19.偽善とは何か。

関連する神の言葉

「パリサイ人」という呼び名の定義は何ですか。彼らは偽善的で、まったくの偽りで、あらゆる行いにおいて芝居を打ちつつ、自分は善人で親切で前向きであるかのように見せかける人たちです。パリサイ人は本当にそのようなものですか。彼らは偽善的なので、彼らのうちに表わされ露わにされるものはすべて偽物であり、どれも見せかけです。それは彼らの本当の顔ではありません。本当の顔は心の中に隠されて見えないのです。真理を追い求めず理解もしないなら、その人が得た理論はどうなりますか。人々がしばしば言及する字句と教義になるのではないですか。人は自分をよく見せようと、こうしたいわゆる正しい教義を使って偽装します。どこに行っても、彼らが話題にすることや言うこと、そして彼らの外面的な振る舞いは、他人の目にはどれも正しく善いものに映り、すべて人間の観念や嗜好と合致しています。他人の目から見て、彼らは信心深く謙虚で、自制と寛容を示すことができ、他人と神を愛せます。ですが実際には、そのどれもが偽物です。すべて見せかけで、自分を装う方法に過ぎません。表向きは神に忠実なように見えますが、実際には他人に見てもらうための演技です。誰も見ていなければほんの少しも忠実でなく、彼らが行なうことはどれもいい加減です。表面上は家族や職業を捨てており、懸命に働き自分自身を費やしているように見えますが、実際には密かに教会から利益を得たり、捧げ物を盗んだりしているのです。彼らが外に向けて露わにすること、つまり彼らの振る舞いはすべて偽物です。これが偽善的なパリサイ人という言葉の意味です。「パリサイ人」というこれらの人々はどこから来ますか。未信者のあいだに現われますか。彼らはみな信者のあいだに現われます。信者がなぜこのように変わってしまうのですか。神の言葉が彼らをそのようにしたということがありえるでしょうか。彼らがそのようになるおもな理由は何ですか。それは、彼らが誤った道を進んだことです。彼らは神の言葉を、自分を武装する道具と捉えてきました。それらの言葉で武装し、生活の糧を確保したり、ただで何かを手に入れたりする元手として扱うのです。彼らは教義を説くだけで、それらの言葉を実践したことがありません。神の道に従ったことがないにもかかわらず、言葉や教義を説き続けるのはいったいどのような人ですか。そのような人は偽善的なパリサイ人です。彼らの良き振る舞いや良き自分の表わし方とされているもの、彼らが捨てたり費やしたりした小さなかけらはどれも完全に作り物であり、いずれも彼らの打つ芝居なのです。彼らはまったく偽物で、すべての行ないは見せかけです。このような人の心に神への畏れはこれっぽっちもなく、神に対する本物の信仰さえありません。それどころか不信者の一味なのです。真理を追い求めなければ、そうした道を歩いてパリサイ人になります。それは恐ろしいことではないですか。

『キリストの言葉の記録』の「いのちの進歩を表す六つの指標」より引用

表面的なよい行ないを追い求め、霊的な外見を用いて自己を装うことに最大限の力を尽くす。霊的な人の真似をする。口にすること、行なうこと、明らかにすることにおいて霊的な見せかけを作り出す。人々の観念や想像において賞賛に値するいくつかの物事を行なう。これらはすべて偽の霊性を追い求めることであり、偽善です。高いところに立って言葉や道理を述べ、よい行ないをし、よい人になり、真理を追い求めることに集中するよう人々に説いても、自分自身の振る舞いや本分を尽くすことにおいて、あなたたちは真理を探し求めたことがなく、真理の原則によって行動したことがなく、真理において何が語られているか、神の心は何なのか、神が人間に求める基準は何なのかを理解したことがなく、これらのどれも真剣に受け止めたことがないのです。何らかの問題に遭遇すると、自分自身の意志にだけ従って行動し、神を脇に追いやります。これらの外面的な行ないと内面的な状態は、神を畏れ悪を避けることですか。信仰と真理の追求に何のつながりもなければ、何年神を信じようと、心から神を畏れ悪を避けることはできません。それでは、そうした人々はどのような道を歩くことができますか。彼らは何を身につけて日々を過ごしているのですか。言葉や道理ではないのですか。彼らは自分をパリサイ人のようにするため、神に仕えているとされる人々のようにするため、自らを武装し、言葉や道理で自分を飾りながら日々を過ごしているのではないのですか。これらすべての行動は一体何なのですか。彼らは動作を淡々と済ませているに過ぎません。信仰の旗を振り、宗教的な儀式を行ないながら、祝福されるという目的を達成するために神を騙そうと試みているのです。彼らはまったく神を崇めていません。

