真理を追求することによってのみ、自分の性情の変化を達成できる

真理を追求することによってのみ、自分の性情の変化を達成できる。それは、あなたがたが十分に理解する必要のある事柄である。真理を十分に理解しなければ、容易に過ちをおかして混迷するであろう。人生において成長を求めるならば、万事において真理を追求する必要がある。どのような問題が発生しても、あなたがたは真理に則してその問題に対処する必要がある。なぜなら、完全に純粋ではない方法で問題に対処したならば、真理に逆らって進むことになるからである。何をするにしても、常にその価値を考える必要がある。有意義な行動を取り、無意味な行動は取ってはならない。してもしなくてもよい事については、せずに済むのであれば、せずに済ませること。そうした行動をしばらく続けた後、行動せずに済ませる必要があるのであれば、迅速に判断し、その行動をすぐに止めること。これが、あらゆる物事の実行時にあなたがたが従うべき原則である。「真理の追求や真理の実践は、何故困難なのだろうか。それらは、まるで流れに逆らって小舟を漕いでいるようだ。漕ぐのを止めると逆戻りしてしまう。邪悪な物事や無意味な物事を行うのが、小舟に乗って流されてゆくように感じるのは何故だろうか。そうした物事は実行するのが実に簡単だ。これは一体何故だろう。」という疑問を持つ者も居る。それは、人間の本性は、神を裏切る本性であるためであり、またそれが人間の中で主導的な役割を担う反動の力だからである。もちろん、神に反抗する本性は神を裏切り易く、その本性は好ましい物事をし難い。それを決定するのは、ひとえに本性の質である。本当に真理を理解し、自分の内面から真理を愛し始めた時、あなたがたは真理に従う物事を行う意向が高まり、活力を得る。そうした物事を行うのが普通になり、それを一層容易に、かつ満足して行えるようになり、好ましくない事柄を行うには大きな努力を必要であると感じる。なぜなら、あなたがたは真理を身に付けており、それが心の中で主導的役割を果たしているからである。あなたがたが人生の真理を本当に理解し、どのような人間となるべきか、公明正大かつ実直な人間となる方法、神の証しに立って神に仕える方法の真理を理解したならば、神を欺く邪悪な行いや、反キリストや偽の羊飼いの役割を担うことが二度と出来なくなる。あなたがたは、誰かにそそのかされたとしても、そのような事は出来なくなり、強制されても、そのような行動は出来ないであろう。なぜなら、あなたがたが内面に真理を備え、邪悪を忌み嫌い、好ましくない事柄を嫌悪することができるようになり、自分の性情が変わったため、そうした物事を行うのは困難であろう。自分の内面に、本当に真理がある場合、あなたがたが歩む道は自然と正しい道となる。真理が無ければ、邪悪な行いをし易くなり、そうせずには居られないであろう。たとえば、あなたがたの内面に傲慢さと自惚れがある場合、神を裏切らずに居ることは出来ず、神を裏切らされるであろう。あなたがたは意図的にではなく、自分の傲慢で自惚れた本性の支配下でそうしたことを行うであろう。あなたがたは、自分の傲慢さや自惚れのため神を見下すようになり、神を無関係なものと認識するようになり、自分を賞揚するようになり、常に自分を誇示するようになり、最終的に自分を神の立場に置いて自分自身の証しに立つようになるであろう。最終的に、自分自身の概念や思考、論理を真理として崇拝するであろう。自分の傲慢で自惚れた本性の支配下にある人々が行った邪悪な行動がいかに多いかを理解する必要があるのだ。そうした人々の邪悪な行動を解消するためには、まずそうした人々の本性の問題を解決する必要がある。性情の変化なくして、この問題の根本的解決は不可能である。あなたがたは、神を多少理解し、人間の腐敗を理解し、嫌悪すべき醜悪な傲慢さと自惚れを認識できた時、嫌悪感を覚え、辟易し、苦悶するであろう。あなたがたは神を満足する何らかの行動を意識的に取り、そうすることで満足感を覚えるであろう。あなたがたは意識的に神の証しに立ち、そうすることで喜びを覚えるであろう。あなたがたは、自分の仮面を捨てて自分の醜悪さを曝すことにより、自分の中で気分がよくなり、精神状態が向上されるであろう。したがって、性情の変化を求める第一段階は、神の御言葉を理解し、真理に対する真摯な取り組みを行うことである。真理を理解してはじめて分別を身に付けることが可能となり、分別があって初めて物事を十分に理解できるようになる。そして物事の十分な理解があってはじめて、肉を捨て去ることが可能となり、神への信仰の正しい道を一歩ずつ歩むことになる。このことは、真理を求める時に人間の決心がいかに固いかと関連する。本気で決心している者は、6か月から1年後に正しい道に真摯に取り組み始め、3年から5年でその成果が実現し、人生において進歩していると感じるであろう。