日々の神の御言葉: 神の出現と働き | 抜粋 50

全能神――神の国の王――が証しされて以来、神の経営(救い)の領域は全宇宙にあまねく広がっている。神の出現は中国において証しされただけでなく、すべての国とすべての土地で全能神の名が証しされている。人々はみなこの聖なる名を呼び、あらゆる手段で神との交わりを持とうとし、全能神の旨を把握し、一致して教会で仕えている。これが聖霊の驚くべき働き方なのである。

さまざまな国の言語はみな異なっているが、霊はただ一つである。この霊は全宇宙の教会を一つに結びつけており、神と一体で、わずかな相違もない。これは疑いの余地のない事実である。聖霊は今や彼らに呼びかけており、その声は彼らを呼び覚ましている。それは神の憐れみの声である。皆が全能神の聖なる名を呼んでいるのだ。そして彼らは、讃美を捧げ歌っている。聖霊の働きには何の狂いもあり得ない。これらの人々はどんな苦労も惜しまず、正しい道に沿って前進し、退くことはない。奇跡は次々と起こっている。これは人々にとって想像し難いことであり、推測するのも不可能なのだ。

 全能神は宇宙のいのちの王である。神は栄光の玉座に就いて世界を裁き、すべての上に君臨し、すべての国々を支配する。すべての人は跪いて神に祈り、神に近づき、神と交わる。どれほど長く神を信じていようと、地位がどれだけ高かろうと、どれほど年功があろうと、心の中で神に逆らう人は裁かれなければならず、神の前にひれ伏して痛々しい懇願の声を出さねばならない。それはまさしく自身の行動の結果を刈り取ることなのだ。その嘆きの声は火と硫黄の池で苦しめられるときの声であり、神の鉄の杖によって懲らしめられるときの叫びである。それこそがキリストの玉座の前の裁きなのだ。

『言葉は肉において現れる』より引用

全能神の名はすべての国で証しされる

全能神、神の国の王が証しされて、その経営計画の範囲が全宇宙に広がった。中国だけでなく、各国で神の出現が証しされた。彼らは聖なる名を呼んで、神の意志をつかみ、教会で共に仕え、何としても神と交わろうとする。聖霊は不思議な働き方をする。全能神、神の国の王が証しされてきた。まことに全能神の名があらゆる国と地で証しされてきた。

国によって言葉は違うが、ただ一つの霊は全ての教会を結び、神と一つである。それは疑いのない事実だ。聖霊の呼ぶ声が彼らを起こす。神の憐れみはその声だ。彼らはみな全能神の聖なる名を呼び、賛美して歌う。聖霊の働きは道を逸れない。みな正しい道を歩み。全く退かない。不思議なことが重なる。人は想像もできず計り知れないことだ。全能神、神の国の王が証しされてきた。まことに全能神の名が、あらゆる国と地で証しされてきた。全能神は宇宙の生命の王だ!栄光の座に座り、全世界を裁き、全ての国を支配し治める。全ての民は膝を折り、神に祈り、近づく。どれだけ長く神を信じてきたか。地位や、年の功に関わらず、心の中で神を拒むなら、必ず神に裁かれる。あなたは苦し気に神に乞うだろう。これは実に自業自得だ。この嘆きは火と硫黄の池からの苦悶の声だ。それは神に鉄の杖で懲らしめられる時の叫び。これこそキリストの御座の前の裁きだ。全能神、神の国の王が証しされてきた。まことに全能神の名があらゆる国と地で証しされてきた。まことに全能神の名があらゆる国と地で証しされてきた。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「神の働きのビジョン(3)」抜粋131

全宇宙、そしてその上の世界において最も偉大である神は、肉体の姿を用いて自分自身を完全に説明することができるだろうか。神がその肉体をまとうのは、自身の働きの一段階を行なうためである。その肉体の姿には特に何の重要性もなければ、時代の推移とも無関係であり、神の性質とも関係がない。なぜイ…

日々の神の御言葉: 受肉 | 抜粋 110

受肉した神は神の本質を有し、受肉した神は神による表現を有する。神は人間の姿になるので、なすべき働きを打ち出し、神は人間の姿になるので、自分が何であるかを表して、人に真理をもたらし、人に命を与え、人に進むべき道を示すことができる。神の本質を含んでいない肉体が受肉した神ではないことは…

日々の神の御言葉「全宇宙への神の言葉:第二十八章」抜粋227

あなたがたは、ほんとうに赤い大きな竜を憎んでいるのか。ほんとうに、心から竜を憎んでいるのか。なぜわたしは、こんなに何度も尋ねているのか。なぜわたしは、この問を何度も繰り返しているのか。あなたがたは、赤い大きな竜について、どんな印象をもっているのか。それはほんとうに除かれたのか。ほ…

日々の神の御言葉: 神の三段階の働き | 抜粋 44

「ヤーウェ」はわたしがイスラエルで働きを行っている間に用いた名前であり、人を哀れみ、人をののしり、人の人生を導くことのできる、イスラエル人(神に選ばれた人々)の神という意味である。それは偉大な力を所有し、英知に満ちた神という意味である。「イエス」はインマヌエルであり、愛に満ち、慈…