全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

聖書について(4)

多くの人は、聖書を理解することと解釈できることは、真の道を探すのと同じことだと信じている。しかし、実際、物事はそんなに単純だろうか。聖書の実際は誰も知らない。つまり、聖書は単なる神の働きについての歴史的記録であること、神の以前の二段階の働きについての証しであること、神の働きの目的については何も教えていないことである。聖書を読んだことのある人はみな、そこには律法の時代と恵みの時代の二つの段階での神の働きが記録されていることを知っている。旧… 全文を読む

聖書に預言したイエスの再来は二つの方法がある

私たちはみな主の再来は雲に乗って降臨すると思っているが、あなたは知っているか。聖書の中にはまた主の再来は秘かに、降臨すると多く預言しています 全文を読む

神様への信仰を築くには

神様が私たちクリスチャンひとり一人に求めていらっしゃるのは、本物の信仰を自分のものにすることです。では本物の信仰とは何でしょうか。あなたには本物の信仰がありますか。 全文を読む

ぶどう園の労働者のたとえ:主の御心は何ですか

マタイによる福音書20章にあるぶどう園の労働者のたとえについて、主が言われた「夜が明けるとぶどう園に行く人でも、十二時ごろと三時ごろぶどう園に入る人でも、また五時ごろにぶどう園に入る人でも、賃金は同じです。」という言葉の主の御心は何でしょうか。 全文を読む

ゴスペル キリスト教映画「呪縛を解く」抜粋シーン(4)聖書を信仰することと、主を信仰することは同じことなのか

ゴスペル キリスト教映画「呪縛を解く」抜粋シーン(4)聖書を信仰することと、主を信仰することは同じことなのか

ゴスペル キリスト教映画「呪縛を解く」抜粋シーン(4)聖書を信仰することと、主を信仰することは同じことなのか 宗教界の牧師や長老たちの多くは、聖書は主を代弁し、主を信じることは聖書を信じることだと考えています。聖書から離れる者は、信者とは言えず、聖書にしがみついている限り救われ、天国に行くことができるのだと信じています。本当に聖書は主を代弁することができるのでしょうか?聖書と主とは一体どのような関係にあるのでしょうか?主イエスは言われました。「あなたがたは、聖書の中に永遠の命があると思って調べているが、この聖書は、わたしについてあかしをするも… 全文を読む

なぜ主イエスは天国の鍵をペテロに与えたか

神様は義なる方で、間違えたことはなさらないのに、なぜ主イエス様は天国の鍵をペテロに与えたのだろう。そこにどんな奥義が隠されているんだろう。 全文を読む

主イエスが復活後に人々の前に現れた意味の2つの側面

私たちは十字架につけられた主イエスが三日後に復活し、40日間弟子たちに現れたことを知っています。しかしあなたは主イエスの復活の背後にある主の御心が何かを知っているのか。また人類に対する神様のどのような愛と救いが含まれているのか。 全文を読む

,

聖書に関する映画「私の主は誰か」抜粋シーン(4)神様と聖書の関係とは|日本語

聖書に関する映画「私の主は誰か」抜粋シーン(4)神様と聖書の関係とは|日本語

聖書に関する映画「私の主は誰か」抜粋シーン(4)神様と聖書の関係とは|日本語 2000年もの間、わたし達は聖書を通して神様を信じ、多くが「聖書は神様を代弁し、神様を信じることは聖書を信じることで、聖書を信じることは神様を信じることだ」と信じてきました。こうした思想は正しいのでしょうか?神様を信じるということは実は何を意味するのでしょうか?聖書を信じるということは実は何を意味するのでしょうか?聖書と神様の間にある関係とは何でしょうか?聖書への盲目的な信仰と崇拝は、神様を信じ崇拝することを意味するのでしょうか?このビデオがその答えを明らかにしてく… 全文を読む

キリスト教映画「美しき声」抜粋シーン(3)聖書以外に神の言葉や働きは存在しないのか

キリスト教映画「美しき声」抜粋シーン(3)聖書以外に神の言葉や働きは存在しないのか

キリスト教映画「美しき声」抜粋シーン(3)聖書以外に神の言葉や働きは存在しないのか 神の言葉や働きはすべて聖書に記されており、それ以外には存在しないので、探す必要もないと、宗教界のほとんどの人が信じているが、このような考えを持ってなお、主の再臨を迎え入れることができるであろうか?主の語られる御言葉は聖書だけに限定されているのか?「イエスのなさったことは、このほかにまだ数多くある。もしいちいち書きつけるならば、世界もその書かれた文書を収めきれないであろうと思う。」(ヨハネによる福音書21:25)と、聖書にはある。神様は言われる。「聖書に記録され… 全文を読む

復活祭とは何ですか。復活祭の意味は何ですか

復活祭とは、復活の主日とも呼ばれ、主イエスが十字架につけられた三日後に起こった主の復活を祝う祭日です。私たちキリスト教徒はイエスの復活を記念しますが、それでは、すでに贖いの働きを終えられたのになぜ主は死人の中から蘇って人の前に出現されたのかを私たちは知っているでしょうか。そして、主の復活と人の前での出現の背後にはどのような意味があるのでしょうか。 全文を読む

,

クリスチャン映画「天国への危険な道」抜粋シーン(2) 受肉による神の再臨について、聖書にはその根拠があるのか

クリスチャン映画「天国への危険な道」抜粋シーン(2) 受肉による神の再臨について、聖書にはその根拠があるのか

クリスチャン映画「天国への危険な道」抜粋シーン(2) 受肉による神の再臨について、聖書にはその根拠があるのか 主の再臨を歓迎する人の多くは、聖書にある「神は雲に乗って降りてこられ、再臨される」という預言のみに重点を置き、主は肉において再臨なされるという預言を蔑ろにしています。彼らは、神が肉体をもって再臨されるという証はすべて偽りであると断言していますが、はたして彼らの見解と行いは聖書と合致しているでしょうか。受肉による主の再臨に関して、聖書では具体的にどのように預言されているのでしょうか。 おすすめ動画 キリスト教映画「美しき声」抜粋シーン… 全文を読む

ゴスペル キリスト教映画「呪縛を解く」抜粋シーン(3)神の言葉は聖書から離れたところに存在するのか

ゴスペル キリスト教映画「呪縛を解く」抜粋シーン(3)神の言葉は聖書から離れたところに存在するのか

ゴスペル キリスト教映画「呪縛を解く」抜粋シーン(3)神の言葉は聖書から離れたところに存在するのか 教会には、神の言葉や働きは全て聖書の中にあり、神のいかなる言葉も働きも、聖書の外には存在しないと信じている人もいます。こうした見方は真理と一致するのでしょうか?聖書にはこうあります。「イエスのなさったことは、このほかにまだ数多くある。もしいちいち書きつけるならば、世界もその書かれた文書を収めきれないであろうと思う。」(ヨハネによる福音書 21:25)全能神は言われます。「神であるもの、神がもつものは永遠に無尽蔵であり、無限であるということである… 全文を読む