神を信じているが真理を追求しないのであれば、10年信仰を続けても全く変化が無いこともあり、最終的に「神を信じるということは、無意味であり、従前の世界での生活とほぼ同じだ。生きる意義など無い。」と言うであろう。これは、真理無しの人生が空虚であることを真に示している。あなたがたは、何かしらの教義を話せるかも知れないが、依然として不快さと不確実さを感じるであろう。神に関する理解があり、有意義な人生をおくる方法を知り、何かしら神にご満足いただける行動が取れれば、それが真の人生であり、そのような生き方をして始めて、人生が有意義になる、人間は少し神にご満足いただき、喜ぶためには、そのような生き方をすべきである、と感じるであろう。継続的に神にご満足いただき、真理を実践し、自分自身を意識的に捨て去り、自分の考えを捨て去り、神の御旨に対して従順となることが出来たならば、すなわちその全てを意識的に出来たならば、それは真理を正確に実践することであり、本当に真理を実践することであり、それは従前自分の想像に依存し、教義や規則を守っていたのとは違う。事実、真理を理解せずに行動すること、教義や規則を守こと、終着点が無いこと、盲目に行動することは、最も難儀なことである。あなたがたは、真理があって始めて自由になるというのは嘘では無く、真理があれば容易かつ満足に行動出来る。このような状態の者は、真理を得た者であり、性情が変化した者である。

真摯に取り組もうとする過程においては、あらゆる事柄を調べて神の御言葉や真理と比較する必要があり、そうした者は、神の御旨に完全に準拠する方法でそうした事柄を行うには、どうすればよいか十分に考慮する必要がある。そうすれば、自分の意志から生まれる物事を捨て去ることが出来る。あなたがたは、神の御旨に従って行動する方法を知った上で、あたかも全てが自然に展開するかのように行動出来るようになり、その行動は極めて容易に感じるであろう。真理を備えた者は、このように行動する。その上で、自分の性情が本当に変化したことを他人に示せるようになり、他人はあなたがたが真に善い行いをしていること、原則に従って行動していること、全ての行動が正しいことを理解するであろう。他人は、それが真理を理解している者であり、確実に真の人間像があり、神の御言葉がそうした者に対して確実に成果を実現したと思うであろう。ある者が本当に真理を理解すると、その後その者は自分の状態をわきまえ、複雑な問題を完全に理解し、正しく行動する方法を知ることができる。真理を理解しなければ、自分の状態をわきまえられないであろう。自分自身に反抗しようとするが、何に対してどのように反抗すればよいか分からず、また自分の意志を捨て去ろうとするが、自分の意志が真理に従っていると考えるならば、どうしてそれを捨て去ることが出来ようか。あなたがたは、おそらくそれが聖霊により啓かれたものであるから、何があっても捨て去ろうとしないかも知れない。したがって、ある者に真理が無い場合、その者が自分の意志から生じる物事や人間の不浄さ、人間の善意、人間の盲目な愛、人間の行動が全て正しく、真理に則したものであるから、なぜそれに反抗することが出来ようか、という考えに極めて陥り易い。真理を理解しておらず、真理の実践とは何かを知らず、目が曇ってどちらへ進めばよいか分からず、自分が正しいと思う事柄に基づいて行動することしか出来ないのであれば、乖離した事柄や誤った事柄、規則に従う事柄、熱意から生じる物事を行い、そうした物事には、サタンから生じた物事や障害となる物事が含まれているであろう。真理の無い者は、少し左に行ってから少し右に行き、1分間正しく、その次の1分は乖離し、正確さが皆無な方法で行動する。真理の無い者は、全てを誤認するのであれば、どうしてそうした者が物事を適切に扱うことが出来ようか。どうしてそうした人々問題を解決し得ようか。神の御言葉を理解することは容易では無く、また人間が理解できる真理には限度がある。さらに、人間が一生涯を通して神を信仰しているが、神の御言葉に関する理解が限られている、ということも有り得る。比較的経験豊富な者でさえ、せいぜい明らかに神を裏切る行動を避け、明らかに邪悪な物事を避け、誰の利益にもならない事柄を避けることしか出来ない。そうした者が自分の意志が入らない状態に達することは不可能である。なぜなら、人間は普通の思考方法で考え、また人間の考えは部分的に神の御言葉に従うものであり、部分的に自分の意志の範疇に入れられない知識の側面だからである。しかし、神の御言葉や真理、聖霊の啓きに反する自分の意志をわきまえることが重要である。したがって、神の御言葉を理解するよう努める必要があり、真理を理解して初めて、分別を身に付けることが出来る。

