「受肉の奥義」についての神の言葉四節からの抜粋(パート4)

25.神が人を救うとき、霊の手段を通したり、霊として直接行なわない。というのは、神の霊は人が触れることも見ることもできず、人が近づくこともできないからである。もし神が霊として直接人を救おうとするなら、人は神の救いを受け入れることはできないであろう。そして、もし神が造られた人の外形をまとわないなら、人はこの救いを受け入れることはできないであろう。というのは、ちょうど誰もヤーウェの雲の近くに行くことができなかったように、人は決して神に接近することができないからである。被造物である人となることによってのみ、すなわち、言葉を神がまとう肉体に入れることによってのみ、神は従ってくるすべての人たちに直接言葉を働かせることができる。その時初めて、人は自分自身で神の言葉を聞き、言葉を見、言葉を受け取り、これによって、完全に救われることができる。もし神が肉とならなければ、肉なる人はそのような偉大な救いを受けることもできないし、誰一人救われることもないであろう。もし神の霊が人の間で直接働いたなら、人は神と係わることができないので、サタンによって打ち負かされるか、連れ去られ囚われるであろう。

26.最初の受肉はイエスの肉体を通して人を罪から贖うためであった。つまり、イエスは十字架から人を救ったが、堕落したサタン的な性質は依然として人に留まっていた。二番目の受肉はもはや罪のためのいけにえとしての役割ではなく、罪から贖われた人たちを完全に救うことであった。それにより、赦されたものが罪から解放され、完全に清められ、性質が変えられ、それによりサタンの暗闇の影響を打ち破り、神の玉座の前に戻ってくるためである。このようにしてのみ、人は完全に清められる。神は律法の時代が終ってから、恵みの時代に救いの働きを開始した。神が人間の不従順に対する裁きと刑罰の働きを終えて人類を全く清める終わりの日が来てはじめて、神は救いの働きを終え、安息に入る。よって、三段階の働きの中で、神は二度のみ人の間で働きを実行するために人となった。それは働きの三段階のうち一段階だけが、人を生活において導く働きであり、他の二段階は救いの働きだからである。神が人となる場合のみ、神は人と共に生き、世の中の苦しみを経験し、普通の肉体で生きることができるのである。このようにしてのみ、神はその被造物である人に必要な実践的言葉を与えることができる。人が神から完全な救いを受けるのは、受肉した神ゆえであり、人が直接天に捧げる祈りによるのではない。というのは、人は肉的であり、人は神の霊を見ることができず、ましてや神に近づくことなどできないからである。人が交わることができるのは神の受肉した肉体でしかなく、人はその人を通してのみ、すべての言葉とすべての真理を理解し、完全なる救いを受けることができる。第二の受肉は人の罪を取り除き、人を清めるには十分である。よって、第二の受肉は肉体での神の働きのすべてに終止符を打ち、神の受肉の意義を完成する。その後は、神の肉体での働きは完全に終わりとなる。第二の受肉の後、神はその働きのために人となることは二度とない。神の経営(救い)全体が終わっているからである。終わりの日に、神の受肉は神の選ばれた民を全て自身のものとし、終わりの日の人たちはすべて、それぞれの種類に応じて区分されている。神はもはや救いの働きをすることも、どのような働きを行なうためにも肉に戻ることはない。

27.終わりの日の働きにおいては、言葉はしるしや不思議の顕示よりも力強く、言葉の権威はしるしや不思議の権威を超越する。言葉は人の心のすべての堕落した性質を現す。あなたは自分でそれらを認識することはできない。それらが言葉を通して明らかにされるとき、あなたは当然それを認識し、否定することはできず、完全に確信するであろう。これは言葉の権威ではないであろうか。これは言葉の現在の働きによって得られる成果である。だから、人は病気を癒したり悪霊を追い出したりすることにより、罪から完全に救われることはできず、しるしや不思議を顕すことにより、すっかり完全にされることはないのである。癒したり悪霊を追い出したりするための権威は人に恵みを与えるだけで、人の肉は依然としてサタンに属し、堕落したサタン的な性質は依然として人の中に残っている。すなわち、まだ清められていないものは依然として罪と汚れに属しているということである。人は言葉によって清められて初めて、神のものとされ、清められる。もし人から悪霊を追い出したり、贖ったりする以上に何もされなければ、それはただサタンの手から人を捕まえ、神のもとに戻すことでしかない。