日々の神の御言葉: 終着点と結末 | 抜粋 581

神の国は人間たちの間で拡大する。神の国は人間たちのただ中で形作られている。神の国は人間たちのただ中に建てられている。どんな力もわたしの国を破壊できない。今日、国にいるわたしの民のうち、誰が人間たちの中にあって、人間ではないのだろうか。あなたがたの誰が、人間である状態の外にあるのか。わたしの新たな出発点がもろもろの者たちに告げられたとき、人々は、どのように反応するだろう。あなたがたは、その目で人類の有様を見てきた。まことに、いまだ、この世界で永遠に存在を続けようという希望は抱いていまい。わたしは今、わが民の間を歩き回り、わが民の中で生きている。今日、わたしに本物の愛情をもっている人々は幸いである。わたしに服従する者は幸いである。その人たちは必ずや、わたしの国にとどまる。わたしを知る者は幸いである。その人たちは、必ずや、わたしの国で権力を持つであろう。わたしを追い求める者は幸いである。その人たちは必ずやサタンの縛めを逃れ、わたしの内に祝福を楽しむだろう。自らに背くことのできる者は幸いである。その人たちは、必ずやわたしのものとなり、わたしの国の富を相続するであろう。わたしのために走り回る者を、わたしは覚え、わたしのために自ら持つものを費やす人を、わたしは喜んで抱こう。わたしに捧げ物をする人に、わたしは喜びとなるものを与えよう。わたしの言葉に喜びを見出す者を、わたしは祝福する。その人たちは必ずや、わたしの国の棟木を支える柱となる。その人たちは、必ずやわたしの家で何物も及ばない富を得、並びなき者となる。あなたがたは、与えられた祝福を受け入れたことがあるか。あなたがたは、自分に対して結ばれた約束を探したことがあるか。あなたがたは、必ずや、わたしの光の導きの下、闇の力の拘束を打ち破るだろう。あなたがたは、絶対に、闇のただ中にあって、あなたがたを導く光を失いはしないだろう。あなたがたは、必ずや、すべての被造物の主人となる。あなたがたは、必ずや、サタンの前で勝利する。あなたがたは、必ずや、赤い大きな竜の国が滅びるとき、無数の者たちの中で立ち上がり、わたしの勝利を証しする。あなたがたは、必ずや、秦の国にあって、堅固で揺るぎないだろう。あなたがたの耐え忍んだ苦しみによって、あなたがたはわたしからの祝福を相続する。そして、必ずや、全宇宙においてわたしの栄光に輝くだろう。

『言葉は肉において現れる』より引用

勝利者たちの歌

神の国はこの世界に広がり、人々の間で建て上げられている。どんな勢力も神の国を破壊することはできず、神は民の中を歩み、共に暮らしている。神をまことに愛する者は何と幸せなことか!神に服従する者は幸いであり、彼らは神の国で生きるだろう。神を知る者は幸いであり、神は神の国の権力を彼らに与えるだろう。神を求める者は幸いであり、彼らはサタンから解き放たれるだろう。己を捨て去る者は、必ず神の国の富を見つけるだろう。神の祝福を受け入れ、神が与える約束を求めたことがあるのか?神の光に導かれるなら、あなたは必ず闇の勢力を打ち破り、救われるだろう。闇に包まれたこの世で、あなたを導く光を失うことはないだろう。あなたは全ての創造物を治める主人となり、サタンの前で勝利者となるだろう。

赤い大きな竜が倒れる時、あなたは立ち上がり、神の勝利を証しするだろう。シニムの地であなたはしっかりと立ち、苦しみに代えて神の祝福を受け継ぐだろう。宇宙はあなたのうちに神の大いなる栄光を見るだろう。神の祝福を受け入れ、神が与える約束を求めたことがあるのか?神の光に導かれるなら、あなたは必ず闇の勢力を打ち破り、救われるだろう。闇に包まれたこの世で、あなたを導く光を失うことはないだろう。あなたは全ての創造物を治める主人となり、サタンの前で勝利者となるだろう。

『小羊に従って新しい歌を歌おう』より

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

日々の神の御言葉「真理を追い求めることでのみ、性質の変化を成し遂げられる」抜粋556

真理を追求することでのみ、性質の変化を遂げることができます。これは人が完全に把握し、理解する必要のある事柄です。真理を十分に理解していなければ、容易に過ちをおかして道に迷います。いのちの成長を望むなら、万事において真理を求めなければなりません。何をしていても、どう振る舞えば真理と…

日々の神の御言葉「七つの雷が轟く──神の国の福音が宇宙の隅々まで広まることを預言」抜粋68

わたしは異邦人国家にわたしの働きを広めている。全宇宙にわたしの栄光は閃く。わたしの心はあちこちに散らばる人々の中に現れ、みなわたしの手によって誘導され、わたしが与えた作業をしている。この時点からわたしは新しい時代へと入り、全ての人々を別の世界へ連れて行く。わたしが自分の「故郷」へ…

日々の神の御言葉「三位一体は存在するのか」抜粋299

神の経営(救いの)計画は六千年に及び、働きの違いに基づいて三つの時代に分けられる。第一の時代は旧約の律法の時代である。第二は恵みの時代で、第三は終わりの日に属する時代、神の国の時代である。各時代で異なる身分が表されている。これは単に働きの違い、すなわち、働きの必須要件によるもので…

日々の神の御言葉「宗教的な奉仕は一掃されなければならない」抜粋455

全宇宙に於いて神が働き始めた最初から、神はあらゆる地位、職業の人たちを含めて、神に仕える多くの人たちを前もって選んだ。神の目的は自分の心を達成し、地上での働きが実を結ぶよう確証することである。神に仕える人々を選ぶにあたって、これが神の目的である。神に仕える人はすべて神の心を理解し…