人間の意図はみな何のためなのか?


信者でない子供や親戚を

教会の中へと引き込む者たちはみな

自己中心で親切心を示している

人々が信じているかどうか

この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず

彼らはただ愛だけを強調する

神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが

聖霊が同意するかどうか

働きを行うかどうかに関わらず

彼らは神のため盲目的に「才能ある人々を選ぶ」のだ

人々は一体どのような意図を抱いているのだろうか?

それは自分の計画や欲望を満たすためではないのか?

それは本当に神の計画と働きのためだろうか?

それは被造物として本分を尽くすことなのだろうか?


サタンから来る情熱や意図では

聖霊の働きを完成することは出来ない

誰であっても その働きを持つべきである

人が人を完全にすることが出来るのだろうか?

何故夫は妻を愛し

妻は何故夫を愛するのだろうか?

何故子供は親に忠実なのか?

親は何故子供を熱愛するのか?


信者でない者への親切が何の役に立つのか?

仕方なく神に従っても

彼らが思うように救われることはない

救いを受け入れる者は

容易く手に入れることはできない

人々は一体どのような意図を抱いているのだろうか?

それは自分の計画や欲望を満たすためではないのか?

それは本当に神の計画と働きのためだろうか?

それは被造物として本分を尽くすことなのだろうか?

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より

前へ: 人はサタンの影響から抜け出すとき救われる

次へ: 神に仕えながら神に抵抗する者の結末

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残される…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶまで…

人間に対する神の最後の要求

あなたが効力者ならば 受動的になったり行動するふりをせず 神に忠実に仕えることが出来るか? 神があなたを認めていないとしても あなたは留まって神に生涯奉仕することが出来るか? 多くの努力をしても神に冷たくされた時 神のために働き続けるのか? 神のために何かを費やしても 望みが叶え…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索