命に懸けてもキリストにつき従う

中共の悪魔が権力を握る中国本土は

まさに闇と恐怖の場所

私は神の出現と働きを説き、証しするが、政府に追われる

頻繁にパトカーの音を聞き、絶えず逮捕と投獄の危険にさらされる

中国はサタンが力を持つ、悪魔の根城。

クリスチャンが安住できるところはない

いつになったら普通に集会を開いて本分を尽くすことができ、

逮捕を避けるために警察から隠れる必要がなくなるのか

いつになったら神の言葉を安心して読めるようになり、

放浪者のような暮らしをやめられるのだろう

何が「信仰の自由と生きる権利」だ。すべて魔王が人を欺くためのたわごとだ。

この広い世界で誰が、中国のクリスチャンの迫害の苦しみを知っているだろう


神の出現と働きに出会った私は、なんと幸いなことか。

それでも赤い大きな竜に追われ、弾圧され

家を去ることを強いられ、愛する人たちが恋しい

私は中共の悪魔どもをその非人道性のゆえに蔑む

迫害、苦難、試練に遭った私には、この悪魔どもの醜い素顔がはっきり見える

天国への道は険しく、山あり谷ありだが、神が共にいてくださるので、心が安らぐ

逆境(患難)の中で私は神の愛を味わう。神の恵みを思うと、心に甘美さがある

トラの口から何度も逃れられたのも、神がひそかに気遣い、守ってくださったおかげだ

絶え間ない危険と逆境の中で、神の言葉が私の信仰を強めてくれた

神が全能ですべてを治めると知り、私は神につき従おうと更に決意を堅くする


私も中共による迫害でそれなりに苦しんできた

そこから私の背丈が足りないことがわかる

試練と精錬の中で、私の肉は弱く、あまりにも消極性を曝け出し、不平も多すぎる

しかし、やがて御言葉が私を啓いて照らし、強さを与えてくれたおかげで、私はしっかり立てる

苦難の中で私は神の愛と加護を味わい、赤い大きな竜を一層蔑む

試練を受けたおかげで、多くの真理を理解し

堕落した性質が清められ、すべてを捨ててキリストにつき従う

私は神と対面した

天国への道は岩だらけで険しいが、私はキリストが真理だと認め、たとえ監獄を出られなくても

命を懸けても最後までキリストにつき従う

前へ: クリスチャンの心の中の言葉

次へ: 歴代の聖徒達は復活する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神はあなたの心と霊を捜し求めている

全能者の命の供給を離れ 生きる意味知らずに 死をまた恐れ 支えはなく、救いもないが それでも目を閉じようとせずに 魂の感覚のない肉体を支え 無理をして良心をごまかして生きている 誰も彼もが望みはなく 目標もなく生存している 伝説の聖なる者だけが救う 彼の到来を待ち 苦しみの中…

義と全能と実践の神

永遠に唯一の真の神は 言葉で創造物に命吹き込み 神が語ったり命じるとそうなった 塵は人に変えられ 神は被造物を養い 命は天と地に満ちた 神は法を定め、奇跡をおこし 人を導き、世話をしたが 人は悪に身を任せ 汚れ堕落し、見るに見かねて 神は謙り受肉し、人を赦し 威厳を捨て、不義を背…

神は人が真の信仰を持つことを願う

神は常に 人に厳しさを求める もしあなたの忠誠心が条件付きなら 神はその「忠誠心」を欲しない 神はわざと神を欺いたり 神に要求ばかりする人を嫌う 神が人に望むのは忠誠を誓い 誰にもまして神に忠実で 全てを信仰のために行い 信仰という一語を証明すること あなたが神を喜ばせようと…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索