26.どのようにして人は聖霊の働きを得られるか。

関連する神の言葉

聖霊の働きは日毎に変化し、段階毎に高まっている。明日の啓示は今日よりも高く、段階が進むにつれてさらに高まる。これが神が人間を完全にする働きである。人がこれに付いて行けないのであれば、いつでも取り残されうる。人間が従順な心でいなければ、最後まで従うことはできない。これまでの時代は過ぎ去った。今は新しい時代である。新しい時代には新しい働きがされなければならない。とりわけ、人間が完全にされる最後の時代になると、神はそれまでになく素早く新しい働きをする。それゆえ、人が従順な心を持たないならば、神の足跡を辿ることを困難と感じる。神はいかなる規則に従うこともなく、自身のどの働きの段階をも不変のものとして扱うことはない。むしろ、神の為す働きは常に新しく、常に高みへと登り続ける。神の働きは段階を追うごとに益々実践的になり、益々人間の実際の必要に則したものとなる。人間はこのような働きを経験して初めて、最終的な性質の変化を遂げることができる。人のいのちに対する認識はますます高まり、同様に、神の働きも益々高みへと上る。このようにしてのみ、人は完全にされ、神に用いられるに相応しい者となることができる。神はこのように働いて人間の観念に反論し、覆す一方で、人を高みへ、そしてより現実的な状態、神への信仰の最高の領域へ導き、その結果、最終的に神の旨が成就するのである。故意に反抗する不従順な本質を持つ者は、神が即座に、すさまじい勢いを持って働くこの段階から置いて行かれる。進んで従い、喜んで身を低くする者だけが、道を最後まで進むことができる。このような働きにおいては、あなたがたはみな、どのように従い、自分の観念をどのように脇に置くかを学ぶべきである。進む一歩一歩において注意深くあるべきである。不注意であるならば、間違いなく聖霊に拒絶されるような、神の働きを妨害する者となる。……神の働きは時代ごとに異なるのである。もしあなたが、ある局面では立派に従うが、次の局面になるとそれ程従わないか全く従わないというのであれば、神はあなたを見捨てるだろう。今の段階を神が上がっていくにつれ神に付いて行っているのであれば、次の段階でも神に付いて行かなければならない。そうして初めて、あなたは聖霊に従順な者となる。あなたは神を信じているのだから、絶えず従順でなければならない。従いたい時にだけ従い、従いたくない時は従わないということではいけない。そのような従い方は神に認められない。わたしが語る新しい働きに付いて来ることができず、昔聞いたことに固執するのであれば、どうしてあなたのいのちが進歩できるだろうか。神の働きというのは、神の言葉を通してあなたに施すことなのだ。あなたが神の言葉に従って受け入れるのであれば、聖霊があなたの中で間違いなく働くのである。聖霊はわたしが語る通りに働く。わたしの言う通りを行いなさい。そうすれば聖霊はすぐにあなたの中で働く。わたしはあなたがたのために新たな光を放ち、あなたがたがその光を見て現在の光へ来るようにする。あなたがこの光の中へ入っていく時、聖霊はあなたの中で直ちに働く。

『言葉は肉において現れる』の「真心で神に従う者は確かに神のものとされる」より引用

目下のところ、聖霊が歩む道とは、神の現在の言葉である。このように、聖霊の道に足を踏み入れるのであれば、その人は受肉した神の現在の言葉に従い、それを飲み食いしなければならない。受肉した神が行なう働きは言葉の働きであり、あらゆることが受肉した神の言葉から始まり、すべては受肉した神の言葉の上、その現在の言葉の上に築かれる。受肉した神について確信することであれ、あるいは受肉した神を知ることであれ、その一つひとつが受肉した神の言葉により多くの努力を注ぐことを求めている。さもなければ、人は何一つ成し遂げることができず、その人には何も残らない。神の言葉を飲み食いすることを基礎とし、それによって神を知り、神を満足させるようになることでのみ、人は徐々に神との正常な関係を築くことができる。人にとって、神の言葉を飲み食いし、それを実践すること以上に、神とのよりよい協力は存在しない。このような実践を通じ、人々は神の民の証しにおいてもっともよく立つことができる。神の現在の言葉の本質を理解し、それに従えるとき、その人は聖霊によって導かれる道を生きており、神が人を完全にする正しい軌道に乗っている。

