「傲慢な自分をどう変えたか」クリスチャンの証し 2020

0 |2020年9月8日

主人公は、プロのインテリアデザイナーとして4年以上の経験を積んでいる。教会の映画製作の小道具と舞台装置の担当を任された時、彼女はこの経験をフルに生かして本分を尽くそうとする。彼女は自分の意見に固執し、傲慢で自己中心的で、滅多に他人の提案を受け入れない。そのため周りの兄弟姉妹は窮屈な思いを強いられ、多くのミスにもつながり、やり直しをするせいで撮影が遅れる。神の御言葉による裁きと暴きを受けた後、彼女は自分の傲慢な性質を理解しはじめ、それに嫌気がさし始める。また、自分自身の経験と能力だけに頼っていては、十分に本分が尽くせないことにも気づく。意識して自らの傲慢な性質を捨て去り、真理の追求に心を注ぎはじめる主人公。そして、自分を脇に置いて周りの意見を受け入れるようになった時、彼女は人間らしく生き始める。

さらに表示
信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

コメントを残す

シェアする

キャンセル