「神の働きのビジョン」についての神の言葉三節からの抜粋( パート3)

16.もしどの段階においても神の働きが常に同じで、神がいつも同じ名前で呼ばれるなら、人はどのように神を知るのだろうか。神はヤーウェと呼ばれなければならず、ヤーウェと呼ばれる神以外に、他の名前で呼ばれるものは神ではない。あるいは神はイエスとだけ呼ばれ、神がイエス以外の他の名で呼ばれることはない。イエス以外では、ヤーウェは神ではなく、全能神も神ではない。人は神が全能であると信じているが、神は人とともにいる神である。神は人とともにいるから、イエスと呼ばれなければならない。こうすることは教義に従い、神をある範囲に束縛することである。神がそれぞれの時代に行なう働き、神が呼ばれる名前、神が持つ姿、今日までの神の働きのそれぞれの段階などは、ひとつの規律に従うことはないし、いかなる束縛にさらされることもない。神はヤーウェであり、しかしイエスでもあり、メシヤ、全能神でもある。神の働きは徐々に変わることができ、それにあわせて神の名にも変化がある。どのひとつの名も神を完全に表すことはできず、神が呼ばれるすべての名が神を表すことができ、神がそれぞれの時代に行なう働きが神の性質を表している。

17.終わりの日が訪れるとき、あなたが見上げる神は依然としてイエスであり、神は白い雲にのって来て、依然としてイエスの姿をしており、その話す言葉はイエスの言葉のままで、次のように言ったとしよう。「隣人をあなたがた自身のように愛すべきであり、断食して祈るべきであり、自分のいのちを大事にするように敵をも愛し、他の人に寛容であり、忍耐強く、謙虚であるべきである。これらすべてを実行しなければならない。そうしてはじめて、あなたがたはわたしの弟子となることができる。」もしあなたがたがこれらすべてを実行するなら、あなたがたはわたしの国に入ることができる。これは恵みの時代の働きではないのであろうか。恵みの時代にはこのように語られたのではないのか。これらの言葉を聞いてどう感じるのであろうか。これはまだイエスの働きだと思わないであろうか。それはイエスの働きの重複ではないであろうか。それは人を喜ばせるであろうか。神の働きは今のままで留まり、これ以上進歩しないと感じているかもしれない。神にはそれほどの偉大な力しかなく、すべき新しい働きはなく、神は限界に達した、と。二千年前は恵みの時代であり、二千年後、神は依然として恵みの時代の道を説き、依然として人々に悔い改めさせている。人々は「神様、あなたはそれほどの偉大な力しかお持ちでありません。私は神様がとても知恵のあるお方であることを信じていました。でもあなたは寛容と忍耐しかご存知でなく、敵を愛す方法しかご存知でなく、他には何もありません」と言うかもしれない。人の心の中では、神は永遠に恵みの時代の神のままで、神はいつくしみ深く憐れみ深いと人はいつまでも信じている。あなたは神の働きは常に同じ古い場所で足踏みしていると思っているのか。神の働きのこの段階では、神は十字架につけられることはなく、あなたが見るもの触るもののすべてがあなたが想像し聞いてきたことと全く異なるであろう。

18.「神は私たちと共におられる」というイエスの名は神の性質の全体を表すことができるであろうか。それは神をはっきりと表現することができるであろうか。もし人が神はイエスとだけ呼ばれ、神はその性質を変えることができないので、他の名前を持つことはないと言うなら、そのような言葉は神への冒涜である。あなたがたは、「神は共におられる」というイエスの名が神の全体を表すことができると信じてるのだろうか。神は多くの名前で呼ばれることができるが、それらの多くの名前の中に、神がもっているすべてを要約できる名前はひとつとしてなく、神を完全に表すことができる名前はひとつもない。そして神は多くの名前を持っているが、これらの多くの名が神の性質を余すところ無く明確に表現することはできない。というのは神の性質はあまりにも豊かで、人の認識をはるかに越えているからである。……ひとつの特定の言葉あるいは名前では神のすべてを表すにはあまりにも不十分である。では神はひとつの決まった名前を持つことができるだろうか。神はあまりにも偉大で聖であるのに、なぜ神がそれぞれの新しい時代に名前を変えてはいけないのか。それだから、神が自ら働きを行なうそれぞれの時代に、神が行なう働きを要約するその時代に合った名前を用いるのである。神はその時代における神の性質を表すために、その時代の意義を反映する特定の名前を用いる。神は自身の性質を表現するために人間の言葉を用いる。……神がヤーウェ、イエス、メシヤと呼ばれない日がやって来るだろう――神はただ創造主と呼ばれるであろう。その時、神が地上で呼ばれたすべての名前は終わりを迎える。というのは神の地上での働きは終わり、その後神は名前を持たなくなるからである。すべての物が創造主の支配下に入るときに、何故神を適切ではあるが不完全な名前で呼ぶのか。今も神の名を求めているのか。未だに神はヤーウェとしか呼ばれないと敢えて言うのであろうか。未だに神はイエスとしか呼ばれないと敢えて言うのであろうか。神を冒涜する罪を負うことができるのか。神は本来どんな名前も持たなかったということを知るべきである。神にはするべき働きがあり、人類を経営しなければならなかったので、一、二の、あるいは多くの名前を持っただけであった。どのような名で呼ばれるにしても、それは神自身が自由に選んだのではないだろうか。神はそれを決めるのに被造物を必要とするだろうか。神が呼ばれる名前は人が理解できること、人の言葉にそったものであるが、その名前は人によって要約されることはできない。ただ天には神がいて、それは神と呼ばれ、それは偉大な力を持った神であり、あまりにも知恵があり、あまりにも崇められ、あまりにも素晴らしく、あまりにも神秘的で、あまりにも全能で、そしてそれ以上言うことはない。それがあなたが知っていることのすべてである。このように、イエスの名だけで神を表すことができるだろうか。終わりの日が来ると、神の働きは依然として神が行なうが、時代が異なるので神の名は変わらなければならない。