『キリストの言葉の記録』の「常に神の前で生きてのみ、救いの道を歩くことができる」より引用

一部の人々には周りの注意を引こうとする傾向がある。そのような人たちは、兄弟姉妹の前では神に恩義があると言うかもしれないが、陰では真理を実践することもなく、まったく違うことを行っている。彼らは宗教熱心なパリサイ人ではないか。神を心から愛し、真理を持っている人というのは、神に忠実でありながらそれを誇示しない人のことだ。そうした人は必要であれば喜んで真理を実践するし、良心に逆らって話したり行動したりするようなことはしない。そして問題が起きると賢明さを示し、どんな状況下でも原則に基づいて行動する。このような人こそ、真に神に仕えることができる。中にはただ口先だけで神に恩義があると言う人もいる。彼らはしかめっ面をし、わざとらしくみじめな表情を装って日々を過ごしている。なんと卑劣な態度だろう。もし彼らに、「どんな風に神様に恩義があるのか教えてください」と尋ねたら、彼らはきっと言葉を失うだろう。あなたが神に忠実ならば、そのことを大っぴらに話してはいけない。その代わり、神に対するあなたの愛を実践で示し、そして心から神に祈りなさい。神にただ言葉でおざなりに対応している人たちは、すべて偽善者である。一部の人たちは祈りのたびに神に対する恩義を語り、聖霊に動かされていないにも関わらず、祈るたびに涙を流す。このような人たちは宗教的儀式と観念に捕われており、そうした儀式や観念に従って生きながら、いつもそのような行為を神が喜び、表面上の信心深さや悲しみの涙を神が好むと信じている。そのような馬鹿げた考えを持つ者から、どんな良いことが生まれようか。また一部の人々は、謙虚さを示そうと、他の人の前で話すときは上品に振る舞ったりする。また人前で故意に卑屈になり、無力な子羊のように振る舞う人たちもいる。これが神の国の民にふさわしい態度だろうか。神の国の民とは、生き生きとして自由で、純真で率直で、正直で愛らしく、束縛されない生き方をするものだ。彼らには品性と尊厳があり、どこに行っても神に証しを立てることができる。そのような人は神と人の両者から愛されている。信仰において未熟な人たちは、外的な実践にこだわりすぎる。彼らはまず神に取り扱われ、打ち砕かれる時期を経なければならない。心の奥に信仰を持つ人々は、外見は他者と同じであっても、その行動や行いは称賛に値する。そのような人たちこそ、神の言葉を生きていると言えるのだ。もしあなたが毎日さまざまな人々に福音を宣べ伝え、彼らを救いに導こうと努めているとしても、結局のところ規則や教義に従って生きているなら、神に栄光をもたらすことはできない。そのような人たちは単なる宗教家であり、同時に偽善者なのである。

宗教熱心な人々の集まりではいつも、「姉妹よ、最近はどうされていましたか?」、「わたしは神様に恩義があるのに、神様の旨を満たせないような気がするんです」などというやり取りがあったりする。また別の人も、「わたしも神様に恩義があるのに、神様を満足はさせられない気がするんです」などと言ったりする。こうしたわずかな言葉だけでも、彼らの心の奥深くにある卑劣さが見て取れる。そのような言葉は実に忌まわしく、極めて不快なものだ。こうした人たちの本性は神に敵対している。現実に焦点を合わせている人は、心にあることをそのまま言葉にし、交わりの中で自分の心をさらけ出す。偽りの行いはひとつもせず、形式的な礼儀にもこだわらず、空虚な社交辞令も言わない。いつも単刀直入で、現世の規則に縛られることもない。また一部の人々は、見せびらかすことにこだわる傾向があり、挙句の果てにまったく分別を失っているほどだ。他の人が歌うと踊り始め、鍋の米が焦げていることにも気が付かない。そのような人たちは敬虔ではなく、尊敬にも値せず、あまりにも軽率だ。こうしたことはすべて現実の欠如の顕れである。一部の人々は霊的いのちについて交わりを持つとき、神に恩義があるなどと言いはしなくても、心の奥に神への真の愛を秘めている。神に恩義があるというあなたの感情は、他の人々とは無関係だ。なぜならあなたは人ではなく神に恩義があるのだから。それを絶えず人に話したところでどうなるのか。外見上の熱心さや見せかけではなく、現実に入ることに重点を置きなさい。

