人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を

教会の中へと引き込む者たちはみな

自己中心で親切心を示している

人々が信じているかどうか

この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず

彼らはただ愛だけを強調する

神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが

聖霊が同意するかどうか

働きを行うかどうかに関わらず

彼らは神のため盲目的に「才能ある人々を選ぶ」のだ

人々は一体どのような意図を抱いているのだろうか?

それは自分の計画や欲望を満たすためではないのか?

それは本当に神の計画と働きのためだろうか?

それは被造物として本分を尽くすことなのだろうか?

サタンから来る情熱や意図では

聖霊の働きを完成することは出来ない

誰であっても その働きを持つべきである

人が人を完全にすることが出来るのだろうか?

何故夫は妻を愛し

妻は何故夫を愛するのだろうか?

何故子供は親に忠実なのか?

親は何故子供を熱愛するのか?

信者でない者への親切が何の役に立つのか?

仕方なく神に従っても

彼らが思うように救われることはない

救いを受け入れる者は

容易く手に入れることはできない

人々は一体どのような意図を抱いているのだろうか?

それは自分の計画や欲望を満たすためではないのか?

それは本当に神の計画と働きのためだろうか?

それは被造物として本分を尽くすことなのだろうか?

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より

前へ: 神のあなたがたへの働きはとても貴重

次へ: 神に仕えながら神に抵抗する者の結末

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索