唯一無二の神自身4 神の聖さ(1)その1

前回の集会では神の権威について追加の話をしましたが、今は神の義については話しません。きょうは、神の聖さという全く新しい題目について話します。神の聖さは、神特有の本質におけるもう一つの側面なので、この題目についてここで話す必要性が大いにあります。これから話す神の本質におけるこの側面は、わたしたちが前に話し合った二つの側面である神の義なる性質と神の権威と同様に、唯一のものでしょうか。(はい。)神の聖さもまた唯一のものですので、この唯一性の基礎、根幹がきょうのわたしたちの話し合いの主題です。わかりますか。今日は神の特有の本質、つまり神の聖さについて話をします。おそらく何らかの不安があり、「なぜ神の聖さについて話し合うのだろうか」と疑問に思っている人もあなたがたのうちにいるかもしれません。心配しなくてよろしい。ゆっくりとあなたがたに説明してゆきます。話を聞けば直ちに、なぜこの題目について話し合うのがわたしにとってそれほど必要かが、わかります。

まず「聖なる」という言葉を定義しましょう。あなたがたの認識とあなたがたが得た知識を使うと、「聖なる」という言葉の定義はどのようになると考えますか。(「聖なる」とは、汚れがなく、人間の堕落や欠点も全くないことです。考えにおいてであれ、発言においてであれ、行動においてであれ、聖なるものが発するものは全て、完全に肯定的です。)よろしい。(「聖なる」ものは、神聖であり、汚されておらず、人間が背くことができません。それは唯一のものであり、神の特徴的な象徴です。)これがあなたがたの定義です。一人ひとりの心の中に、この「聖なる」という語の一つの範囲、定義、解釈があります。少なくとも、「聖なる」という言葉を見るとき、あなたがたの頭はからっぽではありません。あなたがたは、この単語に関する一定範囲の定義を持っており、一部の人々が言うことは、神の性質の本質を定義する言葉にいくぶん近く、それはとてもよいことです。大部分の人が、「聖なる」という言葉を好ましい言葉であると考えていて、それは断定できます。しかし、わたしが今日話したい神の聖さは、単に定義されたり説明されたりはしません。その代わりに、わたしが神は聖なる存在であると言う理由、わたしが神の本質を説明するために「聖なる」という言葉を用いる理由をあなたがたが理解できるよう、事実を挙げて検証します。話が終わる頃には、「聖なる」という語で神の本質を定義することや、この語を用いて神を指すことが、極めて相応しく、かつ適切であるとあなたがたは感じます。少なくとも、現在における人間の言語に関する限り、この語で神を指すことは、ことさらに適切です。この語は、人間の言語のなかで、神を指す語として最適な唯一の語です。この語が神を指すのに用いられるとき、それは空虚な語句ではなく、またそれは理由のない称賛でも、空虚な賛辞でもありません。この話の目的は、あなたがたそれぞれが、神の本質のこの側面の真実を確認できるようにすることです。神は人々の理解を恐れず、人々の誤解だけを恐れます。神は、一人ひとりが神の本質、神であること、神がもつもののすべてを知ることを望んでいます。そうしたわけで、神の本質のある側面について述べる時は、毎回多くの事実を用いて、神の本質のこの側面が紛れもなく存在することを人々が理解できるようにするのです。

