聖書 学ぶ

8件の関連メディア

聖書について(4)

聖書を理解して解釈できることは、真の道を見つけるのと同じことだと多くの人が信じている。しかし、物事は本当にそれほど単純だろうか。聖書の実情を知る人はいない。つまり、聖書は神の働きに関する歴史的記録に過ぎず、神による以前の二段階の働きについての証しであること、また聖書は神の働きの目的について何も教えていないことを、誰も知らないのである。聖書を読んだことがある人はみな、そこには律法の時代と恵みの時代における二段階の神の働きが記録されているこ…

2017年11月27日

神様への信仰を築くには

神様が私たちクリスチャンひとり一人に求めていらっしゃるのは、本物の信仰を自分のものにすることです。では本物の信仰とは何でしょうか。あなたには本物の信仰がありますか。

2019年8月29日

ぶどう園の労働者のたとえ:主の御心は何ですか

マタイによる福音書20章にあるぶどう園の労働者のたとえについて、主が言われた「夜が明けるとぶどう園に行く人でも、十二時ごろと三時ごろぶどう園に入る人でも、また五時ごろにぶどう園に入る人でも、賃金は同じです。」という言葉の主の御心は何でしょうか。

2019年8月19日

質問8.この2千年間、宗教界は聖書は神様の御言葉、神様の霊感を受けて書かれたと言ってきました。つまり、聖書は主を代弁すると、聖書が神様からの霊感で書かれ、御言葉であることを、否定する者は間違いなく宗教界から、異端視されるでしょう。ですから、聖書に忠実なことは決して間違いはないんです。

聖書に収録された書簡や、使徒たちの経験や証言は、すべて誰が書いたものなのか、分かっています。聖書を記したのは、さまざまな時代の人々です。その人たちの経験や証言を、なぜ神の御言葉だと?

2019年4月2日

主イエスが復活後に人々の前に現れた意味の2つの側面

私たちは十字架につけられた主イエスが三日後に復活し、40日間弟子たちに現れたことを知っています。しかしあなたは主イエスの復活の背後にある主の御心が何かを知っているのか。また人類に対する神様のどのような愛と救いが含まれているのか。

2019年2月25日

復活祭とは何ですか。復活祭の意味は何ですか

復活祭とは、復活の主日とも呼ばれ、主イエスが十字架につけられた三日後に起こった主の復活を祝う祭日です。私たちキリスト教徒はイエスの復活を記念しますが、それでは、すでに贖いの働きを終えられたのになぜ主は死人の中から蘇って人の前に出現されたのかを私たちは知っているでしょうか。そして、主の復活と人の前での出現の背後にはどのような意味があるのでしょうか。

2019年2月25日