神の言葉に関わらず、神の言葉はその人に関係がなく、その人は啓かれることができない。神の言葉を聞いて反応がなかった人々は、神に触れられなかった人々である。そのような人々は聖霊の働きがない人である。新しい光を受け入れることができる人々はみな触れられ、聖霊の働きに支配されている。

あなた自身を評価しなさい。

1.あなたは聖霊の現在の働きのただ中にいるか。

2.あなたの心は神に向いているか。神に触れられたか。

3.神の言葉はあなたの内に根付いたか。

4.あなたの実践は神の要求の基盤の上に築かれているか。

5.あなたは聖霊の現在の光の導きのもとに生きているか。

6.あなたの心は古い観念によって支配されているか、それとも神の現在の言葉によって支配されているか。

このような言葉を聞いて、あなたがたの内なる反応はどのようなものであろうか。何年もの間信仰してきて、あなたのいのちとして神の言葉を持っているか。以前のあなたの堕落した性質に変化があったであろうか。神の現在の言葉に従って、いのちを持つことが何であるか、いのちを持たないことは何であるかを知っているか。これはあなたがたにとって明らかであろうか。神に従う中で最も重要なのは、すべては神の現在の言葉に拠らねばならないということである。いのちに入ることを求めているのであれ、神の心にかなうことを求めているのであれ、すべては神の現在の言葉を中心にしなければならないということである。親しく交わり求めるものが神の現在の言葉を中心にしていなければ、あなたは神の言葉を知らない人であり、聖霊の働きを完全に失っている。神が求めるのは神の歩みに従う人々である。あなたが前に理解したことがどれほど素晴らしく純粋であっても、神はそれを求めておらず、そうしたことを脇へやることができないなら、それは将来あなたが真理に入るときの大きな障害になるだろう。聖霊の現在の光に従うことができる人々はみな祝福されている。過去の人々も神の歩みに従ったが、今日まで来ることはできなかった。これは終わりの日の人々の祝福である。聖霊の現在の働きに従うことができ、神の歩みに従える人々は、神が導くところがどこであろうと神に従うのだが、神に祝福されている。聖霊の現在の働きに従わない人々は神の言葉の働きに入っておらず、どれほど働こうとも、苦しみがどれほど大きくとも、どれほど右往左往しようとも、そのどれも神には意味がなく、神はそんな人々を賞賛しないであろう。今日、神の現在の言葉に従う人々はみな聖霊の流れの中にある。神の現在の言葉を知らない人々は聖霊の流れの外にあり、そのような人々を神は賞賛しない。聖霊の現在の言葉から離れた奉仕は肉の奉仕であり、観念の奉仕であり、神の心に従うことができない。人々が宗教的観念の中に生きるなら、神の心に見合うことをすることはできず、たとえ神に奉仕しても、それは想像や観念のただ中での奉仕であり、神の心に従って奉仕することはまったくできない。聖霊の働きに従うことができない人々は神の心を理解せず、神の心を理解しない人々は神に奉仕できない。神は神自身の心に従う奉仕を望む。神は観念と肉の奉仕を望まない。人々が聖霊の働きの歩みに従うことができないのであれば、観念の中に生きているのであり、そのような人々の奉仕は中断し混乱する。その奉仕は神に反し、そのため神の歩みに従えない人々は神に奉仕できない。神の歩みに従えない人々は、間違いなく神に反対しており、神と調和できない。「聖霊の働きに従う」とは、今日の神の心を理解し、神の現在の要件に従って行動することができ、今日の神に従順で服従することができ、神の最新の言葉に従っていのちに入ることを意味する。このような人のみが聖霊の働きに従い、聖霊の流れの中にいる。そのような人々は神の賞賛を受け、神を見ることができるばかりでなく、神の最新の働きから神の性質を知ることができ、そして人の観念や不従順、人の本性と本質を神の最新の働きから知ることができる。さらに、奉仕の過程で自らの性質をだんだんと変えることができる。このような人々のみが神を得ることができ、真の道を純粋に見つけた人々である。聖霊の働きにより排除される人々は、神の最新の働きに従うことができず、神の最新の働きに反逆する人々である。そのような人々が公然と神に反対するのは、神が新しい働きを為し、神の姿が彼らの観念にある神の姿と同じではないからである。その結果、公然と神に反対し、神を非難し、そのため神により嫌悪、拒絶される。神の最新の働きの認識を持つのは簡単ではないが、しかし意図的に神の働きに追従し、神の働きを求めることができれば、神を見、聖霊の最新の導きを得る可能性が得られるだろう。神の働きにわざと反対する人々は聖霊の啓蒙や神の導きを受けられない。そのため、神の最新の働きを受けることができるか否かは神の恩寵次第であり、人々の求め次第であり、人々の意図次第である。