それだけでは人は神によって清められていないし、変えられてもいない。堕落したままである。人の中には、依然として汚れ、敵対心、そして不従順が存在する。人は贖いを通して神のもとに帰っただけで、人は神について何の認識もなく、依然として神を退け裏切っている。人が贖われる前、サタンの毒の多くがすでに人の中に植え付けられていた。サタンによる堕落を何千年も経た人間には、神を退ける性質が既に存在していた。だから、人が贖われたとき、それは人が高い代価で買い取られた贖い以上のものではなく、人の中の毒を持った性質は取り除かれてはいなかった。あまりにも汚れた人は、神に仕えるにふさわしくなる前に変えられなければならない。裁きと刑罰の働きを通して、人は自分の中の汚れて堕落した本質を完全に知るようになる。そして、人は完全に変わり、清められることができる。この方法でのみ、人は神の玉座の前に戻るのにふさわしくなることができる。この日なされるすべての働きは人が清められ変えられるためである。言葉による裁きと懲罰、また精錬を通して、人は堕落を捨て、聖くされることができる。この段階の働きを救いの働きと考えるよりは、むしろ清めの働きと言った方が適切であろう。実際、この段階は第二段階の救いであるとともに征服の段階である。人は言葉による裁きと刑罰を通して、神のものとされる。言葉を用いて練られ、裁かれ、そして明らかにされることで、すべての汚れたもの、観念、動機、そして人の心にある個人的な願望などが完全に明らかにされる。人は贖われ罪を赦されたが、それは神が人の罪を思い出さず、人の罪に応じて人を取り扱わないからである。しかし、人が肉に生き、罪から解放されていないと、人は堕落したサタン的な性質をどこまでも顕し続け、罪を犯し続けることしかできない。これが人の送る人生で、罪と赦しの終わりのないサイクルである。大多数の人は昼間罪を犯し、夜告白するだけである。そのように、たとえ罪のためのいけにえが人にとって永久に有効だとしても、人を罪から救うことはできない。救いの働きは半分しか完成していない。人は堕落した性質を持ち続けているからだ。……それはサタンによって植えつけられて人の心の奥深くに根ざし、罪よりも深くはびこっている。人が自分の罪に気づくのは容易ではない。人は自分自身の深く根ざした本性を認識することができない。言葉による裁きを通してのみ、そのような成果を達成することができる。

28.人が今まで成し遂げてきたこと、つまり今日の人の身丈、認識、愛、忠誠、従順、そして人が見ることなどは言葉による裁きによって得られた結果である。忠誠心を持ち今日まで立ち続けていられることは言葉を通して得られたものである。受肉した神の働きが途方もなく素晴らしいことを人は今では理解できる。人によって得られないことはたくさんある。それらは奥義と不思議である。だから、多くの人たちは服従して来た。誕生してから一度も誰にも従ったことのない人たちも、今日、神の言葉に触れると、彼らはそうと気付かないまま完全に従うのである。彼らはあえて綿密に調べることも、何か他のことを言うこともない。彼らはすべて言葉と言葉による裁きに降伏した。もし神の霊が直接人に話しかけたら、人はみなその声に服従し、啓示の言葉がなくても倒れ、ちょうどパウロがダマスコへの途上で光の中で地にひれ伏したようになる。もし神がこのように働き続けたなら、人は言葉による裁きを通して自分の堕落を知り、救いを得ることもできないであろう。肉になることによって初めて、神は言葉を直接すべての人の耳元に届け、その結果聞く耳のある人はすべて言葉を聞き、言葉による裁きの働きを受けることができる。このようなものだけが神の言葉による成果であり、霊が出現して人を脅かし、服従させるというようなものではない。そのような実践的で並はずれた働きを通してのみ、長い間奥深く潜んだ人の古い性質を完全に明らかにし、人がそれを認め、性質を変えることができる。これが受肉した神の実践的働きである。神は言葉によって人に裁きの結果を達成するために、実践的な方法で語り裁く。これは受肉した神の権威であり、神の受肉の意義である。それは受肉の神の権威と言葉の働きが達成した結果と霊が肉となったことを知らせるためになされる。神はその権威を言葉による人間への裁きを通して現す。神の肉体は平凡で普通の人間の外形であるが、神が権威に満ちており、その「人」が神自身であり、その言葉は神自身の表現であることを人に示すのは言葉が成し遂げる結果である。これはすべての人間にこの「人」は神であり、人となった神自身であり、誰も犯すことはできないことを示している。誰も言葉による神の裁きを超えることはできず、暗闇のどんな勢力も神の権威に打ち勝つことはできない。

