1. 中国共産党政府が全能神と全能神教会を激しく抑圧し、迫害するのはなぜか

参考聖書箇所:

「この時代は邪悪な時代である」(ルカによる福音書 11:29)

「全世界は悪しき者の配下にあること」(ヨハネの第一の手紙 5:19)

「そのさばきというのは、光がこの世にきたのに、人々はそのおこないが悪いために、光よりもやみの方を愛したことである。悪を行っている者はみな光を憎む。そして、そのおこないが明るみに出されるのを恐れて、光にこようとはしない」(ヨハネによる福音書 3:19-20)

「この巨大な龍、すなわち、悪魔とか、サタンとか呼ばれ、全世界を惑わす年を経たへびは」(ヨハネの黙示録 12:9)

関連する神の言葉:

赤い大きな竜の現れは、わたしへの抵抗、わたしの言葉の意味に対する理解力の欠如、わたしへの頻繁な迫害、そして策略を用いてわたしの経営を邪魔しようとすることである。サタンの現れは、権力をめぐってわたしと闘い、わたしの選民を操ろうとし、否定的な言葉を発してわたしの民を欺くことだ。悪魔(わたしの名前を受け入れない者、信じない者はみな悪魔である)の現れは、肉の快楽を渇望し、邪悪な欲望に耽り、サタンの束縛の中で生きることであり、中にはわたしに抵抗する者もわたしを支持する者もいる(それでもわたしの愛する子らだとは証明されない)。大天使の現れは、横柄に話すこと、神を畏れないこと、しばしばわたしの口調を真似て人々に説教すること、外見的にわたしを真似ることにばかり集中すること、わたしが食べるものを食べわたしが用いるものを用いることなどである。それは一言で言えば、わたしと同等になろうとすることであり、野心的ではあるがわたしの資質に欠けわたしのいのちも持っておらず、ごみ同然だということだ。サタン、悪魔、そして大天使はすべて赤い大きな竜の典型的な現れなので、わたしが予め定めて選び出していない者は、みな赤い大きな竜の子孫である。それは間違いないことなのだ。それらはすべてわたしの敵である。(しかし、サタンの妨害は除外される。もしあなたの本性がわたしの資質であれば、誰もそれを変えることはできない。あなたは今も肉の中で生きているので、時折サタンの誘惑に直面するだろう――それは避けられない――しかし常に気を付けていなければならない。)それゆえわたしは長子たちを除く、赤い大きな竜の子孫をみな捨て去る。彼らの本性は決して変わることがなく、それはサタンの性質なのだ。彼らが現すものは悪魔であり、彼らが生きるものは大天使である。これは間違いなく真実だ。わたしが言う赤い大きな竜とは、単なる一匹の大きな赤い竜ではない。それはわたしに敵対する悪霊であり、「赤い大きな竜」というのはその同義語なのだ。したがって聖霊以外のすべての霊は悪霊であり、また赤い大きな竜の子孫とも言えるのだ。このことはすべての者がこの上なく明確に理解していなければならない。

