22. 人に従うとは何か。

関連する神の言葉

一部の人々は真理を喜ばず、裁きとなればもっと喜ばない。むしろ、人々は権力と富に喜びを見出すのであり、そのような人々は俗物と呼ばれる。彼らはもっぱら、影響力を持つ世界中の宗派や、神学校出身の牧師や教師を探し求める。真理の道を受け入れたにもかかわらず、彼らはどこまでも懐疑的で、自分自身を完全に献げることができない。彼らは神のために犠牲を捧げることについて話しはするものの、その目は偉大な牧師や教師に注がれ、キリストは無視されている。彼らの心は名声、富、栄誉にばかり向けられている。彼らは、そのような取るに足りない人がそれほど多くの者を征服することができ、そのような平凡な人が人を完全にすることができるなどと全く信じない。塵と糞の中にいるこれらのとるに足りない人々が神に選ばれているとは信じないのである。もしそのような人々が神の救いの対象であれば、天と地がひっくり返り、すべての人間が大笑いするだろうと彼らは信じている。彼らは、もし神がそのような取るに足らない人々を完全にするために選んだのであれば、先に挙げたような偉大な人たちは神そのものになると信じている。彼らの考え方は不信仰によって汚れている。実際のところ、不信仰どころか、彼らは、ばかげたけだものである。なぜなら、彼らは地位、名声、権力だけに価値を置き、重要視するものは大組織や宗派であるからである。彼らはキリストに導かれる者のことを全く考慮しない。キリストに、真理に、そしていのちに背をむけた裏切り者でしかないのである。

あなたが敬慕するのはキリストのへりくだりではなく、目立った地位にある偽の牧者たちである。あなたはキリストの素晴らしさや知恵を愛さないが、邪悪な世と交わりを持つ奔放な者たちを愛している。あなたは、枕するところもないキリストの苦しみを笑うが、捧げものを奪い取り放蕩な生活を送る屍たちを賞賛するのである。あなたはキリストのそばで苦しむ覚悟はないが、あなたに肉、言葉、支配しか与えない無謀な反キリスト者たちの腕の中に喜んで飛び込む。今でもあなたの心は、彼らに、彼らの評判に、彼らの地位に、そして彼らの影響力に向いている。それなのに、あなたはキリストの働きを飲み込みがたいものにする態度をとり続け、進んでそれを受け入れようとしない。だから、あなたにはキリストを認める信仰がないとわたしは言うのである。あなたが今日に至るまでキリストに従ってきたのは、あなたが強いられていたからに過ぎない。一連の気高いイメージが、あなたの心にいつまでもそびえている。彼らの言葉や行いのひとつひとつが忘れられず、彼らの影響力ある言葉や手も忘れられない。あなたの心の中では、彼らは永遠に至高で、永遠に英雄なのである。しかし、これは今日のキリストにはあてはまらない。彼はあなたの心の中で永遠に取るに足らない存在であり、永遠に畏敬に値しない。なぜなら、彼はあまりにも普通すぎ、あまりにも影響力がなさ過ぎ、高遠さからははるかにかけ離れているからである。

『言葉は肉において現れる』の「あなたは本当に神を信じる人なのか」より

多くの人々にとって、真理の実践とは何か、神に満足してもらうとはどのようなことか、真理の現実を知るとはどのようなことか、といった疑問が不明瞭だ、ということである。そうしたわけで、表面上霊的で高貴で高尚な印象を与える者に、しばしば騙される者がいる。字句や教義について語ることが出来て、言動や行動が賞讃に値する者について、その者を賞讃する人々は、その者の行動の本質や背後にある原則、目的について検討しない。また、こうした人々はその者が真に神に服従しているか、真に神を畏れ、悪を避ける者であるかを検討しない。こうした人々は、その者の本質的な人間性を見抜くことが出来ない。むしろ、こうした人々は、その者に最初に知り合ってから、徐々にその者を賞讃し、崇敬し、最終的にその者は、人々の崇拝対象となる。さらに、一部の人々の考えでは、自分が崇拝する対象となる者、家族や職業を捨て、表面的に代償を支払うことが出来る崇拝対象が、真に神を満足させるものであり、好ましい結末と終着点を迎えることができる者であると信じている。こうした人々の心の中では、これらの崇拝対象が、神が賞讃する人々である。人々にこのように考えさせる原因は何であろうか。…