29.神は人となった。なぜなら、肉は権威を持つこともでき、人に見え実体のある実践的な方法で、人の間で働きをなすことができるからである。そのような働きは、すべての権威を所有する神の霊によって直接なされるどのような働きよりも現実的で、その結果も明らかである。これは受肉した神の肉体には実践的な方法で語り、働くことができるからである。神の肉体の外形は権威を持たず、人が近づくことができる。神の肉体の本質は権威を伴うが、その権威は誰にも見えない。神の肉体が話し働くとき、人は神の権威の存在を感じることはできない。これは神の実際の働きにとっても好都合である。そして、そのような働きすべては成果を上げることができる。たとえ誰もその「人」が神の権威を持つことに気付かず、誰にも犯されることがないことや神の怒りを知らなくても、神の覆われた権威と怒り、そして公に語られた言葉を通して、神はその言葉により意図した成果を達成する。すなわち、神の声色や断固とした話し方、そして言葉の知恵のすべてを通して、人は完全に確信する。この様にして、人は一見何の権威も持っていないような受肉した神の言葉に服従し、それによって人の救いという神の目的を達成するのである。これは神の受肉のもう一つの意義である。つまり、より現実的に語り、言葉の現実性が人に働き、その結果、人は神の言葉の力の証人となる。だから、もし受肉によらないなら、この働きは少しも成果を得られず、完全に罪人たちを救うことはできないであろう。もし神が肉とならないなら、神は人の目に見えず、形のない霊のままである。人は肉の生き物で、人と神は二つの違った世界に属し、性質も異なっている。神の霊は人の肉とは相いれず、それらの間には何の関係も作ることはできない。さらに、人は霊になることはできない。それだから、神の霊は被造物の一つになって、神の本来の働きをしなければならない。神は最高の場所に昇ることもできれば、へりくだって、被造物である人になって働き、人のもとで生きることもできる。しかし人は高みに昇り、霊になることもできなければ、ましてや最も低い場所に降りることなどできない。よって、神はその働きを実行するために人とならなければならない。最初の受肉のときのように、受肉した神の肉体のみが十字架にかけられることによって人を贖うことができたが、神の霊が人のために罪のためのいけにえとして十字架にかけられることはできなかった。神は人のための罪のためのいけにえとして直接人となることができたが、人は神が人のために用意した罪のためのいけにえを受け取るために直接天に昇ることはできなかった。そういうわけで、この救いを受け取るために人に天に昇らせるのではなく、神が天と地を行ったり来たりしなければならないのである。というのは、人は堕落したので天に上ることはできず、ましてや罪のためのいけにえを手にすることはできないからである。よって、イエスは人のもとに来て、人がどうしても達成することができない働きを自ら行なう必要があった。神が肉となったときは必ず、どうしてもそうする必要があったからである。もしいずれかの段階が神の霊が直接行なうことができたなら、神は受肉という屈辱に耐えることはなかったであろう。

30.働きのこの最後の段階で、成果は言葉によって達成される。言葉を通して、人は多くの奥義や過去の世代にわたる神の働きを理解するようになる。言葉を通して、人は聖霊の啓発を受け、言葉を通して、人はかつての世代に決して解明されなかった奥義や、昔の預言者たちや使徒たちの働き、そして彼らの働きの原理などを理解するようになる。言葉によって、人は神の性質を知るようになると同時に、人の不従順さや反抗心を理解し、自分の本質を知るようになる。このような働きの段階と、語られた全ての言葉を通して、人は霊の働き、受肉した神の働きを知り、さらに神の性質の全体を知るようになる。神の六千年以上にわたる経営(救いの)計画についてのあなたの認識も言葉によって得られた。あなたが以前もっていた観念を知ったのも、それをわきに置くことができたことも、言葉を通して得られたのではないのか。前の段階で、イエスはしるしや不思議を行なったが、この段階ではそのようなことは行われない。なぜ神がそうしないのかという理解も言葉を通して得られたのではないのか。よって、この段階で語られる言葉はかつての世代の使徒たちや預言者たちによってなされた働きを越えている。