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第九十六章」より引用

数千年にわたり、この地は不浄の地であった。耐えがたいほど汚れ、悲惨に溢れている。至る所に幽霊がはびこり、欺し偽り、根拠のない言いがかりをつけ[1]、冷酷かつ残忍であり、この幽霊の街を踏みつけて屍だらけにした。腐った屍の悪臭が地を覆い空気に充満し、そこは厳重に守られている[2]。誰が空の彼方の世界を見ることができようか。悪魔は人間の身体全体をがんじがらめにし、両眼を見えなくし、両唇を堅く封じる。魔王は数千年前から現在にいたるまで猛威を振るい、幽霊の街を堅固に警備しており、それはあたかも難攻不落の悪魔の城のようである。一方、警護に当たる番犬の群れが睨んでいる。番犬は神による不意討ちで完全に滅ぼされるのを深く怖れるあまり、平和と幸福の余地はない。このような幽霊の街の住民が神を見たなどということが、どうしてありえるだろうか。住民は神の優しさや愛しさを享受したことがあるのか。人間世界の物事をどのように認識しているのか。そのうちの誰が神の切なる望みを理解できるのか。肉にある神が完全に隠れたままであっても、不思議ではない。悪魔が残忍非道をはたらく暗黒社会において、眉一つ動かさずに人々を殺す魔王が、愛しく優しく聖い神の存在をどうして容認できようか。どうして魔王が神の到来に喜び喝采を送ることができようか。卑屈な者ども。彼らは恩を仇で返し、神を侮って久しく、神を虐待し、残忍を極め、神を少しも敬うことなく、強奪や略奪を行い、良心を完全に失い、良心にすっかり逆らい、純真な人々を誘惑し無分別な状態に陥れる。遠い昔の祖先とは何なのか。愛すべき指導者とは。彼らは皆、神に反抗している。その干渉により、地にある者すべてが闇と混沌に陥れられている。宗教の自由だと。市民の正当な権利と利益だと。そのようなものはどれも罪を隠蔽する手口である。誰が神の働きを受け入れたというのか。誰が神の働きのために命を捧げ、血を流したというのか。親から子へ、何世代にもわたって、奴隷とされた人間はごく平然として神を奴隷にした。これがどうして怒りを買わずにいられようか。数千年におよぶ憎しみが心に凝縮し、数千年におよぶ罪深さが心に刻み込まれている。これがどうして憎悪感を喚起せずにいられようか。神の仇を討ち、神の敵を掃討せよ。敵が二度と蔓延ることを許してはならない。敵が意のままに災難を起こすことを許してはならない。今がその時である。人は随分前からあるだけの力を蓄え、努力の限りを尽くし、あらゆる犠牲を払ってきた。それは、この悪魔の忌まわしい顔をはぎ取り、盲目にされた人々、あらゆる苦しみと困難に耐えてきた人々が痛みから立ち上がり、この邪悪な古い悪魔に背を向けることができるようにするためである。なぜ、神の働きに対してそのような難攻不落の障害を建てるのか。なぜ神の民を欺くために様々な謀りを用いるのか。真の自由と正当な権利と利益はどこにあるのか。公平さはどこにあるのか。安らぎはどこにあるのか。温もりはどこにあるのか。なぜ偽りに満ちた謀りを用いて神の民を欺すのか。なぜ力ずくで神が来るのを抑制するのか。なぜ神が創った地の上を神に自由に移動させないのか。なぜ神が枕するところもなくなるまで神を追うのか。人間の温もりはどこにあるのか。人間の歓迎はどこにあるのか。なぜそれほどまで絶望的な思慕を神に引き起こすのか。なぜ神に何度も叫ばせるのか。なぜ神にその愛する子について憂わせるのか。この暗黒社会において、なぜ哀れな番犬は神自らが創った世界を神に自由に行き来させないのか。

