キリスト教賛美歌「終わりの日の裁きとは時代を終わらせる働きである」

253 |2020年3月31日

キリスト教賛美歌「終わりの日の裁きとは時代を終わらせる働きである」

律法や恵みの時代とは違い

終わりの日の業はイスラエルではなく

異邦人に為され

玉座の前で彼らを征服する

全宇宙は栄光に満ち

地の被造物はその栄光を

全ての国と世代に伝える

天地の被造物がみな

神が地で得た栄光を見られるように

終わりの日の業は征服の業

その時、全ての時代は終わる

神の六千年もの計画は終わる

そして何千年もの地の人々の苦難も終わる

その業は地の人の生活や

人類を新時代に導かない

人の生活は続かない

それは神の経営計画や人間存在に無意味だ

神の業と悪による支配が続くのは

六千年だけだ

終わりの日の業は征服の業

その時、全ての時代は終わる

神の六千年もの計画は終わる

そして何千年もの地の人々の苦難も終わる

時は来た

神はサタンを負かし

栄光と神に属する魂を取り戻し

苦しみから解き放す

こうして地での神の業は終わる

二度と神は地で肉にならず

神の霊も地で働かない

神はただ人類を作り直す

聖なる人類、忠実な地の住まいへと

終わりの日の業は征服の業

その時、全ての時代は終わる

神の六千年もの計画は終わる

そして何千年もの地の人々の苦難も終わる

ああ、苦難は、終わる、終わる

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

全能神教会のアプリをご自由にダウンロードしてください。

さらに表示
信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

コメントを残す

シェアする

キャンセル