質問22:主イエスは人のための罪祭として十字架に釘付けにされ、それによって私たちを罪から贖ってくださいました。もし私たちが主イエスから離れて全能神を信じるなら、これは主イエスへの裏切りではないのですか。これは背教ではないのですか。

回答

終わりの日である現在、神様は新たな働きをなさり、新たな御名を名乗られましたが、主イエスの御名から離れて全能神の御名を受け入れたとき、私たちは神様を裏切っているでしょうか。それとも神様の働きに歩調を合わせているでしょうか。神様が新たな働きを始められるとき、人間は神様の働きに歩調を合わせることでしか救われません。これは真実です。全能神の御言葉から、神様が全能神の名をおとりになった理由は、終わりの日になされる働きと、神様が表現なさる性質に関係していたことがわかります。全能神はこうおっしゃっています。「神の今回の受肉において、神の働きは主に刑罰と裁きを通して神の性質を表すことである。これを基礎として、神は人により多くの真理をもたらし、より多くの実践方法を示し、こうして人を征服し、堕落した性質から人を救うという神の目的を達成する。これが神の国の時代における神の働きの背後にあるものである。」(『言葉は肉において現れる』の「序文」より)終わりの日における神様の働きは、堕落した人類を裁いて罰し、人々を種類ごとに分けて時代を終わらせるものです。主イエスによる贖いの働きのおかげで、私たちの罪は赦されました。しかし、私たちが罪から完全に離れていないことは否定できません。私たちの性質は傲慢で、自己中心的で、貪欲で、不正直で、邪悪なままです。私たちは日中に罪を犯して夜に悔い改めるという悪循環に陥っており、救いのために恵みを当てにしています。ゆえに、神様は私たちを完全に救うべく、ご自身の義なる性質と威厳があって犯すことができない性質とをもって終わりの日に語られ、人間を裁き、罰し、征服し、清めるという新たな働きをなさり、私たちを完全に新しい時代、すなわち神の国の時代へと導かれます。神様が終わりの日の段階でなさる働きは奇跡を示しません。すべては御言葉によって成し遂げられるのです。人間の罪、反抗、不義は神様の御言葉によって裁かれ罰せられ、かくして人間はすっかり清められて完全にされますが、そのことから神様がかくも全能でお知恵のあることがわかります。神様はまさに全能の神ご自身なのです。万物をお作りになり、すべてを支配なさるのは神様なのです。よって、人々は神様の御前にひれ伏し、神様を崇拝します。同時に、全能神の御名は六千年にわたるサタンとの戦いに完全な終止符を打つべく用いられるのです。

終わりの日における神様の裁きと刑罰の働きは、人々をその種類に応じて分類する働きでもあります。それは『ペテロの第一の手紙』第4章17節の預言を成就します。「さばきが神の家から始められる時がきた」それはまた、山羊から羊を、毒麦から小麦を、悪しきしもべからよきしもべを選り分けるという預言も成就します。それらは神様が終わりの日になさる働きです。全能神の御言葉を何節か読めばそれがはっきりわかります。

「終わりの日の働きとは、すべての人をその性質に応じて区分し、神の経営(救いの)計画を締めくくることである。時が近づき、神の日が来たからである。神の国に入る人すべて、すなわち神に最後の最後まで忠実な人すべてを、神は神自身の時代に連れて行く。しかし、神自身の時代が来る前は、神の働きは人間の行いを観察したり、人間の生活について調べたりすることではなく、人間の不服従を裁くことである。神の玉座の前に来る人すべてを、神は清めなければならないからである。今日まで神の足跡に従ってきた人はすべて神の玉座の前に来る人であり、これゆえに、最終段階の神の働きを受け入れる人の一人ひとりは神の清めの対象である。言い換えれば、最終段階における神の働きを受け入れる人は誰もが、神の裁きの対象なのである。

過去に語られた神の家から始まる『裁き』において、その言葉における『裁き』は、終わりの日に神の玉座の前に来る人々に神が今日下す裁きのことを指す。」(『言葉は肉において現れる』の「キリストは真理をもって裁きの働きを行う」より)

「刑罰と裁きを通してのみ、あらゆるものの終局を明かすことができる。人は罰せられ裁かれて初めて本当の姿を示す。悪は悪に、善は善に、人は種類によって区分される。刑罰と裁きを通して、すべてのものの最後が明かされ、悪人は罰せられ、善人は褒美を得るであろう。そして、すべての人たちは神の支配の下に従属することになるであろう。すべての働きは義なる刑罰と裁きを通して達成されなければならない。人の堕落は頂点に達し、人の不従順はあまりにも深刻になってしまったので、おもに刑罰と裁きであり、終わりの日に明らかにされる神の義なる性質のみが人を完全に変えて全き者とすることができる。この性質のみが悪を暴露し、よってすべての不義なる人々を厳しく罰することができる。よって、この様な性質は時代の意義を持ち、神の性質の顕示と表示はそれぞれの新しい時代の働きのためである。神はその性質を気まぐれに意味もなく顕すことはない。もし、人の終末が終わりの日に明らかにされるときに神が依然として人に無尽蔵の憐れみと愛を与えるなら、もし神が依然として人を愛情深く、人を義なる裁きにさらさずに寛容、忍耐、赦しを示すなら、人がどんなに深刻な罪を犯しても、義なる裁きなしに依然として人を赦すなら、神の経営のすべてに一体終わりはあるのだろうか。このような性質がいつ人類を正しい終着点に導くことができるのだろうか。たとえばいつもいつくしみ深く、優しい、柔和な裁判官を例に取ってみよう。この裁判官は犯した罪に関係なく人々を愛し、誰であっても、いつくしみ深く寛容である。それでいつ正しい判決にたどり着くことができるのか。終わりの日には、義なる裁きのみが人を分類し、新しい領域に連れて行くことができる。この様に、時代全体に神の裁きと刑罰の義なる性質を通して終わりがもたらされるのである。」(『言葉は肉において現れる』の「神の働きのビジョン(3)」より)終わりの日における神様の主要な働きはあらゆるものをその種類に応じて分けることであると、神様の御言葉は私たちにはっきり伝えています。それはまた、言葉により人間を裁き、罰し、人間の罪を裁き、人間の反抗と不義を罰し、人間をすっかり変えて完全にする働きでもあります。終わりの日における神様の働きを受け入れてそれに従う人はみな、神様の裁きと清めの対象です。神様の義なる裁きだけが人間を救い、完全にし、新たな領域へと導くことができます。愛と憐れみに満ちた救い主イエスは、人間の罪を赦す働きだけをなさいました。イエスは人間を清めて変える働きをなさることにはなっておらず、人々をその種類に応じて選り分ける働きについては言うまでもありません。したがって、全能神の御言葉による裁きと刑罰の働きを受け入れ、全能神の御名を偉大だと讃えることでのみ、人間は神様の完全な救いを受け取れるのです。主イエスの御名を高く掲げながら全能神の御名を拒むなら、終わりの日に全能神が人類にお与えになる真理も救済も受け取ることはありません。

