唯一無二の神自身 10 神は万物のいのちの源である(4) その1

今日は特別な事項について話し合います。信者一人ひとりが知り、経験し、理解すべきおもな事項は二つしかありません。その二つとは何ですか。一つは個人のいのちへの入りであり、もう一つは神を知ることに関するものです。神を知るという主題についてわたしたちが最近話し合ってきた事項に関し、それは達成可能だと思いますか。それは大部分の人々にとって、まさに手の届かない領域にあると言えるでしょう。あなたがたはわたしの言葉に納得しないかもしれませんが、わたしがこう述べるのはなぜですか。その理由は、わたしが以前に述べた事柄をあなたがたが聞いたとき、わたしがどのように述べたか、どのような言葉を用いたかにかかわらず、それらの言葉が何を語っているのか、あなたがたは文字どおりの意味においても、理論的にも知ることができたからです。しかし、あなたがた全員にとって、わたしがそのような事柄を述べた理由、そうした主題について話した理由を理解していなかった、というのは深刻な問題です。これがこの件の要点です。したがって、これらの事柄を聞くことにより、神や神の業に関する認識がわずかに増し、豊富になったにもかかわらず、あなたがたは依然として、神を知るには大きな努力が必要だと感じるのです。つまり、あなたがたの大半はわたしの話を聞いても、わたしがその話をした理由も、その話と神を知ることとのつながりも理解していないのです。その話と、神を知ることとのつながりを理解できないのは、あなたがたのいのちの経験があまりに表面的だからです。神の言葉に関する人々の認識と経験がごく浅い段階に留まっていれば、神に関する人間の認識は漠然として抽象的なものになります。どれも一般的で、教義上、および理論上のものになるのです。理論上は論理的かつ合理的なもののように見えたり聞こえたりするかもしれませんが、大部分の人々が口にする神についての認識は、実際には空虚なものです。では、わたしがそれを空虚なものと言う理由は何ですか。それは、神を知ることに関する自分の言葉の真実性と正確さを、自分でもはっきり理解していないからです。そうしたわけで、神について知ることに関する情報や話題を、大半の人々が聞いたことがあるにもかかわらず、こうした人々の神に関する認識は、漠然として抽象的な理論と教義の域を超えていません。それでは、この問題はどうすれば解決できますか。あなたがたはそのことを考えたことがありますか。真理を追求せずして、現実を自分のものにできますか。真理を追求しなければ、その人は間違いなく現実を自分のものにしておらず、それゆえ神の言葉に関する認識や経験が絶対にありません。神の言葉に関する認識をもたない人は、神を知ることができますか。絶対にそのようなことはありません。その二つは相互に関連し合っているのです。したがって、大部分の人々はこう言います。「神を知ることがこれほど難しいのはなぜなのか。自分を知ることについては何時間でも話せるが、神を知ることになると言葉につまってしまう。この件について何か言えたとしても、それは無理やり口にした言葉で、単調なものに聞こえる。自分で聞いても不自然に思われるほどだ」。これが原因です。神を知るのは難しすぎる、たくさんの努力が必要だ、自分には取り上げるべき話題もなく、他人や自分に伝えたり教えたりする現実的な物事が何ひとつ思い浮かばない、などと感じるなら、そのことは、あなたが神の言葉を体験したことがない人であることを証明しています。神の言葉とは何ですか。神の言葉は、神が所有するものと神そのものをあらわすものではないですか。神の言葉を経験したことがないのに、神が所有するものと神そのものについて何らかの認識を得られますか。間違いなくできません。これらの事柄はすべて相互に関連しています。神の言葉に関する経験がなければ、神の旨を把握することはできず、神の性質はどのようなものか、神が好む物事や嫌悪する物事は何か、人々に対する神の要求は何か、善人に対する神の姿勢、悪人に対する神の姿勢はどのようなものかを知ることもありません。そのすべてがあなたにとって漠然としていて、はっきりしないことは間違いありません。そのようにはっきりしない中で神を信じれば、自分は真理を追い求めて神に従う人だと言い張ったところで、そうした主張は現実的でしょうか。現実的ではありません。それを踏まえて、神を知ることについて交わりを続けましょう。