19.イエスがその働きをするために来たとき、それは聖霊の指示によるものであった。イエスは聖霊が望むことを行い、それは旧約聖書の律法の時代でも、ヤーウェの働きに従うものでもなかった。イエスが来て行なう働きはヤーウェの律法やヤーウェの戒めに従うことではなかったが、それらの源泉は同じであった。イエスが行った働きはイエスの名を表し、恵みの時代を代表した。ヤーウェによってなされた働きはヤーウェを表し、律法の時代を代表した。それらの働きはひとつの霊による二つの異なる時代における働きであった。イエスが行った働きは恵みの時代だけを代表することができ、ヤーウェが行った働きは旧約聖書の律法の時代だけを代表することができた。ヤーウェはイスラエルとエジプトの民を導き、そしてイスラエルを越えるあらゆる国々を導いただけであった。新約聖書の恵みの時代のイエスの働きは、イエスがその時代を導く中でのイエスの名による神の働きであった。もしもあなたがイエスの働きはヤーウェの働きに基づいていて、何も新しい働きは行なわれず、イエスがしたことは全てヤーウェの言葉に従い、ヤーウェの働きとイザヤの預言に従っていたと言うのならば、イエスは肉となった神ではなかったことになる。もしイエスがこのようにその働きをしていたなら、イエスは使徒のひとりかあるいは律法の時代の働き手であったのである。

20.もしもあなたの言う通りなら、イエスは新しい時代を開くことも、他の働きをすることもできなかったであろう。同じように、聖霊はおもにヤーウェを通してその働きをしなければならず、ヤーウェを通してでなければ、聖霊はどのような新しい働きもできなかったであろう。人がイエスの働きをこのように見ることは間違っている。もし人が、イエスの働きがヤーウェの言葉とイザヤの預言に従ってなされたと信じるなら、イエスは受肉した神であったであろうか、それとも預言者だったのであろうか。この見方によれば、恵みの時代はなく、イエスは神の受肉ではないということである。というのはイエスが行った働きは恵みの時代を表すことができず、旧約聖書の律法の時代だけを表すことができるからである。イエスが来て新しい働きをし、新しい時代をもたらし、イスラエルにおける以前の働きを打ち破り、もはやイスラエルにおけるヤーウェの業によって働くことも、ヤーウェの古い原則に従うこともなく、いかなる規則にも従わず、自身のすべき新しい働きをする――そうして初めて、新しい時代となる。

21.神自身が時代を始めるために来て、神自身が時代を終えるために来る。人は時代を始めたり、時代を終えたりする働きをすることはできない。もしイエスがヤーウェの働きの終局をもたらさなかったなら、それはイエスはただの人であり、神を表していなかったということを証明する。イエスは来てヤーウェの働きを終え、自身の働きを始めることによりヤーウェの働きからイエスの働き、つまり新しい働きに継続したからこそ、それは新しい時代で、イエスは神自身であったことが証明される。イエスとヤーウェははっきり異なった二つの段階の働きをしたのである。一つの段階は神殿内でなされ、もうひとつは神殿外でなされた。一つの段階は律法に従って人の生活を先導することで、もうひとつは罪のためのいけにえを捧げることであった。これら二つの段階の働きは間違いなく異なっていた。これは新しい時代と古い時代の分かれ目であり、それらは二つの時代であると言うことに間違いはない。それらの働きの場所は異なり、それらの働きの内容も異なり、働きの目的も異なっていた。そのため、それらは二つの時代に区分することができる。新約聖書と旧約聖書で、すなわち、新しい時代と古い時代である。……それらは二つの違った名前で呼ばれたが、二つの段階の働きはひとつの霊によって行なわれ、第二の働きは第一の働きの続きであった。名前が違い、働きの内容も違っていたように、時代も違った。ヤーウェが来たときは、それはヤーウェの時代で、イエスが来たときは、それはイエスの時代であった。だから神が来るときはそのたびに神はひとつの名で呼ばれ、神はひとつの時代を表し、新しい道を開く。それぞれの新しい道で神は新しい名前を持ち、それは神は常に新しく、決して古くないということと、神の働きは常に前進していることを示すのである。歴史は常に前進しており、神の働きは常に前進している。神の六千年の経営計画が終わりに達するためには、前進し続けなければならない。毎日、神は新しい働きを行なわなければならず、毎年、神は新しい働きを行なわなければならない。神は新しい道を開き、新しい時代を始め、新しくさらに偉大な働きを始め、そして新しい名前と新しい働きをもたらさなければならない。

