「一度救われると永遠に救われる」という概念は聖書的か?

2020年6月25日

目 次

● 「救い」の真の意味

● いかにして救いを受け、天国に入ることができるか?

多くの人が、主の到来後すぐに救われ、天国に引き上げられることを待ち望みます。主イエスが帰ってきて、人々を救い清めるために、神の家から始まる裁きの働きを行っていると、公然と証しているのは、今のところ『全能神教会』だけです。この知らせを聞いて困惑する人もいるでしょう。彼らは次の節を読みます。「信じてバプテスマを受ける者は救われる。しかし、不信仰の者は罪に定められる」(マルコによる福音書 16:16)。「なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである」(ローマ人への手紙 10:10)。この聖句の意味は、主イエスが人類すべての罪を贖うために十字架に掛かられたのだから、主に信じる限り、自分たちは救われるし、いったん救われると永遠に救われるということだと、彼らは信じています。自分たちが最後まで主のみ名を保ち、耐え抜けば、終わりの日に裁きや清めという神の働きを受け入れずとも、主が帰りたもう時、すぐに天国に引き上げられると信じています。このような考えは正しいのでしょうか?

よく考えてみましょう:人が一旦救われたら、天国に入れるなどと主が言われたでしょうか?聖書に書かれているでしょうか?この二つの問いに対する答えは明らかにノーです。主イエスは言われました。「わたしにむかって『主よ、主よ』と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが父の御旨を行う者だけが、はいるのである」(マタイによる福音書 7:21)。この神の言葉によって、天の父の御旨を行う者だけが天国に入ることができるということがわかります。 天の父の御旨を行うとは、神の言葉を実行することができ、神に服従し、どんな状況にあろうと、神の言葉に従って生きることができること、また二度と罪を犯したり神に反抗したりしないことです。とはいえ、私たちは、思わず嘘をつき罪を犯し続け、主の教えを実践しないことさえあります。それでは、罪を犯し、このようになおも主に逆らう可能性のある者が、天国に入ることができるのでしょうか?残念ながら「一度救われると永遠に救われる」という私たちの考えは誤りです。神の国に入るという重要な問題になると、私たちは主の言葉に従わなければなりません。人間の見解や想像で判断することはできません!では、聖書における「救い」の真の意味は何でしょうか?実際、人はいかにして天国に入るのでしょうか?ここでは、この問題について、一緒に、検討し探求したいと思います。

「救い」の真の意味

律法時代の後半、人類はサタンにより次第にひどく堕落していきました。イスラエルの人々はたびたび律法と戒めを破り、ますます罪を犯すようになりました。そのため、どんな多くの犠牲も十分ではなく、民はみな、律法により有罪とされ死刑を宣告される危険にさらされるほどでした。人類を死の脅威から救うために、神は人間の姿になって主イエスとして地上に降り、贖いの働きをなし、人のために十字架におかかりになり、全人類の罪のためのいけにえとなって、人の罪を一思いにお許しになりました。それ以来、主イエスを信じ、主に自らの罪を告白し、悔い改めさえすれば、罪の赦しを得られ、主イエスが与えるすべての祝福と恵を享受できるようになったのです。律法のもとに生きている人々にとって、これは「救い」でした。そのため、主イエスが語られた「救い」とは、私たちが想像するように、主イエスを信じさえすれば永遠に救われるというものではありません。むしろ、罪を犯す人々がもはや律法により罪に定められて死刑になることがなく、人の罪が許されるということです。全能神の言葉の一節を見てみましょう。「人は贖われ罪を赦されたが、それはただ神が人の過ちを覚えず、過ちに応じて人を取り扱わないこととみなすことが出来る。しかし、肉に生きる人が罪から解放されていないと、人は堕落したサタン的な性質をどこまでも顕し続け、罪を犯し続けることしかできない。これが人の送る人生で、罪と赦しの終わりのないサイクルである。大多数の人は昼間罪を犯し、夜になると告白するだけである。そのように、たとえ罪のためのいけにえが人にとって永久に有効だとしても、人を罪から救うことはできない。救いの働きは半分しか完成していない。人は堕落した性質を持ち続けているからである。……人が自分の罪に気づくのは容易ではない。人は自分自身の深く根ざした本性を認識することができない。言葉による裁きに頼らなければそのような成果を達成することはできない。これによって初めてその時点から次第に人は変えられていくのである」(「受肉の奥義(4)」『言葉は肉において現れる』)。