みなさんは、本日交わる事項を聞きたくてたまらないでしょう。本日の話題は、最近話し合った「神は万物のいのちの源である」という主題にも関連しています。「神は万物のいのちの源である」という主題についてはこれまでたくさん話し合いました。その中で、神が造ったこの地球上に、万物が存在できるようにするため、神はあらゆるものをどのように支配しているのか、どのような手段を用いてそうしているのか、どのような原則にしたがって万物を管理しているかについて、様々な方法や観点を用いて伝えました。また、神が人間に施す方法、つまり、神はいかなる手段でそのような施しを与えるか、人間にどのような生活環境を施すか、そして人間に安定した生活環境を与えるうえでどのような手段を用いるか、どこから始めるか、といったことについても多くの事柄を話しました。神による万物の支配および統治と、神による経営との関係については直接話をせず、神がこのような方法で万物を統治する理由、そして神がこのような方法で人類に施し、人類を養う理由について、間接的に話をしました。これらはすべて神の経営に関係しています。巨視的な環境から、人々の基本的な必需品や食糧など、それよりずっと小さな事柄に至るまで、また神が万物を支配して整然と機能させることから、各人種のために神が造った適正かつ正常な生活環境に至るまで、いままで話してきた内容は極めて広範囲にわたっていました。この広範な内容はどれも、人間が肉体としてどのように生きるかに関連しています。つまりそのすべてが、山、川、海、平原など、人間が目で見て感じることができる、物質世界の物事に関連しているのです。これらはどれも見て触れることができるものです。わたしが空気や気温について話をすると、あなたがたは呼吸によって空気の存在を直接感じ、また身体によって気温の高低を感じることができます。森の中の木々や草、鳥や獣、および空を飛ぶものや地を歩むもの、巣穴から出てくる様々な小動物は、どれも人間の目で見えるもの、人間の耳で聞こえるものです。こうしたものは極めて広範囲にわたっていますが、神が造った万物の中で、それらは物質世界だけをあらわしています。物体とは人間が見たり感じたりすることができるものです。つまり、手で触れたときにそれを感じ、目で見たときに脳があなたに画像を示すものです。それらは実在する現実のものであり、あなたにとって抽象的なものでなく、形があるものです。角ばっていたり丸かったり、背が高かったり低かったりするなど、一つひとつがあなたに異なる印象を与えます。これらの物体はどれも、被造物の物質面を代表しています。それでは神にとって、「神による万物の統治」という言葉の「万物」には、何が含まれていますか。この「万物」には、人間が見て触れることのできるものだけでなく、目に見えず、触れることもできないすべてのものも含まれます。これが、神による万物の統治がもつ真の意味のひとつです。このような物事は、人間には見ることも触れることもできませんが、神にとっては、自らの目で観察することができ、かつ自らの統治の範囲内にある限り、それらは実在しています。人間にとって、それらの物事は抽象的であり、想像不可能であり、さらには目に見えず触れることもできないという事実にもかかわらず、神にとってそれらは実在するのです。これが、神が支配する万物のもうひとつの世界であり、神が支配する万物の範囲の、もうひとつの部分なのです。これが本日交わる事項です。つまり、神が霊界をどのように支配し、統治するかについて話をします。この事項には、神がどのように万物を支配、統治するかが含まれているので、物質世界の外にある世界、すなわち霊界に関連しています。したがって、わたしたちは絶対に理解しなければいけません。この内容について交わり、それを理解して初めて、「神は万物のいのちの源である」という言葉の真の意味を、人は本当に理解できるようになります。それが、この事項についてこれから話し合う理由です。その狙いは、「神は万物を支配し、管理する」という主題を完結させることです。この事項を聞いて、聞き慣れない、あるいは理解しがたいと感じるかもしれません。しかし、あなたがたがどう感じるかにかかわらず、霊界が神によって支配される万物の一部である以上、あなたがたはこの事項について何らかの理解を得なければなりません。いったんこの事項を理解して初めて、「神は万物のいのちの源である」という言葉の意味をさらに深く理解し、認識することができるでしょう。