人のうわべだけの良い行いは何を表すだろうか。それは肉を表しており、外面上最善の実践をしたところで、それはいのちではなくただあなた個人の性質を表すだけだ。人の外面的な実践では、神の願いを成就することはできない。あなたは絶えず神に恩義があると言っているが、誰かにいのちを与えたり、神を愛するよう誰かを導いたりすることもできない。それで神を満足させられると信じているのか。あなたは自分のしていることが神の旨にかなっており、霊的なことだと感じているが、実際にはすべてが実にばかげている。あなたは自分が嬉しいと思うことや自分がしたいと思うことが、まさに神も喜ぶことだと信じている。あなたの好みが神の好みを表すだろうか。人の性格が神を表すことができるだろうか。あなたが喜ぶものはまさしく神が嫌悪するものであり、あなたの習慣は神が忌み嫌い拒絶するものだ。もし神に恩義を感じるなら、神の前に出て祈りなさい。それを誰かに話す必要などない。神の前で祈ることもせず、人の注目を引いてばかりいるなら、神の旨を成就することなどできるだろうか。あなたの行動が常に見せかけだけなら、それはあなたが極度にうぬぼれの強い人間だということだ。表面上良い行いをするだけで現実性に欠ける人間とは、どんな種類の人間か。それは偽善者のパリサイ人であり、単なる宗教家でしかない。あなたがたが見せかけの実践をやめず、変わることができないなら、あなたがたの中にある偽善的要素はさらに増大するだろう。偽善的要素が大きければ大きいほど、神への抵抗が強くなる。そして最終的に、そのような人々は必ず排除されることになるのだ。

『言葉は肉において現れる』の「信仰においては現実に集中せよ――宗教的儀式を行うことは信仰ではない」より引用

正常な霊的生活とは神の前に生きることである。人は祈ると神の前に自分の心を静めることができ、祈りを通して聖霊の啓きを求め、神の言葉を知り、神の旨を理解することができる。神の言葉を飲み食いすることで、神の現在における働きをさらに明確かつ完全に認識することができる。新しい実践の道も得て、古いものに執着しなくなる。実践することはすべて、いのちの成長に至る。祈りは、聞こえの良い言葉を少し語ったり、自分がいかに恩を受けているかを示そうと神の前に泣き崩れたりすることではない。むしろ祈りの目的は霊の用い方を訓練することであって、神の前に心を静め、あらゆることにおいて神の言葉による導きを求めるよう訓練することである。そうすれば人の心は日々真新しい光に惹きつけられ、消極的で怠惰にならず、神の言葉を実践に移すという正しい軌道に足を踏み入れることができる。最近はほとんどの人が実践方法を重視しているものの、真理を求めていのちの成長を達成するためにそうしているのではない。人はここで迷ってしまっている。新たな光を受け取ることができても実践方法が変わらない人もいる。彼らは現在の神の言葉を受けたいと思いながらも、古い宗教観念を持ち込むため、受け取るものはなお宗教観念に彩られた教義であって、今日の光をそのまま受けるには至らない。その結果、実践は汚れ、上辺は新しくとも中身は古いままである。どんなにうまく実践しても、彼らは偽善者である。神は日々新たなことをして人を導き、毎日人が新たな識見と認識を得るように、時代遅れで型にはまってしまわないように要求している。もし長年神を信じているのに実践方法がまったく変わっておらず、外側の事には熱心で忙しくしているのに、神の前で心を静めて神の言葉を味わうことがないなら、何も得られない。

