クリスチャン映画「成長」

2021年8月25日

リャン・シンチンはクリスチャンで、夫と娘と幸せな生活を送っています。しかし中国共産党が狂ったように信者を迫害・逮捕したせいで、シンチンの夫は彼女の信仰を妨害し始めます、シンチンが刑務所行きになれば昇進のチャンスがなくなると心配したのです。夫に暴力を振るわれ、離婚を言い渡されてもなお、神に付き従うというリャン・シンチンの決意は揺らぎません。離婚直後、共産党がクリスチャンを逮捕すべく新たな大規模作戦を始め、リャン・シンチンは地元からの逃走を余儀なくされます。警察とその配下の「赤腕章」たちは娘を繰り返し尋問して脅し、彼女の所在を問い詰めます。絶え間ない恐怖と不安の中で暮らすうち、娘はリンパ腫を発症してしまい、これを知ったリャン・シンチンは絶望の底に沈みます。彼女はこの苦難、この試練を切り抜けるべく、どのように神に祈り、神にすがったのでしょうか? そこから彼女が学んだこととは? 『成長』をご覧になってその答えを見つけてください。

さらに表示

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す

シェアする

キャンセル