『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(8)」より引用

古代文化の知識は、神の前からこっそりと人間を連れ去り、魔王とその末裔に引き渡した。四書五経[a]は、人間の思想と観念をもうひとつの反逆の時代へと導き、四書五経の編纂者を人間にさらに称賛させ、その結果、神について人間の持つ観念がさらに悪化した。人間の知らぬ間に、魔王は無情にも人間の心から神を排除し、勝利の歓喜とともに自ら人間の心を占領した。その時以来、人間は醜く邪悪な魂と魔王の顔にとりつかれた。神への憎しみが人間の胸を満たし、魔王の凶悪さが日に日に人間の中に広がってゆき、ついに人間は完全に食い尽くされた。人間にはもはやほんの少しの自由もなく、魔王の呪縛から逃れる術もなくなった。その場で囚われの身となり、魔王の前で降伏し、服従するしか手がなかった。はるか昔、人の心と霊がまだ幼かったとき、魔王はそこに無神論という腫瘍の種を植え、「科学技術を学び、四つの現代化を実現せよ。この世に神などいない」といった偽りを人間に教えた。それだけでなく、魔王は「わたしたちの勤勉な労働により素晴らしい国家を建てよう」と機会あるごとに叫び、あらゆる人に、幼少時代から国のために忠実に仕える訓練をするよう要求した。人間は無意識のうちに魔王の前へと導かれ、魔王は(人類全体を掌握している神のものである功績を)躊躇なくすべて自分のものと偽った。魔王には恥の感覚が一切なかった。さらに、魔王は厚かましくも神の選民を捕らえ自分の家に引きずり戻すと、ねずみのように卓上に飛び乗り、人間に自分を神として崇拝させた。何というならず者であろうか。魔王は、「この世に神はいない。風は自然の法則に沿った変化が原因である。雨は蒸気が低温で凝結して水滴となって地表に落ちる水分である。地震は地質学的変化に起因する地表の振動である。干ばつは太陽表面の原子核工学的障害により起こる大気の乾燥のせいである。これらは自然現象である。これらのどこに神の業があるというのか」などという衝撃的なことを叫ぶ。さらには、「人間は古代の類人猿から進化したもので、現在の世界は、はるか昔に始まった一連の原始社会から進化したものである。ある国家の栄枯盛衰は、その国民の手により決まる」などという、声にすべきではないことを叫ぶ者さえいる。魔王はその背後で、人間に自分を壁に掲げさせたり、机上に置かせたりして、敬意を払って捧げ物をするようにさせている。魔王は「神はいない」と唱えると同時に、自らを神とみなす。真の神を粗野に地の果ての外へと追いやりながら、神の地位に立ち、魔王として君臨する。何と途方もなく馬鹿げたことであろうか。魔王には骨の髄まで憎悪が起こる。神と魔王は宿敵であるようで、共存は不可能である。魔王は神の駆逐を謀り、法の及ばないところを自由にうろつく[3]。まさしく魔王である。どうして魔王の存在を容赦できようか。魔王は神の働きを阻止し、打ち砕いて台無しにする[4]まで休むことがなく、それはあたかも最後に魚が死ぬか網が破けるかするまで、神に反抗し続けたいかのようである。魔王は故意に神に反抗し、神に迫り続ける。魔王の忌まわしい顔は完全に仮面を剥がされて久しく、今や打ちのめされてあざができ[5]、窮状にあるが、それでも神への憎悪が衰えることはなく、あたかも神を一口に呑み込むまでは自分の心に鬱積した憎しみを解放することができないかのようである。こんな神の敵をどうして容赦できようか。魔王の根絶と完全な駆除をしなければ、人間の生涯の望みは実現できない。どうして魔王を意のままにさせておけるであろうか。人間が天日を知らず、行き詰まって愚鈍になるところまで魔王は人間を堕落させた。人間は正常な人間の理知を失った。わたしたちの存在のすべてを捧げて魔王を滅ぼし、焼き払い、将来への不安を残らず解消し、神の働きがこれまでになかった輝きにすぐに達せるようにしようではないか。この悪党どもは人間の世界に来て、それを大混乱に陥れた。悪党どもは全人類を断崖の縁へと追い詰め、そこから突き落とすことを密かに企んでいる。粉砕した死体をむさぼるつもりなのである。悪党どもは、愚かしくも大博打を打って[6]神の計画を阻止し、神と争うことを望んでいる。それは決して容易ではない。十字架が用意されたのは、結局のところ、最も憎むべき罪に咎められている魔王のためである。神はその十字架には属さない。神はすでに悪魔にくれてやるために十字架を脇へ投げている。神は早くから勝利しており、人類の罪のためにもはや悲しみを感じない。しかし神は全人類に救いを授ける。

