神は人がいくつの道を進むべきか予め定めた

神が導く道はまっすぐではない

それは穴だらけの曲がった道だ

道が険しいほど

私達の愛が明らかになると神は言う

こんな道を開ける者は他にない

私は他の人々のようになりたくない

彼らの道を歩きたくはない

私は献身を果たす道を選んで

最後まで歩んでいく

人がどれほど苦しみ

どれほど遠くまで行くかは

神により定められ

人が互いを救うことは出来ない


私は多くの道を歩いた

不安定で岩だらけの道を

悲しみに耐え、悲嘆にくれたが

神が導く道だと信じている

だから、やまない痛みに耐える

私は他の人々のようになりたくない

彼らの道を歩きたくはない

私は献身を果たす道を選んで

最後まで歩んでいく

人がどれほど苦しみ

どれほど遠くまで行くかは

神により定められ

人が互いを救うことは出来ない


これは神の定め

誰も逃れられない

私はどんな祝福もいらない

ただ求めることは

神の意志に従い

歩むべき道を歩むこと

私は他の人々のようになりたくない

彼らの道を歩きたくはない

私は献身を果たす道を選んで

最後まで歩んでいく

人がどれほど苦しみ

どれほど遠くまで行くかは

神により定められ

人は互いを救うことは出来ない


『言葉は肉において現れる』の「道……(6)」より編集

前へ: あなたは神への信仰の正しい軌道に乗ったか

次へ: あなたの状態について神の言葉を読みなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者には…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索