「聖なる」という語を定義したので、例を幾つか検討しましょう。人間の考えでは、多くの「聖なる」物や人物を想像します。たとえば、人類の辞書では、童貞や処女は聖なるものと定義されていますが、童貞や処女は実際に聖なるものですか。この、いわゆる聖なると、ここでわたしたちが話し合おうとする「聖なる」は、同一ですか。(いいえ。)人間の中でも徳が高く、洗練された教養ある話し方をし、誰も傷つけず、話をすると他人を快適で気分よくさせる人々は、聖なる存在ですか。儒教学者や、徳が高く言動が洗練されている紳士は、聖なる存在ですか。善行を頻繁に行い、慈悲の気持ちに溢れ、他人に多くの援助を提供する人々、他人の生活に多くの楽しみをもたらす人々は、聖なる存在ですか。利己的な考えを一切もたず、誰に対しても厳しい要求をせず、誰に対しても寛容な人々は、聖なる存在ですか。誰とも争ったことがなく、誰も利用したことのない人々は聖なる存在ですか。他者のために尽くし、他者にあらゆる方法で益と教えをもたらす人々は、聖なる存在ですか。生涯にわたる蓄えを他者のために寄付し、質素な生活をし、自分には厳しく他人には心の広い扱いをする人々は、聖なる存在ですか。(いいえ。)あなたがたは、自分の母親があなたがたを思い、考えうるあらゆる方法で世話をしてくれたのを覚えています。あなたがたの母親は、聖なる存在ですか。有名人であれ、スターであれ、偉人であれ、あなたがたが好きな偶像的な人物は、聖なる存在ですか。(いいえ。)では、多くの人々には不知であった将来を予測することのできた聖書に登場する預言者を見てみましょう。この種の人々は聖なる存在でしたか。神の言葉や神の業の事実を聖書に記すことができた人々は、聖なる存在でしたか。モーセは聖なる人でしたか。アブラハムは聖なる人でしたか。(いいえ。)ヨブはどうですか。ヨブは聖なる人でしたか。(いいえ。)ヨブは、神に「義なる者」と呼ばれましたが、それでも彼さえ聖なる存在であると言えないのはなぜですか。神を畏れ、悪を避ける人々は、本当に聖なる存在ではないのですか。聖なる存在ですか。違いますか。(違います。)あなたがたは少し不安で、十分な確信がなく、敢えて否定しませんが、かといって肯定するわけでもないので、結局は気乗りのしないまま「違います」と言います。もうひとつ質問します。神の使い、神が地上に送る使いは、聖なる存在ですか。天使は聖なる存在ですか。(いいえ。)サタンに堕落させられていない人類は、聖なる存在ですか。(いいえ。)あなたがたは全ての質問に「いいえ」と答えます。何が根拠ですか。わたしがたったいま述べた言葉が、あなたがたが「いいえ」と答える理由ですか。あなたがたは困惑していますね。ではなぜ天使までもが聖なる存在ではないと言うのですか。あなたがたはここで不安に感じています。違いますか。それでは、これまで挙げてきた人々や物や非被造物が聖なる存在ではない根拠は何かであるかを明らかにできますか。あなたがたにはできないとわたしは確信しています。そうですね。それでは、あなたがたが「いいえ」というのは、多少無責任ではありませんか。あなたがたは無造作に答えているのではありませんか。「そのような聞き方をするのだから、聖なる存在ではないに違いない」と考えている人もいるでしょう。ただ無造作に答えないようにしなさい。答えが肯定なのか否定なのか注意深く考えなさい。次の題目について話し合えば、なぜ答えが「いいえ」なのかわかります。回答は後ほど与えます。まずは聖句を読みましょう。

ヤーウェ神の人間への命令

創世記 2:15-17 ヤーウェ神は人を連れて行ってエデンの園に置き、これを耕させ、これを守らせられた。ヤーウェ神はその人に命じて言われた、「あなたは園のどの木からでも心のままに取って食べてよろしい。しかし善悪を知る木からは取って食べてはならない。それを取って食べると、きっと死ぬであろう」。

女を惑わすへび

創世記 3:1-5 さてヤーウェ神が造られた野の生き物のうちで、へびが最も狡猾であった。へびは女に言った、「園にあるどの木からも取って食べるなと、ほんとうに神が言われたのですか」。女はへびに言った、「わたしたちは園の木の実を食べることは許されていますが、ただ園の中央にある木の実については、これを取って食べるな、これに触れるな、死んではいけないからと、神は言われました」。そしてへびはその女に言った。「あなたがたは必ずしも死ぬわけではありません。いつかそれを食べる日、あなたがたの目が開かれ、あなたがたが神のように善悪を知ることを、神は知っているからです」。