『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(7)」より引用

上から下まで、最初から最後まで、サタンは神の働きを乱し、神に敵対する行動を取ってきた。「古代文化遺産」や貴重な「古代文化の知識」、「道教と儒教の教え」、儒教の五経と封建的儀式に関する話が、人間を陰府に連れて行った。現代的な先進科学技術も、高度先端産業、農業、商業もどこにも見当たらない。むしろ魔王は故意に神の働きを阻害し、それに反対し破壊するために、古代の「類人猿」が広めた封建時代の儀式をひたすら強調するだけである。魔王は現在に至るまで人間を苦しめ続けるだけでなく、人間を丸ごと飲み込む[7]ことさえ望んでいる。封建主義的な道徳倫理の教えや古代文化の知識の継承が、長年にわたって人類を蝕み、大小の悪魔へと変貌させた。神を喜んで受け入れ、神の降臨を歓迎するであろう者はほとんどいない。あらゆる人間の表情は殺気に満ち、至る所で殺気が感じられる。悪魔は神をこの地から排除しようとする。神を「抹消する」ために、刀剣を持って陣を組んでいる。悪魔のものであるこの地のあらゆるところで、「神はいない」と人間は絶えず教えられ、偶像が広まり、地上の空気には吐き気を催すような紙と香を燃やす臭いが漂い、あまりに強くて窒息するほどである。それは毒蛇がとぐろを巻く時に放つ汚泥の臭いのようであり、嘔吐せずにはいられない。それに加えて、悪魔の読経の声、陰府の遠い所から来るような声がかすかに聞こえ、震えずにはいられない。虹色の偶像がこの地のあらゆる所に置かれ、この地を官能の世界へと変える。一方、魔王はその卑劣な企みが成功したかのように、邪悪に笑い続ける。この間、人間はまったく何にも気付かず、感覚がなくなり、打ち倒されて頭を垂れるほどまでに自分がすでに悪魔に堕落させられていることに気付かない。悪魔は神に関する一切のものを一掃し、再び神を冒涜し暗殺したがっている。悪魔は神の働きを打ち壊し、妨害しようと決意した。どうして悪魔は神が同等の地位にあることを甘受できようか。どうして悪魔は、人間のあいだで行う地上での働きをもって、神が「邪魔する」のを許すことができようか。どうして悪魔は自分の醜悪な顔を神が暴くのを許すことができようか。どうして悪魔は自分の働きを神が妨害することを許せようか。どうして激しい怒りに包まれた悪魔が自分の地上の朝廷を神が支配することを甘受できようか。どうして悪魔が自ら敗北を認めることができようか。悪魔の醜悪な表情はそのまま露呈しており、それゆえ人間は笑うべきか泣くべきか分からなくなり、悪魔について語ることは極めて困難である。それが悪魔の本質ではなかろうか。醜い魂をもつ悪魔は、それでも自分が驚異的に美しいと信じている。この犯罪者集団が[8]! 悪魔は人間界に来て享楽にふけり、騒動を引き起こし、物事をかき乱す。そのせいで世界は移ろいやすく不安定な場所になり、人の心はろうばいと不安で一杯になっている。悪魔は人間をもてあそび、そのひどさたるや、人間の外見は非人間的な野獣のようになり、本来の聖者らしさの最後の名残りも失われた。さらに悪魔は、地上の支配権を握ることさえ望んでいる。悪魔が神の働きを妨害しているため、わずかな前進もままならない。また悪魔は銅と鋼の壁のように、人間を封じ込めている。極めて多くの罪を犯し、災難を引き起こしてきておきながら、悪魔はいまだに刑罰以外の何かを期待しているのか。悪魔と悪霊は地上を暴れ回り、神の心と丹精を込めた努力を封じ込めてきたため、浸透不可能になっている。何という大罪であろうか。どうして神が不安にならずにいられようか。どうして神が怒らずにいられようか。悪魔は神の働きに重篤な妨害や反対を引き起こしている。何と反逆的なことか。

