1.救われることとは、完全な救いを得ることとは何か。

参考聖書箇所

信じてバプテスマを受ける者は救われる。しかし、不信仰の者は罪に定められる。」(マルコによる福音書 16:16)

これは、罪のゆるしを得させるようにと、多くの人のために流すわたしの契約の血である。」(マタイによる福音書 26:28)

わたしにむかって『主よ、主よ』と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが父の御旨を行う者だけが、はいるのである。」(マタイによる福音書 7:21)

関連する神の言葉

当時、イエスの働きは人類すべての贖いであった。イエスを信じるすべての人の罪は赦された。イエスを信じているならば、イエスはあなたを贖う。イエスを信じたなら、もはや罪人ではなく、罪から解放されたのである。これが救われるということで、信仰によって義とされるということである。しかし、信じている人たちの中には反抗的で、神に逆うものが残っており、それはやはりゆっくり取り除かれなければならなかった。救われることは人が完全にイエスのものとなったことを意味したのではなく、その人はもう罪の中にはおらず、罪が赦されたことを意味した。信じるならば、もう罪の中にはいないということである。

『言葉は肉において現れる』の「神の働きのビジョン(2)」より

人類は主イエスを救い主として受け入れるだけで罪が赦されるようになった。名目上は、人間の罪はもはや救いを得て神の前に出る妨げとはならず、サタンが人間を責める手立てではなくなったということである。それは、神自身が実際的な働きをし、罪深い肉の形を取り経験し、罪のための捧げ物となったからである。こうして、神の肉、罪深い肉の形をとった神のおかげで人間は贖われ、救われて、十字架から降りた。

『言葉は肉において現れる』の「神の経営の中でのみ人は救われる」より

人の肉はサタンに属しており、不従順な性質に満ちており、嘆かわしいほど汚れており、不純なものである。人々は肉の喜びを過度に切望し、肉の現れは多過ぎ、そのため神は肉をある程度嫌っている。人々が、汚れて、堕落したサタンのものを置き去りにする時、神の救いを得る。しかし、彼らが汚れや堕落を投げ捨てることができないままでいるなら、相変わらずサタンの支配下にとどまるだろう。人々の狡猾さ、不正直さ、ねじれた心はサタンのものである。あなたを救うことによって、神はあなたをこれらのものから切り離す。神の働きは間違っていることはなく、すべては人々を闇から救うためである。あなたがある程度信じていて、肉体の堕落を脱ぎ捨てることができ、もはやこの堕落の束縛を受けない時、あなたは救われているのではないだろうか。サタンの支配下で暮らしている時、あなたは神を現わすことはできず、あなたは不潔で、神から与えられるものを受け取ることはない。いったん清められて、完全にされると、あなたは聖くなり、正常になり、神の祝福を受け、神に喜ばれる者となるだろう。

『言葉は肉において現れる』の「実践(2)」より

自らの本分を尽くしながら神を満足させることができ、言動において原則をしっかりともち、真理のあらゆる側面の現実に入ることができるなら、その人は神により完全にされる人間です。神の働きと御言葉は、そのような人にとって完全に有効であり、神の御言葉はその人のいのちとなり、その人は真理を得て、神の御言葉に沿って生きることができる、と言うことができます。その後、その人の肉体の本性、つまり、根源的存在の基礎そのものが、震えてばらばらになり崩壊します。神の御言葉を自らのいのちとして有するようになると、人は新しい人となります。神の御言葉が人のいのちとなり、神の働きのビジョン、人類への神の要求、人への神による暴露、神が人に達することを要求する真のいのちのための基準が人のいのちとなり、これらの御言葉と真理に従って生きるならば、人は神の御言葉によって完全にされます。そのような人は生まれ変わり、神の御言葉をとおして新しい人となったのです。

『キリストの言葉の記録』の「ペテロの道を歩むには」より

彼らが救われることを願うのであれば、そして完全に神のものとされることを願うのであれば、神に従う全ての人は誘惑とサタンからの大小の攻撃に直面しなければならない。このような誘惑や攻撃から抜け出た者が、サタンに完全勝利することができる。このような者が、神に救われた者である。つまり、神により救われている者は神からの試練を経験したものであり、サタンの誘惑と攻撃を何度も受けたことのある者である。神により救われている者は神の心と要求を理解でき、ひたすら神の支配と采配に従い、サタンの誘惑のただ中にあっても、神を畏れ悪を避ける道から逸れることがない。神により救われている者は正直であり、心優しく、愛と憎しみを区別し、義と理性を知っており、神を配慮し神の全てを大切にする。そのような人々はサタンに束縛されておらず、監視されておらず、非難されたり虐待されたりしていない。完全に解放されており、全く自由である。…

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 2」より

現在の真理は、真理を切望し、求める者たちに与えられている。この救いは、神により救われることを切望する者たちに授けられており、あなた方が得るためだけのものではなく、あなた方が神によって得られるためでもある。神によって得られるために、あなた方は神を得るのだ。今日、わたしはあなた方にこの話をし、あなた方はそれを聞いたので、あなた方はこの言葉に従って実践すべきである。最終的に、あなた方がこれらの言葉を実践する時こそ、わたしがこの言葉によりあなた方を得る時である。それと同時に、あなた方はこれらの言葉を得る、すなわち、あなた方はこの至高の救いを得るであろう。あなた方が清められる時こそ、あなた方は真の人間となるであろう。

『言葉は肉において現れる』の「ペテロの経験──刑罰と裁きに関するペテロの認識」より

人生観や、生存の意義と基盤がすっかり変わり、骨の髄まで変化して別人になる日が来るまで人が経験するならば、それは驚くべきことではないですか。まさに驚天動地の巨大な変化です。この世の名声、富、地位、金銭、悦楽、贅沢に無関心になり、それらをわけなく捨て去ることができるようになって初めて、人間らしさを得ます。最後に完全にされるのはこのような人たちです。彼らは真理のため、神のため、そして正しいことのために生きます。それが真の人間らしさです。

神の説教より

前へ: 3. 恵みの時代における教会生活と神の国の時代における教会生活の違いは何か

次へ: 2. 救われることと完全な救いを得ることの本質的な違いは何か

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

クリスチャン映画「福音の使者」 抜粋シーン(1)主イエスは、十字架の上で「すべてが終った」と言われたとき、何を意味されたのでしょうか?

宗教界の多くの人々はこう考える、「主イエスが十字架の上で『すべてが終った』と仰せられたということは、人類を救う神の働きは終わった証拠だ。我々は主を信じるだけで、罪を赦され、信仰によって義とされ、恵みによって救われる。主が来られれば、我々を天の御国に引き上げてくださる。更なる救いの働きなどなさるはずが…

キリスト教映画「待ち焦がれて」抜粋シーン(3)主がお見えになった時、誰が真っ先に引き上げられるのでしょう

主の信者の多くは、犠牲を払い努力して奉仕に励めば、一番先に引き上げられると考えています。しかしそれは主の御言葉にあることですか?主イエスは言われました。「しかし、多くの先の者はあとになり、あとの者は先になるであろう。」(マタイによる福音書 19:30)「わたしの羊はわたしの声に聞き従う。」(ヨハネに…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索