預言者たちによる預言でさえもこのような成果を上げることはできなかった。預言者たちは将来何が起こるかという預言を語っただけで、当時神がしようとする働きについては語っていない。彼らは人を生活において導くためや、人に真理をもたらすためや、奥義を顕すために語ったのではなく、ましてやいのちを与えるために語ったのでもない。この段階で語られる言葉には預言と真理がある、それらはおもに人にいのちを授けるためである。現在の言葉は預言者たちの預言とは異なる。これは預言者たちのための働きの段階ではなく、人のいのちのためであり、人のいのちの性質を変えるためにある。最初の段階は人が地上で神を崇拝するように道を整えるためのヤーウェの働きであった。それは地上での働きの源を見つけるための始まりの働きであった。当時、ヤーウェはイエラエルの人たちに安息日を守り、両親を敬い、他の人々と平和に暮らすよう教えた。当時の人たちは人間とは何であるかも、地上でどのように生きていくべきかも理解していなかったので、最初の働きの段階で、神は彼らの生活を導かなければならなかった。ヤーウェが彼らに語ったことはすべて、人類はそれ以前は知らず、所有していなかった。当時多くの預言者たちが起こされて預言を語ったが、すべてがヤーウェの指導の下になされた。これは単に働きの一部であった。最初の段階では神は肉となることはなく、よって神は預言者たちを通してあらゆる部族や国々に話した。イエスがその働きを行なったとき、イエスは今日のように多くは語られなかった。終わりの日のこの言葉の働きはかつての時代や世代には行なわれたことがない。イザヤやダニエル、ヨハネは多くの預言を語ったが、そのような預言は今語られている言葉とは全く違った。彼らが語ったことは預言でしかなかったが、今の言葉はそうではない。もしわたしが今話していることをすべて預言にするなら、あなたがたは理解することができるだろうか。もしわたしが将来のことについて語ったなら、わたしが行ってしまってからのことを語ったなら、あなたはそれをどうやって理解できるであろうか。言葉の働きはイエスの時代にも律法の時代にもなされなかった。おそらく「ヤーウェもその働きの時代に言葉を語りませんでしたか。イエスも病気を癒したり、悪霊を追い出したり、しるしや不思議をするのに加えて、当時言葉を語りませんでしたか」と言う人がいるかもしれない。言葉がどのように語られるかには違いがある。ヤーウェによって語られた言葉の本質は何であったであろうか。ヤーウェは地上での人々の生活を導いていただけで、それはいのちの霊的なこととは関係がなかった。ヤーウェの言葉がすべての地で宣言されたと言われているのはなぜであろうか。「宣言された」という言葉は明白な説明と直接的指示を与えることを意味する。ヤーウェは人にいのちを与えたのではない。むしろ、人の手を取って、どのようにヤーウェを崇拝するかを教えたのである。たとえ話はなかった。イスラエルでのヤーウェの働きは、人を扱ったり、鍛練したりすることでも、裁きや刑罰を与えることでもなかった。それは導くことであった。ヤーウェはモーセに神の民に荒野でマナを集めるように命じた。毎朝日の出の前に、彼らはその日に食べる分だけマナを集めなければならなかった。マナは翌日まで保管することはできなかった。翌日にはカビが生えたからである。ヤーウェは人に人間の本性について指導したり、それを顕したりせず、人の考えや観念を顕すこともしなかった。ヤーウェは人を変えることはなく、生活において人を導いた。当時、人は子どものようで何も理解せず、基本的な機械的な動きしかできなかった。よって、ヤーウェは人々を導くため律法を制定した。もしあなたが、真の心で求める全ての人たちが現在なされている働きの知識を得て、完全に確信することができるように福音を広めることを願うなら、あなたはそれぞれの段階における働きの内情、本質、意義を理解しなければならない。あなたの話を聞くことで、人々はヤーウェの働きとイエスの働きを理解することができ、さらに今日なされているすべての働きや三段階の働きの関係や違いなども理解できる。その結果、話しを聞いた後、人々は三段階のどれも他の段階を妨害しないことが分かる。確かに全ては同じ霊によってなされたのである。異なる時代に異なる働きがなされたのであり、語られた言葉も違ったが、働きの原理はひとつで同じものである。これらは人が理解すべき最も偉大なビジョンである。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する