神が霊界を支配、統治する方法

物質世界では、ある種の物事や現象を理解できなければ、人はそのたびに関連する情報を探したり、様々な方法を使ってそれらの原因や背景を調べたりすることができます。しかし、本日話をするそれ以外の世界、すなわち物質世界の外に存在する霊界について言えば、人間にはそれについて何かを知る手段も方法も絶対にありません。わたしがこう述べるのはなぜですか。わたしがそのように言うのは、人間世界では物質世界のあらゆる物事が人間の物理的存在と切り離せないから、人々は物質世界のあらゆる物事が自分の物理的ないのちと不可分だと感じているから、そして大半の人間は眼前にあって見ることができる物体しか意識していない、あるいは見ていないからです。しかし霊界、すなわちその他の世界のあらゆるものに関しては、大部分の人々が信じないと言っていいでしょう。人にはそれが見えず、それを理解したり知ったりする必要がないと信じ、ましてや霊界が物質世界とまったく違うことについては何ひとつ述べる必要がないと信じているので、そして霊界は神の目から見れば開かれているが、人間に対しては秘密で閉ざされていると信じているので、その世界の様々な側面を理解するにあたり、その方法を見つけるのはとても困難です。これからお話しする霊界の様々な側面は、神の管理と統治だけに関係するものです。わたしは謎を解明するつもりも、あなたがたが知りたい秘密を教えるつもりもありません。それは神による統治、支配、施しだけに関係するものだからであり、したがってあなたがたが知る必要のある部分だけを話すことにします。

まず、あなたがたに質問します。あなたがたの心の中で、霊界とは何ですか。一般的に言うと、霊界とは物質世界の外側の世界であり、人間にとって見ることも触れることもできない世界です。しかし、あなたがたの想像の中で、霊界とはどのような世界でしょうか。霊界は見ることができないので、おそらくそれについて考えることはできないでしょう。しかし、何らかの伝説を聞くと、霊界について依然考え、それを止めることはできません。わたしがこう述べるのはなぜですか。多くの人が幼いころに経験することがあります。誰かが幽霊や亡霊にまつわる怪談をすると、それを死ぬほど怖がるというものです。怖がるのはいったいなぜですか。それは、そうしたことを想像するからです。幽霊や亡霊を見ることはできなくても、自分の部屋、隠れた場所、暗い隅っこなどの至る所にそれらが存在するように感じるので、恐怖のあまり寝ようともしないのです。特に夜中は、恐ろしくて一人で部屋にいたり、庭に出たりすることもできません。それがあなたがたの想像する霊界であり、人間が恐ろしいと考える世界です。事実を言うと、誰もがそれをある程度まで想像し、わずかに感じることができるのです。

