神を知る者だけが神に証しをすることができる

神を信じ、神を知ることは、天の法則であり地上の原則である。そして今日、受肉した神がその働きを自ら行っているこの時代は、神を知るのに特に良い時である。神を満足させることは神の旨の理解を基盤として達成されるものであり、神の旨を理解するためには、神について多少の認識をもつことが必要になる。この神に関する認識とは、神を信じる者が持つべきビジョンであり、人の神に対する信仰の基礎である。この認識がなければ、人間の神への信仰は曖昧な状態で、空論のただ中に存在することになるだろう。このような人々が神に従う決意を持っていたとしても、何も得るものはない。この流れの中で何も得るものがない人々は皆、排除される者であり、たかり屋である。神の働きのどの歩みを経験するにせよ、強力なビジョンを備えていなくてはならない。そうでなければ、新しい働きのそれぞれの歩みを受け入れることは困難になるだろう。なぜなら神の新しい働きは人間の想像力の範疇を超えており、人間の観念の範囲外にあるからだ。そのため人間の世話をし、ビジョンについての交わりに携わる羊飼いがいなければ、人はこの新しい働きを受け入れることができない。ビジョンを受け取ることができなければ、神の新しい働きを受けることはできず、神の新しい働きに従うことができなければ、神の旨を理解することはできず、神についての認識も結果的に無に帰すであろう。神の言葉を実行する前に、まず神の言葉を知らねばならず、つまり神の旨を理解しなければならない。そうなって初めて、神の言葉は正確に、神の旨にかなう形で実行されることになる。これは真理を求めるすべての者が所有しなければならないものであり、神を知ろうとするすべての者が経なければならない過程でもある。神の言葉を知る過程は、神と神の働きを知る過程でもある。そのためビジョンを知るということは、受肉した神の人間性を知ることを意味するだけでなく、神の言葉と働きを知ることも意味している。人々は神の言葉によって神の旨を理解するようになり、神の働きによって神の性質と、神であるものを知るようになる。神への信仰は神を知ることの第一歩である。この初期の信仰から最も深い信仰へと進んでいく過程は、神を知るようになる過程であり、神の働きを経験する過程である。もしあなたの信仰が、あくまで信仰のためだけの信仰であり、神を知るためのものでないなら、そこに現実はなく、その信仰が純粋になることはできず、そのことに疑いの余地はない。人が神の働きを経験する過程で徐々に神を知るようになると、その人の性質は徐々に変化し、その信仰はますます真実なものになる。このように神への信仰において成功を収めると、その人は完全に神を得たことになる。神が自らその働きを行うため、これほどの苦労をして再び肉となった理由は、人間が神を知り、神を見ることができるようにするためだった。神を知ること[a]は、神の働きの最後に達成される最終的な成果であり、神が人類につきつける最後の要求である。神がこれを行う理由は、神の最終的な証しのためである。神は人が最終的に完全に神に向き合えるよう、この働きを行っているのである。人は神を知ることによってのみ神を愛せるようになり、神を愛するには神を知らなければならない。人はどのように求めようと、何を得ることを求めようと、神についての認識に到達できなければならない。そうして初めて、神の心を満足させることができる。人は神を知ることによってのみ神への真の信仰を持つことができ、そして神を知ることによってのみ、神を真に畏れ従うことができる。神を知らない人々は、神への真の服従と畏敬に決して到達しない。神を知るということには、神の性質を知り、その旨を理解し、神の存在そのものを知ることが含まれる。しかしどの側面を知るにせよ、人は必ず代価を払い、従う意志を持つことを要求される。その意志がなければ、誰も最後まで従い続けることはできないだろう。神の働きは人の観念とまったく相容れないものであり、神の性質と神であるものは難解すぎて人が知れるものではなく、神が言い行うすべてのことも人には不可解すぎる。神に従いたいと思いつつ、神に服従しようとしないなら、何も得ることはない。天地創造から今日に至るまで、神は人には理解不能で受け入れ難く感じられる多くの働きを行い、人の観念が修復され難くなるような多くのことを語ってきた。しかし人が大いに困難を感じているからといって、神がその働きを中断したことはない。むしろ神は働き語り続けており、多数の「戦士たち」が途中で挫折したものの、引き続き働きを行って、新しい働きに従う覚悟のある人々の集団を次から次へと間断なく選び続けている。神は倒れた「英雄たち」への憐れみは持っておらず、代わりに神の新しい働きと言葉を受け入れる人々を大切にしている。しかし神は何の目的で、このように段階的に働いているのだろうか。なぜ、常に一部の人々を排除し、別の人々を選んでいるのだろうか。なぜ常にこのような方法を用いるのだろうか。神の働きの目的は、人が神を知り、それによって神のものとされるようにすることである。神の働きの原則は、神が現在行っている働きに従える人々に対して働くことであり、過去の働きには従ったが現在の働きには反抗している人々に対して働くことではない。ここに、神がこれほど多くの人々を排除してきた理由があるのだ。