私たちが主に信じる時、救いの賜物を受け、罪が許されたとしても、罪の束縛から解放されるのではなく、罪の中で生き続けるのです。その例をあげます。私たちは信じられないほど傲慢になる可能性があります。どんなグループの中でも常に最終決定権を持ちたいと思い、他の人たちが自分の言いなりになるようにします。誰かが自分の言う通りにしないと、カッとなってその人をいさめたりするかもしれません。もっと深刻な場合、なんらかの方法でその人を罰し、虐待することもあります。信じがたいほど自己中心的になり、自己の利益という原則をすべての基とし、神への信仰において神と取り引きしようとさえすることがあります。物事が平和で順調に進んでいるときは、神に感謝しますが、つまずきや失敗に直面すると、神に対する誤解と不満でいっぱいになり、神を裏切り捨て去るようにまでなります。あまりに欺瞞に満ちているため、自分の個人的利益が関わると、思わず嘘をついて人をだますこともあります。これは私たちがいかに罪の中に生き続けるかを示すほんの数例にすぎません。聖書には、こう書いています。「もしわたしたちが、真理の知識を受けたのちにもなお、ことさらに罪を犯しつづけるなら、罪のためのいけにえは、もはやあり得ない。ただ、さばきと、逆らう者たちを焼きつくす激しい火とを、恐れつつ待つことだけがある」(ヘブル人への手紙 10:26-27)。「すべて罪を犯す者は罪の奴隷である。そして、奴隷はいつまでも家にいる者ではない。しかし、子はいつまでもいる」(ヨハネによる福音書 8:34-35)。神は聖です。私たちが真の道について学んだ後、なおも、我知らず罪を犯し神に反抗する可能性があります。ということは、私たちは罪の奴隷であり、神の推薦は受けられないということです。聖書にはこうあります。「きよくならなければ、だれも主を見ることはできない」(ヘブル人への手紙 12:14)。罪が清められておらず、たびたび罪を犯し神に背くなら、その人は永遠に救われるでしょうか?天国に入るにふさわしい者となれるでしょうか?それは明らかに無理です。私たちが罪より完全に清められてはじめて、聖なるものとなり、天国に入ることができるのです。そこで「どうしたら清められて天国に入ることができるのだろう?」と問う人もいるでしょう。

いかにして救いを受け、天国に入ることができるか?

全能神は言われます。「イエスは人間のあいだでたくさんの働きをしたが、全人類の贖いを完了しただけで、人の贖罪のためのささげものとなり、人から堕落した性質のすべてを取り除くことはなかった。サタンの影響から完全に人を救うためには、イエスが贖罪のささげものとして人の罪を引き受けることが必要だっただけではなく、神にとっても、サタンによって堕落させられた人の性質を完全に取り除くためにもっと大きな働きを行うことが必要だった。そこで、人が罪を赦された後、神は人を新しい時代に導くために人間の姿に戻り、刑罰と裁きの働きを開始し、この働きは人をより高い領域に連れてきた」(「序文」『言葉は肉において現れる』)。このことから分かることは、人間に深く根差したサタン的性質を解決し、人を罪の束縛から完全に開放するためには、主が終わりの日に帰ってきて、神の家から始まった裁きの働きを実行し、人類を清め救うために真実を表す必要があるということです。事実、聖書に書かれている通り、主はこのことについて昔から既に予言しておられたのです。「わたしには、あなたがたに言うべきことがまだ多くあるが、あなたがたは今はそれに堪えられない。けれども真理の御霊が来る時には、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろう」(ヨハネによる福音書 16:12-13)。「わたしを捨てて、わたしの言葉を受けいれない人には、その人をさばくものがある。わたしの語ったその言葉が、終りの日にその人をさばくであろう」(ヨハネによる福音書 12:48)「さばきが神の家から始められる時がきた」(ペテロの第一の手紙 4:17)。

全能神は、今、主イエスの贖いの働きに基づいて、神の家から始まる裁きの働きを行いつつあります。人の罪深い本性をすっかり清算し、清めて罪の縄目から解き放つために、人類を清め救うための真理をすべて表しておられます。それは、最終的に人が神のものとなり、神の国に導かれるようになるためです。終わりの日における全能神の裁きの働きにより、これらの预言が完全に成就するのです。終わりの日に神の働きを受け入れる者はみな、神の清めと救いを受けるのです。大惨事が到来する前に、勝利者となり、神とともに栄光が与えられ、天国に引き上げられる機会が与えられるのです。それでは、全能神は、いかにして、人々を裁き、清め、罪の縄目から解き放つのでしょうか?

