全能神教会 アプリ

神の声を聞き主イエスの再臨を喜んで迎えなさい!

真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

神の救い:神は、彼女が夫の裏切りの苦しみから抜け出すように導く

夫の裏切りは彼女に生きていく希望を失わせ、絶望の中で神の救いが彼女に臨み、御言葉を読むことで彼女は夫の裏切りの苦しみから抜け出して新たな人生を得られた。無料で閲読して、あなたに本当の物語をもたらし、婚姻関係の変化の苦しみから抜け出す道を見つけることができます。 全文を読む

,

クリスチャン映画「天国への危険な道」 神の救い|完全な映画|日本語吹き替え

クリスチャン映画「天国への危険な道」 神の救い|完全な映画|日本語吹き替え

クリスチャン映画「天国への危険な道」 神の救い|完全な映画|日本語吹き替え  キリスト教徒であるジョン・シンは、中国本土の家庭教会の伝道師です。彼は兄弟姉妹を導いて真の道を調べ、全能神が主イエスの再来だと確信しました。ただ、中国共産党政権と宗教界が全能神教会に激しく抵抗し非難していることに困惑している者もいます。全能神の言葉を読み、全能神教会の証人の話しを聞くと、人類が神に反抗する根本的な原因を理解し、なぜ天国への道が苦難に満ちているのかがはっきりわかり、中国共産党の悪魔的な政権のと宗教界の指導者たちの、真理を憎み、神と対立する本質について… 全文を読む

堕落した人類には受肉の神の救いが必要である

御言葉讃美歌堕落した人類には受肉の神の救いが必要である神はサタンの霊や、肉でないものにではなく人に対し業を為すため肉となったそれはサタンが人の肉を堕落させたからだ神が救うのはまさに人なのだ死にゆく血肉に過ぎぬ人を神だけが救える最善の結果を得るためには肉と人の全てを神はまとうべきだ神は肉となるべきだ人が罪に克てぬ肉だから神は肉となるべきだそれは人が肉の束縛から逃れられないからサタンは人の肉を堕落させ 欺き 害を与えるそして神が肉となる… 全文を読む

神の御名に関する新たな理解を得て、主の再臨をお迎えした

旧約聖書における神様の御名はヤーウェで、新約聖書においてはイエスです。黙示録には、神様は終わりの日に新たな御名を名乗られると記されています。神様が異なる御名を名乗られるのはなぜですか。神様の御名の意義は何ですか。 全文を読む

カトリック信者の証し-主の再臨をお迎えした

エイミー(アメリカ) 「主とお会いすることは、すべての信者の最大の望みです。主の恵みによって、私は主の再臨をお迎えし、主への感謝の気持ちでいっぱいです」。夜です。明るい月光が窓から部屋に注ぎ込んでいます。灯りの柔らかい光の下で、エイミーは自分が主の再臨をお迎えした体験談をすばやくキーボードを打ちながら書いています。神の彼女への愛と救いを思い、エイミーは立ち上がって静かに窓辺へ行き、満月を見つめながら過去を振り返ります。教会の荒廃、無力感… 全文を読む

,

キリスト教讃美歌「神の二つの受肉の意義」神の救い

キリスト教讃美歌「神の二つの受肉の意義」神の救い

1 律法の時代が終わり 神は恵みの時代に救いの業を始めた 最初の受肉はイエス・キリストの体を通して 人を罪から贖った 彼は人を十字架から救った 人のサタンに似た性質はなかなか消えない 終わりの日 人を清めるため神は裁く それが成し遂げられて初めて 神は救いの業を終え 安息の中に入る 2 神は人の間に住み 苦難を味わい神の言葉を人に授ける 人が触れられるのは神の受肉した体だけ 人は彼から救いを受け 全ての言葉と真理を悟る 第二の受肉は人を清めるのに十分で 全ての業と受肉の意味を完結する 肉による神の業は今終わる 神はもう受肉しない 神はもう受肉… 全文を読む

キリスト教家庭映画「わが子よ帰っておいで」インターネット依存症少年に対する主の救い

キリスト教家庭映画「わが子よ帰っておいで」インターネット依存症少年に対する主の救い

キリスト教家庭映画「わが子よ帰っておいで 」インターネット依存症少年に対する主の救い 李新光は高校生です。彼は、幼い頃から賢く行儀の良い男の子でした。両親も先生方も彼が大好きでした。中学生になると 新光はインターネットゲームにのめり込み、 インターネットカフェに行くため頻繁に授業を休むようになりました。両親は、息子がインターネット依存を断ち切られるようできる限りのことをしましたが、残念ながらそれはひどくなるばかりでした。 彼の魂は蝕まれ徐々に堕落していきました…。両親が途方に暮れていた時、神は人を救いインターネット依存を止めさせて悪魔の堕落か… 全文を読む

中共の嘘を見抜き、神の愛によって御前に引き戻される

全能神教会の兄弟姉妹はネット上の噂とまったく違う高潔な人たちなのに、なぜ中共は教会をこれほど猛烈に迫害し、手の込んだ手段で全能神教会に殺人事件の容疑をかけ、その信者を逮捕するのでしょう。一体どうなっているのでしょうか。 全文を読む

