新時代の戒め

神の働きを経験する中で、あなたがたは神の言葉をじっくり読み、真理を備えなければならない。しかし、あなたがたが何をしたいのか、どのようにそれをしたいのかについて言えば、あなたがたの熱心な祈りや嘆願は不要であり、実のところそれらは無用である。しかし現在、あなたがたがまさに今直面している問題は、神の働きをどう経験すべきかわからず、かなりの消極性を自分の中に抱えているということである。あなたがたは数多くの教義を知っているが、現実はさほどない。それは間違っているしるしではないのか。あなたがた一団には、多くの間違いが見て取れる。今日、あなたがたは「効力者」といった試練に達することはできないし、神の言葉に関連するその他の試練や精錬を想像することも、達成することもできない。あなたがたは実践すべき多くのことを固く守らなければならない。つまり、人々は自分の為すべき多くの本分を固守しなければならないということである。これが、人々が守りまた実行すべきことである。聖霊によって為されるべきことは、聖霊にまかせなさい。そこには人間の介入する余地はない。人間は人間によって為されるべきことを固守すべきであり、そこに聖霊との関係はない。これが正に人の為すべきことであり、それは旧約の時代に律法を守るのとちょうど同じように、戒めとして守るべきなのである。今は律法の時代ではないが、律法の時代の言葉と同一の多くの言葉がやはり存在し、それらを守らなければならない。そして、それらの言葉は、ただ聖霊によって感動させられることに頼ることで実行されるのではなく、それらは人が守るべき事である。例えば、実際の神の働きを裁いてはならない。神によって証しされている者に反抗してはならない。神の前では、自分の立場をわきまえ、放蕩であってはならない。あなたは口を慎み、自分の言葉と行動が神によって証しされている者の采配に従うものでなければならない。あなたは神の証しを敬い畏れなければならない。神の働きと神の口から出る言葉を無視してはならない。神の言葉の口調と目的を真似てはならない。外から見て、神が証しする者に明らかに逆らうことは一切してはならない。そしてその他のことも。これらは各人が守るべき事である。神は各時代に律法に似ており、人間が守らなければならない多くの規則を定める。これを通して、神は人の性質を拘束し、人の誠実さを見極めるのである。旧約聖書の時代の言葉「あなたの父と母を敬え」を例にしてみなさい。この言葉は今日では適用されない。当時、これらの言葉は、単に人の外面的な性質をいくぶん拘束していただけであり、人間の神への信仰の誠実さを示すために使われ、それは神を信じる者の印であった。今は神の国の時代であるが、人が守らなければならない規則はまだ多くある。過去の規則は適用できないため、現在は人が実行するのにより適切な実践がたくさんあり、それらは不可欠である。それらは聖霊の働きとは関係なく、人によって為されなければならない。

恵みの時代に、律法の時代の実践の多くは、当時の働きにおいて特に効果がなかったため廃止された。それらが廃止された後に、当時に適する多くの実践が定められ、その多くが今日の規則にもなっている。今日の神が到来した時、これらの規則は除去されて、守る必要がなくなり、今日の働きに適する多くの実践が定められた。今日これらの実践は規則ではなく、成果を得るためのものであり、今日に適している。──おそらくそれらは将来、規則になるであろう。要するに、あなたは今日の働きのために実を結ぶものを守るべきなのである。明日の事は気にしなくても良い。今日のことは今日のために為されるのである。もしかしたら将来、あなたが行うのにもっと良い実践があるのかもしれない。──しかし、あまりそれには注意を払わずに、神に背かないよう今日守るべきことを守りなさい。今日人が守るべきことにおいて、次のことよりも重要なことはない。目の前にいる神を騙したり、神から何かを隠したりしようと試みてはならない。あなたの前にいる神の前で、みだらなことや傲慢なことを言ってはならない。神の信頼を得ようとして、あなたの目の前の神を上手い言葉やたくみな話で欺いてはならない。神の前で不遜なふるまいをしてはならない。あなたは神の口から出る全ての言葉に従うべきであり、それに対し抵抗したり、逆らったり、反論してはならない。神の口から出る言葉を自分勝手に解釈してはならない。あなたの舌を戒めなければならない。悪い者の偽りの計略に陥らないよう、あなたは口を慎むべきである。神があなたのために定めた境界線を超えないよう、あなたの歩みに注意しなければならない。そんなことをすればあなたは、神の観点から、自惚れた大げさな言葉を話すことになり、その結果神に忌み嫌われる。神の口から出た言葉をむやみに広めてはならない。でなければ他人があなたをあざけり悪魔が嘲笑するだろう。今日の神の働きの全てに従わなければならない。たとえそれが理解できなくても、それを裁いてはならない。あなたにできることは、ひたすら探求し、交わりを持つことだけである。誰も神の本来の地位を超えてはならない。あなたにできるのは、人間としての立場から、今日の神に奉仕することだけである。人間としての立場から今日の神を教えてはならない──そうすることは道に外れたことである。誰も神によって証しされている者の地位に立ってはならない。あなたがたの言葉、行動、最奥の思いにおいて、人間としての立場に立ちなさい。これは守るべきことであり、人間の責任であり、変更することは誰にも許されず、そうすることは神の行政命令に背くことである。これは全ての人が覚えておくべきことである。