自分の性情の変化を追求する際は、自分自身に関する理解が一定の段階に達し、よって自分の本性に含まれる毒を見出すことが出来る必要がある。神を欺くことや、神に反抗することとはどのような事か、また万事において真理に則して行動する方法を知る必要がある。また、神の御旨や人間に対する条件をある程度理解する必要もある。神の御前において良心と理知を備え、横柄になったり神を欺いてはならない。こうした事柄の総体が性情の変化である。自分の性情が変化した者には、神を畏れる心がある。そうした者は神に反抗する可能性が低く、神を裏切る物事をする回数が少ない。そうした者が本分を尽くす際は、常に神がそれを懸念されたり、聖霊が鍛錬の御業をそうした者に行われたりする必要が無い。そうした者は基本的に神に従うことが可能であり、そうした者の物の見方には真理が存在する。こうした事が総体的に神の味方をするという事である。仮に、誰かがあなたがたに勤めを依頼し、その勤めでは誰もあなたがたを管理する必要が無いとしよう。あなたがたは単に神の御言葉に従い、祈りをもってこの勤めを完了させ、あなたがたは勤め中に傲慢になったり自惚れたりせず、神を欺くことを何もせず、他人を制限したりせずに居ること、そして同情の念をもって他人を助けることが出来る。あなたがたは、皆が糧と利益を得て、神の信仰の正しい道へと進むことが出来るように、自分の経験を交わりで他人に根気よく伝える。さらに、その勤めにおいて、あなたがたは自分の地位や利益を追求せず、自分が努力の成果では無い物事を一切得ることなく、出しゃばることなく、他人が自分をどう扱うかを問わず、全員に対して適切に接する。そうであるならば、あなたがたは比較的十分に成熟した者である。勤めを担当し、全員を神の世界の現実に導くことは、単純な物事ではない。優れた才能に恵まれながら失敗したり挫折する者も多数居る。人間は、真理が無ければ信頼できる者となることは一切出来ず、ましてや性情が変化していないのであれば、尚更信頼できない。現在、あなたがたはどの程度成熟しているだろうか。あなたがたに媚びへつらう者は、どのように扱うべきであろうか。あなたがたは、自分に意見する者や、自分を批判的に見る者を、どのように扱うべきであろうか。自分の感情にとらわれること無く、正しい人々を奨励し、選択出来るだろうか。あなたがたは、現在の自分の器量で実際にそのように出来るであろうか。殆どの者が、あなたがたの行動を適正であると考えているのであれば、問題なく、あなたがたは用いられるのに適している。あなたがたがどこかに数年間勤めをして、殆どの者があなたがたのことを好ましくないと思っているとすれば、それはあなたがたが役不足であり、神に用いられるのに不適であることを示す。あなたがたに真理が無い場合、神に用いられるのに適する段階に達することは、不可能である。

あなたがたは、いのちを追求する際に、①神の御言葉の中の真理を理解すること、そして②神の御言葉の中で自分自身を知ることという、2つの基本的な事項に注意する必要がある。この2つは、最も基本的な事項である。神の御言葉以外には、いのちも真理も無い。神の御言葉の中で真理を追求する場合、あなたがたは、それをどこで追求できるだろうか。この世の何処に真理があるだろうか。この世で出版された書籍は、全て悪魔サタンの理論ではなかろうか。語るべき真理は何処にあるだろうか。神の御言葉の中の真理を理解する際に最も重要な事としては、神の御言葉の中で神を理解すること、御言葉の中で人間のいのちを理解すること、真理の全側面を御言葉の中で理解することである。たとえば、自分自身の真の理解と、神の御世における人間の存在意義を見出すことについて、真理は、すべて神の御言葉の中にある。あなたがたは、神の御言葉によらなければ、真理に対する真摯な取り組みを行うことは出来ない。あなたがたが到達すべき結果は、神の御言葉の真の理解とは何かを知ることである。神の御言葉を真に理解することにより、真理を理解することが出来る。それが最も基本的な物事である。一部の者は、勤めと説教をして、表面上は神の御言葉に関する交わりを行っているように思われるが、その者の話は全て御言葉の文字通りの意味でしか無く、御言葉の真髄について一切触れられていない。そうした者の説教は語学の教科書の教えのようなものであり、項目や事項別にまとめられており、説教が終わると皆「この説教は極めて実践的だ。この人たちは説教は実に上手くて詳しい。」と言って賞讃する。説教が終わると、説教された事柄をまとめて他人に話し、皆に伝える。こうすることにより、こうした者は他人を欺いており、こうした者が説いている事は全て詭弁である。表面上は、その話は神の御言葉のみを説教しているように思われ、その者の言葉は真理に従っているように思われる。しかしあなたがたが一層注意深く判断すると、そうした者の話は、すべて教義の話であり、あやまった理知であることが分かる。