全能神教会App

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

全能神、終わりの日のキリストの代表的な言葉

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

X 神の選んだ人々が入らねばならない真理の現実についての言葉

(XV)サタンの影響を捨て去り、真の救いを達成するため神によって得られることについての代表的な言葉

闇の影響とは何であろうか。

闇の影響とは、サタンの呪縛と影響であり、死の霊気のある影響である。

神が人間を造った時、人間は神の豊かさを享受し、神を真に愛するためであって、人間はそのようにして神の光の中で生きた。現在、神を愛すことの出来ない者、神の重荷に配慮しない者、自らの心を完全に神に捧げない者、神の心を自分の心とすることが出来ない者、神の重荷を自分の重荷として負うことが出来ない者には、神の光が照らされておらず、それゆえそうした者は全員、闇の影響下で生活している。そうした者は神の旨に反する道を歩み、そうした者の行動には真理が微塵もなく、サタンと共謀している。そうした者は闇の影響下で生活している。あなたがたが常に神の言葉を食べ飲み出来るとともに、神の旨に配慮し、神の言葉を実践するならば、あなたがたは神のものであり、神の言葉の中で生きている者である。

『言葉は肉において現れる』の「闇の影響から脱すれば神により得られるであろう」より

最初の人類は神の手にあったが、サタンの誘惑と堕落から、人はサタンに縛られ、悪の手に落ちてしまった。そうしてサタンは、神の経営の働きの中で打ち負かす対象となった。サタンは人を自分の所有物とし、人は神の全経営物なので、人が救われるにはサタンの手から取り戻されなければならない。すなわち、サタンの捕虜となった人が連れ戻されなければならないのである。サタンは人の古い性質が変えられ、本来の理知を回復することで打ち負かされ、この様にして、捕虜となっていた人はサタンの手から取り戻される。もし人がサタンの影響や束縛から自由になると、サタンの面目がつぶされ、人は最終的には連れ戻され、サタンは敗北する。そして人はサタンの暗闇の影響から解放されたので、人類の救いのすべての働きが完了した後、人はこのすべての戦いの戦利品となり、サタンはこの戦いが終わると懲罰の対象となる。

『言葉は肉において現れる』の「人の普通の生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」より

あなたがたは、神に讃美されたいならば、まずサタンによる闇の影響から脱し、心を神に対して開いて神を心のよりどころとする必要がある。あなたがたが現在行っている物事は、神に称賛されているだろうか。あなたがたは神を自分の心のよりどころとしているだろうか。あなたがたが行った事は、神があなたがたに要求された事であっただろうか。そうした行いは真理に適合しているであろうか。あなたがたは常に自分を検証し、神の言葉を食べ飲みすることに集中し、自分の心を神の前に示し、誠実に神を愛し、献身的に自らを神のために費やす必要がある。そうした者は必ずや神の称賛を受けるであろう。

『言葉は肉において現れる』の「闇の影響から脱すれば神により得られるであろう」より

人間が得るべき真理、人類にとって最も有益で役立つ真理は、神の御言葉の中にある。神の御言葉こそが、あなたがたの身体に必要とされる薬であり、糧であり、正常な人間性の回復に役立つものであり、あなたがたが備えるべき真理である。あなたがたが実践する神の御言葉が多ければ多いほど、あなたがたの生活が開花するのが一層早まるであろう。また、あなたがたが実践する神の御言葉が多ければ多いほど、真理が一層明瞭となる。あなたがたは、成熟度が高まるに従って霊的世界を一層明瞭に理解し、より強力になってサタンに勝利するであろう。