神が長い間、話し、声を発してきたため、人は神の言葉を読んで暗記することを第一の勤めと見なすようになった。誰も実践することに注意を向けず、また守るべきことさえ実践しないので、あなたがたの奉仕に多くの困難と問題が生じている。もし神の言葉を実践する前に、あなたが守るべきことを守らなければ、あなたは神に忌み嫌われ捨てられる者のひとりである。これらの実践を固守する際、あなたは真剣かつ誠実であるべきだ。それらを束縛と思わず、戒めとして守るべきである。どのような成果を挙げるべきかということは、今は考えずとも良い。要するに、これが聖霊の働く様であり、誰であれそれに背く者は懲罰されなければならない。聖霊に感情はなく、あなたが現在どれほど理解しているかということは考慮しない。もしあなたが今日神に背けば、聖霊はあなたを懲罰するだろう。もし聖霊の「管轄内」で背けば、聖霊はあなたを容赦しない。聖霊は、あなたがどれほど真剣にイエスの言葉を守っているかに気を留めることはない。もしあなたが神の今日の戒めを破るなら、神はあなたを罰し、死の罪に定めるであろう。あなたがそれらを守らないことなど許されるだろうか。あなたは守らなければならない──たとえそれが多少の痛みを受けることを意味しても。いかなる宗教、各界、国々、あるいは教派であろうと、将来はこれらの実践に皆、従わなければならない。誰もそれを免れることはなく、ひとりとして容赦されない。それは、これらの実践は今日聖霊が為すことで、誰もそれに背いてはならないからである。それらは大きな事ではないが、復活して天に昇ったイエスによって人のために定められた戒めであって、各人がそれを行なわなければならない。「道…(7)」に、イエスの定義によれば、あなたを義とするか罪とするかは、あなたの今日の神に対する態度によると記されていないだろうか。誰もこの点を見逃してはならない。律法の時代、パリサイ人たちは先祖代々神を信仰してきたが、恵みの時代が到来したとき、イエスを知らず、イエスに反抗した。したがって、彼らが行ったことは全て無駄になり、神はそれを受け入れなかった。もしあなたがこのことを見抜けるなら、あなたは容易に罪を犯さないだろう。おそらく多くの人たちが自分を神と比較してきただろうが、神に逆らうとき、どんな味がするのだろうか。それは苦いのだろうか、甘いのだろうか。あなたは、このことを心得るべきである──知らないふりをしてはならない。おそらく心の中では未だに納得していない人たちもいるだろうが、試してみるようあなたに勧める──どんな味がするのか試してみなさい。そうすることで、多くの人々がいつも疑わないで済むのである。多くの人たちが神の言葉を読みながらも、心の中では神に逆らっている。そのように神に逆らった後、あなたはナイフで胸がえぐられるように感じないだろうか。それが家庭での不和でないとしても、それは身体の不調、または息子や娘たちに関する悩みではないだろうか。たとえあなたの肉体が死を免れたとしても、神の手から逃がれることはできない。あなたはそれをそれほど単純なことだと思っているのか。特にこれは、神に近い多くの者たちが注意すべきことである。あなたは、時が経つにつれてこのことを忘れ、気付かないうちに誘惑に陥り、全てのことに無頓着になり、そしてそれは、あなたが罪を犯すきっかけになるだろう。これは些細なことだと、あなたには思えるだろうか。もしこのことをうまくできれば、あなたは完全にされる機会を得る──神の前で、神の口から助言を受けるために。もしあなたが不注意なら、あなたは問題にぶつかるだろう──あなたは神に対し不遜になり、あなたの言葉と行動がはだらしなくなり、遅かれ早かれ強風と巨大な波にさらわれるであろう。あなたがたは一人ひとり、これらの戒めを心に留めるべきである。もしそれらに違反するならば、神によって証しされている者は、あなたを罪に定めないかもしれないが、神の霊はあなたへの取り扱いを終えていないし、神の霊はあなたを容赦しない。あなたは、自分が神に背いた結果を背負えるのか。そういうわけで、神が何を言おうが、あなたは神の言葉を実践し、あらゆる手段を尽くして忠実にそれらを守らなければならない。これは決して容易なことではない。

前へ: 現実をどのように知るか

次へ: 千年神の国は訪れた

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神への信仰において、あなたは神に従うべきだ

どうして神を信じるのか。ほとんどの人はこの質問に戸惑う。そのような人は実際の神と天の神について、常に二つのまったく異なる観点をもっている。そのことは、彼らが神を信じるのは神に従うためではなく、何らかの恩恵を被るため、あるいは災難がもたらす苦しみから逃れるためであることを示している…

ペテロの経験──刑罰と裁きに関するペテロの認識

ペテロが神により罰せられた時、ペテロは祈って言った。「神よ、私の肉は不従順で、あなたは私を罰し、裁かれます。私はあなたの刑罰と裁きの中で喜び、たとえあなたが私を求められなくとも、私はあなたの裁きの中に、あなたの聖なる義のご性質を目の当たりにします。あなたの裁きの中に他の人たちがあ…

完全にされた人々への約束

神はどのような道をたどって人を完全にするのだろうか。どのような側面を含んでいるだろうか。あなたは神があなたを完全にするのを喜んで受け入れるだろうか。神の裁きや刑罰を喜んで受け入れるだろうか。このような問いについてあなたは何を知っているだろうか。もしあなたがこう言った知識について語…

神を愛することだけが本当に神を信じることである

今日、神を愛し、知ろうとする時、ある一面においてあなた方は困難と精錬に耐えなければならず、別の面においては、代償を払わなければならない。神を愛することから学ぶ教訓ほど深い教訓はなく、人が生涯にわたる信仰から学ぶ教訓は、いかに神を愛するかであると言える。つまり、神を信じるなら、神を…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索