神を知るための学びの成果は、一日や二日で達成できるものではない。人は経験を重ね、苦しみを経て、真の従順を成し遂げなければならない。まず神の働きと神の言葉から始めなさい。必ず理解しなければならないのは、神についての認識に何が含まれるのか、その認識にいかに到達すべきか、そして自分の経験の中でいかに神を見るべきかということである。これはまだ神を知らない人々が皆しなければならないことである。神の働きと言葉を一挙に把握することは誰にもできないし、神の全体像を短期間で認識することもできない。経験という必要な過程があり、それなしには誰も神を知ることも、神に真摯に従うこともできない。神が働きをすればするほど、人は神を知るようになる。神の働きが人の観念と異なっていればいるほど、神についての認識は改められ深みを増す。もし神の働きが永遠に固定された不変のものであれば、人の神についての認識はあまり多くならないことだろう。天地創造から現在に至るまで、神が律法の時代に行ったこと、恵みの時代に行ったこと、そして神の国の時代に行うことについて、あなたがたはこの上なく明確なビジョンを持たなければならない。あなたがたは神の働きを知らなければならない。ペテロはイエスに従って初めて、霊がイエスの中で行った働きの多くについて徐々に知るようになった。ペテロは次のように言った。「完全な認識に到達するには、人間の経験に頼るだけでは不十分である。神を知るのに役立つ新しいものを、神の働きから多く得なければならない」。当初、ペテロはイエスのことを使徒のように神から遣わされた人だと思い、キリストとは見なしていなかった。ペテロがイエスに従い始めたとき、イエスはペテロに「バルヨナ・シモンよ、わたしについて来るか」と尋ねた。ペテロはそれに答えて言った、「私は天の父から遣わされたお方に従わなくてはなりません。わたしは聖霊によって選ばれたお方を認めなければなりません。私はあなたに従います」と。ペテロの言葉から、ペテロがイエスについては何も知らなかったことがわかる。ペテロは神の言葉を経験し、自らを取り扱い、神のための苦難にも耐えていたが、それでも神の働きについては何も知らなかった。ある程度の経験を経るうち、ペテロはイエスの中に多くの神の業を見、神の素晴らしさを見、多くの神であるものを見た。そしてさらに、イエスの話した言葉が人には話せるはずのないものであることを目にし、イエスが行った働きが人には行えるはずのないものであることを目にした。そしてイエスの言葉と行いの中に、さらにさまざまな神の知恵と、多くの神性の働きを目にした。ペテロはこうした経験の中で、自らを知るようになっただけでなく、イエスの行動のすべてに注目し、そこから多くの新しいことを発見した。すなわち神がイエスを通して行った働きには実践の神の表現が多く見てとれること、そしてイエスがその言葉や行いのほか諸教会を養うやり方や行う働きにおいても、普通の人とは異なるということに気づいたのである。そしてペテロは学ぶべき多くのことをイエスから学び、イエスが十字架にかけられそうになった時には、イエスについてある程度の認識を得ていた。この認識はペテロのイエスに対する生涯を通じた忠誠の基盤となり、それによって彼は主のために逆さ十字架にかけられた。当初ペテロはいくつかの観念を持っており、イエスについての明確な認識はなかったものの、それは堕落した人間の一部として避けられないことである。イエスは出立の際、十字架にかけられることは自分に定められた働きであり、自分はそれを行うために来たのだとペテロに告げた。自分が時代に見捨てられること、この不純で古い時代がイエスを十字架にかけることは、必要なことなのだと。そして自分は贖いの働きを完成させるために来たのであり、その働きが終わったため、自分の職分は終わろうとしている、と。ペテロはこれを聞いて悲しみに襲われ、一層強くイエスを慕った。イエスが十字架にかけられると、ペテロはひそかに号泣した。その前に、ペテロはイエスにこう尋ねていた。「主よ、あなたはご自分が十字架にかけられるとおっしゃいます。あなたが去られた後、いつ再びお目にかかれますか」と。ペテロが語った言葉には、混ぜ物の要素はなかっただろうか。何の観念も混じり込んでいなかっただろうか。ペテロは心の中で、イエスが神の働きの一部を完成させるために来たのであり、イエスが去った後は霊が自分と共にあること、そしてたとえイエスが十字架にかけられ天に昇ったとしても、神の霊が自分と共にあることを知っていた。当時ペテロはイエスについてある程度の認識を持っており、イエスが神の霊により遣わされたこと、神の霊がイエスの中にあること、そしてイエスが神そのものでありキリストであることを知っていた。しかしペテロはイエスへの愛ゆえに、人間としての弱さゆえに、そのような言葉を語ったのだ。もし人が神の働きの一つ一つの歩みにおいて、観察し労を惜しまず経験することができるなら、徐々に神の素晴らしさを発見できるようになるだろう。ではパウロは、何を自分のビジョンとしただろうか。イエスがパウロに現れたとき、パウロは「主よ、あなたはどなたですか」と言った。それに対しイエスは、「わたしは、あなたが迫害しているイエスである」と答えた。これがパウロのビジョンであった。ペテロはイエスの復活と、その後四十日間にわたる出現、そしてイエスの生涯にわたる教えを、その旅路の終わりまで自らのビジョンとした。