22.もし、人が想像するように、イエスがまだイエスと呼ばれて終わりの日に依然として白い雲に乗ってイエスの姿のままで人のもとに降りて来るなら、それはイエスの働きの反復ではないであろうか。聖霊は古いものにしがみつくであろうか。人が信じているものはすべて観念であって、人が受け入れているものは全て文字通りの意味や、また人の想像力に沿ったものである。それは聖霊の働きの原則とは一致せず、神の意図に沿っていない。神はそうはしないであろう。神はそれほどばかでも愚かでもなく、神の働きはあなたが想像するほど簡単ではない。人が行い想像すること全てによると、イエスは雲に乗ってあなたがたのもとに降りて来られることになっている。あなたがたはイエスを見上げ、雲に乗ったイエスは、自分がイエスであることを告げる。あなたがたはイエスの手にある釘の跡を見て、その人がイエスであることが分かる。そして、イエスは再びあなたがたを救い、あなたがたの偉大なる神となる。イエスはあなたがたを救い、あなたがたに新しい名前を授け、あなたがたひとりひとりに白い石を与える。その後、あなたがたは天の国に入ることを許され、パラダイスに受け入れられる。このような考えは人の観念ではないのか。神は人の観念に沿って働くのか、それとも神は人の観念に逆らって働くのか。人の観念はすべてサタンから来ているのではないのか。すべての人間はサタンによって堕落させられたのではなかったのか。もし神が人の観念に沿ってその働きをしたのなら、神はサタンになるのではないだろうか。神は被造物と同じということではないだろうか。被造物はサタンによってあまりに酷く堕落させられ、人はサタンの化身になったので、もし神がサタンのもつものに沿って働いたなら、神はサタンと仲間ということになるのではないであろうか。人はどのように神の働きを理解するのであろうか。だから、神は人の観念に沿っては働かず、人が想像するようにも働かない。神自身が雲に乗って来ると言ったという人たちがいる。神自身がそう言ったのは本当であるが、神の奥義は人間には理解できないことをあなたがたは知っているのだろうか。神の言葉は人間には説明できないということをあなたがたは知っているのだろうか。あなたは聖霊の啓示を受け、聖霊の光に照らされたとでも確信しているのか。聖霊があなたにそのように直接的に示したのであろうか。これらは聖霊の指示であるのか、それともあなた自身の観念なのか。彼らは「これは神自身によって言われた」と言った。しかし私たちは神の言葉を測るために、自分たちの観念や思考を用いることはできない。イザヤの言葉に関しては、あなたには自信満々にイザヤの言葉を説明することができるのか。敢えてイザヤの言葉を説明しようというのか。イザヤの言葉を敢えて説明しようとしないのに、何故イエスの言葉を敢えて説明しようとするのか。イエスかイザヤか、どちらがより崇められているのか。答えがイエスであるのに、なぜイエスの語った言葉を説明するのか。神はその働きを前もってあなたに告げるであろうか。被造物の誰も、天の使者たちさえも、人の子でさえも知らないのに、あなたがいかに知ることができるのか。人はあまりにも欠けが多い。あなたがたにとって今最も重要なのは、三段階の働きを知ることである。

23.ヤーウェの働きからイエスの働きまで、イエスの働きからこの現在の段階の働きまで、これら三段階は神の経営の全幅を覆うもので、そしてすべてひとつの霊による働きである。神が世界を創造した時から、神は常に人類を経営して来た。神は初めであり終わりであり、最初であり最後であり、時代を始められる存在で、また時代を終わらせられる存在である。違った時代、違った場所における三段階の働きは確かにひとつの霊によって行なわれる。これら三段階を切り離す者たちはすべて神に反抗している。今、第一段階から今日に至るまでのすべての働きはひとつの神の働きであり、ひとつの霊の働きであり、それに関して疑いの余地はないということを理解しなければならない。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する