,

キリスト教映画「福と禍」 主イエスは私が幸せな人生を見つけるように導く 完全な映画のHD2018 日本語吹き替え

キリスト教映画「福と禍」 主イエスは私が幸せな人生を見つけるように導く 完全な映画のHD2018 日本語吹き替え

キリスト教映画「福と禍」 主イエスは私が幸せな人生を見つけるように導く 完全な映画のHD2018 日本語吹き替え 杜鵑は貧困家庭の出身だったので、小さな頃から大金を稼いでもっと良い暮らしをしようと心に決めていました。この目標のために、学校を中退して手作業の仕事に就きました。お金を稼ぐためにできることは何でもやり、仕事がきつくて疲れても、不平不満は漏らしませんでした。しかし、お金持ちになりたいう希望はかなわず、どんなに一生懸命働いても、思い通りには行きませんでした。大金を稼ぐことを夢見て、2008年に彼女は夫と一緒に日本に向かいました。数年後、… 全文を読む

,

人生の意味とは。ある漫画家の体験の答え

沈(シェン)爱(アイ)(台湾)ある日、ニュースを見ていると、台湾のある有名な漫画家がたった51歳で急死したことを知りました。その知らせを聞いた時の気持ちは複雑でした。彼は漫画業界では傑出した人で、数多くの優れた作品を生み出していました。多くの人の羨望と憧れの的で、富も名声もありました。そんなにあっさり亡くなるとは思いもしませんでした。「どんなに有名でも、どれだけの地位があっても、死んでしまったら何になるのだ」とため息をつかずにはいられま… 全文を読む

,

神の導きは私に噂を見破り、神の前に戻るようにさせる

William兄弟は真の道を考察する間、噂に惑わされ、神は彼が真理を求めることを導き、最終的に噂を見破り、真の道を確信し、主の再来を迎えることができるようになった。 全文を読む

,

真の幸福を見つけた

まさにサタンに呑み込まれようとしていた私を救ってくださった神に感謝いたします。私が神の御前に出てそのご加護を受けるのを、神は許してくださいました。さもなければ、私はこの社会の悪しき潮流によって破滅していたでしょう。 全文を読む

,

全能神が清めを得る道に私を導い

全能神の御言葉は本当に人を清めて変えることができるのです。受肉された神は私たちのあいだにおいでになり、直接御言葉を表わすことで私たちを裁いて清め、私たちが罪を捨てて完全に救っていただけるよう、私たちを導いてくださいます。私たちはこれほどまでに幸運なのです! 全文を読む

神の刑罰と裁きは人の救いの光

人が肉の中に生きることそれは地獄の中で生きることであり神の裁きと刑罰無くして人はサタンのようにけがれている神の刑罰と裁きは人にとって最高の守りであり最も素晴らしい恵みである人が目覚めて肉とサタンを憎むことが出来るのは神の刑罰と裁きの他に方法はない人は神の鍛錬でサタンの影響や狭い世界から解放され神の光の中で生きることが出来る刑罰や裁きよりも優れた救いは無い人生において清められ性質の変化を実現することや有意義な人生を行動で示し被造物としての… 全文を読む

キリスト教映画「私の家はどこに」クリスチャン 真実と感動物語 ! 日本語吹き替え 完全な映画のHD2018

キリスト教映画「私の家はどこに」クリスチャン 真実と感動物語 ! 日本語吹き替え 完全な映画のHD2018

キリスト教映画「私の家はどこに」クリスチャン 真実と感動物語 ! 日本語吹き替え 完全な映画のHD2018 文雅の両親は彼女が2歳の時に離婚し、その後は父親と義母と一緒に暮らしていました。義母は文雅に我慢ができず、いつも彼女の父親と口論していました。父親にはどうすることもできず、文雅の母親の家に文雅を連れて行くしかありませんでした。しかし母親は文雅を世話する時間が全くなかったので、よく親戚や友人の家へ預けました。長年にわたる里親との生活のあと、小さい文雅は孤独で無力感を感じ、家の暖かさというものにあこがれていました。父と義理の母が離婚したため… 全文を読む

,

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打破することそしてサタンの支配から人を救うこと神の知恵と全能を現しサタンの堕落を暴き創られたものに善悪を教えること万物の支配者は神であると知りサタンは人の敵であり… 全文を読む

神の救いを経験した

このとき、神様の救いはまさに真実であることが分かりました。神様の愛は偽りや空虚さとは無縁であり、真実にして現実なのです。しかし、私は神様の働きと救いが見えていませんでした。 全文を読む

自分の本分を尽くした私は神の多大なる御救いを受けました

紅偉(北京)2012年8月15日2012年7月21日、豪雨が降り始めました。あの日、私は偶然にも尽くすべき本分がありました。そうして集会が終了した後、私は雨が少し弱まったのを確認してから自転車に乗って急いで家路につきました。私は公路に乗った時、山から雨水が滝のように勢いよく流れ落ちてきており、道路は飛び跳ねる雨水で覆われ地面がはっきりと見えなくなっていることに気が付きました。この光景を見て少し怖くなった私は、心の中で絶えず。「神様!どう… 全文を読む