『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(7)」より引用

サタンは人を騙すことで評判を確立します。サタンは正義の先導者的かつ模範的存在としての立場を確立することがよくあります。正義を守ると見せかけて、サタンは人間を傷つけ、その魂を食い物とし、人間を麻痺させ、騙し、扇動するためにあらゆる手段を講じます。サタンの目標は、サタンの邪悪な行いを人間に認めさせ、それに従わせること、サタンが神の権威と統治に反対するのに人間を参加させることです。しかし、人間がサタンの陰謀や策略、下劣な顔つきを見通し、サタンの踏み台にされ、騙され、奴隷として仕え、サタンと共に罰を受けて滅ぼされることを望まなくなると、サタンはそれまでの聖人づらを一変させ、仮面を破り捨て、真の邪悪で残忍で醜く野蛮な素顔を現します。サタンに従うことを拒み、その邪悪な勢力に反対する者すべてを皆殺しにすることほどサタンが好むことはありません。この段階で、サタンは信頼のおける紳士的姿を装うことはできず、羊の皮の下の醜い悪魔のような正体があらわになります。ひとたびサタンの陰謀が明るみに出て、その真の特徴が暴露されると、サタンは激怒して野蛮さを現します。その後、人間を傷つけ、食い物にするサタンの欲望は強くなるばかりです。これは、人間が真理に目覚めると、サタンは激怒し、捕らわれの身から解き放たれて自由と光を得ようとする人間に強い復讐の念をもつようになるからです。サタンの怒りはその邪悪さを正当化し保護するためであり、それはまたサタンの野蛮な性質を真に暴露しています。

万事においてサタンの振る舞いはその邪悪な本性をさらしています。サタンが人間を惑わせて自分に従わせようとする初期の取り組みから、邪悪な行ないに人間を引きずり込むサタンによる人間の搾取、サタンの真の姿が暴かれ、人間がそれに気づきサタンを見捨てた後のサタンの復讐の念まで、サタンが人間に行なうあらゆる邪悪な行ないのうち、サタンの邪悪な本質が露わにならないものも、サタンが肯定的な物事と無関係で、あらゆる邪悪なものの根源であることを証明しないものもありません。サタンの行動はすべてサタンの邪悪さを守り、サタンの邪悪な行ないを継続させ、正しく肯定的な物事に反し、人類の普通の存在の法則や秩序を破綻させます。サタンのこのような行ないは神への敵意であり、神の怒りに滅ぼされます。サタンにはサタンの怒りがあるものの、それはサタンの邪悪な本性を発散させる手段でしかありません。サタンが憤慨し、激怒する理由は、そのおぞましい陰謀が暴露され、策略がうまく行かず、神の代わりとして君臨するというサタンの向こう見ずな野心と欲望が打ち砕かれ、阻止され、全人類を支配するという目標が今や無となり、永遠に達成の見込みがなくなったからです。

『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 2」より引用

脚注

1.「根拠のない言いがかりをつけ」とは、悪魔が人間を害する方法を指す。

2.「厳重に守られている」とは、悪魔が人間を害する方法が特に残忍であり、人間を強く支配するので、人間には動き回る余地がないことを指す。

3.「法の及ばないところを自由にうろつく」とは、悪魔が狂ったように暴れ回ることを指す。

4.「台無しにする」とは、悪魔の凶暴なふるまいがいかに見るに耐えがたいことであるかを指す。

5.「打ちのめされてあざができ」は魔王の醜い顔について述べている。

6.「大博打を打って」は、最後に勝つことを期待して一つのことに全財産を賭けることで、悪魔の陰険で邪悪な謀りの喩えとして、嘲笑的に用いられている。

7.「飲み込む」とは、人間のすべてを奪い尽くす魔王の凶暴な行動を指す。

8.「犯罪者集団」は「ごろつきの群れ」の同義語である。

a. 四書五経は中国における儒教の権威的な書籍である。

前へ: 5. 宗教界のパリサイ人や反キリストによる惑わしと支配に服従することの結末。彼らは神によって救われ得るのか

次へ: 2. 宗教界が常にキリストを否定、拒絶、断罪してきたのはなぜか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

1. 救われるとは何か。完全な救いを得るとは何か

人類は主イエスを救い主として受け入れるだけで罪が赦されるようになった。名目上は、人間の罪はもはや救いを得て神の前に出る妨げとはならず、サタンが人間を責める手立てではなくなったということである。

2.なぜ神は人々を裁き、罰しなければならないのか。

関連する神の言葉 イエスは人間のあいだでたくさんの働きをしたが、全人類の贖いを完了して人の贖罪のためのささげものとなるだけだった。人から堕落した性質のすべてを取り除くことはなかったのである。サタンの影響から完全に人を救うためには、イエスが贖罪のささげものとして人の罪を引き受けるこ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索