「神が人を懲罰する日が迫っている」ゴスペル音楽 日本語字幕

「神が人を懲罰する日が迫っている」ゴスペル音楽 日本語字幕

361 |2020年4月23日

多くの人は自分が甚だしい過ちを犯したので

心が落ち着かず

またたった一つの善行すらしてこなかったので

自分を恥じている

しかし、自分の罪を恥ずかしいとは全く思わず

ますます悪くなる者も多く

まだ完全に暴露されていない

自分の醜い顔の覆いを完全に引き剥がし

神の性質を試そうとする

神は誰かの行動を気にすることも

注意深く見ることもない

むしろ、情報収集であれ

地上を動き回ることであれ

関心のあることを行なうことであれ

神はするべき働きをする

大切な時には

一秒も遅れることも早まることもなく

落ち着いて迅速に当初の計画通りに

人間のもとで働きを進める

しかし、神の働きの各過程で

捨て去られる人もいる

神は彼らがへつらうようなやり方や

見せかけの卑屈さを嫌悪するからである

神が忌み嫌う者は

意図的であろうがなかろうが確実に捨てられる

つまり、神が嫌悪する全ての者が

神のもとから遠く離れていることを望んでいる

言うまでもなく

神の家に留まっている邪悪な者を

見逃すことはない

人が懲罰を受ける日が近いので

卑劣な魂を全て神の家から

急いで追い出そうとは思わない

なぜなら、神には神の計画があるからである

『小羊従って新しい歌を歌おう』より

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル