いのちの経験の証し

131 件の記事 4 件の動画

この私の試練

全能神は言われます。「わたしの行いは海岸の砂の粒子より数が多く、わたしの知恵はソロモンの全ての子孫の知恵より偉大であるのに、人はわたしのことをただの医師や人の名もない教師としてしか思っていない。何人もの人たちが、わたしが彼らを癒やすということだけを信じている。何人もの人たちが、わたしが自身の力で彼ら…

神の救い

神は言われます。「神の働きのどの段階も、厳しい言葉であれ、裁きであれ、刑罰であれ、人を完全にする、あくまで適切なものである。あらゆる時代を通じ神はこのような働きを為したことはない。今日、神はあなたがたの内にあって働いているので、あなたがたは神の知恵を理解できた。あなたがたは内にある何らかの苦痛を味わ…

正しい道に戻る

全能神は言われます。「神に仕えることは単純な作業ではない。堕落した性質が変わらないままの人は決して神に仕えることはできない。もしあなたの性質が神の言葉により裁かれ、罰されていないのならば、その性質はいまだにサタンを表している。これは、あなたの奉仕があなた自身の善意から出ていることの十分な証明である。…

神の加護

神は言われます。全能神は言われます。「人間は、自分で自分の性質を変化させることができない。人々は神の言葉による裁き、刑罰、そして辛い精錬を受けるか、あるいは神の言葉による取り扱いと懲らしめ、刈り込みを受けなければならない。その後初めて、彼らは神への従順と献身を実現することができ、神を欺こうとしたり、…

人間らしく生きるのは本当に素晴らしいこと

全能神は言われます。「神の六千年の経営(救いの)計画が終了する以前――つまり神が各範疇の人間の結末を明らかにする以前においては――地上における神の働きは人の救いのためであり、すべては神を愛する者たちを真に完全にし、神の統治に服従させるためである。神がどのように人々を救おうとも、そのすべては人々を古い…

ごう慢さを解決することで人間らしくなれる

あれは2017年3月のこと、教会でグラフィックデザインを担当することになった。主な仕事は映画ポスターや動画のサムネイルの作成。最初は技術的なことを知らなかったので、原則と実務スキルを学ぶことを心掛けた。謙虚な態度で兄弟姉妹に質問し、人からの助言を注意深くデザインに取り入れた。そのうちこの仕事に必要な…

傲慢さが転落を招く

全能神は言われます。「傲慢さは人間の堕落した性質の根源です。傲慢になればなるほど、その人は神に抵抗しがちになりますこの問題はどれほど深刻でしょうか傲慢な性質の持ち主は他のあらゆる人を見下すだけでなく、最悪なことに、神に対して威張りさえします表面上は神を信じて神に従っているように見えるものの、まったく…

ごう慢な性質は変えられないのか

神の御言葉の一節を読みますね。「人は自分の性質を変えることができず、神の言葉による裁きと刑罰、苦難と精錬を経験するか、あるいは神の言葉による取り扱い、懲らしめ、そして刈り込みを受けなければならない。そうして初めて、その人は神への従順と忠誠を実現することができ、もはや神に対していい加減ではなくなる。人…

失敗に直面して立ち上がる

神を信じる前、私は共産党の教育を受けていましたどうすれば自分がのし上がり、家族に名誉をもたらせるかばかり考えていましたその後、私は大学院に進み、やがて弁護士になりました自分は一歩抜きん出た存在だといつも思っていましただからどこに行っても絶えず自分を誇示しようとし何においても他人が私を見習い私の言うと…

真理が道を示してくれた

全能神は言われます。「神に仕えることは単純な作業ではない。堕落した性質が変わらないままの人は決して神に仕えることはできない。もしあなたの性質が神の言葉により裁かれ、罰されていないのならば、その性質はいまだにサタンを表している。これは、あなたの奉仕があなた自身の善意から出ていることの十分な証明である。…

報告すべきか、せざるべきか

全能神は言われます。「あなたがたは自らの運命のために神の承認を求めなければならない。つまり、自らが神の家の一員であることを認識している以上、あなたがたは神に心の平安をもたらさなければならず、万事において神を満足させなければならない。言い換えると、あなたがたは行いにおいて原則にかなっており、かつ真理と…

自分勝手を解決するには

全能神は言われます。「人の行ないが善か悪かを判断する基準は何ですか。それは、考えや表現や行動において真理を実行に移し、真理の現実を生きる証しを有しているかどうかによります。その現実がなかったり、それを生きていなかったりすれば、あなたは間違いなく悪を行なう者です。神は悪事を行なう人をどのように見ていま…

束縛からの解放

神は言われます。「今こそ、わたしが一人一人の終わりを決めるときであり、人間への働きを開始する段階ではない。一人一人の言動、わたしに従うためにたどった道、生来の属性や最終的にどのようにふるまったかをわたしは記録帳に一つずつ書き留める。こうすることで、どのような人であってもわたしの手から逃れることはなく…

霊の戦い

全能神は言われます。「神を信じるようになって以来、人は多くの間違った意図を心に抱いてきた。真理を実践していない時、あなたは自分の意図はすべて正しいと感じているが、自分に何かが起こると、あなたは自分の中には間違った意図がたくさんあることがわかる。従って、神が人を完全にする時、神は神に関する人の認識を妨…

人間関係の縛りを解き放つ

神は言われます。「あなたたちは自らの運命のために神の承認を求めなければならない。つまり、自らが神の家の一員であることを認識している以上、あなたたちは神に心の平安をもたらさなければならず、万事において神を満足させなければならない。言い換えると、あなたたちは行いにおいて原則にかなっており、かつ真理と一致…

誰にでもいい顔をする人にさようなら

神を信じる前は、誰にでもいい顔をする人は素晴らしいと思っていました。穏やかな性質をもち、誰とでもうまくやっていける。皆に好かれ、人を傷つけるようなことは決してしない。そんな人間になりたいと思っていました。なぜなら、幼い頃から学校教育や社会にそう教えられてきたからです。たとえば、「和を尊び、忍耐を美徳…

真理を実践して人間らしく生きる

以前は、こう思っていました。「本分を尽くし、兄弟姉妹と仲良くして、明らかな罪を犯さなければ、人間らしく生きている」と。でも神の御言葉に何度も裁かれ、暴かれて、やっと分かった。人間らしさとは、ただの表面的な振る舞いじゃない。大切なのは、神の御言葉を実践し、何かあっても自分の利益を捨てて原則を守り、神の…

他人にいい顔をする人は救いを得られるのか

中国山東 郝正 私は貧しく遅れた山村で生まれ育ちましたが、そこには封建的な習慣や複雑な人間関係が残っていました。私はそうした環境や、両親がよく口にする次のような言葉に強い影響を受けました。「口を開く前に頭を使え。それから控えめに話せ」、「沈黙は金、雄弁は銀、多弁は過ちのもと」、「良い友人の欠点に目…