これら二つの聖句は聖書の創世記からの抜粋です。あなたがたは皆、これらの聖句をよく知っていますか。これは、人類が最初に造られた時に起きたことです。実際にあった出来事です。まず、ヤーウェ神はアダムとエバにどのような命令を与えたのかを見ましょう。この命令の内容は今日の話題にとって極めて重要だからです。「ヤーウェ神はその人に命じて言われた。『あなたは園のどの木からでも心のままに取って食べてよろしい。しかし善悪を知る木からは取って食べてはならない。それを取って食べると、きっと死ぬであろう』」。この聖句における神の人間への命令には、どのような内容が含まれていますか。まず、神は人間に何を食べてよいか、それは様々な木からの実であることを伝えます。危険も毒もなく、望むままにどれも好きなだけ食べることができます。これがひとつの箇所です。もうひとつの箇所は警告です。この警告の中で神は人間に対し、善悪の知識の木からその実を取って食べてはならないと告げています。それを取って食べると、どうなりますか。神は人間に「それを食べると、必ず死ぬ」と言いました。この言葉は分かりやすいですか。もし神があなたにこのように言うものの、なぜなのかわからなかったら、それを従うべき規則や命令とみなしますか。従わなければなりませんね。しかし、人間がそれに従うことができるか否かを問わず、神の言葉は明確なものです。神は人間に、食べてもよいものと、食べてはならないもの、そして食べてはならないものを食べるとどうなるかを極めて明瞭に述べました。神が述べたこの短い言葉に、神の性質の何かを認識しましたか。この神の言葉は真実ですか。何か欺瞞がありますか。何か虚偽がありますか。何か脅しがありますか。(いいえ。)神は人間に、正直に、誠実に、そして真摯に、食べてもよいものと食べてはならないものを、明瞭に分かりやすく伝えたのです。この言葉には、隠された意味がありますか。この言葉は分かりやすいですか。憶測する必要がありますか。(いいえ。)推測する必要はありません。言葉の意味は一見して明瞭であり、読んですぐに理解できます。極めて明解です。つまり、神が述べたいこと、神が表現したいことは、その心から出るのです。神が表現することは混じりけがなく、分かりやすく、明確です。隠れた動機や意味などありません。神は人間に直接語り、食べてもよいものと、食べてはならないものを伝えました。つまり、神のこの言葉から、神の心は透明で、真実であることが人間には理解できます。ここに偽りなど絶対にありません。食べられるものを食べてはならないと言ったり、食べられないものについて「食べて、どうなるか見てみなさい」などといったりはしていません。神はそのようなことを意味しないのです。神が心で何を考えようと、それは神が言うことです。神はこれらの言葉により、このように神自身を示し、表すのだから聖いとわたしが言えば、わたしは些細なことを大げさに述べているとか、わたしが行き過ぎた解釈をしていると多少感じるかもしれません。もしそうなら、心配しなくてよろしい。話はまだ終わっていません。