『言葉は肉において現れる』の「性質が変化した人とは神の言葉の現実に入った人である」より引用

神が人間に要求する最小限のことは、人間が心を神に開くことができることである。人が神に真の心を捧げ、心の中にある本音を告げるならば、神はその人において働くことをよしとする。神が望むのは人の曲がった心ではなく、純粋で正直な心である。人が神に心から話さないならば、神はその人の心を動かすことも、その人において働くこともない。

『言葉は肉において現れる』の「祈りの実践について」より引用

人間が神を信じ、愛し、そして満足させる方法というのは、自分の心で神の霊に触れ、それによって神の満足を獲得すること、そして自分の心で神の言葉に接し、神の霊に感動することである。正常な霊的生活を実現させ、神との正常な関係を築きたいと願うなら、まずは自分の心を神に捧げなければならない。神の前で心を静め、その心を残らず神に注いで初めて、徐々に正常な霊的生活を送れるようになる。人々が神への信仰の中で、自分の心を神に捧げず、心を神の中に置かず、神の重荷を自分自身のものとして扱わなければ、何をしようとそれは神を欺く行為、宗教人によく見られる行為となり、神の称賛を受けることができない。神はそのような人から何も得ることができず、その種の人は神の家の装飾品のように、場所を取るだけで何の役にも立たず、神の働きの引き立て役以外に使い道がない。神はそのような者を用いない。そのような人の中では、聖霊が働きを行なう機会がないだけでなく、その人には完全にされる価値すらない。こうした類の人間は、実のところ生ける屍なのだ。このような者たちには聖霊によって用いられることのできる要素が一切なく、逆に、彼らのすべてがサタンによって占有され、深く堕落させられている。神はこうした人々を一掃することになる。現在、聖霊は人々を用いるにあたり、彼らの望ましい部分を活用して物事を成し遂げるだけでなく、同時に彼らの望ましくない部分を完全にし、変化させている。神に心を注ぎ、神の前で心を静めていられるなら、あなたは聖霊に用いられ、聖霊の啓きと照らしを受ける機会と資格を得ることになり、そしてそれ以上に、聖霊に自分の欠点を補ってもらえる機会を得ることになる。神に心を捧げると、肯定的な面では、より深い入りを成し遂げ、より高次の洞察を得ることができる。否定的な面では、自らの過ちや欠点が一層よくわかり、神の旨を満たすことを一層熱心に求めるようになり、受動的になることがなく、積極的に入るようになる。そうしてあなたは正しい人間になるのだ。

『言葉は肉において現れる』の「神との正常な関係を築くことは極めて重要である」より引用

聖霊はこの原則によって働く。人々の協調を通して、人々が積極的に祈り、探求して神に近づくことで成果が達成し、聖霊による啓発を受け、光に照らされる。聖霊が一方的に行動する、あるいは人が一方的に行動するということはない。両者の行動が必要不可欠である。人々が聖霊と協力すればするほど、そして、神の要求する基準に達することを求めれば求めるほど、聖霊の働きは大きくなる。聖霊の働きに人々の真の協力が伴ってのみ、神の言葉の本当の経験と実質的な認識が生まれる。このような経験を通して徐々に、完全にされた人が最終的に生み出される。神は超自然的なことは行わない。人は、神が全能で、全てのことが神によってなされるという観念を持っている。その結果、人々は消極的に待ち、神の言葉を読んだり、祈ったりせず、聖霊に触れられることを待っているだけである。しかし正しい理解を持っている人々は次のように信じている。「神の行いはわたしが協力する範囲にのみに及び、わたしの中における神の働きの効果は、わたしがどう神と協力するかにかかっている。神が語られるときには、わたしは神の言葉を求め、神の言葉に向かって突き進むために、あらゆる努力をすべきだ。これがわたしの達成すべきことだ」。