『言葉は肉において現れる』の「正常な霊的生活について」より引用

どうして神を信じるのか。ほとんどの人はこの質問に戸惑う。そのような人は実際の神と天の神について、常に二つのまったく異なる観点をもっている。そのことは、彼らが神を信じるのは神に従うためではなく、何らかの恩恵を被るため、あるいは災難がもたらす苦しみから逃れるためであることを示している。そのときだけ、彼らは多少従順になる。その従順さは条件付きであり、彼ら個人の将来的な見込みのためであって、彼らに押し付けられたものである。では、あなたはなぜ神を信じるのか。ただ自分の将来の見込みや運命のために神を信じるなら、はなから信じないほうがよい。そのような信仰は自己欺瞞、自己安心、自己讃美である。あなたの信仰が神への従順という基礎の上に築かれたものでないならば、あなたは神に反抗した咎で最終的に懲罰される。自分の信仰において神への従順を求めない者はみな神に反抗する。神は、人々が真理を求め、神の言葉を渇望し、神の言葉を飲み食いし、それを実行に移し、それによって神への従順に達することを求めている。これがあなたの真意ならば、神は必ずやあなたを引き上げ、必ずやあなたに対して恵み深くなる。このことに疑問の余地はないし、変わることもない。あなたの意図が神に従うことではなく、何か他の目的があるならば、あなたのあらゆる言動、すなわち神の前での祈り、さらにはあなたの行動の一つひとつでさえ、それらは神に反抗するものである。あなたは穏やかな話し方と温厚な振る舞いをし、あらゆる行動や表現が正しいものに思われ、神に従う者のように見えるかもしれないが、あなたの意図と神への信仰に関する見解について言えば、あなたが行なうことはどれも神に反しており、悪である。表面上は羊のように従順に見えるものの、心に邪悪な意図を抱いている人々は、羊の皮を被った狼である。このような人は直接神を犯し、神は彼らを一人として容赦しない。聖霊は彼らを一人残らず暴露し、あらゆる偽善者は必ずや聖霊に忌み嫌われ、拒絶されることを万人に示す。心配しなくてもよい。神はそのような人間を一人残らず処理し、一人ひとり処分する。

『言葉は肉において現れる』の「神への信仰において、あなたは神に従うべきだ」より引用

説教と交わりの参考箇所

牧師と長老が偽善のパリサイ人にして反キリストであるかどうかを識別するのは、彼らが人を表面上どう扱っているかを見るだけではできません。大切なのは、彼らが主と真理をどう扱っているかを見ることです。表向きは愛情をもって信者に接することもありますが、主への愛はあるでしょうか。人に対しては少なからぬ愛情があっても、主と真理には飽き飽きして憎悪に満ち、終わりの日のキリスト、すなわち全能神を裁き、断罪するなら、偽善のパリサイ人ではありませんか。反キリストではありませんか。表向きは説教して懸命に働いているように見えますが、それが栄冠と報いを得るためであれば、主に従い忠実であることになるでしょうか。人が偽善であるかどうかを識別するには、おもにその人の心の中と意図を見る必要があります。それが識別の最も重要な側面です。神は人の心の奥底を探られます。そのため、人が本当に主を愛し、従っているかどうかを見る上で重要なのは、その人が主の御言葉を実践して守り、主の戒めを守っているかどうか、さらにその人が主イエスを褒め称え、証しをしているかどうか、神の御心に従っているかどうかを見ることです。周知の通り、パリサイ人は会堂でしばしば聖書を人々に解説し、万事において聖書の規則を遵守し、信者に愛情をもって接していました。しかし、彼らが実際にしたことはすべて、神の御言葉を実践することでも、神の戒めを守ることでもなく、人に見られるためにしたことでした。主イエスが「そのすることは、すべて人に見せるためである。すなわち、彼らは経札を幅広くつくり、その衣のふさを大きくし」(マタイによる福音書23:5)と仰せられて彼らを暴かれたとおりです。彼らはわざと会堂や街角に立って長い祈りを捧げることまでしました。断食中には、そうしていると人に分かるよう、わざと自分の顔をとても悲しげに見せました。あらゆる人に見てもらうために、意図的に路上で善行を積んだりもしました。「手をきちんと洗うまで食べてはならない」といった古来の伝統や宗教儀式も守り続けました。……信者を惑わし、自分たちを支えて崇めるようにさせるため、パリサイ人は些細な事柄で騒ぎ立てて自らを偽り続け、信者が宗教的な礼拝を行い、歌と賛美を唱え、先祖伝来の伝統に固執するように導くだけで、神の御言葉を実践し、神の戒めを守り、真理の現実に入るようには導きませんでした。さらに、真理の実践にも、神への従順と崇拝にも導きませんでした。彼らがしたのは、表向きの行いを用いて信者を混乱させ、惑わすことだけだったのです。主イエスが教えと働きに来られたとき、信心深いふりをしたこのパリサイ人たちは自分の地位と生活基盤を保つために、「聖書を守る」ことを装って実際には神の律法と戒めを公然と放棄しました。主イエスについて噂をでっちあげ、偽りの証しを行い、猛烈に断罪して陥れ、信者が主イエスに従うのをあの手この手で阻みました。ついには権力者と共謀までして、主イエスを十字架につけたのです。したがって、パリサイ人の偽善で真理を憎む本質は完全に暴露されました。彼らの反キリスト的本質がこうして完全に露呈したのです。これはパリサイ人の本質が偽善、陰湿、不実、悪意だったことを示しています。彼らはみな神の道を捨て、人々を惑わして閉じ込めた偽の羊飼いでした。信者を惑わして縛り、宗教界を支配して神に反抗し、受肉したキリストを猛烈に否定し、断罪して憎みました。このことは、彼らが自分たちの独立王国を築こうとした反キリストであることを証明するのに十分です。