「脚本に関する質問への回答」より

全能神は、人類が生活を送るための律法をかつて宣布されたヤーウェ神です。また、人類を贖うために十字架につけられた主イエスでもあります。全能神の裁きも、主イエスの贖いも、ヤーウェ神の律法もすべて同じ神の働きです。ご自身の計画と人類の必要に応じて、神は人を一歩ずつ救ってくださるのです。

今日、私たちは全能神の御名を受け入れますが、それは主イエスに感謝せず、主を裏切ったことにはなりません。小羊の足跡をたどり、神の道に忠実であり、忠誠心をもって神に従うことになるのであり、そうして初めて私たちは神の承認を得るのです。ヨハネの黙示録14章4節に「小羊の行く所へは、どこへでもついて行く。彼らは、神と小羊とにささげられる初穂として、人間の中からあがなわれた者である」とあるとおりです。イエスの御名にこだわって全能神の御名を受け入れることを拒む人はただ神の裏切り者になり、神に排除されます。神がイエスという御名で働きに来られたとき、神の新たな働きを受け入れて主イエスに追随した弟子たちは、真の道を捨ててもいなければ、ヤーウェ神を裏切ってもいなかったのです。実際のところ、彼らは神の歩みに足並みをそろえていたのであり、神に忠実な者であり、一方自分たちがヤーウェ神に忠実だと思ってヤーウェの御名だけに固執したパリサイ人は主イエスを拒みました。その結果、彼らの忠誠心はヤーウェ神の承認を得ず、むしろその逆でした。彼らは神の呪いと罰の対象となったのです。したがって、私たちはパリサイ人の失敗から学ばなくてはなりません。全能神の御名を受け入れ、神の働きの歩みに足並みをそろえなくてはならないのです。このようにして初めて神の救いを得られるのです。

「脚本に関する質問への回答」より

前へ: 質問21:「イエス・キリストは、きのうも、きょうも、いつまでも変ることがない。」(ヘブル人への手紙13:8)と聖書に書かれています。つまり主の名前は決して変わらないということです。しかし、主が終わりの日に新しい名前とともに再来し、全能神と呼ばれるとあなたがたは言います。どうしてこんなことがありえるのですか。

次へ: 質問23:主イエスはおっしゃいました。「しかし、わたしが与える水を飲む者は、いつまでも、かわくことがないばかりか、わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠の命に至る水が、わきあがるであろう。」(ヨハネによる福音書 4:14)ほとんどの人は、主イエスがすでに私たちに永遠のいのちの道を与えてくださったと思っていますが、私は全能神の次の言葉を読みました。「終わりの日のキリストだけが人に永遠のいのちの道を与えられる」これは一体何のことなのでしょうか。なぜ終わりの日のキリストだけが人に永遠のいのちの道を与えられるとあるのですか。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

36. 災の時に何人の宗教界の人が神のもとに戻るであろうか。

関連する神の言葉 わたしが全宇宙に向かって話すと、人間はみなわたしの声を聞き、そこで、わたしが全宇宙で行ってきた業を見る。わたしの心に逆らう者、つまり、人間の行いでわたしに敵対する者は、わたしの刑罰を受けて倒れる。わたしは天の多くの星々を取ってそれらを新しくし、わたしにより、太陽…

1.神の教会とは、宗教団体とは何か。

参考聖書箇所 「この教会はキリストのからだであって、すべてのものを、すべてのもののうちに満たしているかたが、満ちみちているものに、ほかならない。」(エペソ人への手紙 1:23) それから、イエスは宮にはいられた。そして、宮の庭で売り買いしていた人々をみな追い出し、また両替人の台や…

質問32:パリサイ人はしばしば会堂で人々に聖書を解説しました。外見上は、彼らは敬虔で思いやりがあるように見え、明らかに律法にそむくようなことを何ら行ったようには見えませんでした。ではなぜパリサイ人は主イエスに呪われたのですか。パリサイ人の偽善はどのように現れたのですか。なぜ今日の宗教界の牧師と長老たちは偽善的なパリサイ人と同じ道を歩いていると言われているのですか。

回答 主を信じている人は主イエスがパリサイ人を嫌い、彼らを呪い、彼らに7つの災いを下したことを知っています。これは偽善的なパリサイ人たちを見極め、その支配から逃れ、神の救いを得るのに意味があることです。残念ながら、信者の多くがパリサイ人たちの偽善を見抜けません。主イエスが彼らを…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索