信仰と人生

33 件の記事

真の教会とは──どうすればヒラデルヒヤ教会が見つかるのか

世界は今や混乱状態にあり、あらゆる類の災害が人類を襲っています。そして多くの人々が、「主はもう再来されたのだろうか? もしもう再来されたのなら、なぜ私たちは大災害の前に携挙されないんだろう?」と悩んでいます。また、牧師や長老たちがいつも昔ながらの説教をしていたり、信者たちは信仰が冷めて世俗的な流行を…

疫病が迫る:神の哀れみと守りを得るには

人々を恐怖に陥れる「新型コロナウイルス」は、中国の武漢で発生し、世界中に広がりました。世界中で大勢の人々が犠牲になり、さらに多くの人々がパニック状態に陥り、大きな災いが迫っていることを予感しています。このパンデミックがどれくらい続くのか、どれくらいの命を奪うのか、誰にもわかりません。しかし、神を信じ…

「一度救われると永遠に救われる」という概念は聖書的か?

目 次 ● 「救い」の真の意味 ● いかにして救いを受け、天国に入ることができるか? 多くの人が、主の到来後すぐに救われ、天国に引き上げられることを待ち望みます。主イエスが帰ってきて、人々を救い清めるために、神の家から始まる裁きの働きを行っていると、公然と証しているのは、今…

明らかになった「わたしと父とは一つである」の謎

主イエスは言いました。「わたしと父とは一つである。」(ヨハネによる福音書 10:30)「ピリポよ、こんなに長くあなたがたと一緒にいるのに、わたしがわかっていないのか。わたしを見た者は、父を見たのである。どうして、わたしたちに父を示してほしいと、言うのか。わたしが父におり、父がわたしにおられる…

主イエスの再臨の兆候は表れた:私たちはどのように主を迎えるべきか

2000年前、主イエスは「見よ、わたしはすぐに来る」(ヨハネの黙示録 22:12)と約束されました。今、主の再臨の兆候がありとあらゆる形で表れており、主の日が近づいていることを多くの兄弟姉妹が予感しています。主はすでに再臨されたのでしょうか?主を迎えるために私たちができることは何でしょうか?ここでは…

マタイによる福音書24:23-24説教:真のキリストと偽キリストの見分け方

今、あらゆる種類の災害が発生し、主の到来に関する聖書の預言の大部分が実現しています。多くの兄弟姉妹は、心の中で主はすでに再来したのではないかと感じ、皆が主を探していますが、聖書のこの節を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。「そのとき、だれかがあなたがたに『見よ、ここにキリストがいる』、また、『…

聖書の十人の乙女の比喩──賢い乙女になって主を迎えよう

主イエスは十人の乙女の比喩を用いて、私たちに主が再来される時に、私たちは賢い乙女になって主を迎えるべきだと教えてくださいました。今、災害が頻発しており、主の再来の兆しは既に現れ、私たちはどのように主を迎える道を見つけるのですか。この文章を通して、その答えを理解しましょう。

就職のために祈り、神の御業を目の当たりにした

日本は実に良い国だと前から聞いていました。2015年4月に日本に渡り、そこは環境も良く、人々もとても礼儀正しく友好的だとわかると、日本で仕事を見つけて定住できればという思いが募りました。 しかしそれから、日本で既に働いていた人から、外国人がそこで仕事を見つけるのはとても難しいが、不動産屋の資格が得…

説教:生活の中で私たちはどのように罪から抜け出すか

「イエスは彼らに答えられた、『よくよくあなたがたに言っておく。すべて罪を犯す者は罪の奴隷である。そして、奴隷はいつまでも家にいる者ではない。しかし、子はいつまでもいる』。」(ヨハネによる福音書 8:34–35)主の御言葉では、人々が罪の束縛から逃れることができないなら、そして罪を犯し続けるなら、彼ら…

三位一体の謎、明かされる

1997年、私は幸運にも主イエスの福音を受け入れました。洗礼を受けたとき、牧師は三位一体の神、すなわち父、子、聖霊の名において祈り、授洗しました。以来、私は祈るとき、いつも慈愛ある天の父、救い主イエス、聖霊である三位一体の御名において祈りを捧げました。

神の救いを受け入れたあと、新しい生活を手に入れる

あるとき私はお客さんと意見の行き違いがあり、とてもいら立ち、不当な扱いを受けたと感じていました。帰宅後、そのことを夫に愚痴りました。夫が私を慰めてくれるだろうと期待していたのです。しかし驚いたことに夫は携帯電話をもてあそびながら、ただ私に気づいてうなずいただけで、私に意識を向けないではありませんか。うなずいた後はすぐにうつむいてまた携帯電話を見始めました。夫の私に対する完全な無関心に我慢できず、私は夫に向かって怒鳴りました。

神様への信仰を築くには

神様が私たちクリスチャンひとり一人に求めていらっしゃるのは、本物の信仰を自分のものにすることです。では本物の信仰とは何でしょうか。あなたには本物の信仰がありますか。

ぶどう園の労働者のたとえ:主の御心は何ですか

マタイによる福音書20章にあるぶどう園の労働者のたとえについて、主が言われた「夜が明けるとぶどう園に行く人でも、十二時ごろと三時ごろぶどう園に入る人でも、また五時ごろにぶどう園に入る人でも、賃金は同じです。」という言葉の主の御心は何でしょうか。