日々の神の御言葉「他の人を自分たちだけに従わせ、真理や神には従わせない(三)」抜粋256

神自身は真理を備えており、神は真理の源です。あらゆる肯定的なものとあらゆる真理は神に由来します。神は万事万物の善悪の判断をすることができます。起こった事、現在起こっている事、まだ人間に知られぬ将来の事の判断をすることができます。神は万物の善悪の判断をすることができる唯一の審判者であり、これは万物の善悪は神にしか判断できないということを意味します。神は万物の規則を知っています。それは真理の体現であり、神自身が真理の本質を備えているということを意味します。人間が真理を理解し、完全にされたとして、真理の体現に何か関係していますか。完全にされた人間は、神が現在行っていることと神が要求することのすべてについて正確に判断し、正しい方法で実践します。人間はまた神の旨を理解し、物事の善と悪の区別がつきます。しかし、それでも人間には及ばないこと、神から教えられて初めて知ることができることがあります。人は未知の物事、神からまだ教えられていない物事を知ることができず、予測することもできません。さらに、神から真理を得て、真理現実を自分のものにし、多くの真理の本質を知り、善悪を区別する能力をもったとしても、人間が万物を支配し、統治する能力をもつことはありません。これが違いです。被造物は、真理の源から真理を得ることしかできません。人は人間から真理を得られますか。人は真理ですか。人は真理を与えることができますか。人にはできません。そこが違いです。あなたは真理を受け取ることしかできず、与えることはできません。あなたが真理の体現と呼ばれることがあり得ますか。真理の体現の本質とは正確には何を指しますか。それは真理をもたらす源、万物を支配し統治する源です。またそれは万事万物が裁かれる基準と規則でもあります。これこそが真理の体現です。

『反キリストを暴く』より引用

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「神の前で心を静めることについて」抜粋419

神の前で自分の心を静めることは、神の言葉に入る上で最も重要な段階の一つであり、現在すべての人が至急入る必要のある課題である。神の前で自分の心を静める境地に入る道は以下の通りである。 1.外部の物事から自分の心を取り戻し、神の前で静まり、心を集中して神に祈る。 2.神の前で静まった…

日々の神の御言葉「いったん真理を理解したら、それを実践すべきである」抜粋422

神の働きと言葉は、あなたがたの性質に変化を生じさせるためのものである。神の目標は、あなたがたに神の働きと言葉を理解させたり、知らしめたりするだけではない。それでは不十分である。あなたがたは理解する力がある人なのだから、神の言葉を難なく理解できるはずだ。なぜなら、神の言葉の大半は人…

日々の神の御言葉「三位一体は存在するのか」抜粋299

神の経営(救いの)計画は六千年に及び、働きの違いに基づいて三つの時代に分けられる。第一の時代は旧約の律法の時代である。第二は恵みの時代で、第三は終わりの日に属する時代、神の国の時代である。各時代で異なる身分が表されている。これは単に働きの違い、すなわち、働きの必須要件によるもので…

日々の神の御言葉「神の宿る肉の本質」抜粋102

最初の受肉では、神は受肉の働きを完了しなかった。神が肉においてするべき働きの最初の段階を完了しただけである。だから、受肉の働きを完了するために、神は再び肉の体に戻り、肉体のもつすべての正常性と現実を生きている。つまり、神のことばが完全に普通の平凡な肉の体として現れ、それにより、肉…