真理を探求されている方々からのご連絡をお待ちしています

真理の道を探し求めるための百問百答

ソリッドカラー

テーマ

字体设置

字体调整

ラインスペース

ページ幅

0 件見つかりました

一致する内容が見つかりませんでした!

`

84.終わりの日の働きを為すべく、なぜ神は秘かに中国に降臨したのか。この背後にある意味は何か。

「神は自分の被造物の中で働きを行うことを望むので、思い通りの完成まで確実に行うだろう。神の働きに有益な人々の中で神は働きを行う。従って、人々の中で働きながらすべての因習を神は打ち砕く。「呪われた」「罰せられた」「祝福された」という言葉は神には意味がない。ユダヤ人は非常に善良で、イスラエルの選民も邪悪な民ではない。彼らは良い能力と人間性の人々である。ヤーウェは最初彼らの間で働きを開始し、神の最初の働きを行ったが、神が今神の征服の働きの受容者として彼らを使おうとするなら意味がないだろう。彼らも被造物の一部であり多くの積極的側面を持っているが、この段階の働きを彼らの間で実行することは意味がないだろう。神は誰も征服できず、すべての被造物を説得することもできないだろう。これが赤い大きな竜の国のこれらの人々に神の働きを移動することの意味である。ここでの深い意味は、神がひとつの時代を始めること、すべての規則とすべての人間の観念を打ち砕くこと、そしてまた恵みの時代全体における働きを神が終えることである。神の現在の働きがイスラエル人の中で実行されるなら、神の6000年の経営(救いの)計画が終わる時までに、神はイスラエル人だけの神であり、イスラエル人だけが神の選民であり、イスラエル人だけが神の祝福と約束を受け継ぐに値するとすべての人が信じることになるだろう。世の終わりの間、赤い大きな竜の国の異邦人の中で神は受肉している。神はすべての被造物の神としての神の働きを完了している。神は経営(救い)の働き全体を完成しており、赤い大きな竜の国で神の働きの中心部分を終了する。三つの段階の働きの中心は人の救済、すなわち被造物すべてに創造主を崇めさせることである。…」

『言葉は肉において現れる』の「神はすべての被造物の主である」より

「終わりの日の御業が、最も暗く遅れた地である中国で行われているのだろうか。それは、神の聖さと義を現すためである。つまり、暗い場所では、神の聖さを一層明るく照らすことが出来る。その真相は、こうした物事を行うのは、ひとえに神の御業の為である。あなたがたが知っているのは、天の神が地に来られて自分達の中に居ること、そして神はあなたがたの汚れと反逆性により際立ったものとされており、あなたがたは神の知識を得られるようになったことだけである。これは素晴らしい励みではないか。」

『言葉は肉において現れる』の「征服の御業の第2段階は、どのように実りを迎えるか」より

「大きな赤い竜が住む地において神が偉大な働きを行ったことを考えれば、その働きをどこか別の地で行えば、とうの昔にすばらしい実を結んでおり、容易に人に受け入れられていただろう。神を信じる西洋の聖職者たちにとっては、そのような働きを受け入れることはいとも簡単なことだっただろう。イエスによる段階の働きが前例となっているからだ。だから、神は自身が栄光を得るこの段階の働きを別のどの場所でもなしえないのである。つまり、全ての人間から支持され、全ての国から認められているので、神の栄光を得ることができないのだ。そしてこのような事実にこそ、この段階の働きがこの地でなされることの重要な意味がある。」

『言葉は肉において現れる』の「神の働きは人間が想像するほど簡単か」より

前へ:全能神を信じ、終わりの日の神の働きを受け入れることによってのみ救いが可能なのはなぜか。

次へ:なぜ終わりの日の神の働きはイスラエルではなく中国で行われるのか。

他のお気に入り