『言葉は肉において現れる』の「真理を理解した後は、それを実践せよ」より

闇の影響から脱することには、それには聖霊の業が必要であるという側面と、それには人間による献身的協力を要するという側面がある。人間は正しい方向に進んでいないと私が言うのは、何故だろうか。そもそも、人間が正しい方向に進んでいるのであれば、人間は自分の心を神に捧げることが出来るが、それは真摯に取り組むために長期間を要する作業である。なぜなら、数千年にわたって人類は常に闇の影響下で生活し、サタンに拘束されてきたからである。したがって、この真摯な取り組みは1日ないし2日で実現できるものではない。本日この問題を採り上げたのは、人間が自分の状態を把握出来るようにするためである。闇の影響は何か、光の中で生きるとは、どのようなことかという問題については、人間がこうした物事を見極めることが出来るようになって、初めて真摯な取り組みが可能となる。なぜなら、サタンの影響から逃れる前に、まずサタンの影響を知る必要があるからであり、そうした後に、あなたがたはその影響から離れる道を得ることが出来るであろう。その後の行動については、人間自身の問題である。あなたがたは、常に好ましい側面から真摯な取り組みを行い、受動的に待ってはならない。あなたがたが神により得られることを可能とするには、この方法によるほか無い。

『言葉は肉において現れる』の「闇の影響から脱すれば神により得られるであろう」より

闇の影響から脱するには、まず神に対して忠実であり、真理を求める熱意がなければならない。そうしてはじめて、あなたがたは正しい状態となるであろう。正しい状態で生活することが、闇の影響から脱する前提条件である。状態が正しくないということは、あなたがたが神に忠実でないこと、真理を追求する熱意が無いことを意味する。ゆえに、闇の影響から脱することは問題外である。人間が闇の影響から脱することは、私の言葉に基づいており、人間が私の言葉に従って実践出来なかった場合、そうした人間は闇の影響の呪縛から脱することが出来ないであろう。正しい状態で生活するということは、神の言葉の指導に従い、神に対して忠実な状態で生活し、神のために真面目に尽くす現実性の中で生活し、神を真に愛する状態で生きることである。こうした状態で、こうした現実性の中で生活する者は、真理に一層真摯に取り組むにつれ、次第に変化するであろう。またそうした者は業の深化とともに変化して、最終的に神に得られることは確実であり、神を真に愛するようになるであろう。闇の影響から脱した者は、次第に神の旨を把握し、神の心を理解し、最終的に神と懇意になることが出来るようになる。そうした者には神に関する観念や神に対する反抗が無いだけでなく、従前抱いていた観念や反逆を一層忌み嫌い、自分の心に神への真の愛が芽生えるようになる。

『言葉は肉において現れる』の「闇の影響から脱すれば神により得られるであろう」より

あなたがたは、サタンの領域を脱して神の光の中で生きることを望んでいるであろうか。あなたがたが神の言葉の中で生きるならば、聖霊には神の業を行う機会があるであろう。あなたがたがサタンの影響下で生きるならば、聖霊には業を行う機会が無いであろう。…人間が神の言葉の中で生きるならば、聖霊は人間の中に存在して人間に対して業を行うであろう。人間が神の言葉の中で生活していないならば、そうした人間はサタンの呪縛の中で生きている。堕落した性情の中で生活する者には聖霊もその業も存在しない。あなたがたが神の言葉の圏内で生活し、神に要求された状態で生活しているならば、あなたがたは神のものであり、あなたがたに対して神の業が行われるであろう。あなたがたが神の要求の圏内ではなく、サタンの領域で生活しているならば、あなたがたがサタンの堕落の下で生活していることは確実である。神の言葉の中で生活し、神に自分の心を捧げることによってのみ、あなたがたは神の要求を満たすことができる。あなたがたは神の言う通りに行動し、神の言葉を自分の存在の基礎とし、人生の現実としなければならず、そうして初めて、あなたがたは神のものとなるであろう。あなたがたが神の旨に従って真面目に実践するならば、神はあなたがたに対して業を行い、神の恵みの下、神の姿の光の中で生活し聖霊が行う業を把握し、神の存在の喜びを感じることが出来るであろう。

『言葉は肉において現れる』の「闇の影響から脱すれば神により得られるであろう」より

あなたがたが毎日神に祈り、神の御言葉を食べ飲みし、教会の業のことを常に考え、神の御旨に対する配慮を示し、自分の心で神を真に愛し、神の御心を満たすのであれば、あなたがたの心は神のものである。あなたがたの心が、それ以外の多くの事柄に奪われているのであれば、あなたがたの心は依然としてサタンに奪われ、真に神へと向かってはいない。