今の私たちにはパリサイ人の偽善のさまざまな表われがはっきりわかります。それらを今日の宗教界の牧師や長老たちと比べると、彼らがパリサイ人と同様であり、主の御言葉を実践することも、主の戒めに従うこともない人であり、さらに、主を褒め称えて証しする人ではないことに気づかないでしょうか。彼らは盲目的に聖書を信じ、聖書を崇拝し、聖書を賞揚する人です。通常の礼拝、朝の交わり、パンの分かち合い、聖餐への列席など、さまざまな宗教儀式に固執しているだけなのです。人に対しては謙虚で辛抱強くあれ、敬虔さと愛情をもてと説くことのみに専念し、心の中では神を愛さず、しかも神に従わず、神を畏れる心がまったくありません。彼らの働きと説教は、聖書の知識と神学理論を保持して解説することにだけ焦点を当てています。しかし、いかに主の御言葉を実践し経験するか、いかに主の戒めを守るか、いかに主の御言葉を広めて証しするか、いかに天の父の御旨に従うか、いかに神を真に愛し、従い、崇めるかといった、主イエスが人類に求められる一切のことに関しては、彼らは主の御旨を探しも求めもせず、理解しようともせず、さらに人を実践や遵守に導くこともしません。彼らが聖書の知識と神学理論を至る所で説いてまわる目的は、自分を誇示し、自分を確立させ、人に自分を尊敬させて崇拝させることなのです。それゆえ、全能神が真理を表わされて終わりの日の裁きの働きをなさるべくおいでになったとき、この牧師と長老たちは、宗教界で永久的な力を得るため、信者を支配して自分の独立王国を築くという野望のため、主イエスの御言葉に公然と背き、噂を捏造して全能神を裁き、攻撃して冒とくし、信者が真の道を求めて調べるのを全力で阻止しようとしました。たとえば、主イエスは人々に賢いおとめであれとお説きになりました。人々は「見よ、花婿が来る」という叫びを聞いたら、外に出てお迎えするべきなのです。しかし牧師と長老たちは、主イエスの再臨の知らせを聞くと、逆にあの手この手で教会を封鎖し、信者が真の道を求めて調べるのを妨げようとしました。主イエスは人々に隣人を自分のように愛せよとお説きになりました。しかし牧師と長老たちは信者を扇動して、終わりの日の全能神の働きを証しする兄弟姉妹を中傷させ、殴らせました。主イエスは人々に嘘をつかないように、偽りの証しをしないようにとお求めになりましたが、牧師と長老たちはありとあらゆる嘘をでっちあげて全能神を中傷し、悪魔の中共と共謀までして終わりの日の全能神の働きに抵抗し、それを断罪し、全能神教会の名を汚しました。……このことから、宗教界の牧師と長老によるこれまでの言動が主の教えに完全に背いていることがわかります。彼らは偽善のパリサイ人と同様です。みな人々を盲目的に導き、神に抵抗し、人々を惑わす人なのです。

『神の国の福音に関する代表的な質問と解答(セレクション)』より引用

前へ: 18.偽指導者または偽羊飼いとは何か。偽指導者と偽羊飼いはいかに識別できるか。

次へ: 20.不信者とは何か。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

2. キリストは神の子か、それとも神自身か

受肉した神をキリストと呼ぶ。キリストは神の霊が肉をまとった姿である。この肉はいかなる肉ある人間とも異なる。キリストは肉と血でできているのではなく、神の霊が受肉したものだからである。

4. 神の全能性と知恵がおもに明かされる側面

創造主は、言葉により神が求めていることの全てを得て、実現しようとしていることの全てを実現することができるだけでなく、神が創造した全ての物をその手中に収め、神の権威により造った全ての物を支配することも可能である。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索