それでは、霊界について話を始めましょう。それは何ですか。簡潔に説明すると、霊界とは、物質世界と異なる重要な場所です。それが重要だと言う理由は何ですか。それをこれから詳しく話し合います。霊界の存在は、人類の物質世界と切り離すことができないつながりをもっています。それは神による万物の統治のうち、人間の生死の周期において重要な役割を担っていますが、そのことが、霊界の存在が重要である理由のひとつなのです。霊界は五感で認知することができない領域なので、それが存在するかどうかを正確に判断できる人はいません。その様々な運動状態は人間の生存と密接に関連し、そのため人類の生活の秩序もまた霊界から大きな影響を受けます。これは神による統治に関連していますか。そう、関連しています。こう述べると、わたしがこの事項について話をする理由がわかるでしょう。霊界は神による統治と管理に関連している、というのがその理由です。人間が見ることのできないこのような世界において、天の命令や法令、行政組織はどれも、物質世界におけるどの国家の法令や組織よりもはるかに優れており、この世に生きるもののうち、それらに背いたり、反したりしようとする人は一切いないでしょう。これは神による統治と管理に関連していますか。霊界には、明確な行政命令、明確な天の命令、そして明確な法令があります。様々な段階、様々な領域において、担当官は厳密にその任務と規則を遵守します。なぜなら、天の命令に背いたときの報いが何かを知り、神がどのように悪を罰して善に報いるか、神がどのように万物を管理、支配するかを明確に認識しているからです。さらに、神がどのようにして天の命令と法令を実施するかをはっきり理解しています。これらのことは、人類が住む物質世界と異なりますか。そう、大いに異なります。霊界は物質世界とまったく異なる世界なのです。天の命令と法令があるため、それは神による統治と管理、そして神の性質、および神が所有するものと神そのものに関連しています。この話を聞いて、わたしがこの事項について話す必要性が大いにあると感じませんか。それにまつわる秘密を知りたいとは思いませんか。(思います。)いま述べたのが霊界の概念です。霊界は物質世界と共存し、同時に神による管理と統治の対象となっていますが、神による霊界の管理と統治は、物質世界におけるそれよりはるかに厳格なものです。詳細については、まず霊界が人類の生死の周期の働きにどう関与しているかという問題から始めなければなりません。と言うのも、それが、霊界に存在するものが担う働きの主要な部分だからです。

ここですべての人間を三つの種類に分類します。最初の種類は未信者で、宗教的な信仰をもたない人のことです。このような人を未信者と呼びます。未信者の圧倒的大部分は金銭だけを信じ、自分自身の利益だけを追求し、物質主義者であり、物質世界だけを信じています。生死の周期、あるいは神性や幽霊に関する話は何も信じません。これらの人たちを未信者と分類し、それを第一の種類とします。第二の種類は未信者以外の様々な信者の人たちです。人類のうち、こうした信者は数種類に大別されます。一番目はユダヤ教徒、二番目はカトリック教徒、三番目はクリスチャン、四番目はイスラム教徒、そして五番目は仏教徒というように、五つの種類があります。様々な信者がいるのです。第三の種類には神を信仰する人々が含まれ、あなたがたもここに入ります。この種の信者は現在神に付き従っている人々で、神の選民と効力者の二種類に分かれます。これらのおもな種類は明確に区別されています。これで、人間の種類と階層を心の中で明確に区別できるようになりました。違いますか。第一の種類は未信者から成っており、それがどのような人かはすでに述べました。天の父を信じる人は未信者に数えられますか。多くの未信者は天の父を信じるだけで、風雨や雷などはすべてこの存在によって支配されていると信じ、穀物の植え付けや収穫の際に頼るものの、神への信仰の話になると神を信じるのを嫌がります。これを信仰と呼べるでしょうか。こうした人々は未信者に含まれます。わかりましたね。これらの種類を誤解してはいけません。第二の種類は信者の人々で、第三の種類は神に現在付き従っている人々です。では、わたしがすべての人間をこれらの種類に分けたのはなぜですか。(様々な種類の人たちには、それぞれ異なる結末と終着点があるからです。)それは側面のひとつです。これら異なる人種や種類の人々が霊界へと戻るとき、彼らはそれぞれ異なる場所へと向かい、生死の周期に関する様々な法則の対象になります。ゆえに、わたしが人間をこれら三つの主要な種類に分けたのは、それが理由です。