『言葉は肉において現れる』の「現実をどのように知るか」より引用

経験からわかることだが、最も重要な課題の一つは神の前で心を静めることであり、それは人々の霊的生活といのちの成長に関する課題である。神の前で心が静まっている場合にのみ、真理の追求と性質の変化の追求は実を結ぶ。なぜなら、あなたは重荷を背負って神の前に出て、自分には至らない点が数多くあり、知るべき真理や経験すべき現実が多くあって、神の旨にすべての注意を集中させねばならないと常に感じており、そのことが絶えずあなたの心を占めているからである。あたかもそうしたことに圧迫され、その力たるや息もできないほどなので、あなたは心が重くなっている(しかし、消極的な状態にあるのではない)。このような人たちだけが、神の言葉による啓示を受け、神の霊に感動する資格をもつ。彼らはその重荷のゆえに、また心の重さゆえに、そしてまた神の前で払った代価と受けた苦しみのゆえに、神の啓きと照らしを受けることができる。神は誰も特別扱いしないからである。神は人々を常に公平に扱うが、同時に人々に対して恣意的に、または無条件に与えることもしない。これは神の義なる性質の一面である。実生活においては、ほとんどの人がいまだこの領域に達していない。少なくとも、人々の心はまだ完全には神のほうを向いておらず、それゆえ人々のいのちの性質にはまだそれほど大きな変化が生じていないのだ。それは人々が神の恵みの中に生きているだけで、まだ聖霊の働きを得てはいないからである。人々が神に用いられるために満たさねばならない条件は、心が神に向いていること、神の言葉の重荷を負っていること、渇望する心をもっていること、そして真理を求める決意があることである。そのような人だけが、聖霊の働きを得て、頻繁に啓きと照らしを得ることができる。

『言葉は肉において現れる』の「神との正常な関係を築くことは極めて重要である」より引用

聖霊が人の中で働きを行なうにあたっては、一つだけ条件がある。人は渇望して求め、神の行ないに対して気持ち半分になることも、疑念を抱くこともなく、いかなるときも自分の本分を守れなければならない。そうすることでのみ、人は聖霊の働きを得ることができる。神の働きの各段階において、人間に要求されているのは、途方もなく大きな確信と、神の前に出て求めることであり、経験を通じてでなければ、神がいかに愛すべき存在であるか、聖霊が人においていかに働きを行なうかを理解することはできない。あなたが経験せず、模索せず、求めることもなかったとしたら、あなたが得るものはないだろう。あなたは経験を通じて模索する必要があり、自分の経験によってでなければ、神の業を理解し、神の不思議と計り知れなさを認識することはできないのである。

『言葉は肉において現れる』の「あなたは神への忠誠を保たなければならない」より引用

神による人間の完全化には法則があり、それは、あなたの望ましい部分を用いて神はあなたを啓くということである。これは、あなたが実践の道を得てあらゆる消極的な状態と訣別できるようにするためであり、あなたの霊が解放され、あなたが神をさらに愛すことができるようにである。こうすることにより、あなたはサタンの堕落した性質を払拭できる。あなたは純朴で素直であり、自分を知って真理を実践することを望んでいる。神は必ずやあなたを祝福するので、あなたが弱く消極的な時、神はあなたを二倍啓き、あなたがさらに自分を知り、自分のために悔い改めることをさらに望むようになり、実践すべきことを実践できるようになるように助ける。あなたの心が落ち着き安らかになるには、この方法によるほかない。神を知ること、自らを知ること、自らの実践に普段より注意する人は、神の働き、また神による導きや啓きを頻繁に授かることができる。そのような人は消極的な状態にあっても、良心の働きか、あるいは神の言葉による啓きにより、すぐに状況を好転させることができる。

『言葉は肉において現れる』の「実践に集中する者だけが完全にされることができる」より引用

神は、神の言葉を追い求め、それを貴ぶ者たちの中で働きを行なう。あなたが神の言葉を貴べば貴ぶほど、神の霊はますますあなたの中で働く。人が神の言葉を貴べば貴ぶほど、その人が神によって完全にされる確率も高くなる。神は、真に神を愛する者たち、心が神の前で安らいでいる者たちを完全にする。神のすべての働きを貴び、神の啓示を貴び、神の臨在を貴び、神の気遣いと加護を貴び、神の言葉が自分の現実となり、自分のいのちに糧を施すことを貴ぶのは、いずれも神の心に最もかなうことである。あなたが神の働きを貴ぶなら、つまり、神があなたに対して行なったすべての働きを貴ぶなら、神はあなたを祝福し、あなたが所有するすべてのものを何倍にも増やすだろう。