『言葉は肉において現れる』の「神に対する本当の愛は自発的なものである」より

あなたがたは自らの心身と、神に対する真の愛の全てを捧げること、それを神の前に示し、神に対して完全に従順であること、そして神の旨に対して絶対的に配慮することが出来る。肉でも家族でも個人的願望でもなく、神の家庭の利益のためである。万事において神の言葉を原則そして基礎とすることが出来る。そのようにすれば、あなたがたの意図や見通しは全て正しい物事へと向けられ、神の前で神の称賛を得る者となるであろう。

『言葉は肉において現れる』の「神の実際性に対して絶対的に服従できる者は、真に神を愛する者である」より

神に対して誠実な祈りを捧げた後、あなたがたは神を自分の心の全てのよりどころとする。この時点において、あなたがたは、自分の心が神の霊により感激させられ、自分を完全に捧げることを望み、この時点で闇の影響から脱している。ある者の全ての行いが神にとって満足であり、神の要求に適しているならば、その者は神の言葉の中で、神の慈しみと守りを受けて生きる者である。人間が神の言葉を実践できず、常に神を欺き、神に対していい加減な行いをして、神の存在を信じないのであれば、そうした者は全て闇の影響を受けて生きている。神の救いを受けていない者は、全員サタンの領域で生活している。すなわち、そうした者全てが闇の影響を受けて生活している。

『言葉は肉において現れる』の「闇の影響から脱すれば神により得られるであろう」より

終わりの日における神の業は、これまでわたしが何度も述べてきたように、人間の深く傷ついた心が一新されるように各人の霊を変化させ、魂を変化させるようにし、よって邪悪により極めて深い傷を負っている人間の霊を救うため、人間の魂を目覚めさせ、凍えた心を温め、回復出来るようにするためのものである。これが神の偉大な心である。…なぜなら、神の業は、贖われた人間、未だ闇の力の下で暮らしている人間、そして一度も目覚めなかった人間を、悪魔の集まる場所から完全に救うことだからである。神の業は、人間が数千年の罪から逃れて神に愛され、赤い大きな竜を完全に打ち倒して神の国を建て、一層早く神の心を安らげるためのものである。また神の業は、あなたがたの胸に溜まっている憎しみを、例外無く払拭し、そうしたかびのような菌を根絶し、あなたがたが牛や馬同然の生活から脱出できるようにし、奴隷状態から解放され、赤い大きな竜により意のままに踏みつけられたり支配されたりすることから解放されるためのものである。あなたがたは、この行き詰まった国の国民ではなくなり、凶悪な赤い大きな竜のものでは無くなり、赤い大きな竜に奴隷とされることは無くなるであろう。そうした悪魔の巣窟は神により粉砕されることは確実であり、あなたがたは神の傍らに立つであろう。あなたがたは神のものであり、奴隷の帝国に帰属しない。

『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(8)」より

あなたは今、神のそれらの行為をすべて見ているが、依然として拒否し、反抗的になり、服従しない。あなたは自分の心の中に多くの考えを抱いており、自分が望むことは何でも行う。あなたは自分自身の欲望と好みに従っている。それは反抗であり、抵抗である。肉のため、自分の欲望のため、および自分自身の好みのため、俗世間のため、そしてサタンのために神を信仰することは、不浄である。それは反抗であり、抵抗である。現在、さまざまな種類の信仰がある。ある者は災害からの避難所を求め、ある者は祝福を得ることを求め、ある者は奥義を理解することを望み、またある者はお金を得ようとする。それらはみな抵抗のさまざまな形である。それらはすべて神への冒とくである。人が抵抗したり反抗したりすることは、そのような事柄と関係しているのではないか。現在、多くの人々が不平を言い、不満を並べ、裁く。それらはすべて、邪悪な者がすること、人間の抵抗と反抗である。そのような邪悪な者たちはサタンに所有され、占有されている。神のものとなる人々は、完全に神に従う人々であり、サタンに堕落させられたものの、現在神の働きにより救われ征服され、苦難に耐え、そして最後に完全に神のものとされ、もはやサタンの領域で生きることはなく、不義から解き放たれ、聖く生きることを望む人々である。それらが最も高潔な人々であり、聖なる者たちである。あなたの現在の行為が神の要求されることの一部に沿わない場合、あなたは除外されるだろう。そこに論争の余地はない。