人は神の働きを経験し、自らを知るようになり、自身の堕落した性質を一掃し、そしていのちにおける成長を求める。それらはすべて、神を知るためである。もし自らを知りその堕落した性質を取り扱うことだけを求めて、神が人にどんな働きを行うか、神の救いがいかに偉大か、人がどのように神の働きを経験し神の業を目撃するかといったことを一切知らないなら、その経験は浅はかなものである。真理を実践し忍耐することができれば、いのちが成熟していると考えるのなら、それはあなたがいのちの真の意味、あるいは神が人を完全にすることの目的を、まだ把握していないということだ。いずれ宗教的な教会で、悔い改めの教会やいのちの教会のメンバーたちといるとき、あなたは多くの敬虔な人々に出会うだろう。彼らの祈りは「ビジョン」を含んでおり、彼らはいのちの探求の中で感動し言葉によって導かれている。さらに彼らは多くの物事において、忍耐し、自分を捨て、肉に操られずにいることができる。そのときあなたには違いがわからず、彼らがすることはすべて正しく、すべてがいのちの自然な表現だと感じ、彼らが信じるものの名前が間違っているのはなんと残念なことかと思うだろう。そのような見方は愚かではないだろうか。なぜ、多くの人にはいのちがないと言われるのか。それは彼らが神を知らないからであり、そのため彼らの心には神がなく彼らにはいのちがないと言われるのだ。あなたの神への信仰がある段階に達しており、神の業、神の現実性、そして神の働きの各段階を完全に知ることができるなら、あなたは真理を備えている。もし神の働きと性質を知らないなら、あなたの経験にはまだ何かが欠けている。イエスが働きのあの段階をどのように行ったか、この段階はどのように行われているのか、神が恵みの時代に働きをどのように行い何の働きが行われたのか、この段階ではどんな働きが行われているのか――そうしたことを完全に認識していないなら、あなたは決して確信を持つことがなく、いつも不安に感じるだろう。一定の経験を経た後、神による働きとその働きの歩みすべてを知ることができるようになったら、そして神がその言葉を語る目的と、これまでに語られた言葉のうち成就していないものがなぜこれほど多いかについて完全な認識を得たなら、あなたは心配や精錬から自由になり、大胆にためらうことなく目の前の道を進むことができるようになる。あなたがたは神がどんな方法で多くの働きを成し遂げるのかを目にする必要がある。神は自身が語る言葉を用い、さまざまな類の言葉をもって、人を精錬し人の観念を変革する。あなたがたが耐えてきたすべての苦難、経験してきたすべての精錬、心の中で受け入れてきた取り扱い、経験してきた啓き――それらはすべて、神が語った言葉によって成し遂げられた。人は何の理由で神に従うのか。それは神の言葉のためだ。神の言葉は非常に神秘的であり、そのうえ人の心を動かし、人の心の奥深くに潜む物事を明らかにし、過去に起きたことを人に知らしめ、未来を見抜かせることができる。そのため人は、神の言葉ゆえに苦難に耐え、また神の言葉ゆえに完全にされる。そのとき初めて、人は神に従うのだ。この段階で人がすべきことは、神の言葉を受け入れることであり、完全にされるか精錬の対象となるかを問わず、鍵となるのは神の言葉である。これが神の働きであり、そして人が今日知るべきビジョンでもあるのだ。