…人間にこうした無知な行動や見方、あるいは一方的な見方と行動を取らせる原因は、ただひとつである。本日はそのことについて述べる。その理由は、人間は、神に付き従い、日々神に祈りを捧げ、神の言葉を読んでいても、実際には神の心意を理解していないということである。このことが問題の原因である。神の心を理解し、神が好む物事や嫌悪する物事、神が求める事柄や拒む事柄、神が愛する人間と嫌う人間、神の人間に対する要求において神が適用する基準、神が人間を全きものとする際に採る方法を理解している者がいたとすれば、その者は、それでもなお自分の個人的な考えを持つ事が出来るであろうか。その者は別の人間を崇拝できるであろうか。普通の人間は、そうした者の偶像となり得るであろうか。ある者が神の心意を理解している場合、その者の観点は、もう少し理にかなっている。そうした者は、堕落した人間を自分の判断で崇拝対象とすることは無く、また真理を実践する道を進んでゆく際に、僅かな簡単な規則や原則を任意で遵守することが真理を実践することであるとは考えない。

『言葉は肉において現れる』の「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」より

神に付き従っていると言う者にとって、自らの目を開き、自分が信じているのが誰かを良く見るのが最善であろう。あなたが信じているのは、本当に神であるか、それともサタンであるか。あなたは、自分が信じているのが神ではなく、自分にとっての偶像であることを知っている場合、自分は信者であると述べずにいるのが最善であろう。あなたは、自分が誰を信じているのか知らないならば、同様に、自分は信者であるとは言わないのが最善であろう。そうであると言うのは、冒涜である。あなたに、神を信じることを無理強いしている者は居ない。わたしを信じている、という言葉は、とうの昔に聞き飽きており、二度と聞きたいとは思わないので、そうした言葉を言わないで欲しい。なぜなら、あなたがたが信じているのは、あなたがたの心の中の偶像であり、あなたがたの中にいる地域の下劣なへびだからである。真理を聞いた時に首を横に振り、死の言葉を聞いた時に満面の笑みを浮かべる者は、サタンの子孫であり、そうした者は全て排除対象となる。教会には識見の無い者が多数居て、何かしら偽りの出来事があると、そうした者はサタンに味方をする。こうした者は、自分がサタンの僕と呼ばれると、不当な扱いを受けたと感じる。こうした者は全く識見が無いと言う者もいるが、こうした者は常に真理の無い側に味方する。重要な時期に、こうした者が真理の味方をしたことや、真理のために立ち上がって議論をしたことは一度も無いが、こうした者は本当に識見が無いのであろうか。こうした者が常にサタンの味方をするのは、何故だろうか。何故、こうした者は真理について正当な言葉も合理的な言葉も決して述べないのだろうか。こうした状況は、本当に一時的な混乱から生まれるのだろうか。ある者の識見が少なければ少ないほど、その者が真理の味方をする能力も低くなる。それは何を示すであろうか。それは、識見の無い者が邪悪を愛していることを示して居るのではなかろうか。それは、識見の無い者がサタンの忠実な子孫であることを示して居るのではなかろうか。こうした者が常にサタンの味方をし、サタンと同じ言葉を述べることが出来るのは何故だろうか。こうした者のあらゆる行動、言動、表現は、こうした者が決して真理を愛する者ではなく、むしろ真理を忌み嫌う者であることを十分に示している。こうした者がサタンの味方をすることが出来ることは、こうしたサタンのために一生涯を通して戦う小悪魔をサタンが真に愛していることを十分に示している。こうした事実は、全て十分に明白ではなかろうか。

『言葉は肉において現れる』の「真理を実践しない者に対する警告」より

説教と交わりの参考箇所

人に従うとはどういうことでしょうか。それは、自分が崇拝する人に従うことです。そのような人の心の中で神にはたいした地位がありません。神の信仰者の看板を掲げているに過ぎません。人の真似をして、人を手本にするだけです。特に重大な事柄においては、人に決めさせ、自分の運命を人の指図に委ねてしまいます。自分で神の望みを探ろうとはせず、人の言うことに分別を適用しません。人の話が合理的に思えれば、真理と合致しようがしまいが、すべて受け入れ、従います。これが人に従う者のふるまいです。このような人は神への信仰に原則がなく、物事の対処の仕方に真理がありません。合理的な話をする者なら誰にでも従います。たとえ崇拝対象が道を誤っても、最後までついて行ってしまいます。もし神が崇拝対象を断罪なされば、神に対して観念を抱き、崇拝対象に強く執着します。その理由は、「私を監督する人には誰でも従うべきだ。高官も現場の管理者には勝てないものだ」というものです。これは単に愚か者の言い分です。人に従う者は実にこれほど混乱しています。人に従う者は、心に神の居場所がなく、真理がなく、偶像を崇拝しており、人に惑わされており、神を真に信じる者ではありません。神に従う者だけが神を真に信じているのです。