1)未信者の生死の周期

まずは未信者の生死の周期から話を始めましょう。人は死ぬと、霊界の担当官に連れ去られます。では、その人のいったい何が連れ去られますか。連れ去られるのは肉体ではなく魂です。魂が連れ去られた人は、死後間もない人の魂を専門に受け付ける霊界の部局に辿り着きます。(注:死者が死後最初に行く場所は、その魂にとって未知の場所です。)魂がこの場所に連れて来られると、係員が最初の検査を行い、名前、住所、年齢、そしてすべての経歴を確認します。その人が生前行なった物事は残らず帳簿に記録され、それが正確であることが確認されます。それらの確認が完了すると、その人の生前の振る舞いや行動により、懲罰を受けるか、人間として再び肉体を与えられるかが判断されます。これが第一段階です。この第一段階は恐ろしいですか。それほど恐ろしいものではありません。なぜなら、その人が暗く馴染みのない場所に到着するだけだからです。

第二段階では、生前多くの悪事を行い、邪悪な所行をなした人は、刑場へと連れられて取り扱いを受けます。それは明らかに、人々を懲罰する場所です。人間が具体的にどう懲罰されるかは、その人が生前犯した罪や、悪事を行った回数に左右されます。これが第二段階で最初に行われることです。中には、懲罰を受けた後に生き返ったとき、つまり物質世界に再び生まれたとき、生前行った物事や邪悪な所業のせいで、引き続き人間になる人もいれば、動物になる人もいます。つまり、霊界に戻った人は、自分が犯した悪事のために懲罰され、さらにその悪業のため、次に生き返る際、人間ではなく動物として戻ることもあるのです。こうした人が生まれ変わる動物には、牛、馬、豚、犬などが含まれます。中には鳥、アヒル、ガチョウなどに生まれ変わる人もいます。動物として生まれ変わった後に再び死ぬと、その人は霊界に戻ります。そして前回と同じく、霊界はその人の生前の行いに基づき、人間として生まれ変わるかどうかを決めます。大部分の人々はあまりに多くの悪事を犯し、その罪が重すぎるため、七回から十二回は動物として生まれ変わります。七回から十二回とは恐ろしくはありませんか。(恐ろしいです。)あなたがたを恐れさせるのは何ですか。人間が動物になるのは恐怖です。人間にとって、動物となって最もつらいことは何ですか。言葉をもたず、単純な考えしかできず、動物が行う物事を行い、動物が食べるものしか食べられなくなり、動物の単純な精神と身振りによる言葉を用い、まっすぐ立って歩くことも、人間と意思疎通を図ることもできず、また人間の振る舞いや活動は動物とまったく無関係であるという事実があります。つまり、万物の中で動物になったあなたがたは、すべての生物のうち最低の存在となり、そこには人間よりもはるかに多くの苦しみがあります。これが、数多くの悪事を行い、深刻な罪を犯した人に対する、霊界の懲罰の一側面です。懲罰の重さについて言えば、それは人間がどのような動物になるかで決定されます。たとえば、豚になるのは犬になるよりましですか。豚の生活は犬の生活よりましですか、それとも悪いですか。悪いでしょう。人間が牛や馬になったら、豚よりもましに暮らせるでしょうか。(ましに暮らせます。)猫として生まれ変われば、さらに快適でしょうか。様々な動物から選べるとしたら、猫になるのを選ぶのが、馬や牛になるよりも快適でしょう。なぜなら、ほとんどの時間を怠けて寝て過ごすことができるからです。牛や馬になると苦労が増えます。ゆえに、牛や馬に生まれ変わった人は必死に働く必要があり、それは重い懲罰と同じことです。犬になるのは、牛や馬になるより少しだけましでしょう。なぜなら、犬は飼い主と親しい関係にあるからです。さらに、現在では多くの人が犬を飼い、三ないし五年経つと、これらの犬は飼い主の言葉の多くを理解するようになります。犬は飼い主の言葉を数多く理解できるので、飼い主のことをよく理解し、ときには飼い主の気分や要求に合わせることができます。すると、飼い主の扱いがよくなり、食べ物や飲み物もましになり、苦痛を感じると看護してもらえます。そうすれば、犬は幸福な生涯を送るのではないでしょうか。ゆえに、犬になるのは牛や馬になるよりましです。このように、懲罰の重さによって、何回動物に生まれ変わるか、どのような動物として生まれ変わるかが決定されます。これは理解しましたね。