『言葉は肉において現れる』の「神は自身の心にかなう者を完全にする」より引用

説教と交わりの参考箇所

聖霊はキリストの御言葉にしたがって、また人によるキリストの受容とキリストへの服従にしたがって働きをなさいます。人はキリストを受け入れてキリストに服従することでのみ、聖霊の働きを受けることができます。キリストに抵抗したり反抗したりするなら、聖霊の働きを有することはありません。神様への信仰が救いをもたらせるかどうかは、人が真にキリストを受け入れ服従できるかどうかによって決まります。聖霊の働きはひとえに人によるキリストの受容とキリストへの服従にもとづいています。恵みの時代において、聖霊の働きは人々による主イエスの受容、主イエスへの服従、主イエスへの崇拝にしたがって実行されました。神の国の時代において、聖霊の働きは人々による全能神の受容、全能神への服従、全能神への崇拝にしたがって実行されます。終わりの日において、聖霊は神様の御言葉の現実に信者を導き入れ、救いと完全に到達させるべく、全能神の御言葉にしたがって働きをなさいます。これが聖霊の働きの基礎にして原則です。多くの宗教指導者がキリストに抵抗したこと、またはキリストを断罪したことへの懲罰として命を落としてきました。多くの宗教的な人が終わりの日のキリストを受け入れるのを拒んだために、聖霊の働きを失って闇に転落してきました。神様の家では、キリストに関する自分の観念にこだわったせいで、多くの人のいのちがしおれ、去って行きました。そしてさらに多くの人が、キリストを信じず神様の霊しか信じなかったせいで、聖霊の働きによってふるいにかけられてきました。これらはすべてキリストを受け入れず、キリストに服従しない人々によって引き起こされます。信者に聖霊の働きがあるかどうかは、ひとえにその人のキリストへの態度によって決まります。天にいます神様しか信じず、キリストに服従しないなら、その人は決して聖霊の働きを受け取りません。現在、各地の教会には、神様の霊だけを信じてキリストを信じず、ゆえに聖霊の働きを失っている人がまだ数多くいます。キリストの御言葉を信じるだけでキリストに服従せず、ゆえに神様に嫌悪されている人も数多くいます。したがって、キリストを受け入れてキリストに服従することは、聖霊の働きを受け取る上で極めて重要なことなのです。キリストを受け入れてキリストに服従することでのみ、人は救いを得て完全にされます。ゆえに、各時代における聖霊の働きにはその基礎と原則があることがわかります。数多くの人がいまだにキリストに服従することの重要性を認識していません。聖霊はひとえにキリストの御言葉にしたがって働きをなさいます。キリストの御言葉を受け入れられず、神様の御言葉に関する観念を抱き抵抗し続けるなら、絶対に聖霊の働きを受け取ることはできません。多くの人は全能神の御名において祈るだけで、キリストの働きに服従せず、キリストの御言葉を完全には受け入れていません。このような人は反キリストであり、絶対に聖霊の働きを受けることはできません。

兄弟の交わりより引用

聖霊の働きとはおもに、人が神の御言葉に入り、真理を理解するように導くことです。神の御言葉に入ることにはどのような側面があるでしょうか。神の御言葉に入るとは、神の仰せられたある特定の文章を読んで、それについて少し考え、わずかに理解することではありません。それは神の御言葉に入ることと同等ではありません。そうではないのです。最も重要なことは、経験を通して神の御言葉に入ることです。この「経験」には、多岐にわたる経験が含まれます。人の経験は単なる一側面の経験ではなく、多面的なものです。本分を尽くすことは神の御言葉を経験することです。真理を実践することも、神の御言葉を経験することになります。特に、さまざまな試練と精錬を経験することは、さらに神の御言葉を経験することです。神の御言葉を経験する限り、その背景や状況に関係なく、聖霊の働きを得ることができます。たとえば、試練に遭遇したとき、私たちは神に祈り、神の御心を把握しようとします。その結果、聖霊に啓かれることで、神の御心を理解することができます。それが神の御言葉へ入ることに関わるためです……また、本分を尽くす過程で、そして日常生活の経験の中で、どのような状況であっても、神に祈り、真理を求め、神の御心を把握しようとする限り、私たちは聖霊の働きを得ることができます。なぜなら、私たちは聖霊の導きによって神の御言葉と真理に入るからです。この側面に関して経験が豊富な人もいます。その人たちはどのような状況に遭遇し、どんな種類の人と出会っても神に祈り、神が自分を啓いて導き、知恵と知性を与えてくださるように願います。神の働きを絶えずこのように経験するとき、人は神の御言葉の多くを理解します。自分がどのように行動するべきかを知り、それを具体的な実践に生かします。これが神の御言葉に入る道です。

『いのちに入ることに関する交わりと説教』より引用

前へ: 25.聖霊の働きとは何か。聖霊の働きはどのように現れるか。

次へ: 27.悪霊の働きとは何か。悪霊の働きはどのように現れるか。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索