兄弟の交わりより

誰であれあなたが心の中で崇拝する人はあなたの偶像です。指導者を崇拝する人はだれでも偶像崇拝者です。あなたが誰かを崇拝している時、あなたの心の中にはその人の地位に対する意識があり、あなたの心はその人に占領されてしまい、必然的にその人の追従者となってしまいます。私たちが福音を宣べ伝える働きをする中で、幾つもの教団で、人々が偶像崇拝者となり、指導者に支配されてしまっていることに気づきました。彼らは真理を受け入れることすら決してしようとせず、あたかも哀れな奴隷のようです。指導者を崇拝する人々は偶像崇拝者であり、彼らの心に真理などありません。彼らは神様を全く知らず、彼らの心に神様の地位はないのです。彼らは神様に憎悪され呪われています。神様は義なる方であり、嫉妬深い方です。人々が偶像崇拝することを何より嫌われます。指導者を神様と同等にみなすことほどひどい冒涜はありません。実際、神様の前に戻った人の心には神様以外のものが存在すべきでありません。人が存在する余地があってはなりません。そのようなことを考えたり、発想したりするだけでも、汚らわしく堕落したことであり、神様はそのようなことを嫌悪し、憎みます。この点において、ほとんどの人は不浄で、多かれ少なかれ自分が崇拝する対象に心の一部を占められています。神様の性質に沿って考えると、わずかでもその人の心が人の地位に占められているならば、それは受け入れられないことです。ある人の心が終始純粋になることがないのであれば、その人は結果的に断罪されます。

心の中で指導者を崇拝している人にはみなある特徴があります。その人が自分の指導者を崇拝しているかどうかは次のように判断することができます。指導者に対する服従が神に対する服従よりも大きければ、それは偶像崇拝です。崇拝する人に対する切望や熱望が神に対する切望や熱望よりも大きければ、それは偶像崇拝です。神よりも指導者に対する熱情の方が強ければ、それは偶像崇拝です。あなたの心が崇拝する対象に近く、神からは遠ければ、それは偶像崇拝です。あなたが崇拝する人と神が、あなたの心の中で同等の位置を占めているとなれば、もはやそれは、あなたが崇拝する人を神のように扱っているという確かな証拠になります。何が起こっても指導者の意見に従い、真理を探求するために神の前に出ようとしないのであれば、あなたは神を信じておらず、人を信じているということの十分な証明です。おそらく次のように弁解する人もいるでしょう。「私は心からあの人が素晴らしいと思っています。確かに私の心の一部を占めています。知らず知らずのうちに、私は神様と距離を置くようになってしまいました。」この言葉が真実を表わしています。誰かが心の一部を占めてしまった途端、その人の心は神から離れてしまいます。これは危険なことであるにも関わらず、軽く考え、憂慮しない人もいます。それはその人が神の性質を知らないことの現れです。…人を崇拝することは非常に無知で盲目な行為であり、堕落していて邪悪なことです。人を崇拝することはサタンや悪魔を崇拝することであり、反キリストを崇拝することです。そのような人には真理の欠片もありません。そのような人には神に対する認識が全くないのは確かです。彼らは神に呪われた、堕落した者です。

兄弟の交わりより

前へ: 21. 神に従うとは何か。

次へ: 23. 小麦と毒麦の違いは何か。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

質問27:聖書はキリスト教の正典であり、信者の主への信仰は二千年の間、聖書に基づいてきました。さらに、聖書は主を表し、主への信仰は聖書への信仰と同じであり、聖書への信仰は主への信仰であり、もし聖書から外れれば、信者と呼ばれることはできないと宗教界のほとんどの人々は信じています。このように主を信じることが主の心に合致するのか知りたいです。

回答 聖書は神様や主を代弁する、多くの信者がそう信じているかもしれません。主を信じることはすなわち、聖書を信じることだと思っています。聖書をまるで神様であるかのように、崇め奉ってさえいます。神様を認めずして聖書を認める人すらいます。聖書を至高のものと位置づけるだけでなく、神様に取…

1. 裁きとは何か。

関連する神の言葉 裁きの働きは神自身の働きであり、そのため当然ながら神が自ら行なわなければならない。それは神の代わりに人が行うことはできない。裁きとは真理を用いて人類を征服することなので、この働きを人のあいだで行うために神が受肉した姿で再び現れることは疑いもないことである。つまり…

26. どのようにして人は聖霊の働きを得られるか。

聖霊はこの原則によって働く。人々の協調を通して、人々が積極的に祈り、探求して神に近づくことで成果が達成し、聖霊による啓発を受け、光に照らされる。聖霊が一方的に行動する、あるいは人が一方的に行動するということはない。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索