日々の神の御言葉: いのちへの入り | 抜粋 577

被造物に対する創造主の扱いには基本的な原則がありますが、これはまた最高の原則でもあります。創造主による被造物の扱い方は、創造主の経営(救いの)計画と必要事項に完全に則っています。だれに相談する必要もなく、だれの同意も必要としません。何を行なうべきであろうと、あるいは人々をどう扱うべきであろうと、創造主はそれを行ない、また創造主が何を行なうか、人々をどう扱うかにかかわらず、それはすべて創造主が働きを行なう原則に一致しています。被造物として行なうべき唯一のことは服従です。他に選択肢があるはずはありません。これは何を示しているでしょうか。創造主が常に創造主であることを示しています。創造主は、いかなる被造物をも自身が欲するままに指揮して支配する権力と資格を有しており、そのための理由を必要としません。これが創造主の権威です。造られた存在である被造物のうち、創造主がどう行動すべきか、あるいは創造主のすることが正しいか否かを判定する権力や資格をもつものはありません。また、自分が創造主に支配されるべきか、指揮されるべきか、処置されるべきかについて、それらを選ぶ資格も被造物にはありません。同様に、いかなる被造物にも、創造主にどのように支配され、どのように処置されるかを選ぶ資格はありません。これは最高の真理です。創造主が被造物に何をしようとも、そしてそれをどのように行なおうとも、創造主が造った人間にとって、すべきことはひとつだけです。つまり、創造主の定めるこの事実を求め、従い、知り、受け入れることです。最終的な結果は、創造主が自身の経営計画を完了し、自身の働きを達成し、経営計画が何の妨害も受けずに進行するようにさせることです。同時に、被造物は創造主の支配と采配を受け入れ、創造主の支配と采配に従ったため、被造物は真理を得、創造主の旨を理解し、その性質を知るに至ります。もう一つ、伝えておかなければならない原則があります。創造主が何をしようと、どのように現れようと、そして創造主の為すことが偉大な業であれささいな業であれ、創造主であることに変わりはないということです。一方、神に造られた人類が何をしようと、どれほど才能や天分に恵まれていようと、やはり人類はみな被造物のままです。創造された人間は、創造主からどれほど大きな恵みと祝福を受けていても、どれほど多くの憐れみといつくしみや好意を受けていても、自分が大勢の人とは異なる存在だと思い込んだり、神と対等になれると思ったり、被造物のうち位の高いものになったと考えたりしてはなりません。神にどれほど多くの天分を与えられていても、どれほど多くの恵みを施されていても、どれほど寛大に接してもらっていても、あるいは多少特別の才能を与えられていても、それらはどれもあなたの資産ではありません。あなたは被造物であり、これからも永遠に被造物なのです。「自分は神に愛されているから、神がわたしに手を上げることはないだろう。神はわたしにはいつも愛と気遣いをもって優しく抱擁し、慰めと励ましの言葉を温かくささやいてくれるのだ」などと、絶対に思ってはなりません。創造主の目から見れば逆に、あなたは他のすべての被造物と同じものであり、自らの望み通りに用いることができますし、望み通りに指揮することも可能で、あらゆる人々や出来事や物事の中であなたがすべての役割を果たせるよう、望み通りに手はずを整えることができます。これは人々が知るべきことであり、備えるべき理智なのです。これらの言葉を理解し受け入れることができれば、神との関係がより正常になり、最も正しい関係が築かれることになります。これらの言葉を理解し受け入れることができれば、人は自分の立ち位置を正しく見定め、正しい持ち場につき、自分の本分を守ることができるでしょう。

『終わりの日のキリストの言葉の記録』より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉: 神の働きを認識する | 抜粋 198

現在、わたしは中国における神の選民の中で働きを行ない、彼らの反抗的性質をすべて明らかにし、彼らの醜さのすべてを暴く。これが、わたしが言うべきことすべての背景となる。後にわたしが全宇宙を征服する次の段階の働きを行うとき、あなたがたへの裁きを用いて全宇宙のあらゆる人の不義を裁く。…

日々の神の御言葉: 神の三段階の働き | 抜粋 17

現在まで六千年に渡る神の働きの実行の後、神は自らの行為の多くをすでに示しているが、それは主にサタンを倒し、すべての人間を救うためだった。神は、その機会を通して、天のすべてのもの、大地のすべてのもの、海の中のすべてのもの、および、神が創造した地上のあらゆる最終物が、神の全能を知り、…

日々の神の御言葉: 人類の堕落を暴く | 抜粋 346

数多くの業や言葉が、あなたに対して全く効果が無いのであれば、神の業を広める時が来ると、あなたは自分の本分を尽くせずに辱められ、屈辱を感じるであろう。この時、あなたは神に対して多大な負債があり、神に関する自分の認識が極めて表層的であると感じるであろう。現在、神が業を行っている間に、…

日々の神の御言葉: 神の性質、および神が所有するものと神そのもの | 抜粋 253

神がなすことはすべて実践的で、空虚なものはなく、そのすべてを自ら経験する。神は人類の終着点と引き換えに、苦痛を体験するという代価を払う。これは実践的な働きではないか。親が子のために真剣な代償を払うのは誠実さを表す。受肉した神は当然、そうすることで人類に最も誠実で信実である。神の本…