『言葉は肉において現れる』の「あなたは人間全体が現在までどのように発展してきたかを知るべきである」より

人間はサタンの領域下において全生涯を過ごし、自分でサタンの影響から逃れられる者は、一人も居ない。人間は、全て汚れた世界で、腐敗と空虚の中で、意味や価値が全く無いままに生きる。人間は、肉や欲のため、そしてサタンのために、そうした気楽な生活を送る。そうした人間には、何の存在価値も無い。人間は、自分をサタンの影響から解放する真理を見出すことができない。人間は神を信じ、聖書を読むにもかかわらず、自分をサタンの影響による支配から解放する方法を理解しない。何時の時代も、この秘密を解き明かして触れた者は寡少である。それ故に、人間はサタンや肉を忌み嫌っているが、サタンの罠のような影響から逃れる方法を知らない。…人間は、人間の地獄の中で生き、サタンの闇の影響下で生きる。地の全域において、幽霊が人間と共に住み、人間の肉を侵している。あなたは、地において美しいパラダイスに住んではいない。あなたが住む場所は悪魔の領域であり、人間の地獄であり、暗黒の陰府である。ある者が清められなければ、その者は不浄である。その者が神により守られ、神の慈しみを受けていないのであれば、その者は依然としてサタンの虜である。その者が裁きや刑罰を受けていないのであれば、その者はサタンによる闇の影響による弾圧を逃れる術は無いであろう。あなたが依然としてサタンの領域下で生活しているということを証明するには、あなたが示す腐敗した性質と、あなたが行動で示した不従順な態度だけで十分である。あなたは、自分の精神や思想が清められておらず、自分の性質が裁きと刑罰を受けていないのであれば、あなたの存在の全てがサタンの領域に支配されており、あなたの精神はサタンに支配され、考えはサタンに操られ、存在全てがサタンの手により支配されている。

『言葉は肉において現れる』の「ペテロの経験:刑罰と裁きに関するペテロの認識」より

まだ救われていない人々の人生はしばしばサタンに介入され、支配されてさえいる。言い換えれば、救われていない人はサタンの虜であり、彼らには自由がない。そのような人はサタンに解放されておらず、神を礼拝する資質も資格もない。そのような人々はサタンが近くで狙っており、激しく攻撃される。彼らには語れるような幸せはなく、語れるような普通の存在でいる資格もなく、更には語れるような尊厳もない。もしあなたが立ち上がり、神への信仰と従順、神に対する畏れを武器として用い、命がけでサタンと戦うのであれば、そしてサタンを完全に打ち負かし、サタンがあなたを見たのならしっぽを巻いて逃げるようになり、そうしてサタンの攻撃とあなたに対する叱責から完全に離れることができるのであれば、その時あなたは救われて自由になれるのである。もしあなたがサタンとの関係を完全に断ち切ろうと決意していても、サタンを打ち負かす武器を身に付けていないのであれば、あなたにとってまだ危険な状態である。時が経ち、サタンにひどく苦しめられ、一握りの力もあなたの中に残されておらず、それでもまだ証しとなることができず、サタンの叱責と攻撃から完全に解放されていないのであれば、救われる望みはほとんどない。最後に神の業の完了が告げられる時、あなたはまだサタンの手の中におり、自らを解放することができず、従って救われる機会も望みもない。これが意味するのは、そのような人々は完全にサタンの虜となってしまうということである。

『言葉は肉において現れる』(続編)「神の働き、神の性質、そして神自身2」より

人の人生において、自身が清められ、性質の変化を実現することを望み、有意義な人生を行動で示し、被造物としての自分の本分を尽くすことを望むのであれば、その人は神の刑罰と裁きを受け容れる必要があり、神の鍛錬と打ちのめしが自分から無くなるのを防ぎ、サタンによる操りと影響から逃れて神の光の中で生きるようにする必要がある。神の刑罰と裁きは光で有り、人間の救いの光であり、人間にとって、それ以上の恵みと守りは無いということを知る必要がある。