聖霊の現在の言葉に従うことができる人々はみな祝福されている。そのような人々が過去どうであったか、聖霊が人々の中でどのように働いていたかは問題ではない。最新の働きを得た人々は最も祝福され、今日の最新の働きに従えない人々は排除される。神は新しい光を受け入れることができる人々を望んでおり、神の最新の働きを受け入れ、知っている人を求めている。なぜ貞節な乙女でなければならないと言われているのであろうか。貞節な乙女は聖霊の働きを求め、新しいことを理解することができる。さらに、古い観念を忘れ、今日の神の働きに従うことができる。今日の最新の働きを受け入れる人々のこの集りは、昔から神によって前もって決められており、人々のなかで最も祝福されている。あなたがたは神の声を直接聞き、神の出現を見て、そのため天と地を通じて、世代を通じて、あなたがた、つまりこの集りよりも祝福された人々はいない。これはすべて神の働きのためであり、神の天命と選択のためであり、そして神の恩寵のためである。もし神が話さず、言葉を発しないなら、あなたがたの境遇は今日のようでありえたであろうか。それゆえ、すべての栄光と称賛は神のものとなるように。これはすべて神があなたがたを引き上げるからである。これらのことを念頭に置いて、依然受動的であり得るだろうか。力がまだ湧きあがらないだろうか。

神の言葉の裁き、刑罰、打撃、精錬をあなたが受け入れることができ、しかも神の委託を受け入れることができることは、この世の始まる前に神が定めたことであり、そのためあなたが刑罰を受けるときあまりに苦しむ必要はない。あなたがたの内でなされた働きと、あなたがたの内に授けられた祝福を取り除くことは誰もできず、あなたがたに与えられたものすべてを取り去ることは誰もできない。宗教的な人々はあなたがたとの比較に堪えない。あなたがたには聖書に関する偉大なる専門知識はなく、宗教理論もないが、神があなたがたの内で働いたので、世代を通して誰よりも多くのものを得た。つまり、これがあなたがたの最大の祝福である。このため、あなたがたは神にさらに献身的でなければならず、神にさらに忠実でなければならない。神はあなたを引き上げるので、あなたは努力を強化しなければならず、神の委託を受け入れるために霊的背丈を整えなければならない。神があなたに与えた場所にしっかり立ち、神の民の一人になることを求め、神の国の訓練を受け入れ、神によって得られ、最終的には神への栄光の証とならねばならない。こうした決心のどれほどをあなたは持っているであろうか。このような決心があれば、最終的にあなたは確かに神によって得られ、神への栄光の証となるだろう。主な委託は神によって得られ、神への栄光の証となることであることを理解しなければならない。これは神の心である。

聖霊の現在の言葉は聖霊の働きの動態であり、この期間の聖霊による人の継続的な啓蒙は聖霊の働きの趨勢である。では、今日の聖霊の働きの趨勢は何であるか。それは人々を神の現在の働きへと、正常な霊的生活へと導くことである。正常な霊的生活に入る段階はいくつかある。

1.まず、神の言葉にあなたの心を注がねばならない。過去の神の言葉を求めてはならず、それを研究したり今日の言葉と比較してはならない。その代わりに、神の現在の言葉に心を完全に注がねばならない。過去の神の言葉、霊的な書物、説教の記述を読むことを依然として望み、聖霊の現在の言葉に従わない人々がいれば、それは最も愚かな人々である。神はそのような人々を嫌う。今日聖霊の光を受け入れようとするなら、神の現実の言葉に心を完全に注ぐこと。これは最初に達成しなければならないことである。