中には生前に犯した罪の数が多すぎるため、七回から十二回にわたり動物として生まれ変わるという懲罰を受ける人がいます。十分な回数の罰を受けて霊界に戻ったとき、こうした人々は別の場所へと連れて行かれます。そこにいるのは、すでに懲罰を受けており、人間として生まれ変わる準備をしている様々な霊です。この場所では、どのような家庭に生まれるか、生まれ変わってからどのような役割を担うかなどにより、魂が一つひとつ分類されます。たとえば、この世に生まれて歌手になる人がおり、そうした人は他の歌手の中に置かれます。この世に生まれたて実業家になる人は他の実業家の中に置かれ、人間として生まれてから科学研究者になる人は、他の科学研究者の中に置かれます。分類された魂は、現在の人々が電子メールを送信するときのように、それぞれ異なる予定日に送り出されます。これで生死の周期の一巡が完了します。霊界に到着したその日から懲罰が終わるまで、あるいは何度も動物として生まれ変わり、人間として生まれ変わる準備をするまで、これは完全な過程なのです。

懲罰を受け終えて動物として生まれ変わることがない人は、すぐに物質世界へと送られて人間として生まれ変わるでしょうか。その人が人間のもとにたどり着くには、どの程度の期間を要するでしょうか。そうなる頻度はどの程度でしょうか。これには時期的な制限があります。霊界で起きるすべての出来事には、正確な時間的制限と規則が適用されるのです。数値で説明すれば理解できるでしょう。短期間のうちに生まれ変わる人については、その人が死んだ際、人間として生まれ変わる準備がすでに行われています。それにかかる期間は最短で三日です。その期間が三ヵ月の人もいれば、三年の人も、三十年の人も、三百年の人々もいますし、中には三千年の人もいます。それでは、こうした時期的な規則についてどのようなことが言えますか。また、その規則の詳細はどのようなものですか。それは、物質世界、つまり人間の世界が魂から必要とするものと、その魂がこの世で担うべき役割に基づいています。普通の人間として生まれ変わる場合、大部分の人がごく短期間で生まれ変わります。人間の世界には、こうした普通の人々に対する差し迫った需要があるからです。ゆえに、こうした人は三日後、死ぬ前の家庭と完全に異なる家庭へと送られます。しかし、中にはこの世で特別な役割を担う人もいます。「特別な」というのは、人間の世界にはそうした人々に対する大きな需要がないということです。そうした役割を担わなければならない人の数が多くないので、三百年後になる場合もあります。言い換えると、こうした魂は三百年に一度、あるいは三千年に一度しかこの世に現われません。それはなぜですか。その理由は、三百ないし三千年間、そうした役割は人間の世界で必要とされず、したがってそれらの魂は霊界のどこかに留められているからです。たとえば、孔子は中国の伝統文化に甚大な影響を及ぼし、その出現は、当時の人々の文化、知識、伝統、思想に大きな影響を与えました。しかし、そのような人間はどの時代にも必要というわけではなく、したがって孔子は霊界に留められ、生まれ変わるまで三百年、ないし三千年待つ必要があったのです。人間界はこのような人を必要としていないため、孔子は何もせずに待機している必要がありました。なぜなら、孔子のような役割は極めて少なく、そうした人がなすべきこともほとんどないからです。ゆえに、孔子はほとんどの期間、霊界のどこかに留められ、何もすることなく、人間界が彼を必要とするとき、そこに送られるのをひたすら待ち続けました。大半の人が生まれ変わる頻度について、霊的領域の時間的規則はこのようなものです。普通の人間か特別な人間かを問わず、霊界にはその生まれ変わりの処理に関する適切な規則と正しい慣行があり、そうした規則と慣行は神から送られたものであって、霊界の担当官やその他の存在が決めたり管理したりするものではありません。これでわかりましたね。

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する