『言葉は肉において現れる』の「ペテロの経験:刑罰と裁きに関するペテロの認識」より

彼らが救われることを願うのであれば、そして完全に神の者とされることを願うのであれば、神に従う全ての人は誘惑とサタンからの大小の攻撃に直面しなければならない。このような誘惑や攻撃から抜け出た者が、サタンに完全勝利することができる。このような者が、神に救われた者である。つまり、神により救われている者は神からの試練を経験したものであり、サタンの誘惑と攻撃を何度も受けたことのある者である。神により救われている者は神の心と要求を理解でき、ひたすら神の支配と采配に従い、サタンの誘惑のただ中にあっても、神を畏れ悪を避ける道から逸れることがない。 神により救われている者は正直であり、心優しく、愛と憎しみを区別し、義と理性を知っており、神を配慮し神の全てを大切にする。そのような人々はサタンに束縛されておらず、監視されておらず、叱責されたり虐待されたりしていない。完全に解放されており、全く自由である。ヨブは正にそのような自由な人であり、神が彼をサタンの手に渡したのは、彼がこのように自由な人になるためだったのである。

『言葉は肉において現れる』(続編)「神の働き、神の性質、そして神自身2」より

人生において神による統治と采配を感じたことが無く、ましてや神の権威を認め、受け入れたことなど無いのであれば、あなたは全く無価値であり、あなたが選んだ道と選択肢が原因となって、神が嫌い捨てる対象となることは間違い無い。しかし、神の業により、神からの試練と神による統治を受け入れ、神の権威に服従し、徐々に神の言葉に関する真の体験を得る者は、神の権威に関する真の認識と神による統治に関する真の理解を得て、真に創造主に従う者となるであろう。真に救われるのは、そのような者だけである。

『言葉は肉において現れる』(続編)「唯一の神自身3」より

人の性質が変化するということは、人がサタンの束縛から自由になり、闇の影響を脱し、真に神の働きの雛形や見本となることを意味しており、真に神の証人となり、神の心に沿うものとなったことを意味する。

『言葉は肉において現れる』の「神を知る者だけが、神の証人となることができる」より

人が地上で真の生活を達成すると、サタンの全勢力は縛られ、人は地上で楽に生きることになるだろう。物事は今日ほど複雑ではなくなるだろう。人間関係、社会関係、複雑な家族関係など…それらは厄介で、本当に苦しい。ここでの人の一生はとてもみじめである。人が一旦征服されると、彼の心と精神は変わるだろう。彼は神を畏れ敬う心を持ち、神を愛する心を持つだろう。全宇宙で神を愛することを求めるすべての人たちが征服され、つまりサタンが敗北し、サタン――暗闇の全勢力――が縛られると、地上での人の生活は困難でなくなり、地上で自由に生きることができるだろう。もし人の生活に肉的関係がなく、肉の複雑さがないなら、どれほど楽なことだろう。人の肉的関係はあまりにも複雑で、人にとってそのようなものを持つことは、彼がサタンの影響からまだ解放されていないことの証拠である。もしあなたが兄弟姉妹と同じ関係を持っていたら、もしあなたが家族と同じ関係を持っていたら、あなたは何の心配もしないだろうし、誰かを心配する必要もないだろう。これ以上のことはないだろうし、そうであれば人はその苦しみの半分から解放されるだろう。地上で普通の人間の生活をする人は、天使のようになる。依然として肉体を持っているけれども、人は天使のようになる。これは最後の約束で、人に与えられる最後の約束である。

『言葉は肉において現れる』の「人の普通の生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」より

前へ:(XIV)どのように神に奉仕し、証を立てるかについての代表的な言葉

次へ:(XVI)性質を変えるためにどのように真理を追求し、神によって完成されるかについての代表的な言葉

他のお気に入り