2.神の語る現在の言葉を基礎として祈り、神の言葉に入り、神と親しく交わり、神の前で決意し、達成しようとする基準がどのようなものかを設定しなければならない。

3.聖霊の現在の働きを基礎として真理へ深く入ることを求めなければならない。過去の時代遅れの言葉や理論に執着してはいけない。

4.聖霊に触れられ、神の言葉に入ることを求めなければならない。

5.今日聖霊が歩む道へ入るよう求めなければならない。

聖霊に触れられることをどのように求めるのか。重要なことは神の現在の言葉に生き、神の要求することを基礎として祈ることである。このように祈ったなら、聖霊は確実にあなたに触れる。神が語る現在の言葉の基礎に立って求めないなら、これは無益である。あなたはこう祈り、言うべきである。「神よ。私はあなたに反対し、あなたに多くを負っています。私は大変不従順であり、決してあなたを満たせません。神よ。あなたが私を救ってくださることを願います。最後まであなたに奉仕することを願い、あなたのために死ぬことを望みます。あなたは私を裁き、罰し、私に不満はありません。私はあなたに反対し、死に値します。人々がみな私の死にあなたの義なる性質を見ることができるでしょう」このように心から祈るとき、神はあなたの言葉を聞き、導くだろう。聖霊の現在の言葉を基礎にして祈らないなら、聖霊があなたに触れる可能性はない。神の心に従って祈り、そして神が今日行おうと望むことに従って祈るなら、あなたはこう言う。「神よ。私はあなたの委託を受け入れることを願い、あなたの委託に忠実でありたいと願います。そして、私はあなたの栄光に一生を捧げる覚悟であり、そうすることで、私が為すすべては神の民の基準に達することができます。あなたが私の心に触れますように。あなたの霊が常に私を照らし、私が為すすべてがサタンに恥をもたらすように、そうして最後にあなたが私を得ることを望みます」神の心に集中し、このように祈れば、聖霊は必ずあなたの内で働くであろう。祈りの言葉がどれくらいあるかは問題ではない。重要なのは、あなたが神の心を理解するか否かである。あなたがたはみな次のような経験をしたことであろう。集会で祈っているあいだに聖霊の働きの動態が頂点に達し、あらゆる人々の力を湧きあがらせる。激しく叫び、祈りながら涙を流し、神の前での良心の呵責に圧倒される人々がおり、また決意を人々に示し、誓いを立てる人々がいる。聖霊の働きによって達成される効果はこのようなものである。今日、人々がみなそれぞれの心を神の言葉に完全に注ぐことが重要である。以前に話された言葉に集中してはいけない。以前に来たものにしがみつけば、聖霊はあなたの内で働かないであろう。これがどれほど重要なのか分かるだろうか。

今日、聖霊が歩く道をあなたがたは知っているであろうか。上記のいくつかの点は今日と将来、聖霊によって達成されるべき事柄である。それらは聖霊が歩く道であり、人が求めるべき入り口である。いのちに入るとき、少なくとも神の言葉に心を注ぎ、神の言葉の裁きと刑罰を受け入れることができなければならない。心は神を切望せねばならず、真理に深く入ることと神が要求する目的に入ることに取り組まなければならない。この力を持てば、それはあなたが神に触れられたことであり、あなたの心は神に向かい始めたのである。

いのちに入るための最初の段階は、神の言葉にあなたの心を完全に注ぐことである。第二の段階は、聖霊によって触れられることを受け入れることである。聖霊に触れられることを受け入れることにより達成される効果は何であるか。より深遠な真理を求め、探求することを切望し、積極的な方法で神と協力できるようになることである。今日、あなたは神と協力し、それはつまり、あなたの求め、祈り、神の言葉の交わりには目的があるということであり、神の要求に従い義務を果たす。こうすることだけが、神との協力である。神に何かをさせることについて語るだけで何の行動も取らず、祈りも求めもしないのであれば、これは協力と呼べるだろうか。協力せず、目的を持っていのちに入る訓練がないなら、あなたは協力していない。「すべては神の予定に依存します。すべて神自身によって行われます。神が行わないのであれば、人はどうすることができますか」という人がいる。神の働きは正常であり、全く超自然的なものではなく、聖霊が働くのはあなたの積極的な求めを通してのみである。それは、神は人を強制しないからである。働きを為す機会をあなたが神に与えねばならない。あなたが求めず、いのちに入らず、心に少しの切望もなければ、神が働く機会がない。どの道を通して神に触れられることを求めることができるのか。祈りを通して、そして神に近づくことによってである。しかし最も重要なのは、それが神が語る言葉の基礎の上になければならないことである。このことを心に留めなさい。神にしばしば触れられると、肉の奴隷にはならない。夫、妻、子供、金、こうしたものはどれもあなたを縛ることができず、あなたはただ真理を追求し、神の前で生きることを望む。この時、あなたは自由の領域に住む人になるであろう。

前へ:今日の神の働きを知る人々のみ神に仕えることができる

次へ:律法の時代における働き

他のお気に入り