神はどのように人を完全にするのか。神の性質とはどのようなものか。その性質には何が含まれているのか。これらをすべて明らかにすることは、神の名を広めることだとも、神を証しすることだとも、神を高めることだとも言われる。人は神を知ることを基盤として、最終的にそのいのちの性質が変革される。人は取り扱いと精錬を受ければ受けるほど活気づき、神の働きの歩みが多ければ多いほど完全にされる。現在、人の経験の中では、神の働きの歩みの一つ一つが人の観念に反撃しており、すべてが人の知性を超越しその予想を超えたところにある。神は人に必要なすべてのものを与えるが、それはあらゆる点で人の観念と食い違う。神はあなたが弱っているときに言葉を発する。そうすることによってのみ、神はあなたにいのちを与えることができるのだ。神はあなたの観念に反撃することで、あなたに神の取り扱いを受け入れさせる。そうすることによってのみ、あなたは自己の堕落から抜け出すことができるのだ。受肉した神は今日、ある面においては神性の状態に留まって働くが、別の面では普通の人間性の状態で働く。あなたが神のいかなる働きをも否定できなくなり、神が普通の人間性の状態で何を言おうと何をしようとそれに服従できるようになり、神がどのような普通性を表そうとそれに服従しそれを理解できるようになり、そして実際の経験を得たとき、初めてあなたはその方が神だと確信できるようになり、観念を作り出すことを止め、最後まで神に従えるようになるのである。神の働きには知恵があり、神は人間がいかに揺るぎなく神に証しを立てられるか知っている。また神は人の致命的な弱点がどこにあるかを知っており、神の語る言葉はあなたの致命的な弱点を攻撃することができるが、同時に神はその威厳と知恵に満ちた言葉を用いて、あなたに揺るぎない神の証しを立てさせる。こうしたことが、神の奇跡的な業である。神が行う働きは、人の知性によって想像できるものではない。肉である人間がどのような堕落にとりつかれているか、そして何が人間の本質を成しているか、そうしたことはすべて神の裁きを通して明らかにされ、それによって人間は自分の恥から隠れる場所がなくなるのだ。