全能神はこう言われます。「終わりの日には、キリストはさまざまな真理を用いて人間を教え、人間の本質を明らかにし、人間の言動を解剖する。そのような言葉は、人の本分や、人はいかに神に従うべきか、人はいかに神に忠実であるべきか、いかに正常な人間性を生きるべきかや、また神の知恵と性質など、さまざまな真理を含んでいる。これらの言葉はすべて人間の本質とその堕落した性質に向けられている。とくに、人間がいかに神をはねつけるかを明らかにする言葉は、人間がいかにサタンの化身であり、神に敵対する力であるかに関して語られる。裁きの働きを行うにあたって、神は少ない言葉で人間の本性を明らかにするだけではない。神は長い期間にわたり、それをさらけ出し、取り扱い、刈り込む。このような方法のさらけ出し、取り扱い、刈り込みは通常の言葉が取って代わることはできず、人間が一切持ち合わせていない真理でなければ取って代われない。このような方法のみが裁きと呼ばれることができる。このような裁きを通してのみ人間は屈服し、徹底的に納得して神への服従に向かうようになり、さらに神についての真の認識を得ることができる」(『言葉は肉において現れる』の「キリストは真理をもって裁きの働きを行う」より)。

このことから、神が多くの真理を用いて、神に逆らい反抗するという、人の悪魔的な性質を裁き暴き出しているのがわかります。全能神の言葉による裁きを経験すると、神の義なるご性質は、どんな罪も許さないということを、私たちは身をもって体験します。神の一つ一つの言葉は私たちの心を貫き、あらゆる種類の堕落の現れを暴き出します。また、誤った考えや見方、不純な動機、心の奥底にある意図や妄想、これらの裏に隠れている悪魔的な本性についても暴き出します。それによって私たちに羞恥心と深い悔恨の念が生じ、神のみ前にひれ伏し、真に神にざんげするようになるのです。しばらくは、神も実践の道を示してくれます。たとえば、神を信じる信仰においてどのような見解を持つべきか、いかにして正直な人となるべきか、いかにして神を崇め、その証人となるべきか、いかにして反キリストの道を避けるべきか、いかにして神への真の服従と真の愛を達成すべきかなどについでです。神の裁きの働きを経験し、神の言葉を実践してはじめて、私たちは正常な人の生きぶりができるのです。これはもっぱら神の裁きの成せる業です。

現在、裁きの体験をした『全能神の教会』の兄弟姉妹たちによる様々な体験的な証が、インターネット上に公開されています。この実際の体験と証からわかることは、神が終わりの日に行う刑罰と裁きの働きを経験しなければ、人は、清められ、神のものとなることができないということです。これが天国に到達する唯一の道です。これまで、真に神を信じる世界の多くの人々が、全能神の言葉を通して天国への道を発見し、神に立ち返っています。私たちが「一度救われると永遠に救われる」という概念に執着し、終わりの日の裁きという神の働きを受け入れないならば、私たちの堕落した性質が、清められ、変えられることはないでしょう。それゆえ、天国に入る機会を得ることは決してないでしょう。それなら、あなたがなおも待ち望むものは何でしょうか?

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

聖書の十人の乙女の比喩──賢い乙女になって主を迎えよう

主イエスは十人の乙女の比喩を用いて、私たちに主が再来される時に、私たちは賢い乙女になって主を迎えるべきだと教えてくださいました。今、災害が頻発しており、主の再来の兆しは既に現れ、私たちはどのように主を迎える道を見つけるのですか。この文章を通して、その答えを理解しましょう。

マタイによる福音書24:23-24説教:真のキリストと偽キリストの見分け方

今、あらゆる種類の災害が発生し、主の到来に関する聖書の預言の大部分が実現しています。多くの兄弟姉妹は、心の中で主はすでに再来したのではないかと感じ、皆が主を探していますが、聖書のこの節を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。「そのとき、だれかがあなたがたに『見よ、ここにキリス…

明らかになった「わたしと父とは一つである」の謎

主イエスは言いました。「わたしと父とは一つである。」(ヨハネによる福音書 10:30)「ピリポよ、こんなに長くあなたがたと一緒にいるのに、わたしがわかっていないのか。わたしを見た者は、父を見たのである。どうして、わたしたちに父を示してほしいと、言うのか。わたしが父におり、父が…

コメントを残す