「女を惑わす蛇」について話しましょう。この蛇は誰ですか。(サタンです。)神の六千年にわたる経営(救いの)計画において、サタンは引き立て役であり、それは神の聖さについて話すときに必ず述べなければならない役割です。わたしがこう述べるのはなぜですか。もしサタンの邪悪さや堕落あるいはサタンの本性を知らなければ、それを認識することも、聖さとは実際に何かを知ることも決してできません。人間は困惑し、サタンのすることが正しいと思い込みます。なぜなら、人間はそうした堕落した性質の中で生きているからです。引き立て役がなく、比較すべきものもなければ、聖さとは何かを知ることはできません。ここでサタンに触れる必要があるのはそのためです。それについて触れることは決して無駄話ではありません。わたしたちはサタンの言動から、サタンがどのように行動し、どのように人間を堕落させ、どのような本性を持ち、どのような表情であるかを見ることができます。では、女は蛇に何と言いましたか。女はヤーウェ神が女に言ったことを蛇に説明しました。女の言葉に従うなら、女は神が女に言ったことすべての有効性を確認していましたか。女はそれを確認できませんでした。そうですね。新たに造られたばかりの者として、女には善と悪を見分ける能力も、自分の周囲の何かを認識する能力もありませんでした。女が蛇に語った言葉から判断すると、女は心の中で神の言葉が正しいと認めていませんでした。それが女の態度でした。だから、神の言葉に対して女が確固たる態度がないことを見てとった蛇は、「あなたがたは必ずしも死ぬわけではありません。いつかそれを食べる日、あなたがたの目が開かれ、あなたがたが神のように善悪を知ることを、神は知っているからです」と言いました。この言葉には、何か間違いがありますか。この一文を読み終わったとき、あなたがたは蛇の意図を感じ取りましたか。この蛇は、どのような意図をもっていますか。(人間を惑わして罪を犯させようとすることです。)蛇はこの女を惑わして神の言葉に耳を傾けるのをやめさせたいのですが、そのままを話しませんでした。ゆえに、蛇は極めて狡猾であると言うことができます。蛇は、人間に気付かれないよう心の中に秘めた意図する目的を果たすために、その旨をずるくて曖昧な方法で表現します。これが蛇の狡猾さです。サタンは常にこのように話し、行動してきました。蛇は「必ず~わけではない」のように言い、こうなるとも、ああなるとも断言しません。しかし、この話を聞いて、この無知な女の心は動かされました。言ったことが望みどおりの効果をもたらしたので、蛇は喜びました。これが蛇の狡猾な意図でした。さらに、「いつかそれを食べる日、あなたがたの目が開かれ」と述べ、人間が良いと考える効果を約束して女を惑わしました。そこで女は「私の目が開くのは良いことだ」と考えました。すると蛇は、さらに良いこと、人間が知らなかった、聞く者を強く誘惑する力のある言葉を話しました。すなわち「あなたがたが神のように善悪を知る」と語ったのです。この言葉は、人間にとって極めて誘惑的ではありませんか。それはまるで誰かがあなたに、「あなたの顔の形はすばらしい。ただ鼻が僅かに低いが、それを直せばあなたは世界的な美人になるだろう」と言うようなものです。整形手術をしたいと思ったことのない人は、このような言葉を聞いて心が動くでしょうか。この言葉は誘惑的ですか。この誘惑は、あなたにとって魅力的ですか。拒み難いですか。(はい。)神はこのようなことを言いますか。たったいま読んだ神の言葉に、このようなものが少しでもありますか。(ありません。)神は心で考えることをそのまま述べますか。人は神の言葉をとおして神の心が見えますか。(はい。)しかし、蛇が女に話した時、蛇の心が見えましたか。(いいえ。)人間はその無知のせいで、簡単に蛇の言葉に惑わされ、騙され、誘導されました。あなたはサタンの意図を見ることができましたか。サタンの言葉の裏にある意図を見抜くことができたましたか。サタンの策略と抜け目ない計画を見抜くことができましたか。(いいえ。)サタンの話し方はどのような性質を表していますか。その言葉をとおして、サタンのどのような本質を見定めましたか。狡猾ですか。おそらく表面的には、サタンはあなたに微笑みかけるか、一切何らの表情も見せません。しかし胸中では、いかにして自分の目的を果たすかを計画しており、あなたはその目的を知ることができません。そしてあなたは、サタンの与える様々な約束や、サタンが語る利点に惑わされます。あなたは、それらを良いものであると判断し、サタンの話すことが神が述べることよりも役立ち、重要であると感じます。このようなことが起きると、人間は服従する囚人となるのではありませんか。サタンが用いるこの手口は悪魔的ではありませんか。あなたは自分自身を深く沈めます。サタンは指一本動かすこともなく、サタンのふた言で、あなたは喜んでサタンに従い、言う通りにします。サタンの目的が達成されました。この意図は邪悪ではありませんか。これがサタンの元来の姿ではないでしょうか。サタンの言葉から、人間はその邪悪な動機と醜悪な姿とその本質を見ることができます。そうではありませんか。これらの文章を比較すると、詳しく分析することなしに、ヤーウェ神の言葉は退屈で平凡なありふれたものであり、神の誠実さを讃美するために大騒ぎするに値しないとおそらく感じるかもしれません。しかしながら、サタンの言葉と醜悪な姿を引き立て役として見立てると、この神の言葉には現在の人間にとって遙かに大きな重要性がありませんか。(その通りである。)この引き立て役をとおして、人間は神の純粋無垢さを感じることができます。サタンが述べる言葉のひとつひとつと、その動機、意図、そして話し方は、すべて汚れています。サタンの話し方の主な特徴は何ですか。サタンは曖昧な言葉で、人間に気付かれることなく、また目的が何かを判断させることなく、人間を惑わします。サタンは人間を餌に食いつかせ、サタンを称賛させ、その功績を礼賛させます。これはサタンの常套手段ではありませんか。(その通りです。)

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する