そうした者の話には、想像や観念、神を描写する言葉も含まれて居る。こうした説教は神の御業を妨害するのではなかろうか。この勤めのやり方は神を欺くものである。合理的な者は、自分が話すべき側面はどれか、本分を尽くすことに関する物事はどれか、神のみが話すことの出来る側面はどれか、というように、自分自身の話に限界を定める必要がある。人間は神に代わって話をしてはならない。神がどのように御業を行われるかは、誰も想像できないのであれば、誰が神を定義できようか。ましてや人間に神を定義する資格など無く、それは不合理な行動を回避するために理解する必要がある。あなたがたは、理知のある者として、自分の立場、言うべき事柄を知る必要があり、何かを知ることもあるかも知れないが、言うべきで無いことは言わないようにする必要がある。たとえ従前あなたがたに神が何かを言われたとしても、それを他人に言づてしてはならない。それを伝えることに何の意味があるであろうか。単なる話で常に他人よりも偉ぶるのは、傲慢ではないだろうか。神に関する物事を理解していないのであれば、それが事実である。理解しているふりをしたり、物知り顔をしないこと。そうした行動は極めて不快である。あなたがたは常に神の立場に立ち、全てを理解していることを示し、注目を集めようとする。さらに、あなたがたは神の代わりに話をしたり行動したりしたがる。こうした願望は誰にでもあるが、最も恥ずべきものである。それでは、異邦人が真の道を求めて来訪したら、あなたがたはどのようにして神の証しに立つべきであろうか。あなたがたは、自分に理知が無く傲慢で自惚れて盲目に行動しているとしたら、神を欺き、冒涜しているのではなかろうか。それは自分の本分を尽くしているということだろうか。ましてや、神の証しに立つということでは無い。実際には、それはあなたがたがサタンの姿を示しているということである。真に征服された者は、誠実に話をして、実際の証しをする方法を習得する必要がある。自分の人生経験について話をすることは、他の何よりも勝る。遠大な理論を誇らしげに話すことに、何の意味があるだろうか。神の御業を数年間経験した後でも、人間の態度は好ましくない。そして人間は自分の身分に従えば神の証しに立つ資格が無い。それでも人間は、不合理かつ傲慢に、神の証しに立つことを望む。あなたがたは神を辱め、冒涜しているのではなかろうか。あなたがたは神を知らない。その上、あなたがたの性情は依然として神に反抗している。それならば、あなたがたが証しに立つことには、極めて厭わしい臭気があるのでは無かろうか。それは、何かしら不快な部分があるのではなかろうか。人間は神の証しに立つ価値が無い。誰かが「中国本土に対する神の御業を証ししてもらえないか」と尋ねると、あなたがたは「何年か神の御業を経験したので、神の証しに立つ資格があると思う」と答える。これは問題ではなかろうか。これもまた不合理である。人間は神の証しに立つ価値が無い。あなたがたは、ただ「人間は神の証しに立つ価値が無い。それでも神は私達を救われ、私達に恵みを与えられた。人間は恵みを得て、神の御業をある程度経験したので、交流を持つことが出来るが、神の証しに立つことを検討することは決して出来ない。神の証しに立つことに関して、人間にはその資格が無い。人間が証しをすることが出来るのは自分の経験のみだ。」と答えるべきである。あなたがたは、神による征服を自分がどのように経験したか、当時の自分がどの程度腐敗し、傲慢であったか、征服されて、どのような結果となったか、最終的にどのような決意をしたかについて交流しても問題ない。事実、これは神が人間に対して要求する証しのしかたであり、これが最も神の御旨に則している。神の証しに立つことを望み、神の証しに立つことのできる立場に立ちたいとあなたがたが言った場合、それは大きな誤りであり、あなたがたには理知が無く、傲慢である。あなたがたは、ただ「経験について話をすることは出来るが、神の証しに立つことは全く考えられないことだ。最初に交流したいことがある。なぜ、神は中国で受肉されたのであろうか。あなたがたには、よく分からないであろう。私たちは、それを神の御業により理解した。私達中国人はサタンにより最も重度に腐敗され、赤い大きな竜がとぐろを巻いている場所に居る。私達中国人はサタンにより最も重度に腐敗され、私達は最も人間性を欠き、最も誠意を欠き、全く人間とは考えられない。海外の神の選民と比較して、私達は最も劣っている。したがって私達は恥ずかしすぎて神の証しに立てないのだ。私達は自分の個人的経験について多少の証しをすることが出来るに留まる。私達は人間のなかでも最も不浄で腐敗した者であり、神の大いなる救済を受け、神の大いなる愛を授かったので、自分の個人的経験の証しについて話をしなければならず、神の恵みを抑制してはならないのだ。」と述べることが出来るに留まる。