いのちの経験の証し

182 件の記事 9 件の動画

残酷な拷問は私の信仰を強める

中国 趙睿 私は趙睿という名前です。神の恵みにより、1993年に家族とともに主イエスにつき従うようになりました。1996年、16歳のときに主イエスの愛に引き寄せられ、教会で働いて説教するようになりました。ところが、まもなくして教会内でひどくがっかりさせられることを多く見受けるようになりました。同労…

残忍な拷問を受けた日々

中国 陳輝 私は中国の一般家庭で育ちました。父は軍人で、幼い頃から父の影響を受けて私の性格が形作られていったので、兵士の天命と義務は母国に仕えること、命令に従い共産党と人民のために滅私奉公することだと信じるようになりました。また、自分も兵士になって父の歩んだ道を進むことを決心しました。しかし時が経…

破られない信仰

中国 孟勇 私は生まれつき正直な人間で、そのためいつも他人からいじめられました。それゆえ、人の世の冷たさを味わい、自分の人生は空虚で意味のないものだと感じてきました。全能神を信じ始め、神の御言葉を読んで教会生活を送ることで、私はかつて味わったことのない熱意と喜びを心の中で感じました。全能神教会の兄…

訊問室での拷問

中国 肖敏 私は時代に取り残された貧しい農村に生まれ、子供時代はつらく困窮した生活を送りました。できるだけ早くよりよい生活を送れるようにと、結婚後は狂ったように働き始めました。しかし、働き過ぎで最後は病気になり、健康で調子のよかった身体が病に苦しむことになりました。私は病気が引き起こす苦痛の中で生…

刑務所での苦難

シャオファン 中国 2004年5月のある日、数名の兄弟姉妹との集会に参加していたところ、20名以上の警官が乱入してきました。彼らは市の国家保安大隊で、過去4ヵ月にわたってわたしの携帯電話を監視していたそうです。また、これは省全体の取り締まり活動の一環であり、全能神の信者多数が逮捕されたとのことでし…

肝臓癌になったことから学んだ教訓

リ・ヨン 中国 わたしはクリスチャンになったあと、中国共産党によって何度か逮捕されましたが、決して主を裏切りませんでした。数年前に全能神による終わりの日の働きを受け入れ、それからは雨の日も晴れの日も、ひたすら熱心に福音を宣べ伝え、自分の本分を尽くしました。どんな苦難に遭おうと、自分は常に神に忠実だ…

病気の中で得た収穫

チャンリー 中国 2007年はわたしの人生の大きなターニングポイントになりました。その年、夫が交通事故に巻き込まれ、寝たきりになってしまったのです。二人の子どもはまだ幼く、家族にとって大変な時期でした。わたしも本当につらい思いをし、この先どうすればいいか見当もつかなかったのですが、そのとき、全能神…

病を通じて祝福を求める動機が証される

チェンシン 中国 全能神は言われます。「神への信仰において人が求めるのは将来の祝福を得ることであり、それが信仰における目標です。すべての人にこの意図と望みがありますが、人の本性にある堕落は試練を通じて解決されなければなりません。人が清められていない側面がどれであろうと、その側面において精錬されなけ…

ある偽善者の悔い改め

シンルイ(韓国) 全能神は言われます。「神に仕えるのは簡単なことではない。堕落した性質が変わらないままの人は、神に仕えることが決してできない。あなたの性質が神の言葉により裁かれ、罰されていないなら、その性質はいまだにサタンを表しており、あなたが神に仕えているのは善意を見せつけているのだということ、…

誠実な報告の果実

チャオミン(中国)  2011年4月、国内の別の地域にある教会で、ヤオランという指導者の後任に就くことになりました。引き継ぎの途中、ヤオランはこの教会の状況を手短かに説明しながら、娘のシャオミンは潤し役の執事なので、教会の働きを熟知するのに役立つはずと言ってくれました。あらゆることを整然と説明する…

偽指導者を暴く:個人の戦い

チェンイー(韓国)  昨年、わたしは町の外の教会で本分を尽くしていましたが、実際の働きをしていないせいで解任され、自宅に戻りました。その後、リー姉妹というわたしたちの指導者が、神の御言葉について光のあることを何も語れず、教義を文字通り説いているだけだということを知りました。自己認識することについて…

お人好しでいることの真相を見た

ヌーリー 中国  以前のわたしは、友人や家族や近所の人たちとの付き合いの中で、個人的な関係を保つことに多くの努力を払っていました。自分のことを悪く言われないよう、何があっても我慢して、思い通りにさせていて、誰とも口論することはありませんでした。誰かが問題を抱えているのに気づいても、やはり何も言いま…

お人好しは神に称えられるか

リン・イー 中国  信者になる以前、わたしは他の人を怒らせまいといつも気をつけ、誰とでも仲良くしていました。困っている人を見るたびに手助けしましたし、自分はよき人間性を持つ善人だと思っていたのです。しかし神の御言葉による裁きと刑罰を経験して初めて、自分は他者との関係を守ろうとするばかりで、正義感が…

嫉妬せず、楽に呼吸する

アンチン 中国  2017年1月、わたしは教会の中で潤しを行なう本分を与えられました。この本分の訓練を受ける機会が得られたことに、心から神に感謝するとともに、熱心にしっかり尽くそうと決意しました。しばらくすると、兄弟姉妹が自分の状態を正すのを手伝うことであれ、あるいは集会で彼らと交わることであれ、…

ようやく人間らしく生きる

チョウホン 中国  2018年に教会指導者になったとき、優れた素質の持ち主で、真理を追い求めているヤンという名の姉妹がいました。わたしは「彼女をきちんと訓練できれば、わたしも楽に物事を進められるし、働きも改善して指導者に褒めてもらえる」と思って彼女の訓練に力を入れ、彼女が問題に突き当たるたびに交わ…

地位を捨てることの難しさ

リーチュン 中国 わたしは農家に生まれましたが幼いころに両親を失い、兄と頼り合いながら暮らさざるを得ませんでした。わたしたちはとても貧しく、他の人たちに見下されていましたが、わたしは「学校に行って、いつかみんなと肩を並べて追い越そう」と考えたものです。しかし残念なことに、わたしたちにはお金がなかっ…

誤解と用心深さに害を被る

スーシン(中国) しばらく前のこと、真理を追い求めず実際の働きをしていないという理由で私たちの教会の指導者が解任され、兄弟姉妹は私をその後任に選出しました。選挙の結果に私は不安を覚えました。指導者を務めるには真理を理解していることに加え、他の人たちのいのちの入りにおいて、彼らの困難を解決できる能力…

正直な人になることの味わい

ヨンスイ 韓国 3月の終わりごろに行なわれたある集会で、逮捕されて激しい拷問を受けたある兄弟のことを、指導者が話しました。すっかり弱気になった瞬間、教会のメンバー2人を売り渡したのですが、後悔で一杯になり、神の裁きと啓きの御言葉を読んで自分の過ちの根源を見つけ、心から悔い改めたというのです。そこで…