信仰ガイド

36 件の記事

ある役人の岐路

父は僕の出生前に罪を犯して逮捕された。70年代、中国の農村でそうしたことは不名誉だったし、僕は嘲笑を浴びながら育った。母はいつも言いました。「努力して抜きん出なさい。家族が見下されるなんて許せない」。その母の言葉が脳裏に深く刻まれた。だから勉強に打ち込み、将来はきっと抜きん出て、周囲の見方を変えてや…

神が私のそばにいらっしゃる

私はクリスチャンの一家に生まれましたが、私が1歳のとき、祖母の強い反対にもかかわらず、母は再臨された主イエス、すなわち全能神の新たな働きを受け入れました。小さいころ、よく祖母から「具合が悪かったり、宿題ができなかったりしたら、ひたすら主イエスに祈りなさい。そうすれば賢さと知恵をお与えになり、お前を守…

禍と福

私は中国の村の貧しい家庭に生まれました。家計が苦しくて食事抜きの時もあり、おやつやおもちゃは論外でした。その上、服はすべて姉からのお下がりで、大概は大きすぎたため、同級生に笑われ、一緒に遊んでもらえませんでした。子供時代は苦労ばかりで、その時からこう決心しました。「大人になったらお金をたくさん稼いで…

ある守銭奴の目覚め

中国 醒悟 子どものころ、我が家は貧しくて学費が払えず、私は垣根を作って学費を稼ぎました。農作業で小指を切ったときも、治療費がなくて完治しませんでした。今もまっすぐ伸ばせません。結婚後も私たち夫婦は貧乏でした。友人や親戚に見下され、避けられました。金持ちが尊敬され、食べ物や着る物の心配がないのを見…

ある士官の悔い改め

全能神は言われます。「創世の時から今日に至るまで、神がその働きの中で行ったことは、みな愛であり、人間への憎しみは欠片ほどもない。あなたの見た刑罰と裁きでさえ愛なのだ。それはもっと真実で、さらに現実的な愛であり、その愛は人を人生の正しい道へと導く。...神が行ったすべての働きは、人々を人生の正しい道へと…

名声と富がもたらした苦しみ

ある春の日、先輩の医師たちとアウトドア料理に出かけました。その道すがら、現地の村人に王(ワン)医師を知る人がいたの。うれしそうに感謝の言葉を口にして、彼女を温かく迎えてた。料理を始めると、足りない物があるのに気づいたけど、村人たちがそれは親切にしてくれて、必要な物をくれたんです。当時、日用品の中には…

真の教会とは──どうすればヒラデルヒヤ教会が見つかるのか

世界は今や混乱状態にあり、あらゆる類の災害が人類を襲っています。そして多くの人々が、「主はもう再来されたのだろうか? もしもう再来されたのなら、なぜ私たちは大災害の前に携挙されないんだろう?」と悩んでいます。また、牧師や長老たちがいつも昔ながらの説教をしていたり、信者たちは信仰が冷めて世俗的な流行を…

疫病が迫る:神の哀れみと守りを得るには

人々を恐怖に陥れる「新型コロナウイルス」は、中国の武漢で発生し、世界中に広がりました。世界中で大勢の人々が犠牲になり、さらに多くの人々がパニック状態に陥り、大きな災いが迫っていることを予感しています。このパンデミックがどれくらい続くのか、どれくらいの命を奪うのか、誰にもわかりません。しかし、神を信じ…

「一度救われると永遠に救われる」という概念は聖書的か?

目 次 ● 「救い」の真の意味 ● いかにして救いを受け、天国に入ることができるか? 多くの人が、主の到来後すぐに救われ、天国に引き上げられることを待ち望みます。主イエスが帰ってきて、人々を救い清めるために、神の家から始まる裁きの働きを行っていると、公然と証しているのは、今…

明らかになった「わたしと父とは一つである」の謎

主イエスは言いました。「わたしと父とは一つである。」(ヨハネによる福音書 10:30)「ピリポよ、こんなに長くあなたがたと一緒にいるのに、わたしがわかっていないのか。わたしを見た者は、父を見たのである。どうして、わたしたちに父を示してほしいと、言うのか。わたしが父におり、父がわたしにおられることをあ…

イエス・キリストの再臨に関する6つの聖書の預言が成就されました

2000年前、主イエスは「見よ、わたしはすぐに来る」(ヨハネの黙示録 22:12)と約束されました。今、主の再臨の兆候がありとあらゆる形で表れており、主の日が近づいていることを多くの兄弟姉妹が予感しています。主はすでに再臨されたのでしょうか?主を迎えるために私たちができることは何でしょうか?ここでは…

今日の福音:真のキリストと偽キリストの見分け方

今、あらゆる種類の災害が発生し、主の到来に関する聖書の預言の大部分が実現しています。多くの兄弟姉妹は、心の中で主はすでに再来したのではないかと感じ、皆が主を探していますが、聖書のこの節を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。「そのとき、だれかがあなたがたに『見よ、ここにキリストがいる』、また、『…

聖書の十人の乙女の比喩──賢い乙女になって主を迎えよう

主イエスは十人の乙女の比喩を用いて、私たちに主が再来される時に、私たちは賢い乙女になって主を迎えるべきだと教えてくださいました。今、災害が頻発しており、主の再来の兆しは既に現れ、私たちはどのように主を迎える道を見つけるのですか。この文章を通して、その答えを理解しましょう。

説教:生活の中で私たちはどのように罪から抜け出すか

「イエスは彼らに答えられた、『よくよくあなたがたに言っておく。すべて罪を犯す者は罪の奴隷である。そして、奴隷はいつまでも家にいる者ではない。しかし、子はいつまでもいる』。」(ヨハネによる福音書 8:34–35)主の御言葉では、人々が罪の束縛から逃れることができないなら、そして罪を犯し続けるなら、彼ら…

他人との付き合い方の三原則

日常生活における人間関係の複雑さは、悩みの種になることが多く、他人とどのように付き合うかは私たち一人一人にとって大きな課題になっています。クリスチャンとして、私たちはどうすれば兄弟姉妹と仲良く付き合うことができるでしょうか。読み進めましょう…