神は裁きと刑罰の働きを行うが、それは人が神についての認識を得られるようにするためであり、また神の証しのためでもある。神が人の堕落した性質を裁かなければ、人は犯すべからざる神の義なる性質を知ることができず、神についての古い認識を新たにすることもできない。神はその証しのため、そして神の経営(救い)のため、その存在すべてを公にし、それによって人は、その神の公的な出現を通して、神の認識に到達し、性質を変化させ、明確な神の証しを立てられるようになる。人の性質の変化は、神のさまざまな働きを通して成し遂げられる。そのような性質の変化なくして、人は神の証しを立てることができず、神の心にかなうこともできない。人の性質の変化は、人がサタンの束縛と闇の影響から解放され、真に神の働きの見本かつ標本、神の証人、そして神の心にかなう者となったことを意味する。今日、受肉した神はその働きを行うため地上に到来した。そして神は、人が神を認識し、神に服従し、神の証しとなって、神の実際的な普通の働きを知り、人の観念と合致しない神の言葉と働きのすべてに従い、神が人間を救うために行うあらゆる働きと人間を征服するために成し遂げるあらゆる業の証しをすることを求めている。神の証しをする人々は、神についての認識を持たなければならない。この種の証しだけが正確かつ現実的であり、この種の証しだけがサタンを恥じ入らせることができる。神はその裁きと刑罰、取り扱いと刈り込みを経験することで神を知るようになった人々を用いて、自らを証しさせる。神はサタンにより堕落させられた人々を用いて自らを証しさせると同時に、性質が変わったことで神の祝福を得た人々を用いて自らを証しさせる。神は人による口先だけの称賛を必要とせず、神に救われていないサタンの同類による称賛や証しも必要としない。神を知る人々だけが神の証しをする資格があり、その性質が変革させられた人々だけが神の証しをする資格がある。神は人が意図的に神の名を汚すことを許さない。

脚注

a. 原文では「神を知る働き」。

前へ: 「千年神の国は訪れた」についての短い話

次へ: ペテロはどのようにしてイエスを知るようになったか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

ペテロの経験──刑罰と裁きに関するペテロの認識

ペテロが神により罰せられた時、ペテロは祈って言った。「神よ、私の肉は不従順で、あなたは私を罰し、裁かれます。私はあなたの刑罰と裁きの中で喜び、たとえあなたが私を求められなくとも、私はあなたの裁きの中に、あなたの聖なる義のご性質を目の当たりにします。あなたの裁きの中に他の人たちがあ…

あなたがイエスの霊のからだを見る時は、神が天と地を新しくした時である

あなたはイエスに会いたいと思うか。イエスと共に生きたいと思うか。イエスの語る言葉を聞きたいか。もしそうであれば、イエスの再臨をどのように歓迎するのか。あなたは完全に備えができているか。どのようにしてイエスの再臨を歓迎するのか。イエスに付き従う兄弟姉妹は皆イエスをよく歓迎したいだろ…

将来の使命にどのように取り組むべきか

神が各時代に表わす性質を、あなたは具体的に、その時代の意義を適切に伝える言葉で示せるだろうか。神による終わりの日の働きを経験しているあなたは、神の義なる性質を詳しく述べられるだろうか。あなたは神の性質について、明瞭かつ正確に証しできるだろうか。あなたの見たこと、経験したことを、義…

完全にされた者だけが意義ある人生を生きられる

実のところ、現在なされている働きは、人々に古い祖先であるサタンを捨て去らせるためのものだ。言葉による裁きはすべて、人間の堕落した性質を明らかにし、人々に人生の本質を理解させることを目的としている。繰り返されるこれらの裁きはすべて、人々の心を貫き通す。一つ一つの裁きは人々の運命に直…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索